FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

これが2015年、これが2016年。
あれ? 2017年が無いのか? 久しぶりにラウォン。
IMG_1969.jpg
このラウォンのインスタントペースト、入手がかなり難しいのです。今の世の中、ネットで何でも買えそうなものですが、このラウォンは、アマゾンでも楽天でもなかなか見つかりません。インドネシア食材だと、ナシゴレンとかソトアヤムの素は、いつでも買えるんだけど、ラウォンはどういう訳か? ほとんど無い。今現在もアマゾンや楽天では買えないと思います。今回は、アマゾンでも楽天でもない、神奈川県の店からお取り寄せ。この店、以前からチェックしていたんだけど、ラウォンはずっと「売り切れ」。久しぶりに覗いたら買えました! ただし、1袋200円。現地価格の10倍くらいか? バカらしいとは思うんだけど、仕方ない。

IMG_1974_2018051316115594f.jpg
今回は、レモングラスとこぶミカンの葉を追加してみましょうか。

DSC_4900.jpg
はい、出来上がり。現地で春雨を入れることは無いと思うけど。現地で食うと、こんなにいっぱい肉が入ってくることも無い気がするけど。私が記憶する現地の味に比べると、何か物足りないんだけど。

でもやっぱ、美味いよ。多くの日本人は、この味を好まないんだろうか? そんなことないと思うけどなぁ・・・。インドネシア歴の無い家人も美味しいと言うし。

インスタントペーストを使わずに作ってみようと思ったこともあるんですよ。ネット上にはレシピがいっぱいありますからね。でもね、クルワック? クンチュール?? クミリ??? レシピには呪文のような単語が並びます。ちょっと調べれば、まぁ、便利なことにこれらの材料はネット上で買えるのです。ただ、送料が高くつくので断念。

ラウォンの材料はアマゾンや楽天で買えるのに、インスタントペーストがなかなか買えないというのは、一体どういう訳だ???
押し入れの中にあった段ボール箱。
DSC_4901.jpg
これ、いつだったか?実家から持って来た雑多な物が入っているのだ。

開けてみましょう。
DSC_4786.jpg
消しゴムだよ・・・ ^_^;)

DSC_4789_201806281931402ae.jpg
これは・・・スーパーカーブームですね。おそらく私が小学校の高学年の頃の物でしょう。

DSC_4793.jpg
イッ、インヴェーダーとUFOですか・・・ しかも、著作権問題が起きないくらいいい加減なディテール。

DSC_4788_20180628193430e4d.jpg
これは、記憶にあるよ!!! 何かの弾だ、何かにセットして、ボタンを押すと、この弾がバネで飛び出すのだ。・・・この弾は覚えているのだが、発射装置の方が記憶にない。というか、正確に言うと、この弾を見て、あっ! と思いだしたのであって、発射装置の方も、見れば思い出すんだと思う。

そして、お目当てはブロック。
DSC_4790.jpg
そういえば、レゴも入ってたよなぁ・・・と思って、今回この箱を開けたのです。

最近、5歳児はレゴで遊ぶので、昔のレゴも使えるよね? と思った次第。
DSC_4791_2018062819314377f.jpg
ただ、良く見るとですね・・・どうも2種類のブロックが混ざっている。左はレゴ、右はレゴではないのです。ただし、レゴと互換性はある。レゴの類似品だろうか???

以上、全て私が小学生の頃の物と思います。良く残ってたなぁ・・・「実家」とはありがたい。

5歳児は、レゴが増えてお喜び。3歳児は、消しゴムが気に入った模様。これらのおもちゃも、40年の歳月を経て、再び遊ばれるとは思ってなかっただろうな。
1回目2回目3回目、そして、今回が4回目ですね。LS社製のAKライフルシリーズ。
実はですね・・・先日、ヤフオクでコイツを落札したんです。
DSC_4806ed.jpg
AKMです。

これがですよ・・・
DSC_4807ed.jpg
何と未組立の完品!!!

DSC_4898.jpg
40年前のプラモデルという事を考えると、外箱のダメージも少ないと言えるでしょう。

最近では、ヤフオクで2万円を超えることも珍しくないLSのAKですが、今回は何と! 2,000円で落ちました!!! なぜかと言うと2,000円の即決で出品されていたからです。イヤ~、これを2,000円で出品してくれた売主さん、あんた神だよ・・・。
こちらの続き。
今日は、電車でマリンワールドへ。
DSC_4840.jpg
この写真、空が曇りでグレーなので、何かヘンな感じになっちゃいましたね。

前回は、エサが売り切れで残念な思いをしたので、真っ先に「かいじゅうアイランド」へ(「海獣」です、念のため)。
DSC_4849.jpg
念願のエサやり。

DSC_4851.jpg
ゴマちゃん、こんな感じで待ってます。

DSC_4847ed.jpg
「早く下さーい」
時々、催促します。

DSC_4850.jpg
「あっ、魚来たー!」

DSC_4845.jpg
お前、意外と直前まで口開けないんだな。

DSC_4857.jpg
ゴマちゃんの足のちゅめ!

ウチの5歳児と3歳児は、海獣が好きそうだから、次に来た時は、「ゴマちゃんは、鰭脚目と言って、イヌとかネコに近いんだぞ・・」てなことを講義するか・・・と思っていたんだが、今しがた何気なくウィキペディアのゴマフアザラシの項を見たら、食肉目になってるじゃん、アレ? 驚いてネット上を眺めると、アザラシというのは今では食肉目鰭脚亜目というのがメジャーらしい。まぢですかっ!!! 大ショック・・・。ただし、環境省のレッドリストでは、鰭脚目を使っていますね。行政というのは、新しい学説に安易に飛びつくことはしませんから、古い表記という事なのでしょう。とはいえ、ネット上をザッと見た感じでは、食肉目鰭脚亜目という考え方は、既にそれほど新しいものでは無さそうですね。つまり、私の知識は古いという事のようです。

私が哺乳類の分類を勉強したのはもう20年以上前だもんな・・・ とか思いながらネット上を見ていたら、どうも貧歯目(Xenarthra)って分解されたんですか? それからウィキペディアでは鯨目(Cetacea)と偶蹄目(Artiodactyla)を一緒にして鯨偶蹄目を採用してますね・・・。分子系統学の成果なんでしょうなぁ・・・。考えてみたら、私の哺乳類の分類に関する知識は、20年前の分子系統学の黎明期で止まっています。こではヤバい! 知識をアップデートせねば!!!

ちなみにこの日は、電車でマリンワールド、マリンワールドから船でベイサイドプレイス、ベイサイドプレイスからJRの駅までタクシーと、1日で電車と船とタクシーという3種の交通機関を利用。交通機関好きの5歳児と3歳児にとっては超豪華な日でした。
DSC_4805_20180623090206d51.jpg
アーティチョークが咲きました。
このアーティチョーク、今月の初めに実家に帰った際に切った物。もう3週間も水に差したままなのに、ちゃんと咲きました。

DSC_4804.jpg
全体像こんな感じ。
もう葉っぱは、枯れちゃってます。

DSC_4800.jpg
葉っぱは枯れてるし、がく(なのかね?)も茶色に変色しちゃってるんだけど、紫の花だけちゃんと咲きした。アーティチョークって、生命力が強いんでしょうね。
3歳児が言う、「タコ焼きパーティーしたい」。
じゃ、やりますか。
DSC_4897.jpg
このタコ焼き器、それほど頻繁に活躍するわけではないのですが、やっぱり買って良かったですね。

DSC_4798.jpg
あまり頻繁に活躍するわけではないので・・・・・・

DSC_4799.jpg
いつまで経っても上達しません ^_^;)
こちらの続きか。
DSC_4813.jpg
CDを買った。
ダン・フォーゲルバーグのカーネギー・ホールのライブ盤、1979年のライブらしい。こんなCDがあったのか・・・と思って、ちょっとググってみたら、2017年、つまり去年発売された物らしい。ってことは、つまり40年近く前のライブだ。って言うかさ、ダン・フォーゲルバーグって、2007年に死んでたんだ・・・。ちなみにこの人もまた、レコーディングの際は、ほとんどの楽器を自分で演奏してしまうという多彩な人です。

私の世代の人間なら、ダン・フォーゲルバーグを知っている人は多いと思います。私の場合は、『High Country Snows』とか『Exiles』は、リアルタイムで聞いたんだと思います(記憶不確か)。『The Innocent Age』が、後追いだったのは間違いないです。

残念ながら曲によって音質にバラつきがあるんだけど、40年前のライブだから仕方ないか。しかも音が飛ぶ箇所がある(これはプレスミスっぽい)。ついでに言うと、歓声が左右全体に広がったり、中央にまとまったりと、ミックスが大変不自然。

でも内容はすばらしい。曲は全てピアノかアコギの弾き語り。何かスゴいよね。弾き語りだけで、カーネギー・ホールでライブするなんて。こういうミュージシャンってもう現れないんだろうか? っていうか、こういう音楽が今は流行らないんだろうか? 私は好きですけどね・・・。

驚いたのは、日本でも大ヒットした「Same Old Lang Syne」を、“ニューアルバムの曲から・・・”と紹介していること。このライブは1979年、このライブの後に発売されたアルバムは『Phoenix』。で、実際に「Same Old Lang Syne」が収録されたのは、1981年の「The Innocent Age」。ちょっとググってみたら、「Same Old Lang Syne」って、本来は『Phoenix』に収録するつもりでレコーディングしてたんだって! えっ!? そうなの!!! 何か、スゴい驚き!

ちなみにこのCD、アマゾンで米国から取り寄せたんだけど、ポチってから届くまで1か月半もかかった。eBayで買った方が早かったかもな。
こちらの続きですかね・・・
上リンクで捨てた靴は、今現在私が持っている唯一のラバーソールでした。それを捨ててしまったということは・・・つまり雨用の靴が無くなってしまったということ。これから梅雨。どうしようかなぁ・・・とかなり迷ったのですが、この靴の底を張り替えました。
DSC_4779.jpg
上リンクに出てくる靴に似てますが、別物です。
この靴は、バンコク時代にバンコクのセントラルデパートで買った物、記憶が不確かなのだけどたぶん2010年だと思う。ロークのチェルシーブーツです。その後、第2期東京時代だから・・・2013年とかなのかなぁ? 底がすり減ったんだけど、もうこの時点で、アッパーがかなり傷んでおり、オールソールするのがもったいないなぁ・・・と思うような状態。よって、オールソールの代わりにゴムを1枚張りました。そして今、そのゴムもボロボロになり、元々のすり減った革底が露出。

これをオールソールするってのは、正直大変悩むんですよ。この靴、アッパーがもうかなり傷んでいます。小さなヒビがいっぱいできているのです。この靴に1万円以上かけて修理するのもなぁ・・・というのが正直なところ。あ、ついでに言うと、この靴と以前捨てた上リンクの靴には共通点があります。それは、アッパーの素材がガラスということ(ガラスって、窓ガラスのガラスじゃないよ。革の表面に何やら特殊なコーティングをした革素材です)。結局のところ、私はガラスの手入れができなかった。っていうか、ガラスって、どんなに手入しても、10年経ったらヒビ割れるんじゃないの??? いずれにしても私はもう2度とガラスの靴は買わないでしょう。

さて、迷った末、底をラバーでオールソールしました。
DSC_4780_2018062309045197e.jpg
底だけは新品!
雨用通勤靴の出来上がりっ!ゴム底ってなかなか減らないから、この靴は、底がダメになる前にアッパーがダメになる気がするね。まぁ、でもこの先数年は履けるでしょう。
こちらの続き。
5歳児が、「パパ、壊れた・・・」と言いながら持って来た。
DSC_4657.jpg
写真の赤矢印部分が破断(上写真は既に接着修理した後)。まぁ、しょうがないよなぁ・・・とは思うんです。

翌日。
DSC_4658.jpg
パパ、取れた・・・」。うん、分かってはいたが、飛行機のプラモデルの脚というのは、5歳児や3歳児の遊びには耐えられないよね・・・。次からは飛行状態で作るか? そうすれば、このホルテンなんかは、たぶんほとんど壊れる所が無いと思うんだよね。しかし、飛行機のプラモデルを作るのに脚を作らんってのは、何ともつまんないよねぇ?

さて、とりあえずこのホルテンは・・・
DSC_4781.jpg
前脚の付け根、前脚カバーの付け根、それに前脚の支柱と前脚カバーの裏側を全部プラリペアで固めました。これで前脚が折れることは無いでしょう。次は・・・黒いタイヤが外れるかな? ^_^;)

ま、でも壊れたら修理する、がどこまで続けられるか? やってみよう!
ケガニはこちら以来だから、1か月ぶりですね。
DSC_4762.jpg
父の日のプレゼントにケガニをもらいました! このケガニ、大きさはそれ程でもないんですが、いわゆる贈答品として売られている物らしく、大変質が良かったですね。

ところで、ちょっと前に家人が、「父の日のプレゼント何にしようかなぁ・・・?」と考えておりました。私、思いますに世の中のプレゼントは全てカニにする、という決まりを作ったら良いんじゃないでしょうか? 父の日のプレゼントはカニ。母の日のプレゼントもカニ。子供の日もカニ(子供の日にプレゼントはせんか?)。お誕生日プレゼントはもちろんカニ。クリスマスプレゼントも毎年カニ。ヴァレンタインも、ホワイトデーもプレゼントは全てカニ。それで、世の中丸く収まると思いますけどね・・・。

DSC_4766.jpg
小さい関節もちゃんとキレイに剥きますよ。

DSC_4777.jpg
さて、ケガニをちょびちょび齧りながら飲むかね。

あ゛~っ!!!
DSC_4769_2018061821364738c.jpg
こらこら、3歳児! カニ味噌をちゅ~ちゅ~するなっ! ^_^;)