2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2016/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/01

2016年末年始ツアーの前半は、長崎県でした。ここで、今回食べたちゃんぽん/皿うどんをまとめておきましょう。
00.jpg
雲仙温泉の「和中華 喜久」の特製ちゃんぽん。まぁ・・・正直、味は可もなく不可もなくといったところか。ここは、「特製」になると、具が豪華になると共に、麺が大盛になります。

11.jpg
小浜温泉の「入潮」。ここのスープは、塩辛くもなく、脂っこくもないのに、しっかり旨い。長崎市外で食うちゃんぽんとしては、個人的にかなり上位にランク。

ここの特徴は、
12.jpg
殻付きの小エビが入ってくることですかね。もしかして、これって小浜ちゃんぽんの特徴?

21.jpg
諫早市の「揚子江」の皿うどん。ここの皿うどんの特徴は、非常に甘いこと。長崎市内で食う皿うどんは、甘めの店が多いんだけど、ここは群を抜いて甘い。

22.jpg
私の場合、ちゃんぽん屋に行ったら、まずちゃんぽんで、皿うどんをt頼むことは、まずないんだけど、家族で食べる大皿皿うどんというのは良いものですよね。

3_2016123113073445c.jpg
思案橋の「天天有」の特製ちゃんぽん。「天天有」は、個人的に長崎市内でも最も好きなちゃんぽん屋の1つ。何度も来てますが、特製ちゃんぽんを頼むのは初めて。正直、びっくり!です。先ず見た目。他の店だと、特製にすると具が豪華になって、いかにも特製って感じになるのに対して、「天天有」の特製は・・・・・・正直、見た目は普通のちゃんぽんの方が豪華。てっきり店の人が間違って持ってきたのかと思った ^_^;) ただし、具にはホタテや砂肝が入っていて、普通のちゃんぽんとは違う。またスープが、見ての通り油が多いのだ。スープの味も一口で違うのが分かる。

20161230_122531.jpg
「天天有」のちゃんぽん(特製ではない)。・・・・・・正直、「天天有」では、普通のちゃんぽんの方が好きだわ ^_^;)

私、ちゃんぽんは、大好きです。長崎市内でちゃんぽんを食う機会はそうそうないんで、ついついせっかくなら「特製」に・・・と思ってしまうんですが、「長崎市内でちゃんぽんを食うに当たっては、特製にする必要なし」という法則を再確認した次第 ^_^;)
いつもの店から、訳ありカニ福袋3kgというのをお取り寄せ。
IMG_2199_20161231095744df7.jpg
上は、かなりデカいハナサキガニ。かなりデカいのだが、この大きさで、重さが1.2kgしかない。ということは、身入りが悪そう。下は、400gとミニサイズのケガニ。

IMG_2190.jpg
ズワイガニは、両方とも650g程度。

IMG_2198.jpg
それに切れ端。脚だけになると、見分けが付きにくいですが、これはタラバガニではなくてアブラガニでしょう。こりゃ、合計を3kgにするための重量調整用だな ^_^;)

ただし、このアブラガニ、そこそこデカいし・・・
IMG_2197.jpg

若干、2枚皮気味だが、身入りはばっちり。
IMG_2201.jpg
満足!

ハナサキガニ、ケガニ、ズワイガニは、いずれも身入りの悪い「訳あり」でした。身入りの悪いカニというのは、剥くのが面倒なんだけど、まぁ分かってて買うには良いんじゃないでしょうか。今回は北方系のメジャーなカニが全て揃ったしね。

<4歳児語録>
○○くん、ダメっ! これは遊びじゃないのー!!!
*自分の遊びを邪魔された4歳児が弟に対して
s-l1600_201612211032085f0.jpg
 ↑クリックで拡大
さて、この写真は、本日、長崎市内で撮った物。庭の松(?)の枝ぶりが見事ですね~。・・・・・・・・・というのはウソです。

キャプションは、「91 / INASA, NAGASAKI. 」。そう、長崎の「数字とキャプションが分離シリーズ」です。つまり、明治中期の写真です。意外だと思いません? 街中の風景は明治中期から大きく変わりましたが、日本家屋を単独でとらえると、明治中期も平成の今もそんなに変わってないんですよ。

私は、この写真を見た時、大変な違和感を覚えました。しばらく考えたのですが、私が違和感を覚えた理由と、現在の日本家屋とそんなに変わらないな、という印象を持つ理由はおそらく一緒です。それは2階のガラス窓。私は、明治中期の写真をそこそこ見てきたのですが、日本家屋にガラス窓というのはかなり珍しいと思います。

っていうかさ、オレが生まれたのは昭和の中期だけど、じいちゃんの家にガラス窓はまだなかったぞ! ^_^;)

ネット上をザッと検索してみると、日本国内で板ガラスの製造に成功するのは明治42年です。つまり、この写真の窓ガラスのガラスは輸入物ということになります。ということは、この家は当時の庶民の家ではなく、大金持ちの家ということでしょう。明治中期に稲佐に住んでいた大金持ちの日本人。長崎の郷土史に詳しい人だったら、もしかして家主が特定できるかな???

あ、それから、画面左側を縦に走っている雨どいは、家の中に引き込まれているように見えます。当時から雨水を利用してたのかね?

非常に地味な写真ではあるんですが、歴史資料的には極めて面白い写真です。

IMG_2161.jpg
イヤ、今日、稲佐方面に行ったのはホントなんだけどね ^_^;)
今日のお昼ご飯は、大村湾岸のこのお店。
IMG_2137.jpg
「風の彩」。「かぜのいろ」と読むようです。

IMG_2131_20161231094131356.jpg
大村湾が綺麗に見渡せます。

IMG_2096.jpg
1歳児は、道路を走る車が上から見えるのが気に入った模様。

IMG_2100.jpg
4歳児用。

IMG_2103.jpg
大人用。

食べ終わって、外に出ると・・・
IMG_2145.jpg
大村湾に綺麗な虹が!

ごちそうさまでした。
大村湾、懐かしいなぁ・・・。
2016年末年始ツアー2日目。
DSC_0809.jpg
例によって、長崎県雲仙温泉の宝原園地へ。この時以来だから8ヶ月ぶりか。
今日は、気温12度と、この時期の雲仙として例外的に暖かいと思うのだけど、宝原園地には誰もいません。まぁ、冬の宝原園地、しかも年末、しかも今にも雨が降りそうだからな。ただし、「長崎県」と書かれた公園整備の車とススキ刈の作業員の方はいました。

DSC_0758.jpg
マニアックだけど、先ず目に付いたのがコレ。これは、モグラの仕業でしょうね。

ちょっと高岩山の方に歩きましょうか。この道って九州自然歩道でしたっけ?
IMG_1954.jpg
まぁまぁ、ベビーカーもかろうじて転がります。思ったんだけど、欧米の国立公園には、結構な山の中に自転車道とかあるじゃないですか。日本の国立公園にも、場所によってはそういうトレールがあっても面白いかもしれませんね・・・。

DSC_0768_201612261600248a9.jpg
あ、ここでもセンサーで通行者数をカウントしてる。ただし、残念ながら、4歳児は背が足りず、たぶんカウントされてません ^_^;)

さて、ここまでは、すぐにたどり着きます。
DSC_0773.jpg
私としては、ここが高岩山の登山口、ってイメージですね。そんでね、ここで1歳児が、ベビーカーを押せって、号泣するんです。何言ってんだオマエは・・・いくらなんでもここからはベビーカーでは無理だよ! お前も早く高岩山くらい登れるようになれ。高岩山って、絹笠山と同じくらいか、もっと楽だったよね? 。何歳くらいになったら登れるようになるんだろう? 4歳児にはまだ無理っぽいよなぁ・・・。

途中でこんな物が。
DSC_0775.jpg
これ、ちょっと大きいかとも思ったんですけど、テンの糞ですよね? イタチは、もっと肉っぽい物食うし、さらにデカいよね? その他、イノシシがどたばたした跡は、それこそもうそこら中にありました。

さて、休憩広場まで戻って・・・
DSC_0783.jpg
シャボン玉!

DSC_0782.jpg
喜んでくれるのは嬉しいけど、考えてみたら、シャボン玉ならココまで来なくても良いよなぁ ^_^;)

4歳児が、「赤いのある!
DSC_0806.jpg
これは・・・野イチゴの一種と思うんですが、房の数がすくないね。たぶん食えると思うんで、食ってみるか・・・と思った所で、大粒の雨が! 大急ぎで車に戻りました。

お昼ご飯にはちょっと早いので、小地獄温泉館へ。相変わらず素晴らしいお湯。今の時間は、ほとんど人もいなくて、ほとんど貸し切り状態。ふ~ん、これこそ贅沢な時間だろう。

お昼ご飯は、温泉街の「和中華 喜久」へ。この店、何か入り易いんですよね。
IMG_1974ed.jpg
チャンポンの特製と喜久定食。喜久定食とは、なぜか酢豚定食なのだ。家人はこれが大好き! チャンポンには、はんぺん(緑のかまぼこ)もちゃんと入ってすよ。

前からご挨拶したかった・・・
IMG_1977.jpg
お隣のゲストハウス「集」にも、ちょこっと顔を出させて頂きました。
1階部分、広くはないけど、良い感じのスペースじゃないですか。オレも4歳児と1歳児がいなかったら、ここに泊まって、「集」いたいよ。フェイスブック見ると、結構海外からのの宿泊客で賑わってるみたいですね。ウチは子供がいるから、泊まることはないと思うけど、気分的には応援してるから。雲仙温泉にも、こういう宿屋の需要って、絶対あると思うんですよ。うまいこと広報して、こういう「集」う場所が雲仙温泉に増えると良いと思いますね。

お昼ご飯の後は、部屋に戻って、お昼寝して、また温泉入って、卓球して、晩御飯食べて・・・今日はおしまい。

南の島のビーチリゾートでも、国内の温泉地でも、こういう感じで特に観光もせずにゆったり過ごすってのが、私が思う贅沢な時間なんだよね。4歳児と1歳児がいたら、なかなかゆったりはできないけど、まぁこういう時間がオレは好きだね。雲仙温泉には、素晴らしいお湯があるし、4歳児と1歳児は、正直どこでも楽しめるしな。

ホント言うと、昨日の朝は霧氷(花ぼうろ)が付いたらしいんで、ちょっと期待してたんですが・・・今日は全然でした。まぁ、自然現象なんでしょうがないね。
さて、今日のお昼ご飯は、いつもの焼肉屋ですよ。
IMG_1899.jpg
左から、豚タン、牛サガリ、ファミリーロース。あ、注文したのは、一番安い食べ放題コースです。

IMG_1900.jpg
今日は、大判漬込みハラミステーキがあったので頼んでみました。牛サガリに比べると、若干脂が多めか。

IMG_1902_2016122607195181e.jpg
白ご飯を頼みたかったんだけど、この店の白ご飯は、量が非常に多い。この店は、白ご飯(小盛)をメニューに加えてほしい。ということで、今日は炒飯を頼んでみた。・・・・これ、炒飯モドキの炊き込みご飯じゃん! もちろん、この店でそんなこと気にしませんよ ^_^;)

IMG_1903_20161226071947495.jpg
で、後は延々と牛サガリを頼みます。私、この店では、牛サガリだけで良いですね ^_^;)

さて、今日から「10泊11日年末年始ツアー」に出ますよ。今回は、宿泊地が4か所。さらに、実は4歳児と1歳児が、万全の体調ではないのだ。はぁ・・・疲れる旅になるんだろうなぁ・・・ -_-;)
私 「お昼ご飯、何食べたい?」
4歳児 「え~っとね、カレーと、うどんと、ケーキと、タマゴと・・・
私 「あのなぁ、お前、自分の知ってる食べ物を羅列するんじゃないよ -_-;)」

・・・と思ったんだが、実は4歳児のこの発言、どうもこの前行った「くら寿司」を指しているらしい。確かに、「くら寿司」に行けば、これら全てが食える。そっか、4歳児、適当なこと言ってるわけじゃなかったんだな。

というわけで、今日も「くら寿司」。
IMG_1889.jpg
この店は、まぁシステムが面白いね。

IMG_1886.jpg
今日の白ミル貝。この貝、何なんだろうね・・・?

最近の回転寿司は、もはや江戸前寿司の範疇をはるかに超えてると思うんだけど、まぁ美味けりゃ良いじゃんね。
IMG_1892.jpg
こんな物まであったぞ・・・ ^_^;)  豪華おにぎりと思えば、十分美味い!

それはそうと、ウチの1歳児は、魚大好きなのだ。タイタイ、タイタイ、と言いながら・・・
IMG_1885.jpg
ママからイワシを奪ってかじる1歳児。
干物でも焼き魚でも、何でも好きですね。4歳児と大違いだよ。この差は何なんだろうね? 別に1歳児に特に魚を食わせてるわけじゃないし、4歳児も1歳の時は同じような物食わせてたはずだけど、既に食の好みはかなり違う。これって、持って生まれたものなのかね???

今日は1歳児が大活躍!
IMG_1893.jpg
散々食った後で、ティラミスも完食! この後、4歳児が食べなかったチョコレートケーキも完食! お前、そんなに食って大丈夫かねぇ・・・?

東京で美味い寿司くいたいね。
さて、この辺で北方系のカニについてまとめておきましょう。
●タラバガニ ・・・ 英名でキング・クラブと言われる通り、サイズも値段もキング。味はあっさり。私にとってはちょっと物足りない味。突き詰めると、“タラバガニなら、良くできたカニカマで良いや”というのは言い過ぎか?
●アブラガニ ・・・ 味はタラバガニと変わらないと思う。タラバガニより安いことが多いからお得。
●ハナサキガニ ・・・ 独特の癖がある味。漁期が短いので食える期間が限られる。でも、年に1回はデカいハナサキガニを食いたい感じ。
●イバラガニモドキ ・・・ レア物。一度買ったけど(この辺参照)・・・一度で良いや。十分美味いけど、タラバガニやアブラガニに比べて特に美味いわけではないので、食べやすさを考えたらタラバガニやアブラガニの方が良い。
●ケガニ ・・・ 個人的には一番好きな北方系のカニ。独特の旨みとミソが味わえる。
●ズワイガニ(雄) ・・・ 強い甘みと旨みが特徴。文句なしに美味い。ただし、最上の物は「越前がに」とか「松葉がに」等のブランド名が付いて、値段がキングになるため、なかなか庶民の口には入らない。
●ズワイガニ(雌) ・・・ ズワイガニというのは性的二型の大きい種で、雌は非常に小さい。これは、身ではなく、内子とミソを味わうカニ。極めて旨い。シーズン中には何度か(イヤ、何度も)食いたい感じ。
●オオズワイガニ ・・・ ズワイガニと一緒に食べ比べたことは無いんだが・・・ズワイガニに比べて甘みが薄い? でも十分旨い。

●ベニズワイガニ
近所のスーパーで見つけた。
IMG_1874 (編集済み)
ベニズワイガニ。1杯400円なり。

IMG_1876 (編集済み)
私は蒸します。

IMG_1878 (編集済み)
こいつらは、熱を加える前から赤いから、蒸してもあんまり見た目が変わらんね。

IMG_1879 (編集済み)
私が持てる技術の全てを駆使しても、こんだけしか身が取れなかった。

味は、残念ながらズワイガニに独特の甘みが薄い。

カニとしては、十分美味いが、今回の物は身入りがイマイチで、かつ鮮度もイマイチだった。どうなんだろうねぇ? こういう商品は。私はカニマニアなんで、これが1杯400円なら、少々小さかろうが、身入りが悪かろうが、買ってしまいますが、普通の人は、400円とはいえ不満なんじゃないかねぇ? 剥くの面倒だし。これを買って、「ベニズワイガニとはこういう物か」と思われると、ベニズワイガニ自体の評価を落としかねないし。微妙な商品だと思いますね・・・産地以外のスーパーで安く売られているカニという物は。
このメールってさ、スパムだよね???
スライド2
ドイツアマゾンから。
しかし、私はドイツアマゾンに何らかの登録をした覚えはないし、特に使ったこともないと思う。何て書いてんのか分かんないから、グーグルの自動翻訳機能を使って訳してみると・・・・
スライド3
あぁ、ゴミのポリシーを変更したんですか。っていうか、アマゾンドライブのごみ箱は、昔から30日で完全消去じゃなかったっけ???

このメールは結構手が込んでますね・・・。ドイツアマゾンから来たというのが、とりあえずアヤしいですが、メールの1行目が私の個人名で敬称無しの呼び捨て(上画像では消してます)というのも決定的にアヤしい。ちなみに発信元のメアドは、おそらくアマゾン公式のものと思いますが、こんなもん偽装できるしね。もしこれが、日本アマゾンから届いたら、『ゴミ箱の管理』をクリックしちゃう人が結構いるんじゃないかなぁ・・・。

メール中のリンクや添付書類は、「基本的に開かない」、「余程の理由がある場合に限って仕方なく開く」という姿勢が大事です。(だから、私は、明らかに仕事のメールと分かっていても、余程の理由が無いと添付書類は開きませんよ。自分が開かないと、仕事が滞るという場合に限って、仕方なく開きます ^_^;)
k031jpg.jpg
 ↑ クリックで拡大
この写真は無条件に良いですね! 長崎市の観光宣伝に使えるんじゃない? 知らない人が見た、コレ、日本とは思わないですよね? 日本らしさがどこにも無いですよ、この街。明治中期の大浦の海岸通りはこんな風景だったんですよ。

中央やや左に大浦天主堂が見えてます! 当時は海べたから大浦天主堂が見えたんですね・・・。ってことは、信者は海を見ながらお祈りしてたんだね。中央やや右にはグラバー邸とよんご松も見えています。

左側の2階建て(当時の大浦4番、現ホテルニュータンダ)が、明治20年代中期の築。画面右の方に明治31年築の長崎ホテルはまだ無いので、この写真は明治20年代後半ということでしょう。

キャプションは・・・出たよ・・・また「BUND, NAGASAKI.」だよ・・・ ^_^;) これまで、「BUND, NAGASAKI.」は、長崎の「数字とキャプションが分離シリーズ」に『12.』と『13.』があったんですが、
↓クリックでそれぞれのエントリーに飛びます
  12. / BUND, NAGASAKI. (彩色版)
  12. / BUND, NAGASAKI. (未彩色版)
  13. / BUND, NAGASAKI.

この写真に数字は無いですね・・・同じキャプションで、書体も極めて近い。ということは、これら3枚は同じ写真館から発売されていたと考えたいんですがね・・・・・・。何とも悩ましい「BUND NAGASAKI」シリーズです。

あ、この写真、“日本らしさがどこにも無い”と書きましたが、よく見たらありました。
k031jpged.jpg
 ↑ クリックで拡大して見て下さい
画面ほぼ中央ちょっと上、鳥居があるじゃん! この鳥居、今でもあるかな?