2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2015/051234567891011121314151617181920212223242526272829302015/07

私、カニが大好きです。たまに“買おっかなぁ・・・”とか思いながら、ネット上のカニ屋をチェックします。先週のこと、あるショップをチェックしていたら、ハナサキガニが出てるじゃないですか! そっか、もうハナサキガニの漁期なんだ。買っちゃおっかなぁ・・・。さらにチェックすると、今、この店では、ケガニとタラバガニが冷凍ですね。活けが売られているのは、ハナサキガニとズワイガニ。そっか、今はケガニやタラバガニのシーズンじゃないのか。

でね、良くあるじゃないですか、「訳あり3Kgセット」とかいうの。私も買ったことあります。今回もそういうやつを買おうと思ったんですが、今の時期、ケガニとタラバガニが無いとしたら、なんかつまんないセットになっちゃいそうですよね。ズワイガニばっかりとか入ってたらがっかりだし。今の時期なら訳無しのハナサキガニとズワイガニを買った方が良いのかも。

というわけでやってきました!
DSC_5275.jpg
ハナサキガニ1.8Kg。

DSC_5294.jpg
ズワイガニ900g。

両方とも訳無し、かなりデカいですよ。

特にハナサキガニ。
DSC_5276.jpg
爪は大迫力!

でね、思ったんだけど、この店では、訳ありの3Kgセットが送料無料の11,800円。対して、上写真のカニ2尾計2.7Kgが送料込10,700円。・・・あで??? ってことはさ、訳ありセットが圧倒的にお得って訳ではなさそうですね・・・・・・って言うか、訳ありのセットってホントにお得なのか???・・・・・・という重大な疑義が生じてしまいました^_^;)
偶然見つけた。
 こちらの篭立場には、山の斜面に特徴的な岩が写ってますよね。
拡大しましょう。
46 img180edsaba

小浜町史談編纂委員会編(1978)『小浜町史談』小浜町. の23ページには、「鯖腐岩」の写真があります。比較してみると、上の絵葉書の岩って、「鯖腐岩」に間違いないと思いますね(著作権の問題があるので、本の写真の引用はしませんが)。

鯖腐岩って何だ??? と思ったのですが、『小浜町史談』の本文には解説が無さそうな(ザッと見ただけなので、どこかにあるのかも)。 ネットでググってみたら・・・ありました。 こちらのウェブサイトに鯖腐岩の写真と共にそのいわれが書かれていました。要は、『岩が今にも崩れ落ちそうなので、落ちるのを待っていたら、荷物の鯖が腐ってしまった』 ということのようです・・・・・・^_^;) なにやら吉四六さんみたいだね^_^;)

まぁ、全体像を見ると、確かによく目立つ岩ではありますね。しかしながら、野焼きを止めて、この辺り一体が森に帰って、岩も森に埋もれてしまって現在に至る・・・・そういうことですね。
気が付いた。
  こちらの篭立場は、電線が3本。
  こちらの篭立場は、電線が2本。
電線3本の方が下流、つまり小浜側ですよね? 違う??? もし、そうだとしたら、電線3本篭立場の場所がいよいよ分かりませんね・・・。

電線といえば・・・

こちらの新湯ホテル。絵葉書の画角にケチを付けたのですが、もしかしたら、この写真を撮ったカメラマンの意図としては、「新湯ホテル」ではなく「電柱と新湯ホテル」だったのかも!? と思うようになりました。というのも、この写真の年代ははっきりしませんが、まだ電柱や電線が近代化の象徴だった時代なんではないでしょうか? 背後の新湯ホテルは、この時代には珍しい西洋風の建物 (この時代の雲仙は、西洋人の避暑地として栄えていました)。

西洋風建築に近代化の象徴である電柱。 もしかしたら、カメラマンは、西洋人で賑わう雲仙の近代化と西洋化を表現したかったんではないでしょうか??? ・・・・・・考えすぎか?^_^;)
46 img180ed
 ↑
クリックで拡大。

タイトルは、『(肥前)温泉山籠立場』。
以前紹介した篭立場と違って、こちらは、休憩場所らしい場所が写っています。

中央下には、和装の男と女の子。どうやらニワトリを見ているようです。避暑客でしょうか?それとも地元の人でしょうか? 画面左下隅にシルエットで写っているのはいわゆる「チェアー篭」の背もたれ部分かもしれません。

気になるところがいくつかあります。まず目に付くのは画面右下の石垣ですね。これ、何のためなんだろうなぁ・・・。土砂崩れを防ぐ?ためじゃないよね・・・? 石垣の上に何かがあるようには見えないね・・・。しかも、非常に短いピンポイントな石垣ですよね・・・。気になる。気になるが、私の知識では、答えは出ない。

それから、道は手前で左に90度曲がっているように見えますが、電線は、手前奥にまっすぐ伸びてるんですよね。道と電線の経路が一致していないように見えます。何でだろう??? この写真は、ちょっと高台から見下ろすように撮られているので、画面手前側には道は無いように思います。もしかしたら、画面右の切れたところにもう1本電柱があって、そこで電線も90度曲がっているんだろうか? 気になる。気になるが、この写真の情報だけでは、答えは出ない。

それからそれから。山の斜面を見ると、大きな木が無いですよね。こういった山肌の景観って、私は記憶があります。そう、阿蘇・くじゅうの山の景観と良く似てるんです。これはもう明らかでしょう。当時、この写真近辺の山は、野焼きをしてたんですよ。画面右上を見ると、比較的きれいな草原のようにも見えます。斜面はちょっと木が生えて荒れているようにも見えますが、もともと草が刈れない斜面はそんなに丁寧に焼かないからね。ということで、この写真は、篭立場近辺で野焼きをやっていた当時、もしくは野焼きを止めた数年後、だと思いますね。

残念ながら、この絵葉書は未使用で、年代が特定できません。一応、宛名面の体裁からは、明治40年(1907)~大正6年(1917)までの間に発行された物ということになります(が、過去にあからさまな例外を見つけているので、あくまでも目安程度です)。電線があるので明治44年以降と思われますが、この付近では、いつ頃まで野焼きをしてたんでしょうかね?

あ、当時の電線は2本だったんですね。2本ってなんで? 電線に上りと下りは無いよね?^_^;)  いずれにしても、この細い電線2本で小浜から雲仙まで電気が通ったんですね・・・。現在の目で見ると、極めてレトロな感じのする電柱と電線ですが、当時の人にとっては、超近代的なモノに見えたことでしょう。

さて、この写真の場所がどこか? ですが、その特定は、以前紹介した篭立場以上に難しい気がします。というのは、こういう90度近く曲がっている道というのは、その後の道路改修で大規模に改変されている可能性が高いと思うのです。

と、ここまで書いて、何気なくグーグルのストリートビューを見てたら・・・・・・

分かった気がする!!!

コレ、ここだよ↓
プレゼンテーション1
(グーグル・ストリートビューより)

これは、地形的に間違いなかろう!
つまりですね、現在、モロに「篭立場」の看板がある場所です。ここが篭立場だったのかぁ・・・。現在、駐車場になってて、チェアー篭のモニュメントがある場所ではなくて、小さな看板(上グーグル・ストリートビュー写真の左端)の立ってる場所こそが篭立場だったんですね・・・。何か大発見した気分! 

DSC_4971.jpg
この看板を立てたのは誰だろう? 環境省?長崎県? いずれにしても、この看板を立てた人は、この場所こそが、その昔の篭立場だったってことを知ってたわけですね・・・。

あ、絵葉書では、手前で道が90度曲がっているように見えますが、現在では、上グーグル・ストリートビューの写真に見えている「篭立場」の看板のすぐ手前から左に旧道が延びています。絵葉書では、ここが90度曲がっているように写っているんでしょう。昔は、この旧道がメインだったんですね。

あれ?って、ことはさ、この篭立場のモニュメント、
DSC_4968.jpg
がある駐車場前の道は、当時は無かったってこと? じゃ、この駐車場スペースって一体何なの??? ・・・・・・いろいろ考えることはあるんだが、長くなったんでまたにしよう。
#下の2枚の写真はいずれもクリックで拡大します。
24 img091ed

P1080628eded.jpg

こんなもんでどうでしょうか?

