2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

IMG_2810 (編集済み)
アルゼンチンアカエビです。今やどこのスーパーにもありますよね。このエビ、クルマエビ類(クルマエビ、ブラックタイガー(ウシエビ)、クマエビ、バナメイ、バナナエビ等)に比べると格安なんですよね。このサイズで1尾50~60円。また、スーパーでは、クルマエビ類が無頭で売られていることが多いのに対して、アルゼンチンアカエビはほぼ確実に有頭です。さらにクルマエビ類はほとんどが養殖ですが、アルゼンチンアカエビは天然。そして何より一番大きな特徴は、アルゼンチンアカエビは生で食える、ということでしょう。この大きさのエビが生で食えるというのは、なかなか貴重です。生で食えるエビとしては、北方系のタラバエビ類(ボタンエビ等)がありますが、クルマエビ類以上に高価な物が多いですよね。

IMG_2911.jpg
回転ずしで「赤エビ」とか「生エビ」という名前で出されているのがこのアルゼンチンアカエビです。

DSC_1220.jpg
生で食って美味いです。

IMG_2930.jpg
サッと熱湯に通した方が、旨みは増しますね。

ただ、やっぱりボタンエビとかアマエビに比べると旨さは劣る。塩焼きにすると、エビらしい風味や旨みはやっぱりクルマエビ類にかなり劣る。

なんだけど、ボタンエビなんて、庶民がそうそう買える値段じゃないからね。エビを生で食いたいと思った時は、大変ありがたい存在です。

<最近の1歳児語録>
でんちん、にゃい! = 電池がありません
うんちぇん = うんちが出ました。つきましては、おむつを替えて下さい
じゃだ! = いゃだ!
めめめっ! = ダメ、ダメ、ダメ!
い~いぃ? = 良いですか?
あ~しゅ、むぅむぅ = アイスクリーム
おいじゅ = お水
おいじゅ おっちい = 大きなお水 = 池
ふーちぇ = (ハウスの)フルーチェ
私が職場のPCに繋いでいるのは、JBLの PebblesというDAC & デジタルアンプ内蔵スピーカーです。確か6,000円くらいでした。
IMG_2786.jpg
F77G98-6を使った100円MDFスピーカー(左)とJBLの Pebbles(右)の大きさ比較。100円MDFスピーカーについては、この辺参照。

JBLの Pebblesは、低音も高音も良く出ます。それに何より非常に高解像度な音です。ネット上のレビューを見ても、JBLの Pebblesの評価は極めて高いですね。100円MDFスピーカーとJBLの Pebblesを聞き比べたら、10人中10人がJBLの Pebblesの方が良い音って言うんだろうな。まぁ、それは否定しない、っていうか否定のしようがない ^_^;)

でも、JBLの PebblesとF77G98-6をフォステックスのP800-Eに収めたスピーカー↓ (この辺参照)
DSC_1211.jpg
と比較したらどうだろう? 10人が10人中、JBLの Pebblesの方が音が良いと言うんだろうか??? 私の好みは、圧倒的にF77G98-6を+P800-Eだ。ちなみに最近使っているDAC & アンプは、ノース・フラット・ジャパンという会社のUPA-152J MkIIという物。

JBLの Pebblesは、私にとって、音が良いとか悪いという以前に、この音はナシなんですよ。一聴すると、非常に良い音に聴こえるんだけど、不自然です。このスピーカーは、仕事をしながらBGM的に鳴らしていることが多いのですが、もう何十年も聞きなれた曲を聴いていて「えっ!? この曲のこの部分にこんな音入ってたっけ???」と思うことが何度もありました。

どういう事かというとですね、私が今までに聞いてきたスピーカーでは小さくしか聞こえない音が、JBLの Pebblesだと非常に大きく強調されて聴こえる、ということが何度もあったのです。もう何十年も聞きなれている曲なのに、スピーカーから出た音だとは気付かずに、アレっ!今の音何??? と部屋の中でちょっとビックリしたこともありました。

このJBLの Pebblesというスピーカー、正確に言うと、スピーカーではなく内蔵のアンプの方ですが、かなりデジタル的に音をいじってると思いますね。その結果、非常に解像度の高い、一聴して良い音が出ているのですが、私にとっては、音のいじり方が不自然と感じました。でも、今ではJBLの Pebblesのような音が一般ウケするんでしょうね・・・。
今日のお昼ご飯は、「天ぷらだるま」の吉塚本店ですよ。
IMG_2805 (編集済み)
イカの塩辛。「ひらお」と違って塩辛いし旨い。ちゃんと塩辛になってます。

IMG_2806 (編集済み)
味噌汁とご飯。まぁ、普通に美味い。ただし、ごはんは中でもかなり多め。

今日の魚定食の魚は・・・
IMG_2807 (編集済み)
キス。

IMG_2808 (編集済み)
タチウオ。

IMG_2809 (編集済み)
アマダイ。

キスは、まぁお約束。タチウオの天ぷらってもしかしたら初めて食べたかもしれないけど、意外と良かったです。天ぷらにすると、あの薄いタチウオの身の繊維がしっかり。アマダイは、この店で一番好きですね。

福岡でチェーンの天ぷら屋といったら、やっぱり「だるま」だろ。ネタ、油、揚げ方、更には塩辛に至るまで、全ての点で「ひらお」に勝ると思いますね。
DSC_1183.jpg
スピーカーというのはですね、真ん中に丸い部分があるんです。

この部分、
DSC_1185.jpg
丸く盛り上がった部分。この部分をセンターキャップと言います。この部分、どうも幼児にとってすごく魅力的らしのです。今の4歳児にはいくつかヤラれました。そして今、1歳児が、この部分を指でつんつんしたがってしょうがないのだ。昨日も、1歳児がしきりにセンターキャップを指差すので、私が制止したら、「う~ん、う~ん、うぎゃ~!!!」。号泣する1歳児です。何がそんなに魅力的なんだろうねぇ・・・これって、我が家だけなのか??? いずれにしても油断すると、またセンターキャップをヘコまされることは目に見えている。

一般的にはスピーカーグリルやサランネットというスピーカー保護のための物のはあるのだけど、普通に買うと安くても1,000円とか2,000円くらいはするんですよね。1,500円や250円のユニットに1,000円のグリルというのもなぁ・・・何か美しくない。そこで、ネット上をいろいろ調べてみたら、ありましたよ、
DSC_1207.jpg
パソコンの冷却ファンのガード、219円。これが8cmユニットのガードに使えるらしいのだ。

ただし、ちょっと加工が必要。
DSC_1194.jpg
これが、元々の形状なんだけど、

DSC_1195.jpg
これくらいまで足を曲げてやる必要があります。ラジオペンチで曲がります。ただし、急激に力をかけると簡単に折れるので要注意。

DSC_1198.jpg
こんな感じになるまで、慎重に曲げたら・・・

DSC_1202.jpg
ばっちり!!! しかし、メインのスピーカーに付けるのはためらわれる外観ですな ^_^;)

これは、F77G98-6 + P800-E ですが、250円のユニットといえど、1歳児につんつんされてセンターキャップを潰されたら、やっぱり悲しいもんね。ただし、これでもかっ!というくらいの安っぽい雰囲気になってしまいました ^_^;) ちなみに、このワイヤーガード、かなり強靭で、大人が渾身の力を込めてもビクともしません。強度的には、机の上からスピーカーを落としてもユニットを守ってくれるでしょう。

F77G98-6 + P800-E(←この辺参照)は、F77G98-6 + 100円MDF箱(←この辺参照)と違って、結構良い音で鳴りますよ。F77G98-6は、聴感上P800Kに比べて高音が出ないのですが、低音はF77G98-6の方が出ますね。 
こちらの続きです。
DSC_1175ed.jpg
パッと見は、2つで1,500円のスピーカーには見えない感じもしますが、フレームと木ねじの銀色が、良い感じの安物感を醸し出しております ^_^;)

DSC_1181ed.jpg
このスピーカーは、背面バスレフです。といっても、箱はほぼ10cmm四角、バスレフダクトの直径は1cmくらい。こんな箱とダクトでバスレフの効果なんてあるのかなぁ? と思っていたんですが、ちょっと大きな音を出して、ダクトに手をかざすとそこそこの音圧を感じますね。それに、後壁面までの距離を変えてやると、低音の出方が変わって聞こえるので面白いです。って、ことは、背面のバスレフダクトはちゃんと役に立ってるんだね。ちなみに壁面に使っているのはハセヒロのバックロード箱。

これまで、F77G98-6は、高域が出ない、と書きましたが、よく考えると、私の耳では本当の高域は聞き取れてないはずですよね。そもそも私の耳は高域をどこまで聞き取れてるんだろう? と思ってネット上をちょっと探したら、ありますね、特定の周波数の音を出してくれるサイトが。ちょっと聞いてみたら、今の私の耳では14kHzの音は12kHz以下と比べるとかなり小さく、感覚的には1/3くらいの大きさ聞こえる。16KHzに至っては、12kHz以下と比べると何dBの差かしらないけど、かすかにしか聞こえない。そう思うと、4歳児が聞いてる音と私が聞いてる音は全然違うんだろうなぁ・・・悔しいが、ここは仕方ないね・・・ -_-;)

ちなみに、F77G98-6は、データシート上では20kHzまでフラットです。今の私にとって20kHzは、もはや超音波。となるとやっぱり、F77G98-6は音質の「質」が私には合わないんだろうなぁ。
昨日は、ママが日帰りの業務出張でした。
家に残されたのは、私と4歳児と1歳児。さてどうやって1日過ごそうか?
先ずは・・・・・・
IMG_2771.jpg
家でプラレール! ちなみに右側の小さな〇は、4歳児が1歳児のために作ってあげた物。

その後、公園でも行くかなぁ・・・と思って。
 パ 「どっか公園でも良く?」
 4 「イオン行きたい」
イオンか・・・いろいろ大変だろうけど、仕方ないね・・・。

イオンにて、先ずは「博多だるま」でラーメン。
IMG_2775 (編集済み)

そこで気が付いた。幼児用麺カッターを忘れた! ダメ元で店に聞いてみたら・・・
IMG_2776.jpg
あっさり出てきた! そうなんだ、この店、麺カッター置いてんだ! 知らなかったよ。

それはそうと、ママがいないと、4歳児が異様に良い子だということに気付きました。

<良い子・その1>
 パ 「ちょっと待って」
 4 「〇〇くんは、おにいちゃんだから、我慢できるよ!
*既にこの言葉だけで、普段の4歳児とは思えない・・・

<良い子・その2>
 パ 「イオン行っても良いけど、〇〇くんはアンパンマンの車乗れんよ?」
 4 「なんで?
 パ 「だって、1歳児が乗りたがるから、パパは2つ押せないよ」
 4 「○○くんは、おにいちゃんだから、パパとイオン行ったら、乗らん!
*まっ、まぢかっ!? お前、どうした??? 熱でもあるか!? ちょっと不安になるぞ!

<良い子・その3>
イオンで買い物後、
 パ 「さ、帰るよ!」
 4 「(キッズスペースで) 遊んでから帰る
 パ 「え~、今日はもう帰ろうよ・・・」
 4 「うん、良いよ
*ヤバい! 子供取り違えてないよな???

<良い子・その4>
1歳児が眠そうにしてたら、4歳児は自主的に1歳児のためにビーズクッションを持って来てくれた。1歳児はその上にゴロン! 何と!1歳児はそのままお昼寝てしまった!!! 4歳児がお手伝いをしてくれたのもエラいと思ったが、普段ママと一緒でもなかなか寝ない1歳児が、何もせずにすぐ寝てしまったということは、1歳児もエラいのか!?

う~ん、ママがいないと、4歳児は人が変わったように良い子になるということに気付きました。ママが1週間くらいいなくなったら、4歳児は超ウルトラスーパー良い子になるんだろうか???

<1歳児語録>
しぇんしぇ、いった」 = 「先生の所に行きました」
*おっ! 1歳児、文章が言えるようになったかっ!?
こちらの続きです。

背後にヘンなのが見えてますが・・・
DSC_1162.jpg
100円MDFスピーカーの完成です! 
結局仕上げは、サンディングシーラー → ラッカークリアとし、背面だけ手元に残っていた緑のアクリル塗料をスプレーしました。

経費をまとめると・・・
 ・箱(ダイソーMDF、ヤフオクで落札) 880円(2つ)
 ・ユニット(F77G98-6)         500円(2つ)
 ・木ねじ                  194円
                    計 1,574円
 *塗料は含まず

肝心の音は・・・ ^_^;) な感じです。あ、ただし吸音材入れてないからね。そのうち、100円ショップでフェルト買ってきて内側に貼り付けよう。

F77G98-6というユニットは、ダイソーMDF箱に入れても、フォステックスのP800-Eに入れても、ハセヒロのバックロードに入れても、同じような傾向の音ですね(まぁ、当たり前ですが)。やっぱり高域が出ないと思いますね。ホントにデータシート通りの性能が出てるんだろうか? それから、これは好みの問題かもしれないけど、広域から中域のツヤが無い感じです。

ただし、1,500円でこれだけの音が出せるというのは、やはり驚異的です。何より1,500円で、これだけ遊べれば十分!

さて、今回の工作でラッカースプレーの吹き方のコツが結構分かったんで、そろそろギターを塗ってやりましょうか。
共産党が、自民党議員の事務所の面会議事録を手に入れた件については、実は当該自民党議員が議事録をわざと共産党に渡していた、という報道ななされてますね。あぁ・・・そういうことかぁ・・・。真実は分かりませんが、この自民党議員、自分とこの面会議事録が共産党の手に渡っていたにもかかわらず、記者会見で共産党を批判するようなことは一切言ってませんでしたもんね。もしかしたら私、共産党の情報収集能力を買い被り過ぎていたかもしれません ^_^;)

来週も集中審議が続くんでしょうね。場合によっては、安倍さん、ホントに危ないんじゃないかねぇ・・・?

さて、我が家の日曜日は、そんな政局とは関係あるはずもなく・・・
DSC_1088.jpg
トトロに出てきそうな道を見つけました!
素晴らしく良い感じの林じゃないですか!

ただし、この道、
DSC_1102.jpg
4歳児がかがまないと通れないほど小さい。1歳児は、かろうじてかがまなくても通れる感じ。子供達のための秘密の道ですね ^_^)

今日の桜。
DSC_1140.jpg
ホンのちょびっとだけ咲いてました。

お昼ご飯は、近くの店で・・・
IMG_2765.jpg
ラーメンと・・・

IMG_2764.jpg
チャーハン。

はい、我が家は基本、今日も平和でした。

<4歳児語録>
コンパス・おぶずばざ = Compuss of your heart (コンパス・オブ・ユア・ハート、ディズニーシーのシンバッドのテーマソング)
森友学園、何か妙なことになってますね・・・ホント不可解ですよね・・・。この問題って、1人の役人がいい加減な仕事をしたとか、1人の役人が学園と癒着してたとか、そういうレベルじゃないと思います。1人や2人の役人の悪だくみでやれる仕事じゃない。優秀な役人は危ない橋を自ら渡るようなマネは、絶対しません。なので、森友学園問題は、そもそも役人の発想じゃないと思いますね。除染がらみの接待で逮捕された環境省の下っ端役人とはレベルが違う仕事です。

だとしたら、政治家の関与か? というのは極めて短絡的な発想ですが、今現在は国会において、野党もそういう方向で追求してるようですね。でもね、1人の国会議員が動いたからといって、複数の役人が、イヤ今回の場合は複数の省庁が、組織として危ない橋を渡るとは、あんまり思えないのですよ。田中角栄の時代じゃあるまいし、政治家は、何かあったら最後は責任を取ってはくれない、のは常識です。

そういう意味で、非常に不可解なんですよね・・・。いずれにしても、この問題ははっきり白黒付けないと、安倍政権の存続を揺るがしかねないですね。

でもね、今のところ、森友学園関連のニュースで最も驚くべきは・・・これはどこも詳しく報道してないのだけど、
  何で共産党が、自民党議員の事務所の面会議事録を手に入れてんだよ?
ってことじゃないの???

いや~、共産党の情報収集能力に改めて驚きますなぁ・・・ ^_^;)  昔からそうなんだけど、共産党の情報収集能力って、スゴいと思うよ。自民党って、共産党議員の事務所の面会記録とか入手できるのか? 共産党の情報収集&分析力って、ホントにスゴいと思うよ。

そう思うと、共産党は、その能力を現政権攻撃とかのつまらん目的に使うんじゃなくて、対北朝鮮とか、対トランプとか、対ISILとかに使った方が、国民の支持を得られるんじゃないか???
今日のランチは、ウィグル料理ですよ。
IMG_2759.jpg
福岡唯一の(たぶん)ウィグル料理屋『EPENDI』。私にとっては2回目。

IMG_2756.jpg
串焼きはお約束でしょうな、もちろんラム肉。

IMG_2757.jpg
ついでに鳥皮。

IMG_2758.jpg
ラグメンは、外せんでしょう。

IMG_2754.jpg
これも麺料理ですが、ラグメンの麺を1cmくらいに細切れにしています。メニューの名前は忘れた。

IMG_2753.jpg
これもメニューの名前は忘れたけど、ジャガイモ。

ウィグル料理というのは、私にとっては実に微妙なのだ。美味いかマズいか?と聞かれたら、美味い。マズいと思う要素が無い。毎日ウィグル料理で良いか?と聞かれたら、まぁそれは飽きるでしょ。でもこれは、私にとって和食以外、何料理でも同じ。では、週3回ウィグル料理で良いか?と聞かれたら、まぁ良いよ。拒否する理由は無い。しかし、基本的にウィグル料理とは、一生に一回食えば良いな ^_^;)

なかなか言葉で表すのが難しいんだけど、私にとってウィグル料理とは、非常に微妙です。タイ料理はたまに、非常に食べたい!と思うことがある。インドネシアのソトアヤムとか、ラウォンとかもそう。本格的なインド料理ももちろんそう。たまに、すんごく食べたい!と思う。しかし、ウィグル料理にはその要素が無い。かと言って、マズくは無い。むしろ美味い。う~ん・・・ウィグル料理って何なんだろうなぁ・・・。

しかし! 家人は、「美味しい!」を連発してたので、人によっては、まぁそういうことだ。ここの料理を食っただけで、家人は、西域に行きたい!とか、心はシルクロード・・・♪とか言ってたぞ ^_^;) まぁ、家人が喜んでくれたんなら、それで良いか。

なお、知らない人にとっては、ウィグル料理と聞いただけで、何かゲテモノ? と思う人もいるかもしれませんが、おそらく多くの日本人にとって、ゲテモノと思える要素は無いでしょう。串焼きのスパイスを除くと、アジア的な要素は皆無です。ウィグル自治区は中国の領土ですが、いわゆる中華料理的な要素も皆無です。知らずに食べたら、むしろヨーロッパの料理?と思う人が多いのではないでしょうか?(串焼きのスパイスを除く)。

この店、家人がそれほど好きなら、たまに来るか。

そういえばさ、西域で思い出したけど、オレ、このサイト完全に忘れた。ホントに完全に忘れたよ・・・
 http://2008china.blog74.fc2.com/
こんなサイト作ったよなぁ・・・例によって作りかけなんだけど、どうやったら更新できるのかな? ^_^;)