2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

アビー・ロード・スタジオ売却ってニュース、ガセかよ・・・。シティ・グループが買うなんて報道まで出てたのに。まぁ、EMIは相当苦しそうだから、売却を検討してる時に、情報がリークして、ポールとかジェフ・リンとかロジャー・ウォーターズなんかが、オレが買うからとか言ったんじゃないですかね?真相は。

------------------------------------------------------------------------------

こちらで紹介したオーディオセット。エージングが進むにつれてなかなか良い音になってきました。でもね、割とCDを選ぶ気がします。CDによっては、おぉっ!って思うくらい良い音なんだけど、CDによっては、CDの音を丸ごとコンプレッサーにかけて圧縮したように聞こえて・・・-_-)な物もある。ただ、「素直な音」という評価は変わりません。Purple Chickレーベルのビートルズのスタジオセッション物なんかは相当生々しく聞こえて◎。

ただし、聴いているうちにいろいろと不満も出てくるわけ。まぁ何しろ5万円だからねぇ・・・アレをこうしたい、アソコをこう変えたいとか・・・いろいろ出てくるわけですよ。しかし!、バンコクにいる間は、音楽聴くためにこれ以上お金は使わないと誓いましょう。ハマるときりがなくなりますからね~♪ あ、スピーカーを置くためのコンクリートブックくらいは買うと思いますが、それくらいは良しとしましょう。

さて、今回のアンプ。これは真空管を使っています。別にオーディオにレトロ趣味は無いんですが、A級作動でも大出力は不要、それに安い(と言っても2万円以上だけど)という理由から真空管アンプを選びました。聴いていてまず思ったのが出力不足、パワー不足なんです。スピーカー(FE83En)の音圧は88dB。まぁ、普通ですよね。90dBとかのユニットだともう少し大きな音が出ると思うのですが、やっぱりパワー不足です。ここはやっぱり、TU-879Sやなんかに買い買えるかなぁ・・・。

P1070194.jpg
よく、真空管アンプの音は『暖かい』なんて記述を見ることがありますが、それはちょっと違うと思います。そもそも暖かい音ってどんな音だ?でもね、真空管アンプが暖かいのは確かです。

P1070193_20100124010037.jpg
電源を入れると、真空管がオレンジに光ります。音とは全く関係ないのだけれど、この光景はちょっと魅力。

真空管は熱を発します。このアンプに使われている真空管は、6BM8という小さな物ですが、それでもガラス管の表面は100℃を超えるようです。だから、触るとやけどするので注意が必要。真空管アンプは実際に“暖かい”のです。っていうか、バンコクでは暑いんですけど・・・。あっ!ということは、今の時期の寒い日本で使うには良いんじゃないでしょうか? 小さいとはいえ、部屋の中に100℃の熱源があるってのは、暖房費節約に貢献しますよ! 「うちエコ」グッズに、ぜひ真空管アンプを入れましょうよ! それに、真空管の火ってなんか気分的に暖かくなります。あっ、「うちエコ」ってもう古いんだっけ?まだやってんだっけ?

#日本はもうそろそろ暖かくなるころなのかなぁ・・・?

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/92-294b0d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック