FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

13日、14日は、高松市・広島市出張。
IMG_0827_20181216171052e82.jpg
今の職場に来て、1年半。このマリンライナーには何度も乗ったなぁ。

さて、食べた物。
IMG_0829.jpg
13日の昼は、高松市内でうどん。地元の人曰く、「この店より美味しければ、美味しい店。この店よりマズければ、マズい店」。つまり、この店は、讃岐うどんの平均的な店なんだそうな。これで300円台というのが素晴らしい。

IMG_0830.jpg
13日の夜は、高松市内で飲み会。
この刺身が出てきた時点でダメですね。うん、博多や室蘭金沢の方がはるかにレベルが高い。

IMG_0836.jpg
14日の朝ごはんも高松市内でうどん。
高松市内では朝早くからうどん屋が開いています。博多におけるラーメン屋のような感じでしょうか。
讃岐うどんの特徴って、色々あるんでしょうが、普段博多でうどんを食ってる者に言わせると、讃岐うどんの特徴は圧倒的に出汁です。イリコ出汁なんです。博多でこれほどイリコの効いた出汁のうどんというのは、ほとんど無いと思います。讃岐うどんの出汁って、イリコが主で、鰹節が従って感じ?昆布も使うんだとは思いますが、昆布の存在感が大変希薄です。対して博多のうどんは、昆布が主。
私はうどんを食う時は、何となく揚げ物を1品乗せるし、天かすも載せるんですが、イリコのあっさり出汁の讃岐うどんには、揚げ物の油の風味が邪魔な気がしてきました。次に高松市内でうどんを食う時は、揚げ物も天かすもヤメよう。

IMG_0841_20181216163848956.jpg
14日の昼は、広島市内でお好み焼き。胡桃屋という店でした。
やっぱり広島風お好み焼にイカ天は必須だな。で、これまた広島の人に聞いたんだけど、広島風お好み焼といっても、広島県全体で盛んに食べられているわけではなく、いわゆる広島風お好み焼きというのは、やはり広島市を中心としたエリアで圧倒的に盛んなんだそうな。
考えてみれば、長崎ちゃんぽんというのは、長崎市内を外れると大変少なくなるし、博多ラーメンも本格的な物はやはり博多の中心に多い。各地の「名産」というのは、意外と産地の「地域」が狭いのかもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/2289-03759843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック