FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

こちらの続きですかね。
DSC_6617.jpg
久しぶりにレザーソープで水洗いしてやりました。

もう14年目か・・・。さすがにアッパーが、ちょっと痛んできましたが、まだまだ履けそうですよ。
こちらの続きです。
DSC_6563.jpg
アルコールストーブを買うと同時に、こんな物も買ってみました。左の黒いポーチの方です。アマゾンで送料込み300円くらいでした。右は100円ショップの固形燃料。
#送料込み300円って、一体どういうカラクリなの???

DSC_6564.jpg
黒いポーチの中身は、こんな感じ。これも手のひらサイズです。

DSC_6565.jpg
手のひらサイズを広げて、真ん中に100円ショップで買った固形燃料を1つ置きます。

DSC_6569.png
飯盒に米1合と水を入れて、固形燃料に着火。

25分後・・・
DSC_6570.jpg
このご飯、かなり美味しいよ・・・。まぁ、炊き立てだからというのはあるし、実家ではそこそこ良いコメを炊飯直前に精米してるってのも大きいとは思う。しかし、めちゃくちゃ上手く炊けましたね・・・。

ネット上で、100円ショップの固形燃料1個で自動炊飯!みたいな記事を見てやってみたんですが、確かに固形燃料1個で美味く炊けます。固形燃料1個の熱量が米1合の炊飯に合うんですね。これは楽で良いや。

ちなみにこの飯盒、私が小学校の時、学校の行事でキャンプ?に行った時に買ってもらった物です。今回、40年ぶりくらいに使ってみましたが、今でもちゃんと使えますね ^_^;) 果たして、この飯盒が我が家で活躍する日は来るでしょうか?
こちらの続きです。今回買ったのは、エバニューというブランドのステンレス製アルコールストーブ。ゴトク付き、アマゾンで2,000円弱でした。後から知ったんですが、このブランドのアルコールストーブは、圧倒的にチタン製の方が有名みたいですね。
DSC_6592.jpg
右上は、100円ショップで買ってきたシェラカップ。

DSC_6578.jpg
さて、250ccの水が湧くのに何分かかるでしょうか?

DSC_6580.jpg
アルコールストーブは、明るい場所だとほとんど火が見えません。これはどちらかと言うと欠点でしょうね。

DSC_6585.jpg
ぐつぐつしてきました。
この後、完全に沸騰するのに、火を点けてから10分かかりました。ちょっと時間かかり過ぎですね・・・100円シェラカップはステンレス製だったので、アルミ製なら少しは短縮されるでしょうか?

DSC_6587_2018112516341374c.jpg
250ccのお湯だとちょっと少な目ですが、カップ麺も作れますね。6歳児よ、山の上でカップ麺を食うという夢に一歩近づいたぞ!

DSC_6613.jpg
手前のボケた3つの〇は、炎の噴出口。写真中央は、アルコールストーブ本体の内側底面と壁面が接するところ。良く見たら白い何やら繊維状のモノが見えてんだけど? 中に何か入ってるんだ・・・そういう物なの?? ってことは、永久に使えるわけじゃないのかな???

DSC_6614.jpg
ゴトクは、数回使ったら、こんな感じに焼けました。

半分マジメに考えるんですが、防災グッズとしてどうなんだろうか? このストーブは、120ccのアルコールで40分くらい燃えてくれます。ちょっと考えると手のひらに乗るストーブというのは、大変便利そうな気もしますが・・・・・・体育館のような避難所で暮らすとか、何らかの理由で家に居られなくなってテント暮らしをするとか、そういう状況になったら、「お湯を沸かす」というのは、おそらく贅沢な行為ですよね。そんな状況になったら、お湯を沸かす余裕なんてあるだろうか? 乾パンとアルファ米は、水で食えるしね。

防災リュックに入れといても良いけど、それほど活用の場がある物ではないんだろうな。むしろ、家には居られるけど、電気とガスが止まった時には活躍するかもね。ん? でもそういう時は、カセットコンロの方が、はるかに有益だよなぁ。

