2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2015/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/08

これは、オークションではなく、ネット上の小売店から買いました。
DSC_5466.jpg
はい、コクサイ製のM19です。

箱を開けると・・・
DSC_5467_20150706200924206.jpg

じゃじゃ~ん!
DSC_5469.jpg
これはカッコ良いでしょ・・・

実物は、スミス&ウェッソン社のM19。
DSC_5472.jpg
私が子供の頃、次元大介になりきるには、必須のアイテムだったんですけどね・・・。

DSC_5471.jpg
最近の子供は、アニメとか漫画とかゲームの主人公が持っている銃を見て、カッコ良い!欲しい!とかって、思わないのかね?

しかし、このM19、良く見ると・・・
DSC_5478.jpg
サイドプレートの分割線が偽。

DSC_5481.jpg
完璧なまでにヘンな形のフレームラグ。

DSC_5477_20150706201010ca0.jpg
357マグナムにしては、やたらと細くて短いカートリッジ。

そう、このM19は、確かにコクサイ製ですが、かなり初期の製品ということです。箱を見ると、定価9,400円のラベルが。これって、いつごろの製品だっけ?コクサイのM19の発売は確か、1982年だと思います。最初期は、メタルフィニッシュのみで、その後キットが発売されて・・・その後くらいの製品ですかね。だから、1980年代中ごろから後半の発売と思います。

その後、90年代に国際産業は倒産し、金型はサンプロとかに引き継がれて、上写真に挙げたような不備を改良しながら、現在でもたまにスポット生産されますね。今のコクサイM19は、かなり完成度が高くなっていると思います(その分、値段も定価2万~3万円になってしまいましたが)。

これ、子供の頃、欲しかったんですよね・・・。この頃の国際産業は、まず金属製が先行したんでしたよね?既に時代は、モデルガンではなく、弾の出るエアガンとかガスガンに移っていたんですが、どういうわけか、金属製のM19とM29を発売。これが、まぁ、当時としては非常に完成度の高いものでした。その後、プラスチックでM19とM29を発売したんじゃなかったかな。これらの製品によって、市場で『リボルバーの国際』をいう評価を確固たるものにします。いや~、このコクサイのM19、欲しかったんですよ。その後に出たCMC製とか、最近ではそのCMCを改良したハートフォード製とかあるんだけど、やっぱり、私が欲しいのは、昔憧れた初期コクサイ製M19だったんですよ。

でも、考えてみたら、何でこんな古い物が、新品で残ってたんだろう?おそらく製造から30年近く経っていると思います。こっちの不良在庫どころの話じゃないよね。経緯はわかりませんが、どっかの倉庫とか小売店の棚にず~っと30年も放置されてたのかね?

現在では、上記した改良版コクサイ製やハートフォード製、それからタナカも出してるんでしたっけ? もっと完成度の高いM19があり、しかも最近のモデルガンは、材料のプラスチックに金属の粉を混ぜて成型する(これをヘビーウェイト樹脂という)ので、重量感があります。よって、古くて完成度の低い、そして完全プラスチック製で非常に軽いモデルは、人気がないのも当然でしょう。6,500円で買えました。こんなの買うのは、モデルガンマニアという絶滅危惧種の中でもさらに変人なんだろうなぁ^_^;)

さて、完成品の(キットではない)モデルガンを買ったら、先ずは全バラして、各部をチェックし、必要に応じて調整してやるというのは、昔からのお約束です。先ずは、シリンダーを外して、グリップパネルを外して・・・・・・
DSC_5484.jpg
がーーーん!!!ヒビというか、もはや亀裂。この部分は、内側に金属のフレームが入ってるから、外側のプラスチックにメインスプリングの張力がかかるわけじゃないと思うんだけどね・・・。あぁ、でもメインスプリングスクリューを介して、プラスチックフレームに捻りの力がかかるのかもしれませんね。とりあえず、メインスプリングスクリューをいっぱいに緩めます。

・・・新品だったら(イヤ、新品だけど)、即交換対応ですが、この個体はそういうわけにはいきません。プラリペアで修理することは可能だけどね・・・。一気に全バラする気力が失せました^_^;) とりあえずは、このまま箱に戻して眠ってもらいましょう^_^;)

もう、これはデッドストックとするのかな?
まぁ、これの続きかな。

  2歳児 『ぱぱ、おかね、もてゆ?
  私 「いや、お金は持ってないな」
  2歳児 『ぱぱね、ママね、おかねいぱいもてゆよ

何!? そでは、聞き捨てならんぞっ!!!
DSC_5754.jpg
大根に水やり。

DSC_5716.jpg
ミニトマト食べ放題は嬉しい。

DSC_5725.jpg
これは何でしょう?

答えは・・・
DSC_5727ed.jpg
ぶんばぼん!(アクセントは「ば」)

DSC_5720.jpg
この食い散らかしは、2歳児ではあるまい・・・(生だし)。鳥だろうか?

DSC_5760.jpg
モンシロチョウと、

妙なハチ。
DSC_5766.jpg
良く見てください。このハチ、ウェスト部分が脚より細いんです。
はい、またネットで買いましたよ。
DSC_5695.jpg
何か、壮観だな。

DSC_5693.jpg
ハナサキガニは、訳無しの2kg級。流通するハナサキガニとしては最大サイズでしょう。

ケガニは訳あり。
DSC_5698.jpg
このサイズの小型のケガニって、残念なサイズではありますが、身が詰まっていればそこそこ食えます。しかし、こいつは身入りが悪かった。

私が持てる技術の全てを駆使してむいても・・・
DSC_5697.jpg
一杯のケガニから、こんだけしか身が取れなかった。

労働力が報われる度が低い。よって、身入りの悪いことが理由の「訳あり」は、私としては非常に評価が低くなる。だからね、「訳あり」は、やっぱりその理由が重要と思う。
もっとも、味は、身入りの良い/悪いに関係ないとは思いますけどね。

ハナサキガニの漁期は、来月くらいまで? 今シーズンは、巨大ハナサキガニを2杯も食ったから満足だな。
DSC_5683.jpg
金鱗湖にやってきました!

この湖、何か異様です。
DSC_5679.jpg
これって、ティラピアでしたっけ?

DSC_5686.jpg
この魚、名前が分かんないけど、日本の在来種じゃないね。

おそらく、この湖に住んでいる魚の大部分は移入種だと思います。何か、異様な雰囲気を感じてしまいました。

DSC_5685.jpg
あっ!シオカラトンボ発見! お前は在来種だよな。

DSC_5680.jpg
それから、イトトンボの仲間。名前が分からないけど、これも在来種でしょう。

さて、金鱗湖に来て、2歳児がする事といえば・・・
DSC_5681.jpg
あっ!ダンゴムシ!!!
コンビニで卵焼きを買ったら・・・
DSC_5586.jpg
温泉だっ! (経緯は、この辺参照)

DSC_5672.jpg
今回は、湯布院温泉、「小鳥のたより」。

DSC_5588.jpg
DSC_5589_201507191736057f5.jpg
源泉かけ流し露天風呂付き客室です。

今回は、食事無しの素泊まり。では、晩御飯はどうしたか? コンビニのお弁当です。源泉かけ流し露天風呂付き客室に泊まって、晩御飯はコンビニ弁当ってどうなの?って思いますよね? でもね、私、最近思いますに、2歳児と2か月児を抱えてのお泊りの場合、夕食は部屋食以外の選択肢が無いと思うのです。2歳児と2か月児を抱えてホテル内のレストランとか、夕食会場に行くのは、まぁ事実上無理ですよ。だから、部屋で晩飯食えないんなら・・・じゃ、コンビニ弁当で良いよ!ってなるんです。

まぁ、温泉が主と割り切っちゃえば、それも悪くないと思うよ。
DSC_5622.jpg
私は、コンビニで一番安いウィスキーを。

このお宿、どうだろうね・・・? 正直、施設は新しくない。元々、ハーブガーデンだった施設を利用してるのかな? でも、源泉かけ流し露天風呂付き客室としては、私は十分満足。湯布院は、観光地として全国区で有名(どころか、中国・韓国人も多いですね)なので、宿屋の競争も激しいと思うんですが、客を呼ぶには、何か1点突出した物があると良いと思うんですよね。まぁ、これは料理屋も一緒だけど。

今回の「小鳥のたより」で突出してる、と思ったのが、部屋にあるお茶の充実ぶりです。
DSC_5602.jpg
分かります?お茶もコーヒーもふんだんにある。

特にコーヒー。
DSC_5603_2015071917381385a.jpg
ね?

DSC_5608.jpg
自分で豆を挽いて、立てられるんです。これは、コーヒー好きには、嬉しいと思うね。部屋にミルと豆がある宿なんて、そうそうないでしょ? これは、この宿の「売り」にすべきだよ。

あとね、面白いと思ったのは、
DSC_5611.jpg
最初は、何だコレ? 意味わかんねーな? と思ったんだけど、下の皿のアルコール燃料に火を着けると、上の皿のお茶の葉が熱せられて、部屋にお茶の香りが漂うのです。これは、良いよ・・・家でもやってみたいね。こんな、ほんの小さな物だけど、これもこの宿の「売り」にして良いんじゃないだろうか?

あとは、
DSC_5585_20150719174810519.jpg
ウェルカム・ドリンクならぬ、ウェルカム温泉卵をもらったんだけど、これは、個人的にかなり嬉しい。これって、湯布院温泉ではどこでもやってるの??? どこでもやってるわけじゃないなら、これもこの宿の「売り」だと思うね。
車の中で2歳児の好きな音楽を聴きながら。
  私 「にゃんこん、この曲なに?」
  2歳児 「ゆうびんちょく
  私 「・・・・・・」
そっか、お前が知ってる「きょく」が付く単語は、「郵便局」だけなんだな・・・。

お前が、あえてウケ狙いでそう応えたのであれば、私はこの上なく嬉しい。

#ママによると、「この歌なに?」と聞けば良かったらしい。
最近、ネットオークションで不調です。

その1) こちら参照。

その2) 某海外オークションで古絵葉書を買ったら、写真とは別の商品が届いた。メールでクレームを付けたら、これも対応は早かった。こちらからのメール発出から24時間以内にペイパルに商品代金が返金された。で、間違って届いた絵葉書は、「そのままキープしといて良いから」とのこと。しかし、本来欲しかった絵葉書は、「既にかなり前に売れてしまった物で、どうしてこの写真がネットにアップされていたのか分からない」ということで、欲しかった商品は手に入らず。

その3) 某国内オークションで、イバラガニモドキ(商品名はイバラガニ)を見つけたので、これは比較的珍しい!と思って入札。私しか入札が無く、あっさり開始値で落札。しかし、翌日、携帯に電話が。『イバラガニがもう売れてしまって、在庫がありません。ネットオークションを取り下げるのを忘れてました・・・』。まぢですかっ!これは許しがたいなぁ・・・。しかし、電話のおばちゃんは、非常に丁寧でかなり申し訳なさそうな口調。代わりの商品を提案されたんだけど、こっちから「○○にならないか?」と逆提案。するとおばちゃん、社長に相談して再度メールで連絡するという。結果・・・2kgのイバラガニモドキは3kgのケガニになりました^_^;) まぁ・・・いっかぁ・・・。先方は、悪い業者じゃなさそうだったし、おばちゃんは非常に丁寧だったし。しかしだなぁ・・・この店の商品表記 ↓
  プレゼンテーション1

これ、外務省が見たら激怒するぞっ!
北海道の業者なんだからさぁ、北方四島を現ロシアとか書いちゃダメだって・・・^_^;)
うちの2歳児、手足口病に感染してしまいました!
今日の昼ごろ、病院に行って感染が判明。
と思ってたら、今日のNHKの夜7時のニュースで、全国的に手足口病が大流行のニュースが!

お前、最先端の流行をキャッチしてるじゃん!!!

あ、手足口病は、治療法がありません。特に薬もありません。通常は、1週間もすれば自然に症状は治まります(ただし、ウイルスはその後もしばらく体内にあるみたい)。1週間程度様子見ですね。今のところ発疹以外の症状はありませんが、発熱や嘔吐等が2日、3日と続かなければ、ほったらかしでも大丈夫なようです。
2歳児が、保育園から帰ってきた。
 2歳児 『ぱぱ~、くっちん、しまってた
 私 『なになに???』
 2歳児 『ぱぱね、きょうねぇ・・・、にゃんこんねぇ・・・、くっちんね、しまってたよ
 私 『・・・・・・-_-;)』
ママが通訳してくれたところによると、今日、(お気に入りの)クッキー(が売ってるお菓子やさんが、)閉まってた、ということらしい。

くっちんって、「クッキング」かと思ったんだけど、「クッキー」かぁ・・・・・・そりゃ、わかんなかったよ^_^;) でも、お前が一生懸命に、何かを私に伝えようとしているのは、十分に分かったよ。だから、もうちょっと、日本語、上手になろうね^_^;)