2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

前回(この辺参照)、アルゼンチンアカエビは生で食えるのが特徴・・・と書きましたが、近海物や国内養殖のクルマエビ類は生で食えますよ、もちろん。が、国内養殖のクルマエビなんて、値段を考えると庶民が家庭で食う物ではないですよねぇ? また、近海物のクルマエビ類は、買える場所が産地に限られます。

というわけで、クルマエビ類というと、私の頭では海外産の冷凍輸入物です。これらは、基本的に生では食えません。しかし、海外養殖の冷凍輸入クルマエビ類で唯一、例外的に生で食える物があります。それがブランド名『天使の海老』。前から気になってたんですよね~。
IMG_3184.jpg
というわけで買ってみました、『天使の海老』。
今回買ったのは、1Kgで30~40尾、お値段3,800円。1尾あたり95~127円、アルゼンチンアカエビの2倍前後といったところです。

IMG_3185.jpg
多くの冷凍輸入クルマエビ類が、氷ブロックで凍結されているのに対して、『天使の海老』は1尾ずつバラで凍結。これは大きな特徴ですね。ユーザーフレンドリーです。

IMG_3186.jpg
流水でザッと解凍するとこんな感じ。
ありゃ? これって・・・何エビ??? ホワイト系というかブルー系とでも言うんでしょうか? 私、てっきり『天使の海老』ってウシエビ(ブラックタイガー)とかバナメイだろうと思ってたんですが、全然違いますね。調べてみたところ、これは Litopenaeus stylirostris という種のようです。和名は無さそうです。日本のスーパーで見かける様々なクルマエビ類に近い仲間ではあります。

見ての通り、極めて新鮮です。生で食える、というのは鮮度も大事ですが、それと同様に養殖環境が大事です。東南アジアのエビ養殖場を見ると分かるのですが、如何に新鮮でも生で食うのはちょっと・・・と思えるところが多いのです。汽水域で養殖場の水には生活排水も入ってるよね・・・みたいな。その点、『天使の海老』はニューカレドニアの奇麗な水で抗生物質も使わずに養殖してるんだそうな。

IMG_3188.jpg
生で非常に美味いですね。クルマエビとかブラックタイガーに比べると、ちょっとねっとり度が高めでしょうか。ただ、生状態では一切赤くないので、店で刺身では出せないか? いずれにしても、これは美味い。塩焼きとかエビフライにしても相当美味いでしょうね・・・。

1歳児が欲しがったので、湯引き。
IMG_3189.jpg
1歳児、生だと上手く噛み切れないのですが、ちょっと湯通ししてやると食べられます。結果、2尾食いました。

この商品、どうでしょうね? 超新鮮で、味は間違いなく美味い。アルゼンチンアカエビの比ではありません。しかし、1尾100円かぁ・・・。国内産クルマエビに比べれば格安ですが、たまの贅沢って感じですかねぇ・・・。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1917-42c5dd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック