2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

今週は、出張がキツそうだから、気合入れないとなぁ・・・
阿波おどり県から帰って来て、テレビをつけたら報道ステーションが。北朝鮮では、優秀な科学者に将軍様から高級腕時計が贈られるらしい。オレも北朝鮮行くか・・・。

さて、オメガのスピードマスター125。
DSC_1549.jpg
最近、パネライの00022と並んで私の一番の愛用時計です。

過去の経緯は、この辺とかこの辺を参照して頂きたい。最近気付いたんですが、オリジナルブレスの付いた方が・・・
DSC_1553.jpg
うむ。これはヤバそうです。時計本体はともかく、このブレスレットはもう限界ですね・・・。

バネが見えますよね。このブレスレットは、それはそれはもう極めて手の込んだ作りなんです。駒はステンレス削り出し。その駒を分解不可能なバネ入りの部品で繋いでるんです。もはや「工芸品」というレベルです。この頃のオメガって、一体何考えてたんでしょうね?・・・・・・こんな事してたから一回倒産したんだろうなぁ・・・^_^;) あ、この時計は1973年、全世界で2,000個(異論もあるようだけど)の限定生産品です。

このブレスレット。どうもスピードマスター125の新品に装着出荷されたのみのようなのです。ということは、時計本体同様、ブレスレットもこの地球上に2,000個しか存在しません。1973年以来、40年以上。もう、この地球上から失われた物も多いことでしょう。

補修用には、時代によって異なりますが、様々な異なるブレスレットが供給されています。現在、オメガから供給される補修用ブレスレットは見かけはほとんど変わりませんが、作りは全く別物です。

ちなみに、この状態で、この時計をスイス送りの刑に処すと(=オメガにオーバーホールに出すと)、ブレスレットは現在の補修品に交換される可能性が大です。

う~ん・・・これほど手の込んだ作りのブレスレットは、やっぱり保存したいよね・・・・・・というわけで、とりあえずこの時計は使用停止だ。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1944-f57bdd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック