2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2016/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/09

こちらこちらの続き。
軽くおさらいしておきましょう。
同じカメラでほぼ同時に撮影された大浦バンドのバージョン違いの写真が見つかった。撮影年代は明治26年~31年の間。1枚はキャプションが『No. 212. Nagasaki, Bund.』、もう1枚は『BUND, NAGASAKI.』。『BUND, NAGASAKI.』の方は、マウントもされていないし彩色もされていない。果たしてこの2枚の関係やいかに?
20160822123007_2016082611062843b.jpg ←クリックで拡大
  左 : 『No. 212. Nagasaki, Bund.』
  右 : 『BUND, NAGASAKI.』

以上が前回までのおさらい。
結論を言うと、この2枚の関係は現時点で不明です。しかしながら、若干の考察というか推測を試みてみましょう。

まず、予備知識として、
この時代の写真は、キャプションの付け方で、その写真を販売した写真師もしくはスタジオがある程度特定できます。しかし、あくまでも「ある程度」で、完全ではありません。この時代の写真の撮影者(撮影スタジオ)を特定するための研究は、まだまだ途上なのです。

この手のお勉強をするのに、先ず読まなくてはいけないのが、以下の2冊です。
 Terry Bennett (2006) 『Old Japanese Photographs: Collectors' Data Guide』、Bernard Quaritch Ltd
 Terry Bennett (2006) 『Photography in Japan 1853-1912』、Tuttle Publishing
日本の写真のお勉強をするのに、先ずは洋書を読まなければならないというのが、日本の古写真研究の現状を語っていますね。

それから、ちょっと古いですが、もう1冊挙げておきたいのが、これです。
 横浜開港資料館(2003)『増補 彩色アルバム 明治の日本―「横浜写真」の世界』、有隣堂
巻末の「解説」と「資料」が参考になります。

新しい物では、
 森望(2015)『明治の長崎 撮影紀行』、長崎文献社
が、正に長崎の写真を取り上げており、ありがたいのですが、誤りも多いので、要注意です (例を挙げるなら、“ファルサリのタイトルは基本的に「すべて大文字記載である。末尾にアルファベットBと番号をつける場合が多いが、”と書かれており、そのような例として8枚の写真を挙げている(10ページ)のですが、これらの写真を長崎大学古写真データベースで確認すると、いずれもBと番号は、末尾ではなく頭についているのです。どうも間違った前提で推論を進めているようで、安心して読めません。また、雲仙温泉の写真はいずれも撮影場所の比定を誤っています)。

一般的に入手可能な文献で、キャプションによって撮影した写真師もしくはスタジオの特定を試みているはこの程度ではないでしょうか(もし、他にもあったら教えてください)。

その他、
 高橋信一 『フェイスブック版 古写真研究こぼれ話―真実を求めて』(全3巻)、渡辺出版
は、古写真研究の一般論として、大変面白いです。

これらを読んで分かるのは、
 ・キャプションから、撮影した写真師もしくはスタジオが特定できる物もある
 ・しかし、特定できない物もある
 ・著者によって、特定結果が異なっている写真もある
よって、結論は、「キャプションから、その写真を販売した写真師もしくはスタジオが“ある程度”特定可能」です。

さて、では、上にあげた2枚の大浦バンドの写真は、誰の撮影か?特定できるでしょうか?
こちらの続きです。
やっぱ、訳なし、買いましたよ。

DSC_0299_20160830173404277.jpg
ハナサキガニ、訳なしの1.5kg級。

DSC_0311.jpg
身入りもばっちり。

DSC_0324.jpg
脚だけで、こんだけ身が取れたぞ。

DSC_0318.jpg
しっかし、デカいツメだよなぁ・・・ツメといえば、これを思い出します。これ

DSC_0347.jpg
ツメにも身がぎっちり。フト思うんだけど、北方系のコイツらが、ここまでデカくなるのに何年かかるんだろう??? とか考えると、罪悪感がなくもないのだ。ありがたく頂きましょう。

ありがたく頂いたんだけど、何しろ量が多い。
DSC_0367.jpg
最後には、超贅沢チャーハンになりました。冷凍のご飯を使ったので、ちょっと失敗。

うむ、ハナサキガニは、また来年、お取り寄せしよう。いつまでも日本でハナサキガニが食えますように。
例によって、組立済みのLS製プラモデルガンをオークションで落としました。
DSC_0235.jpg
今回は、このライフルが2,000円。 まぁ、2,000円が高いか安いかは、その人次第ですが ^_^;) 箱と組立説明書付。私にとってはバーゲンですね。

送られて来た梱包を開けると・・・
DSC_0236.jpg
3つの部品が、ころん! どうも輸送中にはずれたようです。

DSC_0238.jpg
2つはココですね。

フォールディングストックの根元です。
DSC_0239.jpg
ここは、ササッと直します。

もう1つの小さな部品は・・・
DSC_0242.jpg
リアサイトの端っこですね。これは接着剤がいるので、後程。

『ジャンク』ということで、落としたのですが、問題は、中身ですよね・・・。
DSC_0243.jpg
ボルトが不完全閉鎖状態なのが、少々気になります。

さらに・・・
DSC_0247.jpg
レシーバーのピンに接着材の跡。イヤな予感です。

とりあえずバラしてみるか・・・、と思って、
DSC_0248.jpg
アレっ!? リコイルスプリングガイドのラッチが接着されてるじゃん!!!

・・・プラハンマーでえいっ!
DSC_0249.jpg
外れた。

おお~っ!
DSC_0250.jpg
って、リコイルスプリング、無いじゃん!!! ^_^;)

DSC_0251.jpg
ピストンに何やら瞬接らしき跡。

要するに、コイツを作った人は、AKライフルの外側だけが欲しかったようですね。う~ん、想像するに、昭和時代の子供がうるさいから、ばらけやすい部分を昭和時代のお父さんが接着したとかかなぁ・・・ ^_^;)

しかし・・・
DSC_0252.jpg
ボルト周りは完ぺき!

ハンマーは・・・
DSC_0254.jpg
コッキング状態で固定されていましたが、これはフルオートシアに引っかかっていました。リリースしてやりましょう。何年か、何十年振りか?わかりませんが、メインスプリングがのびのびしている様子が目に浮かびます ^_^;)

DSC_0257.jpg
ちゃんと閉鎖しますね。問題無し。

DSC_0246.jpg
やっぱ、これが2,000円というのは、バーゲンでしょう。レストアベースとしては、良い素材です。部品の欠品は、ランヤードリングとクリーニングロッドだけかな? リコイルスプリングをどこから調達するか?が課題ですね。ホームセンターに似たようなバネあるかな? 

LS社製の拳銃やライフルのプラモデル、もう未組立の物は買えませんね。拳銃でもヤフオクで1万円を超えることもしばしば。 未組立の物は、10年前に揃えたので、これからは、組立済の物を安く落としてレストアするのを目標にしよう!

念のため書いておくと、これはプラモデルです。主要部品はスチロール樹脂とABS樹脂でできています。金属部品は・・・ネジとバネくらいかな。3歳児に渡すと、数時間でレストアするのもイヤになるくらい破壊されることは目に見えています。精密ではありますが、改造して実弾を・・・なんてシロモノではないので、誤解なきよう。
こちらの続き。
実はこういう写真↓もあるのです。
20160822123007.jpg
 ↑
クリックで拡大

前回の写真と比べて見てください。間違い探しのようですが、人物に着目すると別写真であることが分かります。しかし、細部をよ~く見るとですね・・・これら2枚はほぼ同時に撮られていることが分かります。木々の枝や路面のでこぼこ、水溜りの形等、完全に一致します。

ちなみに上写真は、長崎大学古写真データベースに収蔵されていないと思うんだけど、どうだろう(長大データベースは、キャプションで検索できないという致命的な欠点があるんだよなぁ・・・改善を望みたい)。

ほぼ同時間に全く同アングルで撮影された別バージョンの写真としては、過去にこちらの篭立場がありました。篭立場の時は、なぜこんな間違い探しのような写真を2枚も撮ったのだろうか? という疑問を呈したのですが、今回も全く同じです。もしかしたら、これら2枚は露出を変えたりしてるんだろうか? 当時のカメラは今のデジカメと違って、撮ったその場で画像確認なんてできないから、安全のため、撮影条件を変えて複数枚撮った可能性はありそうですよね。ただ、2枚の現物を見比べてもそれほど露出が変わってるとは思えないんだよなぁ。ピントはパンフォーカスだし。

さて、この写真、大きな特徴が2つあります。まず1つは、マウントされていないということ。この当時の写真は、鶏卵紙という非常に薄いぺらぺらな紙にプリントされています。今のコピー用紙よりもかなり薄いホントにぺらぺらです。注意して扱わないとすぐに角やなんかが折れ曲がっちゃう。もう1つは、見ての通り、彩色されていないということ。通常は、この写真を厚紙にマウントして、手作業で色付けをして商品になります。ってことは、この写真は商品になる手前か、もしくは商品ではなかったのかもしれません。

もしかすると、同じアングルで2枚撮ったけど、前回の物の方が出来がよかったので、上写真はボツになったということでしょうか? 前回の物の方が人力車夫の姿勢が自然ですよね。上写真はいかにもカメラに向かって構えてる感じがします。だから上写真は、マウントも彩色もされていないと。たぶん、そういうことなんじゃないかなぁ・・・なんて思いながら、重大なことに気が付いた。

前回の写真は、キャプションが「No. 212. Nagasaki, Bund.」、上写真は「BUND, NAGASAKI.」。キャプションの付け方が全く違うのです。ということは、この2枚の写真は、それぞれ別々のスタジオでプリントされた可能性がありますね。つまり、同じカメラでほぼ同時に撮影されたバージョン違いの写真が、別々のスタジオで処理されていた可能性があると思うのです。もしくは、単一のスタジオが、表記方法の異なる2種類のキャプションを使っていたのでしょうか? さて、どちらでしょう?
IMG_0837.jpg
1歳児がお尻拭きを取り出し・・・

IMG_0838.jpg
拭き掃除を始めた。

IMG_0841_201608270256497ae.jpg
これは、ぼくの椅子だからね。ちゃんと拭いておこう。

IMG_0844.jpg
上の段も拭いておこう。

IMG_0845.jpg
手すりも拭いておこう。

IMG_0852.jpg
モニタも拭いておこう。

IMG_0858.jpg
お兄ちゃんの落書きも消しておこう。

IMG_0855.jpg
窓もきれいにしなければ。

何かに取り憑かれたようにふきふきする1歳児です。この後、自分の顔も拭いてました ^_^;)
img316 ?
 ↑
クリックで拡大

唐突ですが、長崎市内の古写真です。私は、なぜかこの写真が好きなんですよね。眺めていて飽きない。

長崎大学の古写真データベースにも目録番号: 5291(←クリックでデータベースに飛びます)で収蔵されている写真です。ちなみに、一見カラー写真のように見えますが、この時期の古写真は当然白黒でして、プリントした物に職人が手作業で色を塗っています。で、この彩色作業をする職人は多くの場合、写真の現場を知らなかったのだと思います。よって、同じ写真でも色が全く違っている例があったりして面白いです。上写真も、長崎大学に収蔵されている物とは、かなり色使いが違っています。

なお、解像度は、長崎大学収蔵の物より、こちらの方が若干高いです。が、まぁ、これはスキャンの仕方かもしれませんね。

撮影場所は、現在で言うと、国道499号線、路面電車の「市民病院前駅」と「大浦海岸通り駅」の真ん中くらいからグラバー園方面を眺めたもの。画面真ん中に大きく写っている道路が今の499号線とほぼ一致するようです。長崎大学データベースの解説によると、左に写っている2階建て洋館は、現在のホテルニュータンダの場所だそうですから、地元の人ならすぐに場所が分かるでしょう。

撮影年代は、長崎大学データベースの解説によると、明治26年(この通りに電柱が設置、この写真に見えます)から明治31年(長崎ホテル開業、この写真には写っていない)の間ということになります。

ちなみにこの写真、画面中央を拡大すると・・・
img316??
グラバー邸と「よんご松」!

当時は、ここからグラバー邸が見えたんですね・・・。長崎市内は明治期の写真が多く残されているんですが、現在では高い建物が多くなってしまって、多くの場合、当時と同じアングルで写真を撮れないのが残念なところです。

さて、この写真を眺めていたら、いろんなことが分かりそうな気がしてきたので、今後、気が向いたら書いていこうと思います。
DSC_0227.jpg
作例、小浜の宿で「湯守」

IMG_0703.jpg
作例、小浜の宿で「金庫破り」

DSC_0215_20160823204102a4b.jpg
あ!破れた!

DSC_0219_20160823204139153.jpg
作例、小浜の宿で「Siri に話しかける」
#口、近すぎだろ・・・

IMG_0602.jpg
小浜の宿ね、良かったと思います。何が良かったか?を文章で表すのは、なかなか難しいんだけど、満足度が高かった。建物は新しくはないし、いや正直古びた部屋だったけど・・・・・・う~ん、スタッフの対応かな? 気持ち良かった。料理も値段の割には大満足でした。安いプランだったので、この宿としては、それほど良い料理ではなかったと思うのですが、なるほどという工夫が感じられた。そしてこの写真のタイのあら煮。どちらかというと、小さめのタイなんですよ。でも、う~ん、こういうあら煮が、自分で作れるようになりたいものだ・・・と、つくづく思いました。もし、小浜にまた泊まることがあったら、この宿にリピートはありですね。むしろ、もうちょっと高いプランで良い料理を試してみたいと思った(でも、3歳児と1歳児がいるから、ゆっくり食事は無理です^_^;)。

IMG_0704.jpg
作例、小浜の宿で「疲れ果てた2人」
#パパとママはお前らを喜ばせるために頑張ってんだぞ! 感謝しろよ!!!
トワイライトな出来事。
私は夏でも、下半身は基本ジーンズです。1日にはくジーンズは、基本、屋内用、屋外用、就寝用の3本です。それは、福岡の家でも実家でも変わりません。

実家でのこと。この日の屋内用ジーンズ(リーバイスの501)のコインポケットから・・・
IMG_0818.jpg
コインが出てきた。
問題は下のコインです。

アップにしてみましょう。
IMG_0818ed.jpg
大日本帝国が昭和17年に鋳造した1銭硬貨です。

軽く頭がパニックになります。ありあえないだろ・・・。さっきの買い物でお釣りに渡されたか? ありえないだろ・・・。

一体、何が起こったのでしょうか???

昨夜、寝ている間に、私は昭和17年にタイムスリップして、無意識の間に買い物をしたのでしょうか??? ・・・そんなことはありえないとは思うものの、それくらいしか解を思い付かない。イヤ、もしかしたら、私は昨夜、第3次亜空間にさらわれた(『Schisms』)なんてことはないですかね???

あで? でも就寝用ジーンズは、リーの201だ。

うわぁ~ん!!! 意味がわからん!!!
さて、今日はここです。
IMG_0762.jpg
どこでしょうか?

IMG_0772.jpg
ちょっとした森を抜けると・・・

これが本殿。
IMG_0774.jpg
ここ、宇佐神宮です。
八幡様の総本社ですよ。二拝四拍手一拝のいわれは、神社でも分かんないんだそうです。不思議といえば不思議ですよね・・・。

お昼ご飯は、参道のこおした旅館で。
IMG_0778.jpg
わたしゃ、何気にかつ丼です。

実はバテた。
駐車場から本殿往復しただけなのに、この炎天下とはいえ、完全にバテた。3歳児に、「お前、大丈夫か・・・?」とか言ってる場合じゃなかった。
暑くて死にそうだったけど、同様に死にそうに腹減ってたから、かつ丼は超美味かった。

3歳児は往復小一時間歩いたけど、良い子だった。

1歳児は、オレが抱っこ紐だと、汗だくだくなのに、ママが抱っこ紐すると、汗もかかずに涼しい顔。オレよりお前の方が、絶対体温高いと思うんだけど、どういうことなんだよ!?

今年も訳あり
さて、今年も昨年と同じ店から「訳あり」を取り寄せてみました(昨年の様子はこちら)。同じ店なんですが、果たしてどうか? 内容は・・・、
IMG_0708.jpg
巨大ハナサキガニ×1。

IMG_0709.jpg
かなりデカいケガニ×1に、十分デカいズワイガニ×2。

3種のカニが揃っていて、かつそれぞれがかなりデカいんで、見た目のインパクト大です。しかも、4杯とも脚折れ等全く無し! ここでやったー!と喜んではいけません。ここで喜ぶのは素人です。わたしのようなカニマニアになると、もう見ただけで「訳あり」の理由が分かります。。。こりゃ、身入りが悪いんですよ、間違いなく。実際、持ってみると、ハナサキガニとケガニは明らかに軽いですね。

重さを計ってみたら、ハナサキガニはちょうど1kg。
IMG_0717_201608181337309dc.jpg
茹でで1kgですから、そこそこの重さではあるんですが、この巨大なハサミのハナサキガニが1kgというのは、やはり軽い。

IMG_0719.jpg
ハナサキガニは、脱皮直前のいわゆる2枚皮でした。しかし、ここまで見事な2枚皮は初めて食った ^_^;)  

IMG_0718_201608181337325e1.jpg
ケガニは、この写真では良く分かりませんが、やはりイマイチな身入りでした。

ズワイガニは・・・写真を撮るのも面倒なくらいイマイチな身入りでした ^_^;)

どうですかねぇ・・・前回も書いたんですが、脚折れの「訳あり」は大歓迎、しかし身入りの悪い「訳あり」は -_-;) というのを再確認しました。う~ん、どうしよっかなぁ・・・訳の無いハナサキガニ買おっかなぁ・・・ハナサキガニの漁期、もうちょっとだよね?