2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2015/01123456789101112131415161718192021222324252627282015/03

「田舎っぺ」といううどんらしいのだ。埼玉方面から送られてきた。
茹でる前の写真を撮らなかったんだけど、妙に太い。こりゃ、相当こしがありそうだな・・・という麺の質感。

茹でます。
DSC_6929.jpg
ちょっと鍋が小さかったね。もっと大きい鍋で茹でたい。でも、これより大きい鍋というと・・・うちには、12インチのダッチオーブンかカニ茹で用の巨大な鍋しかない。次の休みに鍋買に行こう。あ、パスタ鍋が良いね。

DSC_6931.jpg
ゆで時間は、クロノグラフで測りますよ。今日はスピードマスターの125。腕時計に付いたストップウォッチなんて、何に使うの?と聞かれることがありますが、台所では極めて便利ですよ。キッチンタイマー探すよりはるかにスマート。

驚いたのはつゆ。
DSC_6930.jpg
何と、これらがビニール袋に入ってくる。東南アジアか、元祖長浜屋の裏ワザお持ち帰りみたいだ。同時に具の豪華さにも驚きます。

出来上がり!
DSC_6932.jpg
と、写真を撮ろうとしたら、左から2歳児がっ!

DSC_6934.jpg
2歳児も結構食べました。トッピングは、昨夜の残りのおでんの天ぷら。

予想通り、非常にこしの強い麺でした。牧のうどんとは対極にある感じ。こっちで食った水沢うどんより、腰が強い感じだけど、これは茹で方かも。あれ?水沢うどんって群馬か?群馬と埼玉ってどう違うんだっけ?ま、とにかく福岡でこういううどんはなかなか食えないですね。久しぶりに食べるとこういうこしの強い麺も美味い。それにつゆも美味かった。きのこ汁らしいんだけど、優しい味というか、濃くないんだけど、しっかりした味。何が入ってんだろうね?こういったつゆも福岡(九州?)では、あまり無いと思うな。

埼玉方面の方、どうもありがとうございました! 2歳児も喜んでたよ!
DSC_6912.jpg
トリッカーズのチェルシーブーツ。2011年購入。写真に撮ると、色があせてますね。これは私が補色を一切しないため。でも、ブラッシング、汚れ落とし、デリケートクリームという手入れはちゃんとしてますので。とはいえ、ちょっと補色した方が良いですかね。

でね、修理した。
DSC_6910.jpg
かかととつま先です。
この靴はまだ一度も外底を張り替えていません。もうしばらくは大丈夫そうです。修理はイオンの中の靴やカバンの修理チェーン店にて。外底を張り替えるときは、良い店に出そうかね。

久しぶりに焼肉屋に来た。本当に久しぶり。1年ぶりくらいかな?前回の『1歳児を連れて、炭火のある焼肉屋に行くのは無理!』という結論からたぶん、もう1年くらい経ったと思う。

当時の1歳児は無事2歳児となり、さすがにもう自分から炭火に手を出したりしないでしょう!
というわけでやってきました。
IMG_20150222_113356.jpg
焼きます。
あ、この店は炭火じゃなかったね。炭火じゃなくても良いんだけど、どうにかして家の中で網で焼肉ってできないものだろうか???

今回、私が美味いと思ったのが・・・
IMG_20150222_115224.jpg
ハラミ1本焼き。

これを丸ごと焼いて、ハサミで小さく切ります。そこそこ太さがあるので、表面が完全に焼けても、中はまだ赤いままです。肉好きな人は、この状態で食べるとジューシー!ということになるんでしょうが、私は違います。

小さく切り分けた後、さらに焼きます。さらに焼きつつ、トングで上からギューっと押さえつけたりします。そうすると、油が落ちて炎が上がります。見た目は真っ赤な肉なんだけど、そこそこ脂があるようです。これでもかっ!っというくらいギューギュー押して、徹底的に焼くとこんな感じ。
IMG_20150222_120251.jpg
イイ! 脂が抜けて、良い感じに肉の繊維、という感じになってます。それでいて固くない。いわば、肉の干物のような感じですな^_^;)。肉好きには、もったいない、と言われそうですが、次回来ることがあったら、また食べよう。

IMG_20150206_125241.jpg
鉄板プレスのごく普通のブックエンドを買ったら、こんな大きなダンボールで配達されてきた(大量の緩衝材は取り除いてある)。

アマゾンの過剰包装ってすさまじいものがありますよね。ただ、このおかげで配送料がすごく安くなってるらしいんだよね・・・。

DSC_6753.jpg
ギンタカハマという貝らしい。

DSC_6814.jpg
巨大なにいなだ。

どれくらいデカいかというと・・・
DSC_6825.jpg
身の頭の部分だけで串焼きになるほどデカい。

DSC_6838.jpg
家人がバター焼きにしてくれました。付け合せは、山芋のスライス。
これは美味い!

ただし、このギンタカハマ、普通に茹でると、身が取り出せない。だから、殻を叩き割るしかないのだ。どうやったら、簡単に身が取り出せるのか? 今後の研究課題としよう。
今日、うちの2歳児が、2歳児検診なるものを受けた。特に異常はなく、奇跡的に虫歯すらなく一安心。医師から「言葉の覚えも早い」とのお褒めの言葉も頂いたらしい。よかった、よかった。

・・・そうか・・・お前は、言葉の覚えが早いのか・・・。そういえば、最近は言語によるコミュニケーションも結構できるよな。

以下、備忘録。
こういうのって、今は笑ってるんだけど、そのうち忘れちゃうんだろうなぁ・・・と思うんで、思い出すままに書き留めておきます。順不同です。

おちゅーしゃま = お月様
かぽぱーもしくはかとぱー = パトカー
ちゅーちゅーしゃ = 救急車
ぺちゃこん = 『ペコちゃん』(不二家のキャラクター)
おーまーみーなー(棒読み) = お~馬~はみ~んな~♪
ぃやん! = 嫌という感情を表す感動詞
ぃやん = 嫌という感情を含まない否定語。英語のnotにあたる
  例文1) らーゆ ぃやん とんねゆ = それはラー油ではありません、トンネルです
  例文2) パパ といいぇ ぃやん = パパはトイレに行っていません (だから今、ここにいます)
にゃぁにゃ1) = ネコ
にゃぁにゃ2) = ヤマト運輸株式会社のトラック
ぴょんぴょん = ウサギ
はーっぱーっぺーちゅーちゅー = ハッピー・バースデー・トゥ・ユゥ
おいで、おいで = こちらに来なさい(命令)
○○いこか? = 私を○○に連れて行きなさい(命令)
 = イチゴ(最近はもう使わない)
だんかん = 自分の名前(最近はもう使わない)
にゃんこん = 自分の名前(最近はもう使わない)
にゃんくん = 自分の名前(今現在使っている)
  注)本名はもちろん『にゃん』ではない
ととよ = 『となりのトトロ』(スタジオジブリ制作のアニメ映画)
ぷにょ = 『崖の上のポニョ』(スタジオジブリ制作のアニメ映画)
こわいばちゃん = 『千と千尋の神隠し』(スタジオジブリ制作のアニメ映画)
のーにゃ = 『山賊のむすめローニャ』(NHK制作のテレビアニメ)
おに = おにぎり
どんぐじ(アクセントは“ぐ”) = ドングリ
あで? = あれ?(感動詞)
いっこでー = (飴を)もう一個だけ下さい
おしゅくい = お薬
おちゃみー = おやすみなさい
まましゅー = いただきます
ご*?�G�ィ遉コ縺輔(聞き取り不能) = ごちそうさまでした

2~3単語の文章も言えるようになってるんですが、今現在の特徴としては、修飾語が名詞の後にくる、ということでしょうか。
 例) くっく ちちゃい = 小さい靴
 例) でんちゃ パパ のてるゆ = パパが乗っている電車
 例) (指差しながら) ばしゅ にゃんくん のった = 私が乗った(ことのある)バス

こう書くと、うちの2歳児、何かバカっぽいですけど、ちゃんとした日本語もしゃべてますんで、ご安心を^_^;)

DSC_6886.jpg
あで? なんかぼくのウワサしてゆ?
LS社製AKMとAKMS。
DSC_6908.jpg
上、AKMS
下、AKM

DSC_6907.jpg
AKMは1959年にソヴィエト連邦に正式採用されたアサルトライフル。AKMSは、その銃床を折り畳み式にしたもの。

DSC_6905.jpg
AKMSは銃床を折り畳むと非常に短くなるんですね・・・。

これらは、LS社製のプラモデルです。苦節30年、ようやく2丁揃いました。

これらがLS社から発売されたのは1980年代半ば。当時の価格は4,800円。当時、中学生だった私に買えるはずもなく、欲しいなぁ・・・と思ってチラシを眺めていました。以来、30年。私は4,800円くらいなら払えるオトナになりましたが、肝心のLS社は、はるか昔に倒産しています。

LS社は鉄砲のプラモデルで一時代を築きました。しかし、会社の末期に発売されたAKMやAKMSはあまり売れなかったようです。時代は、弾を発射するエアガン全盛期。弾の出ないプラモデルは不人気でした。って言うか、このライフル、プラモデルだから当たり前なんだけど、めちゃくちゃもろいのです。特にAKMSのストックなんて、指一本で強く押したら折れます。 うちの2歳児に渡したら半日で復元不能なくらいに壊されること必至^_^;) つまり小中学生やなんかが、振り回して遊ぶのには、到底耐えられないのです。

