2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

今日は、平塚川添遺跡公園に行ってみました。九州では吉野ケ里遺跡が有名ですが、九州道鳥栖ジャンクションから大分方面にちょっと走って甘木インターで降りると平塚川添遺跡、鳥栖ジャンクションから長崎方面にちょっと走ると吉野ケ里遺跡。鳥栖ジャンクションからの距離はそれぞれ同じくらいと思います。吉野ケ里歴史公園は、圧倒的に規模が大きいのに対して、平塚川添遺跡公園は、大変コンパクト。ネットでザッと調べてみたら、面積は1/10くらいみたいですね。

でも、4歳児と2歳児を連れて歩くにはちょうどいいサイズの公園でしたよ。

DSC_1613.jpg
弥生人、家に帰る。

DSC_1625.jpg
弥生人、村長の家に行く。

DSC_1647.jpg
2歳の弥生人、村長の家でくつろぐ。

この公園、特筆すべきは、人がいない、ということです ^_^;) 我々が公園にいた間、他の観光客は、わずか1組しか見ませんでした。日曜というのに。そのためか、園内にいた管理関係者が、普段は観光客に開放していない建物の中も特別に見せてくれました。村長の家もその1つ。

良い公園だと思うけどね・・・。まぁ、観光で来るなら吉野ケ里に行っちゃうんでしょうね。でも、遺跡なんぞに興味のない4歳児と2歳児を連れて行くなら、絶対こっちの方が良いと思いますね。コンパクトだし、園内に昆虫はいっぱいいるし、濠に水は流れてるし。家から近いし、また行っても良いな、と思う遺跡公園でした。

ただ1つ気になったのは、コレ↓
DSC_1659.jpg
分かります? 凄まじい数のジャンボタニシの卵なのです。もちろん、親もいました。ジャンボタニシは南米原産。ミシシッピアカミミガメと違って、ジャンボタニシの繁殖による生態系への影響ってあんまり聞いたことが無いけど、これだけの数が生息してるってことは、絶対何らかの影響があるでしょう。おそらく現状で、駆除の努力ってあんまりしてないんだと思いますが、何とかした方が良いと思いますね・・・。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1958-a7c017bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック