2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

46 img180ed
 ↑
クリックで拡大。

タイトルは、『(肥前)温泉山籠立場』。
以前紹介した篭立場と違って、こちらは、休憩場所らしい場所が写っています。

中央下には、和装の男と女の子。どうやらニワトリを見ているようです。避暑客でしょうか?それとも地元の人でしょうか? 画面左下隅にシルエットで写っているのはいわゆる「チェアー篭」の背もたれ部分かもしれません。

気になるところがいくつかあります。まず目に付くのは画面右下の石垣ですね。これ、何のためなんだろうなぁ・・・。土砂崩れを防ぐ?ためじゃないよね・・・? 石垣の上に何かがあるようには見えないね・・・。しかも、非常に短いピンポイントな石垣ですよね・・・。気になる。気になるが、私の知識では、答えは出ない。

それから、道は手前で左に90度曲がっているように見えますが、電線は、手前奥にまっすぐ伸びてるんですよね。道と電線の経路が一致していないように見えます。何でだろう??? この写真は、ちょっと高台から見下ろすように撮られているので、画面手前側には道は無いように思います。もしかしたら、画面右の切れたところにもう1本電柱があって、そこで電線も90度曲がっているんだろうか? 気になる。気になるが、この写真の情報だけでは、答えは出ない。

それからそれから。山の斜面を見ると、大きな木が無いですよね。こういった山肌の景観って、私は記憶があります。そう、阿蘇・くじゅうの山の景観と良く似てるんです。これはもう明らかでしょう。当時、この写真近辺の山は、野焼きをしてたんですよ。画面右上を見ると、比較的きれいな草原のようにも見えます。斜面はちょっと木が生えて荒れているようにも見えますが、もともと草が刈れない斜面はそんなに丁寧に焼かないからね。ということで、この写真は、篭立場近辺で野焼きをやっていた当時、もしくは野焼きを止めた数年後、だと思いますね。

残念ながら、この絵葉書は未使用で、年代が特定できません。一応、宛名面の体裁からは、明治40年(1907)~大正6年(1917)までの間に発行された物ということになります(が、過去にあからさまな例外を見つけているので、あくまでも目安程度です)。電線があるので明治44年以降と思われますが、この付近では、いつ頃まで野焼きをしてたんでしょうかね?

あ、当時の電線は2本だったんですね。2本ってなんで? 電線に上りと下りは無いよね?^_^;)  いずれにしても、この細い電線2本で小浜から雲仙まで電気が通ったんですね・・・。現在の目で見ると、極めてレトロな感じのする電柱と電線ですが、当時の人にとっては、超近代的なモノに見えたことでしょう。

さて、この写真の場所がどこか? ですが、その特定は、以前紹介した篭立場以上に難しい気がします。というのは、こういう90度近く曲がっている道というのは、その後の道路改修で大規模に改変されている可能性が高いと思うのです。

と、ここまで書いて、何気なくグーグルのストリートビューを見てたら・・・・・・

分かった気がする!!!

コレ、ここだよ↓
プレゼンテーション1
(グーグル・ストリートビューより)

これは、地形的に間違いなかろう!
つまりですね、現在、モロに「篭立場」の看板がある場所です。ここが篭立場だったのかぁ・・・。現在、駐車場になってて、チェアー篭のモニュメントがある場所ではなくて、小さな看板(上グーグル・ストリートビュー写真の左端)の立ってる場所こそが篭立場だったんですね・・・。何か大発見した気分! 

DSC_4971.jpg
この看板を立てたのは誰だろう? 環境省?長崎県? いずれにしても、この看板を立てた人は、この場所こそが、その昔の篭立場だったってことを知ってたわけですね・・・。

あ、絵葉書では、手前で道が90度曲がっているように見えますが、現在では、上グーグル・ストリートビューの写真に見えている「篭立場」の看板のすぐ手前から左に旧道が延びています。絵葉書では、ここが90度曲がっているように写っているんでしょう。昔は、この旧道がメインだったんですね。

あれ?って、ことはさ、この篭立場のモニュメント、
DSC_4968.jpg
がある駐車場前の道は、当時は無かったってこと? じゃ、この駐車場スペースって一体何なの??? ・・・・・・いろいろ考えることはあるんだが、長くなったんでまたにしよう。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ncc1305e.blog111.fc2.com/tb.php/1405-26eba0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック