2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

k099.jpg ← クリックで拡大
キャプションは、「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」。

絵柄は、南山手から大浦居留地を眺めた物。画面右側のほぼ中央に位置する洋館がベルビューホテル、今のANAクラウンプラザホテル。画面右側の中央よりやや上の丘の上の洋館が、活水学院のラッセル館。画面左側奥に出島の全景。地元の人なら、これで大体の撮影場所が分かるでしょう。明治の長崎っぽい感じがして、私は好きな写真です。

このアングルの写真は結構多いのです。長崎大学古写真データベースから、似たような写真を拾って、撮影者と撮影年をまとめまてみましょう。以下、目録番号をクリックすると長崎大学古写真データベースに飛びます。
 ●目録番号 2901 撮影者未詳、文久2年(1862)の始め頃
 ●目録番号 6161 ベアト(ボードウィンコレクション)、文久4年/元治元年(1864)撮影
 ●目録番号 1290 ベアト、慶応元年(1865)~慶応3年(1867)撮影
 ●目録番号 5380 ベアト、 慶応3年(1867)頃撮影
 ●目録番号 1224 内田九一、明治5年(1872)~6年(1873)頃撮影
 ●目録番号 2868 撮影者未詳、明治7年(1874)~8年(1875)頃撮影
 ●目録番号 5887 撮影者未詳(長崎のAシリーズ)、明治10年代末
上に挙げた撮影者と撮影年代は、あくまでも長崎大学古写真データベースの解説に記されているものです。これらが全て正しいと考えるのは少々危険です。

さて、ここで長崎大学古写真データベースに苦言を1つ。上に挙げた写真は、いずれも非常によく似たアングルですが、これらのような似たアングルの写真を全て拾うのが一苦労なのです(だから私が見つけられなかった物がまだあるかも)。原因の1つは日本語のタイトルの付け方に統一性が無いためです。一例を挙げます、
目録番号12242881は、同じ写真なのですが、
 1224は「南山手からの大浦居留地(1)」
 2881は「南山手からの大浦居留地と出島(2)」
と微妙に異なるタイトルが付けられているのです。ついでに言うと、
 1224は内田九一撮影、明治初期
 2881は撮影者未詳、明治中期
とデータベースの登録データも違っているのです。複数の職員が並行で作業をしたためであろうと推測されますが、こういった情報の訂正を含めて、長崎大学古写真データベースは、構築後、ほとんど情報の更新が行われていないように見えるのが極めて残念です。宝の持ち腐れと言っても過言ではないでしょう。・・・・・・とエラそうなこと言いましたが、職員不足なんでしょうなぁ・・・。それに、今時こんな古写真整理に文科省はお金を出さないのかもしれませんね・・・。

さて、「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」と同じ写真は、(私に見落としが無ければ)長崎大学古写真データベースには収録されていないようです。上にリストしたように、このアングルは似たような写真が多いので、これらの写真と「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」を詳しく見比べてみよう! と思っていたのですが・・・ちょっと面白いことに気付きました。

上に貼った「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」と、長崎大学の目録番号5887をよ~く見比べて下さい。残念ながら長崎大学の5887は高精細画像が無く、小さな画像しかないのですが、よ~くよ~く見比べて下さい。

この2枚、海に浮かんだ船の配置以外、明確な差が認められないと思いませんか? 少なくともカメラの立ち位置は、ほぼ完ぺきに同じはずです。また、樹々の枝葉に至るまで、明確な違いが見られません。海に浮かぶ船が無ければ、同じ写真と判断したかもしれません。長崎大学の5887と上に貼った「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」は、あまりにもそっくりです。

これら2枚は、私の好きなバージョン違いと考えても良いのではないでしょうか? 長崎大学の5887は、長崎の「Aシリーズ」です。長崎大学の5887の現物を見ないと確定的なことは言えませんが、ここでは暫定的に、バージョン違いの写真が、長崎の「Aシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている、と考えたいと思います。

ここで、備忘録的に過去のバージョン違いをまとめておきます(青字クリックで、該当のエントリーに飛びます)。
本蓮寺
 *バージョン違いの写真が、長崎の「イタリックGシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている
〇小浜温泉(「A178」と「A179」)
 *長崎の「Aシリーズ」中のバージョン違い
大浦海岸
 *バージョン違いの写真が、長崎の「Noシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている
篭立場
 *明治期の絵葉書のバージョン違い
〇南山手から大浦居留地 (今回)
 *バージョン違いの写真が、長崎の「Aシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている

#やっぱ、バージョン違いは、ビートルズも古写真も面白いぞ・・・
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1914-3820c373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック