FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

1か月くらい前の話。
DSC_5340.jpg
これは・・・

DSC_5341.jpg
メガネです。

今回、これら2本のレンズを交換しました。両方とも5年使って、レンズにキズが目立つようになったし、コーティングも劣化していました。正直、レンズを交換する価値があるほどのフレームではないのです。実際、今回はレンズ交換に1本当たり14,000円かかったのだけど、フレーム+レンズで買うと割引が適用されて18,000円だという。18,000円出せば丸ごと新品になる物を、14,000円出してレンズだけ交換するといのは、ちょっと迷いますよね。もしかしたら、丸ごと買い替える人の方が多いのかもしれません。

ただ、今のところ、フレームは使えるのだ。であればまぁ、レンズだけ買いましょうか。ささやか過ぎるが、ゴミの減量にも貢献しよう。

さて、レンズが新しくなって、フレームも矯正されて帰ってくると、オーバーホールが終わって帰ってきた腕時計と同じように、使うのがちょっともったいない気がしますね ^_^;)

ちなみに、上の紙袋には「YANO MEGANE」と見えますが、これは日本語で書くと「ヤノメガネ」。おそらく大分県民ならほとんどの人が知ってると思うのですが、大分県民以外はほとんど知らないでしょうね。ヤノメガネって、大分ローカルのメガネ屋ですが、大分県内ではかなりのシェアがあるんじゃないでしょうか。この店は、顧客の情報をずっと保管しているようで、今回、これらメガネを買ったのが5年前、というのは店に残っていた記録で知りました。また、私がヤノメガネで最初にメガネを買ったのは、1999年なんだそうな。

<5歳児との会話>
私 「エビフライの何が嫌いなの?」
5 「しっぽと中!
#そうきたか・・・・・・ ^_^;) 
考えてみたら、5歳児が嫌いと言って食べないのは、エビとカニ・・・だけかも?
炎麻堂の炎魔湯麺を買ってみた。炎麻堂というのは、東京の中華料理屋で、結構有名。私も第2期東京時代には何度か行きました。
DSC_5344.jpg
中身こんな感じ。ペースト状のスープと生麺。
麺を2分茹で、ペーストを230ccの熱湯に溶いて出来上がり。簡単でよろしい。

DSC_5333_201807290621074ba.jpg
自家製チャーシューを乗せて。

コレ、辛いぞ! よくこんな辛い物を商品として発売したなぁ・・・と思うくらい辛い。唐辛子の辛さです。どれくらい辛いかというとですね・・・う~ん、あまり比較できるものが無いのだが、平均的な日本人はまず無理ですね。ちなみに、ココイチの5辛なんぞは全く問題にならないレベル。サムソンの「W死に辛」(←もはや誰も知らんよな ^_^;)よりも辛そうだ。イヤ、要はですね、日本では、商品として売られている食品としてはもちろん、レストランで出されるメニューでも、これほど辛い物はあまりないと思うんですよ。その意味で、これを販売したのはスゴいと思いますね。

私は辛さ耐性が高く、辛い物大好きなので、まぁまぁ普通に食べられますが、当然、家人は一口も無理でした。

・・・・・・もう1回買おっかな? そこそこ美味かったし ^_^;) ただし、生麺の賞味期限が2か月間もあるというのは、地味に気にはなります。

ちなみに私がこれまでの人生で食べた物の中で、最も辛かったのはこちらのシーフードサラダですが、このシーフードサラダに比べれば、今回の炎魔湯麺もまだまだマイルドですね。
こちらの続き。

キャベツの塩漬けってね、発酵が進むと・・・
DSC_5286.jpg
泡が出てきます。乳酸菌が頑張ってる証拠だそうです。
でさ、ザワークラウトの作り方を書いたサイトっていくらでもあるんだけど、どのサイトを見ても、途中でかき混ぜるなんて書いてない。逆に全体が水に漬かっていることが望ましい、と書いてるサイトは多い。乳酸菌って、嫌気発酵なの? ちょっと調べてみたら・・・乳酸菌って、どっちでもイケるんですね。

床漬けってさ、混ぜないとすぐダメになるじゃないですか? で、床を混ぜるのは、床(の中の菌)を酸素に触れさせるためでしょ? そうしないと乳酸菌が雑菌に負けてしまう。ザワークラウトは、逆でキャベツ(の表面の菌)が酸素に触れない(=水に漬かっている)方が良いらしいのだ。水に漬かってい部分は、腐敗したりカビが生えやすくなると書いているサイトも多い。

そうなんだ・・・なんと言うか・・・・・・。イヤ、床漬けとザワークラウトでは、活躍する菌種が違うんでしょうけど、ザワークラウトで活躍する菌は、床の中では生きていけないんだろうか? もし、ザワークラウトの菌が床の中で活躍できれば、できるだけ混ぜない方が良い床漬け、なんてのが実現するのに。世の中上手くいかないもんだなぁ。

さて、前回は、ビンの中にいきなり千切りにしたキャベツと塩を入れたのですが、ビンに詰める前にボウルの中でちょっと揉んだ方が良いみたいですね。そうすれば、ビンに詰めた時点でほぼキャベツ全体が水に漬かります。

DSC_5277_20180722103451249.jpg
ボウルでちょっと揉みます。
でさ、何か香り付けにスパイス入れると良いなぁ・・・と思ってたんだけど、ネット上には、キャラウェイシードを入れる、と書いたサイトが多い。キャラウェイシード? そんな物家に無いぞ? 何が良いかねぇ・・・と思って、とりあえず手元にあるスパイスを眺めながら気付いた。

DSC_5315ed.jpg
コレ、使えるんじゃね?
クレイジーソルトとは、岩塩とスパイスのミックスです。これを2%で使えば、スパイスの分、減塩にもなりますし。

さて、今回は本格仕込みです。
DSC_5300.jpg
台所に良い容器があったので、キャベツ1玉(約1kg)、実家からもらってきたニンジン約200gをクレイジーソルトで漬け込みました!

7日後・・・、
DSC_5330.jpg
クレイジーソルトのせいで、かなり風味が付いているので、酒の肴になりますね。これは良いかも。

酒の肴を自分で作るのって、何か楽しと思いません?
DSC_5291.jpg
チャーシュー。自家製。最近は毎週末、1週間分を作ってます。これも酒の肴になるよ!
例によって近くのスーパーで。
DSC_5312.jpg
値札は「もがに」となっていますがイシガニ(Charybdis japonica)です。イシガニは、磯で良く目にするカニです。非常に一般的です。しかしあまり流通しません。あまり大きくならないので小型の物が多い、なのに殻が堅く食べづらい、といったところが敬遠される理由でしょうね。ただ、味は悪くないです。イシガニ独特の風味があります。もしイシガニが少々小さいとはいえ、食べ易かったら、もっと流通してるんでしょうな。

DSC_5313.jpg
さてイシガニ、紫っぽい色の個体と、緑っぽい色の個体がいるんです。この差って何なの??? もちろん、オス・メスや成長段階の差ではありません。もう15年くらいギモンに思ってんだけど、誰か知らない? 

DSC_5314_20180722101410e61.jpg
見た目がかなり雑ですが・・・ ^_^;) 味噌汁にすると、イシガニ独特の風味が際立ちます。やっぱり美味しいと思いますね。
こちらの続きですね。

実家からもらってきたジャガイモで・・・
DSC_5306.jpg
ジャーマンポテト。

同ナスで・・・
DSC_5309_20180722101409115.jpg
麻婆ナス。

以上、実家向け報告 ^_^;)
1週間くらい前(?)、私がメインで使っているパソコン(Windows 10)で、突然デジカメ写真が見られなくなった。正確に言うと、ウィンドウズフォトで、JPEGファイルが見られなくなった。症状は、デジカメファイルをダブルクリックすると、以下のメッセージが。

 ファイルシステムのエラーです(-2147219196)。

意味不明なので、ググってみたら、数日前は何も見つからなかったので、余程レアな症状か? と思ってたんだけど、今しがたチェックしてみたら、いくつかのサイトが取り上げてますね。結論から言うと、私の環境では、そもそもウィンドウズフォトが立ち上がらなくなってしまったようです。原因は7月第3週のWindows 10のアップデートに伴うものみたいですね。とりあえずの対処方法は、アップデート前に戻すしかないと。私はシステムのバックアップを取っていない。それでも方法は複数あるようだし、別の画像ビューアを入れても良いんだけど、この暑さの中、面倒でヤル気にならない(私のメインPCが置いてある部屋にはエアコンが無いのだ)。まぁ、次のWindows 10のアップデートで修正されるでしょう。

というわけで、私がメインで使っているパソコンでは、次のWindows 10のアップデートまでデジカメ写真を見ることができない。久しぶりに実害を伴うWindows 10のアップデートですね。
今日は、仕事で駅から1km弱ほどを徒歩で往復したのだが、半端ない暑さだった。今日は一体何度まで上がったんだろう? ニュースによると、福岡で38.3度、観測史上最高だという。確かにあんまり記憶にない数字。暑かったハズだよなぁ。オレ、日本で38度を経験したのって初めてかも。

17日には、小学校での活動中に6歳児が亡くなった。環境省の「暑さ指数」が度々ニュースで取り上げられた。今後は、特に学校で、この「暑さ指数」の活用が活発になり、この指数で学校の体育活動や部活の制限がなされる例が増えるのかもしれない。ただ、「暑さ指数」における「運動に関する指針」を厳密に守ると、高校野球は暑くて中止とかいうのが増えるんじゃないだろうか? もしくは、アスリートは夏の間練習ができなくて、他国のライバルに比べて不利になるとか? もっと言うと、2020東京オリンピックってホントにやれるの? なんて議論にも繋がらないとも限らない。今年の夏の暑さは、健康管理のみならず、社会生活の変革を迫るものだと思う。

ウナギのニュース。国営放送もスーパーで買ってきたウナギのかば焼きを家で一手間かけて美味しく食べる方法・・・なんてくだらないニュースを放送していた。唖然とした。世間では未だにその程度の認識なのか・・・と思うと、嘆かわしい。ウナギを食う人は、「嗜好のために、1つの生物種を絶滅するまで食い尽くすというのは、大変野蛮な行為である」という単純な事に気付かなければならい。
子供の食の嗜好って、どうやって決まるんだろうか??? 目下、かなりの謎だ。私は、食の嗜好というのは、後天的なものであって、遺伝とか、持って生まれてもの等ではないと思っていた。しかしですね・・・ウチの5歳児と3歳児は、既に食の嗜好がかなり異なるのだ。例えば、3歳児がエビ・カニ大好きなのは、このブログでも過去に何回か書いた。一方、5歳児はエビ・カニが大嫌いなようで、ほぼ全く食わない。他にもいろいろあるんだけど、この差は何なんだろうか? どこから生まれるんだろうか? かなりの謎だ。

もちろん、5歳児にエビ・カニアレルギーがあるわけではない。それは確認済みだ。

5歳児と3歳児は、ほぼ同じような物を食ってきたはずだし、その間、親も同じような物を食ってきた。私は、家庭内エビ・カニファンを増やすべく、5歳児が3歳の頃にもエビ・カニは勧めた。しかし、最初からほとんど食わなかった。一方、3歳児は、最初から結構食った。他にもいろいろな例がある。もしかしたら、食の嗜好というのは、持って生まれたものなのか? と思わざるを得ないのだ。

今日の5歳児語録。
 5 「今日、給食でエビフライ食べた!
 私 「ホント???」
 5 「本当よ!
#うむ、嫌いなものを食べたのはエラいな。
 5 「でも、あんまりエビの味せんかった

そりゃ、安い冷凍のエビフライだな ^_^;) 
週末は、ちゃんとエビの味がする美味しいエビフライを、ママに作ってもらうか。
今日は、安心院の九州自然動物公園、アフリカンサファリに来ましたよ。
DSC_5185.jpg
アメリカグマ。
#お前も暑いよなぁ?

DSC_5196.jpg
ライオン。
#暑いよなぁ?

DSC_5205.jpg
ライオンの肉球。
#大迫力! これでパンチされたら、オレでも倒れるだろうな

DSC_5213_2018071616574434b.jpg
バッファロー。
#暑くないのか?

DSC_5229.jpg
シロサイ。
#見るからに暑いよなぁ? ^_^;)

DSC_5235.jpg
ファローディア。
#お前らは涼しい顔してるな? 暑くないのか??

DSC_5238_20180716170638a12.jpg
アジアゾウ。
#お前は暑さは大丈夫だよな?

DSC_5262.jpg
グラントシマウマ。
#コラコラ、鼻掻くのに、オレのミラー使うなよ ^_^;)

DSC_5241.jpg
トラ。
#お前は手持無沙汰だよなぁ・・・

DSC_5247_20180716170642aee.jpg
スポッテッドハイエナ。
#お前もヤル事無いよなぁ・・・オレは知ってるぞ、お前がハンターだってことを。

DSC_5252_20180716170643af8.jpg
チーター。
#お前もさ、苦労せずエサを十分もらえて幸せか?

DSC_5266_20180716170848ed4.jpg
イランド。
#アフリカ最大のレイヨウ類。

DSC_5265.jpg
シロオリックス。お尻はイランド。真ん中奥下に小さくブラックバック。
#草食のお前らもさ、どうなの? 地球の裏側から安心院町にやって来て? 居心地良い? 幸せ??

5歳児、3歳児共に角のある動物を見ると、「シカの仲間?」と聞いてくる。そうじゃないのだ。アフリカには、シカの仲間はほとんどいない。ごく一部にCervus elaphusという動物がいるらしいのだが、「アフリカにシカの仲間は、ほとんどいない」と思ってて間違いない。良いか、アフリカにはシカはほどんどいないんだぞ。

家族の中で、アフリカのサファリを経験しているのは私だけだ。私は何回行ったんだろう? 5~6回アフリカに行って、10回くらいはサファリに出ただろうか? もっとかな? いつか家族でアフリカのサファリに出たいよね・・・夢だね。

# アフリカンサファリなのに、アフリカゾウがいないってどういうこと? 昔はいたよね???
DSC_5071.jpg
ちょっと荒れてるけど ^_^;)、ミニトマト。

DSC_5074.jpg
カボチャ。

DSC_5122.jpg
360度曲がったナス。

DSC_5067.jpg
あっ! スイカできてる!!!

DSC_5080.jpg
残念ながら、ブドウはまだだ。

DSC_5094.jpg
アマガエル。

DSC_5070.jpg
5歳児はジャガイモの収穫。

DSC_5079_20180716175454fda.jpg
3歳児はトマトの収穫。

DSC_5178_201807161754527fa.jpg
今回、これらに加えて、ジャガイモ、キュウリ、ナス、タマネギを大量にもらってきました。感謝。