2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ちょっとPCBについて調べています。PCBとはポリ塩化ビフェニルのことです。PCBを全く知らないという人は少ないですよね? 詳しくは知らなくても、おそらく多くの人が、毒性のある物質であり、かつて中毒事件が起こったことがある、くらいは知っているでしょう。

私は、PCBについて、もう少し詳しく知りたいのです。特に当時の状況を、です。どんなモノにどれくらい使われていたんだろうか?変圧器やコンデンサーに使われていたとは聞いているんですが、例えば、PCB機器は高価だったからお金のある工場等でしか使われなかった、ようなことを聞いたことがあります。本当だろうか? 変圧器やコンデンサー以外では、どういうところに使われていたんだろうか?断片的な情報はあるんだけど、全体像が良く分からない。

そういう事を知りたいと思って、文献を当たったんですが、イマイチ良い物が見つからない。当時のPCB使用製品のカタログとかチラシとかあると面白いし、色々分かるんだろうけどなぁ・・・。そんなことを思いながら、ネット上の古書店で見つけた。
DSC_2053.jpg
高峰有三 (1972) 『PCBの知識』 カルチャー出版.
1972年は昭和47年、昭和43年に発生したカネミ油症事件の4年後、PCBの製造中止・回収等に関する初めての行政指導がなされた年、またPCBの国内製造が中止された年、さらに化学物質審査規制法が制定される前年です。

ただ、ちょっと微妙だよなぁ・・・表紙が新幹線ですかぁ? まぁ、確かに新幹線にもPCB機器は使われていたんだろうけど、私がイメージする典型的なPCB使用製品ではないですよねぇ・・・。今現在、ネット上を「PCB」で検索すると、「ポリ塩化ビフェニル」と「Printed Circuit Board」、つまり「プリント基板」が半々くらいで出てくるんだよね。この本は、果たして本当にポリ塩化ビフェニルに関する本なんだろうか? ネット上の古書店には何の解説も付されていない。

まぁ、良いか、287円だから買ってみよう!
DSC_2054.jpg
届いた本には、「愛読者カード」と「注文票」が挟まっていました。ほとんどデッドストック状態だったようです。

PCBとは、果たしてポリ塩化ビフェニルの方でした。カネミ油症事件から4年後の比較的早い時期の一般向け啓蒙書ですね。

私は、本を買う際、タイトルの次に著者を見るのですが、高峰有三なる人がどんな人か分からない。この人、同じ出版社から、『水銀の知識』という本も書いてます。科学物質の専門家かなぁ?とも思うのですが、本書を読むと、カネミ油症事件後の行政対応や食品中の許容基準設定の経緯が詳しく書かれていること、また当時の行政による施策をわざわざ「先手を打った施策」として評価しているので、著者は役人かもしれません。PCBは、全面禁止ではなく、管理して使用すべきだった、という論調が読み取れるので、当時の通産省の役人かな?

さて、本書の中から、私の印象に残った点を挙げておきます。
●上記のようにカネミ油症事件発生後の行政、研究機関等の対応がかなり詳しく書かれています。これは資料としてありがたい。水俣病等の四大公害については、詳しい情報が結構あちこちで読めるのですが、カネミ油症事件の原因物質解明等の経緯については、本書で初めて知りました。
●ちょっと驚いたのは、昭和47年の高知県の検査によると、養殖ハマチから、最高1.4ppm、平均0.94ppmのPCB検出。同年、東京都の検査によると、10社の新聞紙全てからPCBが検出され、濃度は最高4.0ppm、平均1.07ppm、トイレットペーパーは、平均24.74ppm。マジですか・・・◎_◎;)
●昭和47年には、東京都立アイソトープ研究所が放射線を使って、理研と東京都立工業技術センターが紫外線を使ってPCBを無害化することに成功した、と書かれてるんだけど、これらの技術はその後どうなった???
●本書を読む限り、当時PCB機器が高価だった、という印象は無いですね・・・。むしろPCBは安価だったから普及した、という印象です。

私が知りたかったことが書かれていたわけではありませんが、287円の情報源としては、十分お勉強になりましたよ。何より、当時の雰囲気が何となく分かるのが良かったね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1981-82caf458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック