2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2016/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/08

唐突ですが・・・思えば結構カニ汁は作ってきましたよね・・・このブログにおける初出はこちらかな? で、直近はこれかな? 前回の結論は、「カニだけで旨いカニ汁を作るのは無理。「風味」はカニだけで十分出るが、「旨味」はカニだけでは不十分。旨いカニ汁を作るには、旨味を昆布等で補ってやる必要あり」でした。要はイマイチだったわけです。

カニ汁って、たまに作りたくなるんですよね。まだまだ全然極めてないし。で、思ったんです。カニ汁の代名詞である鉄砲汁というのは、ハナサキガニがオリジナルです。私、ハナサキガニ好きです。カニとしては漁獲量が多くないし、商品的にも中途半端な位置付けと思うのですが、私はあの独特の風味が結構好きですね。ちょうど今は、ハナサキガニのシーズンです。そうだ、ハナサキガニでカニ汁=鉄砲汁を作ってみよう!

先ずは、ハナサキガニをどうするか? 今はシーズンなので、ネットでお取り寄せするのは簡単なんですが、味噌汁のために活のハナサキガニを丸ごと買うというのは、私の経済力では少々厳しい -_-;) 第一、そんなお金があるならモデルガンを買うべきだ。でもね、規格外品(たぶん)をぶつ切りにした冷凍の「鉄砲汁用」と称するハナサキガニは結構売ってるんです。例えば、地元の漁協の商品だと「カット花咲ガニ(鉄砲汁用)」というのが500gで600円で売られている。よし、こういうのを買おう!

しかしっ! 漁協の直販って、商品価格はそこそこ安いんだけど、送料がどこも高い。600円の商品に約2,000円の送料は、どう考えてもバカらしい。じゃ、2,000円の送料がバカらしくないと思えるくらい他の商品も買うか? しかし、悲しいかな、単一の漁協だと、商品のバラエティに乏しく、とても1万円分何か買うか?って気にはならないのです。大体、送料2,000円というのは、昨今のアマゾンや楽天の送料を考えると、よほど商品が魅力的じゃないと(そんな商品、どれだけある?)、商売成り立たないでしょうね。漁協の直販というのは、積極的に支持したいのだけど、この辺が一つの課題でしょうなぁ・・・。

ぶつ切りのハナサキガニ欲しいなぁ・・・でも商品価格をはるかに超える送料は払えないよなぁ・・・・・・と悩むこと、約1か月

見つけましたっ! 楽天でぶつ切りハナサキガニが1kgで999円(送料別)という商品! 送料は1,200円なんだけど、この店は商品のバラエティが豊かなので、冷凍のカニクリームコロッケ、冷凍のタコから揚げ、真空パックの訳ありのイカ飯と合わせて購入です。ちなみに、冷凍のコロッケとかから揚げは、冷凍庫にあると、忙しい夕方やお弁当用に家人が重宝するようです。自分の趣味にお金を使う時は、一緒に家人が喜ぶ物を買う、というのは鉄則ではありますまいか。

IMG_0461.jpg
こんな感じ。これで全体の1/3くらいだから、大体300gくらい?

IMG_0462.jpg
あ、ミソも入ってる。

IMG_0463.jpg
水は1L。こんな感じで火をつけますよ。

IMG_0464.jpg
あ、ツメも入ってた。このツメからするに、相当小さいハナサキガニですね。

IMG_0465_20160730175641851.jpg
灰汁が大量に出るのですくいます。

IMG_0466.jpg
20分ほどぐつぐつしました。

これに味噌を入れると・・・
IMG_0481.jpg
鉄砲汁の完成! 具はダイコンとニンジンに豆腐。

あれ?期待していたより美味い。っていうか、結構美味い。初めに昆布で出汁を取ったせいですかね? それともハナサキガニだからですかね? いずれにしても、カニ汁には出汁必須ですね。昆布でちゃんと出汁を取ってやると、強いカニの風味と相まって、かなり美味い味噌汁になりますね。

ぶつ切り冷凍ハナサキガニ、まだ700gくらい残ってるから、引き続き研究しよう。

グリコのレトルトカレー、LEEを買った。
DSC_7185.jpg
『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』。今夏の限定品。限定4,000個だという。

DSC_7193_2016073017500736b.jpg
かなり期待していたのだ・・・・

結論から言うと、私的には「中途半端」だ。

「辛さ×30倍」というのは、単純な辛さはココイチの5倍より、かなりマイルド。私としては、圧倒的に辛さが足りない。
「スパイスオブザワールド」の名の通り、スパイシーさは楽しめる。これは、他のレトルトやルーのカレーには無い特徴だからありがたい。ただし、当たり前かもしれないけど、インド料理屋で食べるカレーのスパイシーさには比べるべくもない。『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』も頑張ってるとは思うのだが、やはりスパイスというのは鮮度なのだ。スパイスの素材としての鮮度ではなく、料理に混ぜ合わせた後の鮮度なのだ。

要するに中途半端なのである。そして、『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』を中途半端と思わせるのは、その価格なのだ。レトルトカレー1パックが実に880円。880円出したら、ココイチでカレー食えるぞ? 880円出したら、福岡ならインド料理屋でランチ食えるぞ?

レトルトカレーとして、味は実に個性的かつ美味いと思うのだ。その点は、非常に魅力的。このレトルトカレーが200円だったらバーゲン。300円でもかなり魅かれる。しかし、400円だったら・・・「スパイシーな物食いたいから、あそこのインド料理屋行くか?」となるのだ、私なら。

しかし、「スパイシーな物食いたいけど、インド料理屋行くヒマが無いんだよなぁ・・・」という人にとっては、非常にありがたいレトルトカレーではなかろうか? それくらいスパイシーで個性のあるレトルトカレーだ。

つまり、『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』は、その人のライフスタイルによって、価値が変わってくるカレーと言えましょう。人のライフスタイルに影響を与えるレトルトカレーが、この世の中にどれだけあるでしょう? その意味では貴重な存在です。 その意味では・・・期待も込めて、来年のLEE夏限定も買いましょうか ^_^;)

#25年くらい前? の、あの辛さとスパイシーさは、今ではもう発売できないんだろうね・・・(涙)
IMG_0404.jpg
実家の近くのスーパーでウチワエビを見つけた。ここ10年?くらいで、ウチワエビはずいぶん値上がりしましたよね・・・。もうネットじゃ買えない価格ですね。でも、産地のスーパーだと、そこそこの値段で買えるんです。上写真、一番大きいので600円。

で、一番大きいのは・・・
IMG_0405.jpg
こんなにデカい! このデカさは、滅多に見ないよね。

炭火で焼きます!
IMG_0407.jpg
今日は、シーフードBBQだね。

焼けた!
IMG_0409_20160726082434463.jpg
ミソも良い感じに入っております。
こういう食材が食えるってのが、産地の贅沢だよね。

<3歳児との会話>
ママ 「あと2回寝たら、おばあちゃんの家だよ」
3歳 「さっき寝たから、あと1回?」
私  「お昼寝は、回数に入らないんだよ・・・^_^;)」
ヌードルメーカーで、絶対やりたいんだけど、これまで躊躇していた物があります。それが蕎麦。ヌードルメーカーに付属のマニュアルでは、七三蕎麦なんですよね。7が蕎麦じゃないですよ。3が蕎麦。おそらくこれだと上手くいくんでしょうが、わざわざ自分で作るのに蕎麦粉がたった3割じゃつまらない。かといって蕎麦粉の割合を増やして二八蕎麦(つまり蕎麦粉8割)とかにすると、どうも出来上がった麺がつながらずに細切れになりやすいらしいんですよね。まぁ、これは手打ちでも同じことです。これまで失敗を恐れていて、なかなか蕎麦に手を出せなかったのですが、今日はやってみましょう!二八蕎麦に挑戦です。

蕎麦粉は楽天を通して『森のそば粉屋さん』というところの「高級挽きぐるみそば粉 山茶花」というのをお取り寄せ。レシピは、ネット上の情報を参考にして、加水率を35%にしてみました。つまり、
 蕎麦粉 400g
 強力粉 100g
 冷水  175g
計算合ってるよな?

スイッチ、オン! こね時間は5分。
DSC_0048.jpg
出てきました。

DSC_0049.jpg
3歳児がちょっきん!してくれます。

DSC_0050.jpg
茹でます。

水で締めて・・・
DSC_0052.jpg
出来上がり!

切れやすいなんてことは全く無く、パスタやラーメン等と全く同様にできました。
味は・・・美味いといえば美味い。確かに蕎麦だ。蕎麦らしい風味はそんなに強くないけど、これは蕎麦粉次第でしょうね。細切れになってしまうんじゃないか・・・というのは全くの杞憂でしたね。それどころか!今回の蕎麦、やたらとコシがあるんですよ!イヤ、誰も蕎麦にここまでのコシともちもち感は期待してませんって! ^_^;) ってくらい強烈なコシがある。悪いわけじゃないんだけど、かなり違和感を感じます。だってこんなもちもちの蕎麦食ったことないもん!

これは・・・失敗ではないが、改善の余地があるというべきでしょう。ネット上をザッと見たけど、もちもち過ぎる蕎麦ができた、って報告は見つかりませんね・・・。次はいっそのこと十割でやってみるか???

ヌードルメーカーで蕎麦は微妙かもしれませんね・・・。
蕎麦って、麺自体を一番重視する麺類じゃないですか。私が東京に住んでいたら、ヌードルメーカーで蕎麦を作ることはないと思うんですよね。安くて美味しい蕎麦屋がいっぱいあるし、どんなに頑張っても蕎麦屋の蕎麦には勝てそうにないから。でも福岡では、なかなか美味い蕎麦が無い(探せば、高くて美味い蕎麦屋はあるんだろうけどね)。ということは、もう少しヌードルメーカーで蕎麦作ってみるかな?

ところで、このもちもち感を下げるにはどうしたら良いんだろう?薄力粉にするのか???


こちらの続き。
DSC_0021_20160715094436177.jpg
購入後、5年経ったウルヴァリンの1000マイルブーツです。

手入れをしていたら・・・
DSC_0022.jpg
あで!、底に小さな穴が。

こりゃ、張替えですね・・・。
この靴、購入後今まで5年間、全く修理をしてません。普通は、底を張り替える前に、トップリフト(踵のゴム)が削れて要交換になったり、つま先が削れて要修理になることがほとんどなのですけどね。この靴は、トップリフトはまぁ交換しても良いですが、まだちょっと履いても良いって感じ。つま先もまだまだウェルトまでは全然。こういう靴は珍しいですね。

さて、オールソールに出すんですが、これを機会にダブルソールにして良いですかね? このブーツ、あまりにもしなやか過ぎるんですよね。それが、「絹のような履き心地」というのかもしれないけど、私にとってはちょっと頼りない。さて、どこに修理に出しましょうか?
はい、こちらの続き。
DSC_0017.jpg
またセコガニ。もう山陰のシーズン以外では買わない!と思ったんですが、何と!今日は近くのスーパーで北海道産が。まぁ、実際に見たら買わないわけにはいきませんよねぇ・・・。

DSC_0019.jpg
蒸します。

DSC_0023.jpg
外子は抱えていませんね・・・。

中身の写真を撮り忘れた。内子、ミソ共にそこそこ入ってました。悪くない、旨い!。1杯500円は、ネットでの送料込みの価格とほぼ同じ。

結論。
セコガニは、シーズンに山陰産の物を買うのが最上。でも、北海道産の物がスーパーにあったら買っても良し。
我が家にカブトムシがやって来ました。
DSC_0007.jpg
3歳児のお友達の家で大量に孵化したらしく、1つがい頂いて来ました。

まぁ、こういうものを通じて、3歳児が生き物により興味を持ってくれると良いですね。

ちなみに私は、クワガタは大好きですが、カブトムシにはほとんど興味がありません。たぶん、子供の頃の早い時期にカブトムシには興味を無くしてたんじゃないかなぁ。だって、カブトムシってカッコ良くないもん! 大してクワガタのカッコ良さといったら・・・(以下略)。

ちなみに3歳児は、カブトムシ自体よりも、カブトムシにエサをやることに興味があるようです ^_^;)
DSC_9987.jpg
ギンガムチェックのボタンダウン。
写真では見えませんが、襟のボタンを付ける部分が裂けています。

さらに・・・
DSC_9989.jpg
脇が大きく裂けています。これは、福岡に引っ越して来てからのこと。玄関の扉のカギ部分の突起にひっかけちゃったんですよね・・・。

DSC_9988.jpg
University Shopってまだあるんだろうか? 大分市のトキハで買った物。いつ買ったのかというと・・・たぶん今からちょうど30年前です。思えば、30年間着続けたんですね・・・。

DSC_9990.jpg
Jプレスのクレリックシャツ。
写真には写っていませんが、袖口がボロボロなんです。特に左の袖。それに手前のシャツは、襟も破れています。大分市のトキハで買った物。いつ買ったのかというと・・・たぶん今から29年か30年前です。さすがにコイツは、もう何年も着てなかったけど、もったいなくて捨てるに捨てられなかった。

まぁ、でもこういう物を後生大事に取っててもしょうがねーよなぁ、思い切って捨てるぞ!!!・・・・・・・・・ちょっとさみしい(涙)