というわけで、アルコールストーブというのは、結局、山頂でカップ麺を食うためのモノか? ^_^;)
はい、今日のお昼ご飯は・・・
IMG_0596.jpg
洞爺湖温泉の「わかさいも本舗」にて、特選ほたて御膳。メインはホタテの炊き込みご飯とアルコールコンロに乗ったホタテ鍋。あ、貝柱の刺身も付いてますよ。まぁ、良いんじゃないでしょうか。一般受けすると思いますよ。ホタテの産地に来て、「ホタテ食べたね!」っていう気持ちになると思いますよ、結構な量のホタテ使ってるし。
ただ、私は貝マニアですからね・・・。マニアに言わせると、一般受けじゃいかんのですよ。この料理は、ホタテの最上の食い方か? 答えは否でしょう。ホタテの特徴を最大限活かした食い方とは何か? それはただ焼くだけです(異論は認めん)。貝マニアに言わせるとですよ、特選ほたて御膳と称して、ちょっと大きめの殻付きホタテ5枚に味噌と醤油、それにご飯とアルコールコンロがあれば良いんです。アルコールコンロで殻付きホタテを、味噌とか醤油で焼きながら、ご飯を食べる。それが最上のホタテの食い方でしょう? あ、ネギがあっても良いね。
まぁ、でもホタテ御膳と称して、殻付きホタテがポン!と出てきただけだと、一般的には反乱が起きるんでしょうなぁ・・・ ^_^;)

IMG_0588_20181122235238685.jpg
雪降ってるよ・・・。

IMG_0589.jpg
って言うか、かなり積もってるんですけど?

展望台まで歩きましたが・・・
IMG_0593.jpg
何も見えず -_-;)

通常、私はこの手のエクスカーションには参加しないのですが、今回は参加しました。理由はこれ↓
IMG_0579.jpg
三松正夫記念館。昔から来たかったのです。

で・・・
DSC_6561.jpg
記念館で買いました。

DSC_6562.jpg
著者のサイン入り!
ほんの少しでしたが、三松三郎氏にお話を伺うことができました。

北海道に出張して良かった!!!
さて、今日のお昼ご飯は・・・
IMG_0550.jpg
母恋めし。
母恋(ぼこい)というのは地名です。JR母恋駅というのもあります。母恋というのは、アイヌ語で「ホッキ貝のたくさんある場所」を意味する「ポキ・オ・イ」が語源という説があります。いずれにしてもアイヌ語であることは間違いなさそうですね。で、母恋めしとは何ぞや? と言うと、ホッキ貝を使ったおにぎり(2個)、スモークした卵とチーズ、それにお漬物というお弁当です。私はホッキ貝大好き!ですから、これは良いですね!

IMG_0551_201811222338444eb.jpg
結構、贅沢にホッキ貝使ってるし。
私は、次回、遊びで行った時にまた見付けたら買うでしょう。ホッキ貝は九州じゃ食えないしね。ただ・・・ホッキ貝にそれほど思い入れのない人にとってはどうか? ヒットするか否かは、その辺がポイントでしょうね。

IMG_0556_20181122233257da9.jpg
祝津公園展望台からの夜景。

IMG_0564_20181122233258baf.jpg
海べたからの夜景。

IMG_0568.jpg
白鳥湾展望台からの夜景。
夜景ね・・・悪くないだけど、ちょっと弱いかな。正直言うと、プラスαが無いと、ちょっとキビしい感じ。

ただし・・・
IMG_0572_20181122233345032.jpg
刺身は素晴らしい!
ツブが出てくるのは北海道ならでは。他にも海鮮がどっちゃり出てきて、飲み放題4,000円は素晴らしいという以外にない。東室蘭、海鮮をターゲットにするなら、博多をはるかに超えるな。
さて、今日は、朝一で博多を発って、名古屋で一仕事。仕事の後、セントレアに向かって・・・
IMG_0532.jpg
豚骨ラーメン食べて・・・
まぁ、完全アウェイなんで、仕方ないんだろうけど、この豚骨ラーメンが博多で出てきたら、やっぱり、海原雄山が『女将を呼べっ!』というレベルですよ。先ずもってスープが何ともインスタントな感じ。まぁ、空港内のラーメン屋なんて、どうせ外の工場でスープ作って、運んでるんだからしょうがないでしょ? なんて言うことなかれ。福岡空港のラーメン滑走路では、驚くなかれ! 空港の店舗内でスープ炊いてる豚骨ラーメン屋があるんですよ!!! この1年半は国内出張が多いんですが、まぁ、やっぱ、産地の名物はご当地で食うに限る、というとですね。そう思うと、狭い日本ですが、その土地ごとに、名物料理があるというのは面白いですよね。

さて、その後、最終便で・・・
IMG_0535.jpg
21時過ぎ、新千歳空港到着!
さっ、寂しい・・・

さらにそこからバスに乗って・・・
IMG_0543.jpg
23時半、東室蘭に到着!!!
クリスマスツリーが、寂しすぎだろ・・・

さて、明日から東室蘭でお仕事ですよ。
3歳児が泣く。何事かと思えば・・・
DSC_6553_201811192030409d3.jpg
そうか。スピノサウルスの指が折れたか。
ここは以前も折れて、瞬接で修理→また折れた。その後、表面に溝を掘ってエポキシで修理→今回、また折れた。う~ん・・・こりゃ、ドリルで穴開けてピアノ線埋め込んだ上で、エポキシだ。アレ? ドリルが無い!? あ、ドリルはばあちゃんちに持って行ったままだ。今週末、ばあちゃんちで修理しよう!
#ピンバイスで穴開けようと思ったけど、全然歯が立たなかったよ

その頃、6歳児は・・・母の作ったマカロニサラダを大量に食った! お前、大丈夫か? 調子に乗ってんじゃないのか? お調子者の6歳児は、調子に乗って食うと、後で気分悪くなったりするからなぁ・・・(オレに似たか?)

<6歳児との会話>
母 「今日のマカロニサラダには、隠し味を入れました。何でしょう~?」
6 「う~ん、ソーセージ!」 (自信を持って)
#お前が、ソーセージ好きなのは知ってるけどさ、ソーセージはどう見ても隠れてないよ・・・ -_-;)
こちらの続きですね。

我が家の防災グッズは、どうあるべきなんだろうか? 災害への備え、防災グッズの準備って、住んでる地域でかなり異なると思うんです。我が家の場合は・・・何にどう備えるべきだろうか??? 

地震? これは、可能性はある。地震は日本全国どこでも可能性があると考えるべきだろう。

津波? ウチは海から離れてるので、これは無かろう・・・。今、グーグルマップで測ってみたら、一番近い海岸線まで5km以上離れている。ウチが被害を受けるような津波が来たら、博多や天神は壊滅だ。そんな災害は、死者何十万人という世界だろう。そんな災害も想定すべきだろうか?

土砂崩れ? ウチの周囲は平地なんで、崩れる山が無い。土砂崩れは無かろう。

水害? ウチから1km以内に多々良川(の支流?)が流れているが、川幅は10mかせいぜい20m程度。これが溢れたところで、ウチにまで被害は及ぶまい。確か堤防も無いんじゃなかったっけ?

ウチは、自治体の防災マップでも特段の危険地域に指定されていない。 それにウチは、マンションなのだ。1階や2階ではないので、やはり、ウチが想定すべきは地震という事なんだと思う。で、地震に備えて、ウチは何をすべきだろうか? 避難所に行った際に役立つ物を防災グッズとして用意しておく? ウチの避難所は、近所の小学校なんだが、ウチのマンションに居られない程の規模の地震が来たら? 小学校の建物も当然アヤうかろう。ということは、小学校の校庭で数日は過ごせるグッズを用意しておくのだろうか??? それって、キャンプ用品一式と当面の保存食を揃えとくってことか??? 

どういう状況に備えて、何を準備しておくのか? イマイチ具体的なイメージが湧かない。それから車はどう考えるの? やっぱり車は使えない前提? だって車使えるんだったら、どこにでも逃げられるから、防災用品を備えておく必要も無いってことになるよね? って、ことはやっぱり、ウチから徒歩圏内で1週間くらい?は、テント生活ができるキャンプ用品と食料を備蓄しておく、ってことが我が家の防災対策になるんだろうか?

DSC_6555_20181118163803bc0.jpg
一応、ストックを「食料」と「それ以外」に分けてバッグに整理したけど、食料は・・・前回、期限切れを食ったから、これじゃぎりぎり2日分だな。これはちょっと不安なんで、買い足そう。テント、マット、シュラフなんかは、押し入れに入ってるんだが、今のマンションに居るのが危険な程の地震が来たら、果たして持ち出せるか? そう考えると、これらは車に入れておくのが良いのかね?

・・・考えてみたら熱源が無い。普段のBBQでは、炭火だが、避難生活で炭火は無かろう。というわけで買いました!
DSC_6558.jpg
右です。左は、子供用首掛けLEDライトの電池。
これは、あくまでも防災用品であって、私の趣味とか、山頂でラーメン食うためのグッズではありませんよ! (備蓄食料はアルファ米と乾パンだから「熱源」は必要無いんだけどね ^_^;)
今日は立花山に登りますよ。
DSC_6546.jpg
駐車場脇の表示。1,240mですか。
大人の脚で30分程度らしいので、3歳児の脚で1時間程度か?

DSC_6449.jpg
最初はこんな感じの山道。

DSC_6450.jpg
直ぐに水場発見。

DSC_6451.jpg
夏は良いだろうね。

DSC_6466.jpg
大きなクスノキ発見。
右下にちょっとだけ見えてますが、階段も多いです。

DSC_6460.jpg
ちょっとした木橋もあり。

DSC_6512.jpg
駐車場から55分で無事、山頂に到着! 3歳児、よく頑張った!
山頂にはちょっとした平地があります。ここは、立花山城という城跡なんだそうな。ただ、江戸時代以前に廃城になっているので、本当に戦闘用の城だったんでしょうね。

ちょっと意外だったのは、山頂でお湯を沸かしてカップ麺を食べている人が結構いたこと。次は山頂でカップ麺を食うことを目標にするかっ!

DSC_6488_20181118092233cfc.jpg
ちょっと霞んでいましたが、山頂からの景色。人工島の位置と形が良く分かります。

さて、この程度の山なら6歳児は体力的には全く問題ないですね。ただ、注意力が無いので、道から転げ落ちないように注意が必要。3歳児も体力的には大丈夫だけど、下りがちょっと危ないですね。特に階段状の場所。何しろ、お前にとっては膝の高さくらいある階段も多いからね・・・。

ところで、一番上の写真、中央左に・・・
DSC_6548.jpg
カマキリがいたの、分かりました?
アマゾンで購入。
DSC_6413.jpg
米国から来た包みを開けると・・・

DSC_6415ed.jpg
CDです。

なかなか凝った作りの紙ジャケですが・・・
DSC_6417.jpg
CD本体はさらにシュリンクパックに入ってます。

DSC_6418.jpg
はい、やっとCD本体にたどり着きました。
ポール・マッカートニーの『Egypt Station』です。今年の9月に発売されたもの。ビデオクリップを見てスゴく良さそうだったんで、CDを買っちゃいました。

このアルバム、ビルボードで1位になってんですよ。ポール・マッカートニーって、スゴいですよね・・・。もう76歳ですよ。何かのインタビューで、「引退は考えないんですか?」って質問に、「何から引退するの? 僕は音楽が好きだから、曲を作ってレコードを作ってるだけだよ? 一体何から引退するって言うの?」みたいに答えてました。たぶんホントにそうなんでしょうね・・・。好きでずっと音楽活動を続けてるっていうベテランはいっぱいいるんだけど、ポール・マッカートニーがスゴいのは、未だに売れるってことです。もう半世紀以上音楽活動を続けてるんだけど、ほぼずっと売れてるんですよね。世代を超えて支持を受け続けるミュージシャンってそうそういないじゃないですか。まさか、今更ポール・マッカートニーが、「よし!売れるレコードを作ろう!」なんて思うはずもないんで、この人の感性は世代を超えて支持されるってことなんでしょうね・・・。

で、今回の『Egypt Station』、まだ数回聞いただけですが、これは・・・確かに万人受けするロックだと思うなぁ・・・お見事と言うしかない。ポール・マッカートニーもビートルズも知らない若者が聞いても、「あ、この曲良いじゃん?」って思えるんだと思いますよ、たぶん。だから売れたんだろうね。一方、私のようなマニアには、ベースラインがモロにポール・マッカートニーだよなぁ~とか、あれ?この音とかリフってビートルズとかウィングスのあの曲に似てね?とか、いろいろ思うところがあるわけですよ。一見さんは普通に楽しめる、マニアはさらに楽しめる。そんなアルバムに仕上がってると思います。

いや~、ポール・マッカートニーには、90歳になってもこの調子でアルバムを作ってほしいよね。

DSC_6420.jpg
プラケースが付いてきたけど、どう考えても入らないよ ^_^;)
ちなみにこのCD、値段は送料込みで755円。米国からのお取り寄せ。米国って、そんなにCD安いの??? ちなみに日本版は、アマゾンで2,800円。CDって、未だにこんなに内外価格差があるのか・・・。