FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

夕食時、3歳児が外を指さして、「コウモリ!」。
アレ? お前、コウモリ知ってるの? 外を見ると、確かにコウモリが20匹くらい?結構まとまった数飛んでいる。
 3 「コウモリ、何でいっぱいいるの?
 私 「コウモリ、今、ごはん食べてるんだよ」
 3 「コウモリ、何食べるの? お肉?
 私 「コウモリは虫を食べるんだよ。今の時間は、虫がいっぱい飛んでるんだと思うよ」

この後も、3歳児、「コウモリ、カナブン食べる?」、「コウモリ、蛾食べる?」。恐竜が肉食と草食に分けられることを理解して以来、この動物は何を食べるのか? を気にするようになりました。良いことです。食性は、哺乳類の歯の形態を決めます、歯の形態は哺乳類分類の重要な観点です。お前・・・何か、そういう方向の勉強すると良いね。

ちなみにこのコウモリはアブラコウモリ(Pipistrellus abramus)だ。まぁ、日本で一番一般的なコウモリだろうね。シーボルトが長崎からライデンに送った標本を元に記載されたんだぞ。どうも、シーボルトがいたころの長崎では、このコウモリをアブラムシと呼んでいたらしいんだよね。それをシーボルトはちゃんと記録して、標本とともにライデンに送った。だから、種小名がabramus。長崎方言が、学名になった例だな。ちなみに、家の屋根裏とかに巣を作って棲んでるんだぞ。この辺は、まだ屋根裏のある1軒屋が多いからね。

残念ながら、手元には50mmしかなかったので・・・
DSC_5434_2018090111371674e.jpg
画面中央やや下の方にいくつかゴミみたいな点が見えますかね?

DSC_5436.jpg
こちらは、ちょっと大きめの点が3つ。

多分、20匹くらいいたと思います。これほどまとまった数のアブラコウモリは、確かにちょっと珍しかったですね。
こちらの続きです。
DSC_5431.jpg
前回、半年前と同じ店で、同じ商品を買いましたよ。新千歳空港内、北海道物産という店。
今回も空港内のカニは一通り見て回ったんですが、やっぱり値段が高いですね。冷凍毛ガニは、100gあたり1,000円という感じ?でしょうか。500gなら5,000円、800gなら8,000円といったところだと思います。スバ抜けて高いわけではないけど、少なくともお得感は無い。ただ、よく見ると、結構質は高そうです。そこそこ良い品を空港価格で売っている、と考えれば納得の範囲内ですね。なお、冷凍でない浜茹での冷蔵はさらに高いので、買う気になりません。タラバガニもやはりお得感は無し。タラバガニは、ロシア産冷凍でも質の良い物はあるので、わざわざ北海道で買う必要はない気がしています。

そんな中、前回と同様、唯一お買い得と思ったのが、このハナサキガニ。1kg以上保証ということでしたが、実際には1kgをかなり超えます。このサイズのハナサキガニは、ネットで買えなくはないのですが、品数が非常に少ないし、そこそこ高価。あ、値段は、今回は、4,900円だったと思います。あれ?前回より500円値上がりしたかな??? でも、ハナサキガニこそ現地で買うべきですよ。元々、ケガニやタラバガニに比べて価格の安いカニなので、ネットだと送料がもったいないんですよね。
DSC_5437.jpg
身入り十分。

DSC_5441.jpg
巨大なツメ。

DSC_5446.jpg
とりあえず、ハサミ脚以外の脚を剥きました。

DSC_5450_2018090111324434e.jpg
さて、飲むかね。右手前のキティちゃんのグラスには、ウィスキーが入ってます。

やっぱり、ハナサキガニって美味しいと思うけどなぁ・・・。私はタラバガニより絶対好きです。タラバガニは突き詰めると良くできたカニカマになると思うんですよね。日本酒を磨けば水になるのと同じです(違うか? ^_^;)。あっさり系のタラバガニより、独特の風味のあるハナサキガニの方が、私は好きですけどね・・・。

DSC_5455_20180901113246d77.jpg
左: 前回の殻
右: 今回の殻
全く同じサイズです。冷凍だから、もしかしたら、同じ船の同じロットかもしれませんね。
さて、今日は、東室蘭から博多に戻りますよ。
IMG_2736_2018082918463936f.jpg
「本場の味」かぁ・・・札幌でビール飲みたいなぁ・・・。

東室蘭駅のホーム、
IMG_2737.jpg
特急の何号車がホームのどこに止まるか? アナウンスを聞かないと分からない。これは不親切じゃないかなぁ・・・。JR九州ではありえない。

IMG_2732_20180829184638f39.jpg
特急「スーパー北斗1号」。スーパーな北斗です。何かめちゃ強そうです。今回はこれに乗ります。前回は「すずらん」だったんだけど。

新千歳空港に着いて・・・
IMG_E2738.jpg
カニ味噌ラーメン!
カニミソではなく、カニと味噌です。そんなに美味しい物ではなかろうというのは、分かったの上で、話のネタと思ったんだけど・・・かなり強烈にカニの風味が出ている。これはちょっと、ヒントを頂いた気がします。

<北海道出張前の5歳児と3歳児との会話>
私 「カニ買ってこようかな〜」
5 「タカアシガニ?
私 「タカアシガニはあんまり獲れないから売ってないよ」
3 「じゃぁ 脚の低いカニ買えばいいやん?
#確かに 「高い」の対義語は「低い」だ ^_^;)
IMG_2585.jpg
このスピーカーは、こちらで作った100円ショップのMDF+東京コーン紙製作所のF77G98-6。グリルは、こちらで紹介した、パソコンの冷却ファン用ガードの流用です。このスピーカー、今までDAC内臓USBアンプを介して、PCに繋いでいました。で、そのPCは、ほぼほぼ5歳児と3歳児のDVD視聴用。

今回、スピーカーを交換しました。
IMG_2583.jpg
置く場所が無いので、PCケースの上。
このスピーカーは、いい加減な自作ではなく、由緒正しいフォステックス製。こちらで買った箱(P800-E)と、こちらで買ったユニット(P800K)を組み合わせた物です。特に意味があってスピーカーを代えたわけではないんだけど・・・

5歳児、何度も見慣れたトトロを見ながら、「あ、音が違う! 何か、映画の音がする!」。お前、意外と耳が良いのかも知れんね・・・。
こちらの続きですね。半年ぶりの室蘭です。
ホテルから徒歩2分、東室蘭駅東口から徒歩3分の焼鳥屋へ。
入ってカウンターに座ります。
 店 「何にされますか?」
 私 「何がお勧め?」
 店 「全部お勧めですよ!ウチは、いわゆる室蘭焼鳥ではない、普通の焼鳥なんですが・・・」
室蘭焼鳥じゃないんかよっ!
まぁ、下調べせずに入ったオレが悪いんだけど・・・^_^;) 別に良いよ。室蘭焼鳥がそんなに美味しいか?と言われると・・・アレはたれの味だからね。強烈に旨いけど。

IMG_2716.jpg
シロ。
これは、はっきり言って、筥崎宮の花山の方が断然上でしょう。串への刺し方が密すぎるよ、もっと疎にして、脂を落とした方が美味いと思うが? (まぁ、好みの問題だけど)

IMG_2721.jpg
軟骨。
山椒をかけて頂きますよ。美味い。

IMG_2722.jpg
スナズリと皮。
かなり焼いてますね、私好みで美味い。

この店、私が入った時は、2組6人がいただけだったが、1時間後、私が店を出る頃にはほぼ満席になった。どうもそこそこ人気らしい。驚いたのは、この店、メニューがかなり少ないのです。串が15種類?くらいと、あとは・・キムチや塩辛などのつまみと、焼おにぎりくらいしかない。要するに焼鳥で勝負してんですよね。潔くてよろしい。

私の評価は、「普通に美味い」だ。備長炭で焼いた普通に美味い焼鳥を1本100円とか120円で食える店。全く特徴は無いんだけど・・・、うん、やっぱり家の近くにあったら、しょっちゅう行きたい気がするよ。
北九州市の西日本総合展示場で開催されている「メガ恐竜博2018」に行ってみました。3歳児、恐竜大好きだからね。しかし、結論から言うと・・・行かなくて良いです ^_^;) 北九州市いのちのたび博物館の常設展示の方が数段マシです。子供だましのような展示や遊戯スペースもありましたし。もっとも、子供だましに徹して、5歳児や3歳児が楽しめる展示なら、それはそれで良いのだけど、そうはなっていない。かといって、解説のレベルは高くない。大変中途半端でしたね。
IMG_2679.jpg
まぁ、実物大スピノサウルスは、大迫力! 実物大というのはやはり説得力がありますが・・・

IMG_2678.jpg
このトリケラトプス、どう見ても頭が小さくね? どゆこと???

IMG_2689.jpg
それから一番気になったのがレプリカの質なんですよ・・・。私もそんなに詳しいわけではないのですが、上写真を含めて、これはダメでしょ?と思えるレプリカがいくつかあった。

まぁ、小学生が勉強するには良いのかなぁ・・・かなり微妙だけど。いずれにしても5歳児と3歳児を連れた家族には、全く不向きでした。とは言え、3歳児は「楽しかった」とのことなのでまぁ、良しとしましょう。
IMG_2711.jpg
ティラノサウルスのソフビ買ってもらったし!
これから、恐竜のこと、いろいろ教えてやるからな。大きくなったら、お前がオレに教えてくれるようになると良いんだが。

それでだ、一方の5歳児は恐竜にほとんど興味を持たないのだ。食の好みと同様、同じような環境で育ってきたはずなのに、5歳児と3歳児とでは、遊びの興味がかなり異なる。今のところ、5歳児が好きなのはどっちかて言うと、メカ系かね・・・。

同じ環境で育ってきた2人なのに、いろんな好みが異なるのは、本当に不思議です。それが「個性」というものだろうか? だとしたら、それは生まれつきのものなんだろうか?
こちらの続きかな。
DSC_5425.jpg
#3歳児のコレクションより
仮面ライダービルド、終わっちゃいましたね。

おそらく毎週の半分くらいしか見てないし、30分間きっちり見たことは一度もないんだけど、最終回だけは30分間きっちり見ましたよ。要するに、アレでしょ? スポックが母星バルカンを救うために、時空連続体を改変してスポック自身は、新しい時空に一人残された・・・それと似てません?

良く分かってなくて言うのもナンですが、最終回、良かったと思いますよ。命を懸けて地球を救ったのに、自分を覚えている人は、「この世界」には誰もいない・・・自分が知っている仲間達は、全く別の人生を歩んでいる・・・万丈ですら、「あんた誰?」って感じ。これだけだと、主人公である戦兎が一人残されて、ちょっと寂しい終わり方ですが、実は! 「元の世界」の万丈も「この世界」に来ていた! その理由は、戦兎が一言で説明してくれたんだけど、良く理解できなかった ^_^;) でも、戦兎が知る万丈は「この世界」にもいるんです。で、「この世界」でも戦兎と万丈との掛け合い(スポックとボーンズの掛け合いを思わせますな)。それで、ハッピーエンド。大変良かったんじゃないでしょうか。

これまでの仮面ライダービルドの49話は、戦兎が残した記録だったことも明らかにされました。なるほどね!って感じで、このプロットは、SFファン的にはポイント高い。

ただ・・・本当にハッピーエンドだったかというと、中・長期的には少々疑問です。戦兎と万丈は、「この世界」では、住民票も戸籍もありません。行政サービスを全く受けられないんだけど・・・病院に行ったら10割負担だし、就職とかアパート借りるのも相当大変だと思うし、年取ったら年金も出ないけど大丈夫か??? ^_^;)
若干酔っ払い気味で買った写真です。
img002ed2.jpg
 ↑
クリックでかなりデカい画像に拡大します。
米国からの里帰り、100年は軽く経っていると思います。

長崎くんちの傘鉾だろうというのは分かるのだが、どこの町の物か?は、私には分からない。そこで、フェイスブックの「長崎の人集まれ!」というグループに写真を投稿して聞いたところ、1時間以内に「魚町ではないか?」という回答が得られ、2時間後には「魚町の人に聞いたところ、“ウチのやかね!”と言われた」との書き込みが。こういうローカルネタは、やっぱりSNSが強いですね。

魚町という情報を得て、ネットでちょっと画像を調べてみたんですが、確かに今の魚町の傘鉾のデザインに瓜二つ。傘鉾のデザインというのは、100年以上経っても、基本はあまり変わらないものなんですね、お勉強になりました。

さて、この写真、別に私はおくんちマニアではないし、傘鉾にそれほど思い入れがあるわけでもありません。私がこの写真を購入したのは、むしろ裏面に惹かれたから。これが裏面↓
img003.jpg
 ↑これもクリックで拡大します。

そう、清河写真館の作品なんです。清河写真館については以前書きました、この辺参照。清河写真館の清河武安は、上野彦馬の直弟子の1人です。明治の最初期に長崎に写真館をオープンしていたようなのですが、いつ頃まで存続したのか? どんな作品を残したのか? ほとんど情報が無いのです。もっともこれは、清河写真館だけではなく、この時代の長崎の写真館や写真については、ほとんど研究が進んでいません。長崎の古写真研究は、東京や横浜のそれに比べて大きく水をあけられてしまったと思います。

時間と、多少の金があったら、長崎の古写真研究をしてみたいんだけどなぁ・・・。

DSC_5420.jpg
100年以上の歳月を経て、私のところにやって来た清河写真館の写真2枚、2枚とも米国からの里帰り。オレ、これから清河写真館マニアになろうかなぁ・・・ ^_^;)

こちらの続きですかね。

コレだよね?↓
DSC_5408_201808261719249c0.jpg
ウチの近所のスーパーでは、1,500円以上するんだけど?
以上、私信。

さて、実家からもらってきた野菜で・・・
DSC_5396_20180826171925e75.jpg
ピーマンとニンジンと春雨の炒め。緑のピーマンと赤のピーマンがあります。

DSC_5414_201808261719269b9.jpg
ジャーマンポテト。

DSC_5417_20180826171923969.jpg
鶏肉とピーマンの炒め。

順調に野菜を消費しております ^_^)
以上、実家向け報告。
今月は、ブログ書くヒマがあんまり無かったですね・・・。これは、8月12日の話。
こちらの続きですね。
IMG_E2601.jpg
昼食は念願の天天有、長崎市思案橋。
アレっ!? 見た目も味も、何か変わったか??? これは・・・近い内にまた訪問しなければなりません。

夕食は・・・
IMG_2614.jpg
先週末と同じ、近所から出前。

ついでに翌日13日の昼食は・・・
IMG_E2634.jpg
リンガーハット、嬉野店。

別に長崎に行く度に、憑り付かれたようにちゃんぽん・皿うどんを食う必要はないんだけど、まぁ、だってねぇ ^_^;) 次は、久しぶりに長崎ちゃんぽんの「本丸」、新地に行きたいね。