長崎県雲仙温泉の古湯の風景です。上は明治末期。下は2015年です。110年~120年くらいの年代差があります。温泉神社の鳥居の位置は変わってないですよね?(もっとも、上写真の時代は「國魂神社」ですが) 山の形を見るとこんなもんでしょう。

今から約100年後、2115年とかに、誰かがこれと同じアングルで写真撮ってくれないかな?
近くの魚屋で見つけたエビ。
DSC_5247.jpg
北海道産だという。これは、モロトゲアカエビ(Pandalopsis japonica)で良いんだろうか? もしかしたら違うか? いずれにしてもタラバエビ類であることは間違いない。タラバエビ類というのは生で食って非常に美味。濃厚な舌触りと、旨み。タラバエビ類は生で食うに限るね。火を通すと独特の舌触りが失われます。逆にクルマエビ類は、火を通した方が美味いと思います。

刺身にさばきます。
DSC_5250.jpg
美味い! それに旨い!
甘エビ(ホッコクアカエビ、Pandalus eous)より濃厚だと思いますね。やっぱ、タラバエビ類って良いね・・・。単純な比較はできないけど、オレはクルマエビ類より好きだね。ただ、北方系の物が多く、九州ではあんまり見かけないのが残念。

あっ!寿司食いたい、寿司! これを握ったら美味いだろうなぁ・・・。こうちゃんに握って欲しいよ。

頭は味噌汁に。
DSC_5252.jpg
豆腐しか入れなかったけどこれも美味い。濃厚なエビの風味が出ました(写真では全く伝わらんけど)。
ことろで、エビやカニの味噌汁って、風味は出るけど、旨みって出ないと思いません? オレの作り方が悪いのか? というわけで、上の味噌汁にはこちらのエタリの塩辛を出汁代わりに入れてます。

最後には頭の残骸が。
DSC_5253_2015062516151558a.jpg
あれ?味噌汁用にぐつぐつしたら、色薄くなったか?

こんだけ楽しめて700円なら高くはないと思うがどうだろう?
P1080663.jpg
ぼくは、うつ伏せが好きなんだよね・・・なんか落ち着く。

でも、きょうは・・・えいっ!

P1080661.jpg
ぐるりん!!!

ちゅるるるんちゅんちゅんちゅ~ん!(という音が聞こえた気がした)
『1ヶ月児はレベルが上がった。1ヶ月児は「ねがえり」を覚えた』(という字幕が出た気がした)

いぇい!
P1080660.jpg
#ちょっと、びっくりだな・・・。

うつ伏せにしたら、何度もやるもんだから、写真撮っちゃいました^_^;)
あれ?ってことは、お前、今日は、うつ伏せ、好きじゃなかったのか???
DSC_5200.jpg
イチゴ畑。

DSC_5199.jpg
もう季節はずれですが、

DSC_5197.jpg
探せばまだ結構あるぞ。2歳児にとっては、宝探し&イチゴ食べ放題状態。

DSC_5201.jpg
キュウリはもう完食は無理だね。

DSC_5203.jpg
トマトはまだまだか。

DSC_5204.jpg
プチトマトはそろそろ。

DSC_5210.jpg
オクラは、確かに小さい方が美味いね。

DSC_5208.jpg
あっ!夏にはブドウ、食べ放題かもっ!?

DSC_5238.jpg
ブドウ棚の上に何食わぬ顔したケロ。
DSC_5195.jpg
大根畑ですね。

2歳児が、大根畑を指差しながら、『ああぁ~!!!白い! 白い物あゆ! いち、に、さん・・・』と叫ぶ。

何だ? 何か虫でもいたか?と思って、2歳児の目線を見ると・・・
DSC_5194.jpg
・・・-_-) お前、そりゃ、大根だ。白いのも当然だ^_^;)

考えたら、お前は畑になってる大根を見たことなかったね^_^;)
これ以来ですね。焼きそば作ります。

別に買ったステーキ用の肉があったんで・・・
DSC_5192.jpg

バラします。
DSC_5193.jpg

ステーキ肉の脂身を鉄板へ
DSC_5213.jpg
じゅ~!!! となります。

焼きそばの材料は、
DSC_5212.jpg
こんな感じ。モヤシの下には大量のキャベツがあります。

中略。
DSC_5216.jpg
できあがり!

DSC_5218.jpg
ひとしきり食ったら、保温モードに。

鉄板で麺をしっかり焼くと美味い。やっぱ、鉄板も良いね・・・。