2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

私、今年度から仕事場が変わりました。昨年度までの旧職場では3年半、いぁ~我ながらよく頑張ったなぁ・・・というわけで、これを機会に自分にご褒美を買おう!
DSC_1256ed.jpg
今現在、私がメインで使っているスピーカは、上写真の真ん中に見られるハセヒロのMM-141S + フォステックスのFE83En(結局こちらで紹介したパソコン用冷却ファンガードを付けてしまった -_-;)。

ちなみに右隣に縦に並んでいる2つは、過去にこのブログで書きました。上がフォステックスのP800-E + 東京コーン紙製作所のF77G98-6、下がフォステックスのP800-E + P800K。この2台、結局のところ使い道が無くなってしまった ^_^;) でも、たまにスピーカを変えると、「耳の慣れ」がリセットされるので、まぁまぁ便利ですよ。

MM-141S + FE83En  に特に不満があるわけではないのだけど、ちゃんとしたバスレフ箱が欲しい。よし!バスレフ箱を自分のご褒美にしよう! で、いろいろネットで調べていたんですが、迷いますね・・・ 調べれば調べるほど迷いますね・・・。

最近はダブルバスレフが流行りなんでしょうか? 単純なバスレフよりもダブルバスレフの方が選択肢が多いですね。しかし、私はダブルバスレフというのがどうも好きになれません。理論的に意味が分からん -_-;) まぁ、ダブルバスレフの音は聞いたことが無いので、食わず嫌いかもしれませんが。しっかし、市販品で8cmの単純バスレフ箱って、非常に選択肢が少ない。

あ、ハセヒロMM-141Sに特に不満が無いと書きましたが、1点ありました! それは素材。MDFです。MDFとは、木の粉を接着剤で押し固めたような素材です。非常に一般的な素材で、おそらくどこの家庭にもMDF製の家具が1つくらいはあるんじゃないでしょうか。ニトリにもイケアにも、MDF製の家具はいっぱいあります。ハセヒロのバックロード箱は、20mmとか30mmの分厚いMDF製です。

オーディオマニアには嫌われるMDFですが、わたしゃそんなにマニアじゃないですからね、気にしません。むしろ均質で比較的重量のあるMDFはある意味スピーカー箱に理想的なんじゃないかなぁ、とすら思います。でもね、私が気に入らないのはMDFの耐久性。
IMG_2924.jpg
ホラね、ちょっとハゲかけてる。

IMG_2913.jpg
ここは、割れてる。実はこんな割れが、側板のいたる所に出てきているのです。

これは私がボルトを締めすぎたせいかもしれません。この箱を買ったのは、2009年。以来8年。うち2年間はバンコクで使いました。日本もバンコクも夏の湿度ってスゴいじゃないですか。MDFって良く水分を吸うので、夏の間に湿気を吸って膨張、冬の乾燥期に収縮、を繰り返すんじゃないかなぁ。そのためにボルトの力が集中する部分が割れてきたと。そんな感じじゃないでしょうか。

ハセヒロのバックロード箱は、イザとなれば全ての積層板を木工用ボンドで接着してしまえば良いんですが、いずれにしてもMDFという素材は、あまり耐久性は高くないようです。とかいろいろ考えながら・・・・・・

ほぼ理想的な箱を見つけました!
DSC_1268.jpg
18mmのロシアンバーチ製FE83-Sol標準バスレフ箱、オーダーメイドです。購入先はヤフオク。売主に希望サイズを伝えて作ってもらいました。特筆すべきは、18mmという分厚いロシアンバーチを全体に使っていることでしょう。そんな既製品は存在しません。8cm一発のフルレンジにはオーバースペックかもしれませんが、何かと安心ですし、期待が持てます。それに価格。これで20,300円でした。ベニヤ板の切れ端に2万円とは、普通の人には意味不明でしょうが、ちょっとスピーカを知っている人にとっては、バーゲンでしょう。

DSC_1269.jpg
バッフル面と側板。

DSC_1272.jpg
バスレフポートは、前面R加工に背面ザグリ。

DSC_1270.jpg
バッフル側面は、オシャレに斜めカット。

DSC_1275.jpg
側板と上下板の接着面は、驚くなかれ、斜めカットにダボ。

DSC_1273.jpg
極め付けはこの加工。どんな工具があったら、この加工ができるのだ???

加工精度は極めて高く、売主は、木工のプロなんじゃないかなぁ・・・。この製品、大量生産したらバカ売れするんじゃないか?

えっ? 箱になってないって? あ、そうですよ、これはキットです。自分で板を接着して箱を作る必要があります。加工精度が高いしダボがあるので、売主の言う通り、確かにプラモデル感覚で作れそうです。しかし・・・・・・この箱が届いたのが2週間前。未だ作る時間無し・・・・・ -_-;)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1915-6f65c16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック