2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

こちらに続いて、さらに続きます。
IMG_4184.jpg
藤原邦達 (1973) 『PCBの脅威=わが公害告発との闘い=』 第三文明社.

PCBについて書かれた単行本、しかもできるだけ古い物を・・・と思って探しているんですが、どうも1972~1973年頃が限界のようです。この本は1973年出版なのですが、見つけた時はあんまり買う気が起きませんでした。理由は、このタイトル。「わが公害告発の闘い」というサブタイトルが良くない。この手のフレーズは、公害や健康被害などを無意味に煽る人か?と思わせます。しばらくスルーしてたんですが、1972~3年のPCB関連の単行本というのはそれほど数が多くないので買ってみるか・・・何しろ、アマゾンの古書価格64円だしなぁ・・・。

買ってびっくり! 著者の藤原邦達とは、当時京都府の衛生研究所の研究者。衛生研究所というのは、どこの都道府県にもある都道府県の付属研究機関です。当時は、公害研究所とか、衛生公害研究所という名称だった都道府県も多いですね。

結論から言うと、本書、やはり大変面白かった。都道府県の衛生・公害関係付属研究機関の研究者が書いた公害告発の書籍としては、田尻宗昭 (1972) 『四日市・死の海と闘う』.が滅法面白かったのだけど、本書はそれに匹敵します。

当時の都道府県付属の研究機関は、汚染を発見しても自由に公表することができなかったのです。今なら、自分とこの自治体で、何らかの環境汚染が見つかったら、即公表が第一です。様々な対策は同時並行で立案ですが、先ずは公表でしょう。環境汚染とはちょっと違いますが、昨今のヒアリ。もし、見つかって1か月間、公表しなかったら、自治体はどれだけ非難されるか?

しかし、今から44年前の当時は違うのです。例え住民の健康被害の可能性があるような環境汚染が見つかっても、その対策が立案されるまでは、汚染の実態そのものも公表すべきではない・・・本書は、そういう考えの行政上層部と、研究者である著者の「闘い」を綴ったものです。

よって、私が期待した資料的な要素はほとんど無いのですが、当時の公害対策、環境汚染対策とは、こういう物だったのか、という点で、大変参考になりました。

カネミ油症事件から50年。今の環境汚染対策は、大変進歩したと思います。もはや、こういう健康被害は起き得ないのではないか?と思います。

・・・・・・本当に起きないかな? 今の日本の環境汚染対策は本当に十分かな???
こちらに続いて、PCBのお勉強。
IMG_4177.jpg
磯野直秀 (1975) 『科学物質と人間 PCBの過去・現在・未来』 中公新書.

これも帯が付いており、ほぼ新品に近い状態。

結論から言うと、カネミ油症やPCBによる健康被害の歴史、PCBが開発された背景、PCB使用製品、そして将来的なPCB製品の回収等、前回読んだ『PCBの知識』より、はるかに詳細。詳しい年表もあり、資料としても使える。というわけで、『PCBの知識』は、ほぼ無価値になっちゃいましたね。

印象に残った点を挙げておきます。
●先ず昔から疑問に思っていたことがあります。カネミ油症事件では、なぜPCBのような毒物を食品の加熱用に使ったのだろうか?ということ。簡単に説明すると、PCBは食用油の加熱脱臭工程で使われました。食用油の中にステンレス配管を通し、この配管の中に加熱されたPCBを流して、食用油を加熱していたのです。ステンレス配管は密閉されていたとはいえ、何かの事故で穴が開けば、PCBは即食用油に流れ込むのです。なぜ、こんなことをしたんだろうか? 当時はそれほど、食品に対する安全意識が低かったのだろうか? これに対する答えが見つかりました。分かってみれば答えは簡単。当時はPCBの毒性が一般に認識されていなかったのです。PCBの製造会社の技術資料にも、食品工業や油脂工業への使用が推奨され、危険性については一言も触れられておらず、またパンフレットでも熱媒体の応用例として食品工業が明記されていたとのこと。『PCBメーカーは、食品工業でのPCB使用に何の不安も持たなかったのである。』 なので、当然『PCBが毒物だなどと使用者の誰も予想しなかったというのが、真相だろう。』。
●PCBによる健康被害は、歴史上、カネミ油症事件と台湾油症事件の2件のみだと思っていたのですが・・・とんでもない!塩素ざ瘡という症状は、PCBの工業生産が始まると同時に発生していたんですね。日本でも松下電気のコンデンサー工場で発生したとのこと。ただし、この事実が公になったのは発生後16年経った1969年。著者は『日本で塩素ざ瘡の発生した工場が一社だけだったとは信じがたい』。
●この本にも『PCBなしでは、新幹線は走らなかっただろう』という国鉄関係者の言があります。そうなんですね・・・。そんな事全然知りませんでしたよ。
●『塗料にいつ頃からPCBが使われたのかは不明である』。そうなんですか・・・1975年の時点で既に不明なんですか・・・。
●1975年時点で著者が考える、将来的なPCBの回収について要約すると、
重電気関係(変圧器やコンデンサーなど)に使われたPCBは、34,600トン(うち30,000トンが使用中)。小型電気機器に2,600トン(うち家庭用が350トン)。これに対して著者は『重電関係30,000トンのうち何割回収できるか不明』、『小型機器は、台数も多く、処理も面倒だから一割も回収できないのでは?』。
熱媒体に使用されたPCBは、8,600トン弱。『回収可能な分は、事実上ほとんど回収済みとみられる』。
感圧紙は5,350トン。『とても一割とは回収されないだろう』。
その他開放系は2,900トン。『回収は不可能』。
汚染土壌、『実態は不明』。
う~ん、以上が今から42年前の著者の予測です。考えさせられるものがありますね・・・。

その他、この本は大変お勉強になりました。著者は、動物学者・博物学者なのですが、この本は、博士号取得の約10年後、東京都立大学の助手時代に執筆した物です。「良い本」だと思いますね・・・。前述のように、この本があれば、『PCBの知識』は、不要です。

っていうかさ、この本に書かれているような情報を、今現在入手可能な新刊書なり、報告書なり、インターネット上の記事なりで入手できるの??? 私はちょっと探したんだけど、見つけられなかったんだよね・・・

そういう意味でも「価値ある古書」だと思いますよ。アマゾンで古書価格30円でした。
ちょっとPCBについて調べています。PCBとはポリ塩化ビフェニルのことです。PCBを全く知らないという人は少ないですよね? 詳しくは知らなくても、おそらく多くの人が、毒性のある物質であり、かつて中毒事件が起こったことがある、くらいは知っているでしょう。

私は、PCBについて、もう少し詳しく知りたいのです。特に当時の状況を、です。どんなモノにどれくらい使われていたんだろうか?変圧器やコンデンサーに使われていたとは聞いているんですが、例えば、PCB機器は高価だったからお金のある工場等でしか使われなかった、ようなことを聞いたことがあります。本当だろうか? 変圧器やコンデンサー以外では、どういうところに使われていたんだろうか?断片的な情報はあるんだけど、全体像が良く分からない。

そういう事を知りたいと思って、文献を当たったんですが、イマイチ良い物が見つからない。当時のPCB使用製品のカタログとかチラシとかあると面白いし、色々分かるんだろうけどなぁ・・・。そんなことを思いながら、ネット上の古書店で見つけた。
DSC_2053.jpg
高峰有三 (1972) 『PCBの知識』 カルチャー出版.
1972年は昭和47年、昭和43年に発生したカネミ油症事件の4年後、PCBの製造中止・回収等に関する初めての行政指導がなされた年、またPCBの国内製造が中止された年、さらに化学物質審査規制法が制定される前年です。

ただ、ちょっと微妙だよなぁ・・・表紙が新幹線ですかぁ? まぁ、確かに新幹線にもPCB機器は使われていたんだろうけど、私がイメージする典型的なPCB使用製品ではないですよねぇ・・・。今現在、ネット上を「PCB」で検索すると、「ポリ塩化ビフェニル」と「Printed Circuit Board」、つまり「プリント基板」が半々くらいで出てくるんだよね。この本は、果たして本当にポリ塩化ビフェニルに関する本なんだろうか? ネット上の古書店には何の解説も付されていない。

まぁ、良いか、287円だから買ってみよう!
DSC_2054.jpg
届いた本には、「愛読者カード」と「注文票」が挟まっていました。ほとんどデッドストック状態だったようです。

PCBとは、果たしてポリ塩化ビフェニルの方でした。カネミ油症事件から4年後の比較的早い時期の一般向け啓蒙書ですね。

私は、本を買う際、タイトルの次に著者を見るのですが、高峰有三なる人がどんな人か分からない。この人、同じ出版社から、『水銀の知識』という本も書いてます。科学物質の専門家かなぁ?とも思うのですが、本書を読むと、カネミ油症事件後の行政対応や食品中の許容基準設定の経緯が詳しく書かれていること、また当時の行政による施策をわざわざ「先手を打った施策」として評価しているので、著者は役人かもしれません。PCBは、全面禁止ではなく、管理して使用すべきだった、という論調が読み取れるので、当時の通産省の役人かな?

さて、本書の中から、私の印象に残った点を挙げておきます。
●上記のようにカネミ油症事件発生後の行政、研究機関等の対応がかなり詳しく書かれています。これは資料としてありがたい。水俣病等の四大公害については、詳しい情報が結構あちこちで読めるのですが、カネミ油症事件の原因物質解明等の経緯については、本書で初めて知りました。
●ちょっと驚いたのは、昭和47年の高知県の検査によると、養殖ハマチから、最高1.4ppm、平均0.94ppmのPCB検出。同年、東京都の検査によると、10社の新聞紙全てからPCBが検出され、濃度は最高4.0ppm、平均1.07ppm、トイレットペーパーは、平均24.74ppm。マジですか・・・◎_◎;)
●昭和47年には、東京都立アイソトープ研究所が放射線を使って、理研と東京都立工業技術センターが紫外線を使ってPCBを無害化することに成功した、と書かれてるんだけど、これらの技術はその後どうなった???
●本書を読む限り、当時PCB機器が高価だった、という印象は無いですね・・・。むしろPCBは安価だったから普及した、という印象です。

私が知りたかったことが書かれていたわけではありませんが、287円の情報源としては、十分お勉強になりましたよ。何より、当時の雰囲気が何となく分かるのが良かったね。
近所のスーパーにて。
IMG_4144.jpg
半額とはいえ、こんな高価な肉を買うことは、後にも先にももう無かろう。

IMG_4145.jpg
アメタマを作ります。

IMG_4147.jpg
ビーフシチュー。

IMG_4150.jpg
もも肉とはいえ、和牛のローストビーフ用だけあって、2時間煮込んだだけで、デミグラスソースをまとった筋線維がほろほろです。

私は、これを安い赤身のもも肉でやりたいのだ。が、意外と、赤身のブロック肉って見つからないことが多いんだよね・・・。
オクラの葉っぱ。
DSC_1999.jpg
こんな感じで丸くなってるのが、結構多いんです。

中には・・・
DSC_1999ed.jpg
こんな感じ。これはクモの巣ですか??? で、中の物はクモの糞???  ちょっと良く分からないのです。

DSC_1932.jpg
オクラの葉にカマキリ。

IMG_4135.jpg
キュウリの葉にカマキリ。前脚をぎゅっと、縮めています。 この姿を見て、お祈りする人間の姿を思ったファーブルは(じゃなくて、プロヴァンス語では、か?)「拝み虫」と言ったのですね。

IMG_4116.jpg
蛇口にシオカラトンボ。

シオカラトンボとカマキリは、iphoneで撮ってます。iphoneのカメラ、結構使えるね。
DSC_1964.jpg
今日のバーベキューには新兵器が登場。コレ、1,500円くらいらしいのですが、めちゃくちゃ便利です。これがあれば、新聞紙とライターだけで炭に火が付きますね。着火剤等は不要。

DSC_1941.jpg
いつものごとく、私はシーフードですね。

DSC_1942.jpg
今日はオマールも焼いてみよう!

と、食ってたら、4歳児と2歳児は、畑からスイカを取ってきて・・・
DSC_1952.jpg
投げて、地面に叩き付けます! スイカ投げという斬新な遊びができるのも、このサイトならではです。ちなみにこのスイカは、畑で大きくなりきれずに収穫されなかった物。

で、2歳児は・・・
DSC_1956.jpg
お前、それ、食うんかよっ! ^_^;)
IMG_4118.jpg
さて、今日は別府の血の池地獄です。

IMG_4123.jpg
湯気が見えると、確かに熱そうです。

IMG_4120.jpg
この赤、どうも温泉中の酸化鉄成分の赤のようです。

IMG_4125.jpg
こんな赤いお湯の池なんて、世界中に何か所あるだろう??? 
<2歳児語録>
・「あったん、しゅーじょーたん、しゅちの」 = 私は、水族館が好きです
・「せっちゃく、しゅーじょーたん、いちたいに」 = せっかく、水族館に行きたいのに

というわけで、今日はまた水族館に来ました。今日は、「うみたまご」。
IMG_4086.jpg
まぁ、水族館に興味を持つってのは、良いことかもね・・・?

IMG_4089.jpg
これは、ハタの仲間でしょうか?

IMG_4101.jpg
クラゲですね。うちの4歳児は何かとクラゲと縁があります。

IMG_4104.jpg
ウツボの仲間ですか?

IMG_4112.jpg
あれ?カワウソじゃん!

IMG_4110.jpg
この水族館、こんなスペースもあって、イルカを触ることもできます。

私思うんですけどね、「うみたまご」も「マリンワールド」も、小さな水槽がいっぱいあるんです。いろんな海洋生態系を再現した水槽や、特定の種だけが入った水槽、それにイルカ用の巨大な水槽。まぁ、それはそれで良いんですけど、巨大な大回遊水槽が1個だけ、ど~んとある。そういうクラシックな水族館も良いと思うんですけどね・・・。で、巨大水槽の前にまったり座って、あれはコバンザメ、あれはホシエイ、これがネコザメ、とかゆっくり子供に教える。そんな水族館って、今ではウケないんだろうか?
「福津市お魚センターうみがめ」にて。
残念ながら、台風が近づいており、魚の販売はほとんどありませんでした。
まぁ、じゃ、お昼ご飯食べて帰りますか。
IMG_4060.jpg
ウニいくら丼。

IMG_4061.jpg
イカ活き造り定食(だったかな?)

イカは・・・
IMG_4062_20170819105210710.jpg
はい、こんな感じです。これが正しい「イカの活き造り」です。
ゲソが付いておらず、形になってないのが残念ですが、これは後造りの無い定食なんで仕方ないでしょう。

ゲソは・・・
IMG_4063_201708191052115c9.jpg
生のままご飯の上に乗ってます。これはどうでしょうね? 美味いか?不味いか?と問われれば、間違いなく美味いんですが、どちらかというと、ゲテモノでしょうなぁ・・・

まぁ、いずれにしても満足です ^_^;)
博多駅周辺の飲み屋には、イカの活き造りを出す店がたくさんあります。店によっては、店先に『呼子からイカ入荷!』という張り紙も。そんな中の1軒にて、メニューに『イカの活き造り1,000円(2人前)』というのを発見。???異様に安いだろ・・・これは頼んでみなければいけません。

で、出てきた。
IMG_4039.jpg
呼子や福岡の「イカの活き造り」を知っている人には、目が点になる光景です。身が半分白くなってますけど???しかも包丁の入れ方だ。よほどの素人がさばいたんだろうね・・・。って、言うか、コレ、オレでも作れないか???

後造りも付いているという。では天ぷらで。
IMG_4040.jpg
で、出てきた。衣ガリガリ。この店では、これを「天ぷら」と称するのか・・・。正直、東南アジアの天ぷらのレベルだぞ・・・

イカの活き造りと称して、こんな物を出す店があったとはオドロキです。
いろいろ考えるよね・・・博多駅周辺というのは、旅行者も多いんですよ。イカの活き造りを食べたことのない観光客が、こんな物を食べさせられたら、「博多でイカの活き造りって有名だけど、こんな物か」と思うかもしれない。それは大変残念なことだし、呼子や博多の名物の一つである「イカの活き造り」全体の評価を落としかねない。だから、こんな商品を売るのはヤメた方が良いんじゃない?

ただ、まぁ、常連が知った上で食うのはアリかね・・・1,000円と格安だし。