2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

今日のランチは、ウィグル料理ですよ。
IMG_2759.jpg
福岡唯一の(たぶん)ウィグル料理屋『EPENDI』。私にとっては2回目。

IMG_2756.jpg
串焼きはお約束でしょうな、もちろんラム肉。

IMG_2757.jpg
ついでに鳥皮。

IMG_2758.jpg
ラグメンは、外せんでしょう。

IMG_2754.jpg
これも麺料理ですが、ラグメンの麺を1cmくらいに細切れにしています。メニューの名前は忘れた。

IMG_2753.jpg
これもメニューの名前は忘れたけど、ジャガイモ。

ウィグル料理というのは、私にとっては実に微妙なのだ。美味いかマズいか?と聞かれたら、美味い。マズいと思う要素が無い。毎日ウィグル料理で良いか?と聞かれたら、まぁそれは飽きるでしょ。でもこれは、私にとって和食以外、何料理でも同じ。では、週3回ウィグル料理で良いか?と聞かれたら、まぁ良いよ。拒否する理由は無い。しかし、基本的にウィグル料理とは、一生に一回食えば良いな ^_^;)

なかなか言葉で表すのが難しいんだけど、私にとってウィグル料理とは、非常に微妙です。タイ料理はたまに、非常に食べたい!と思うことがある。インドネシアのソトアヤムとか、ラウォンとかもそう。本格的なインド料理ももちろんそう。たまに、すんごく食べたい!と思う。しかし、ウィグル料理にはその要素が無い。かと言って、マズくは無い。むしろ美味い。う~ん・・・ウィグル料理って何なんだろうなぁ・・・。

しかし! 家人は、「美味しい!」を連発してたので、人によっては、まぁそういうことだ。ここの料理を食っただけで、家人は、西域に行きたい!とか、心はシルクロード・・・♪とか言ってたぞ ^_^;) まぁ、家人が喜んでくれたんなら、それで良いか。

なお、知らない人にとっては、ウィグル料理と聞いただけで、何かゲテモノ? と思う人もいるかもしれませんが、おそらく多くの日本人にとって、ゲテモノと思える要素は無いでしょう。串焼きのスパイスを除くと、アジア的な要素は皆無です。ウィグル自治区は中国の領土ですが、いわゆる中華料理的な要素も皆無です。知らずに食べたら、むしろヨーロッパの料理?と思う人が多いのではないでしょうか?(串焼きのスパイスを除く)。

この店、家人がそれほど好きなら、たまに来るか。

そういえばさ、西域で思い出したけど、オレ、このサイト完全に忘れた。ホントに完全に忘れたよ・・・
 http://2008china.blog74.fc2.com/
こんなサイト作ったよなぁ・・・例によって作りかけなんだけど、どうやったら更新できるのかな? ^_^;)