しかし一方で、メカの再現度は極めて精密で、今に至るまで、これほどAKライフルのメカが正確に再現されたトイガンは、高価なモデルガンを含めて未だにありません。内部メカを含めた再現度という観点では、世界一正確なおもちゃのAKライフルなのです。間違いなく、日本のプラモデル史における『名作』と言って良いでしょう。

模型屋が作った超精密な実物大ライフルです。

今、考えてみれば不思議な製品ですよ。1980年代当時、このプラモデルを買ったのは、まぁ、ほとんどが子供でしょう(お金持ちのね)。しかし、子供が作るにはあまりにも複雑、かつ組み上げても、子供が振り回して遊ぶにはあまりにももろい。つまり、子供にはどう考えても不向きなんです。かと言って、当時、このプラモデルを大人が買ったともあんまり思えない。だから、あんまり売れなかったんだろうね。

30年早かったんじゃないかなぁ・・・。今、このプラモデルを発売したら、欲しいと思うオトナはそこそこいると思いますよ。何しろほぼ完ぺきなメカの再現度ですからね。しかも良い歳したオトナは、振り回して遊んだりしないから、強度は問題じゃない。今なら、銃のメカに興味のあるオトナに売れるんじゃないかなぁ・・・。

やっぱ、ディアゴスティーニあたりが、「週刊 AKライフルを作る」とかでやってくんないかな?

さて、写真の2丁は組み立て済みの物をヤフオクで安く落としました。いずれも完動品ですが調整は必要です。将来的にどうしても部品交換が必要になったら、こちらの未組立の物から部品を移植するつもりです。まぁ、私もオトナになったんで、“バキューン”とか言いながら、これらを振り回して壊すことはないと思うけどね^_^;)
さて、今回の長崎の宿は、前回の雲仙と違って超質素ですよ。何せ1泊1人5,000円ですからね。しかも素泊まり。

でもね、部屋にチラシがあって、ちょっとした軽食?を部屋に持って来てもらえるらしい。
頼んでみた。
DSC_6793.jpg
五島うどんとおにぎりのセット。

DSC_6794.jpg
餃子とミニ肉まんのセット。

どちらも1,000円くらいだったと思う。まぁ・・・こういう食事でも良いといえば良いんですよね・・・。要は宿に泊まる時に、食事に対してどれくらい期待してるか?ってことなんですよね・・・当たり前だけど。

いや、だから何が言いたいかと言うと、雲仙のような温泉宿の食事の多様性を増やして欲しいなぁ・・・ということ。

ちなみに上の五島うどんは、知らずに食べると五島うどんとは気付かないかも?てな感じのビミョーな(普通の)うどんでした^_^;)
さて、今週末は家族で長崎です。
なんですが、私はほとんど写真を撮らなかった。
DSC_6770.jpg
ホテルの部屋から長崎の夜景。

DSC_6771.jpg
女神大橋が見えますね。

DSC_6810.jpg
2歳児は、家であろうが長崎のホテルであろうが、YouTubeでお気に入りの動画鑑賞です。

朝には・・・
DSC_6799.jpg
JR長崎駅裏の空き地が目立ちます。この土地、放っておくのはもったいないよね?
DSC_6750.jpg
ティンバーランドのイエローブーツ。バンコク時代に買ったもの。だから、今5年目かな。私が今持っている靴の中では、最も新しい部類の靴です。ただし、これは3代目。過去に全く同じ靴を2足履きつぶしたというわけ。この靴は、外底が接着なんですが、構造上、外底が剥げると修理がきかないと思います。1代目を買ったのは・・・もう20年以上前ですね。おそらくこの3代目を履きつぶしたらまた同じものを買うでしょう。私にとって、ティンバーランドのイエローブーツは、最高の街歩き用ブーツです。どんなに歩いても足が疲れません。本格的なアウトドア向きではないですが、ちょっとしたハイキングにも良いですよ。

さて・・・
DSC_6747.jpg
これは、うちの2歳児が初めて履いた靴の1つ(この辺参照)。デニム生地が擦り切れてきて良い感じになってます。靴としてはまだ履けるんですが、もうかなり以前に小さくなって履けなくなっていたのです。しかし、うちの2歳児、この靴に対する執着がスゴく、小さくなって履きにくいのに、かなりしつこく履いてました。最後には、「今日どの靴はく?」と聞いたら、「くっく、ちちゃい」。この靴は、“くっくちちゃい”という名前まで付けられる始末。

そんな2歳児お気に入りの靴が・・・
DSC_6744.jpg
じゃじゃ~ん! 大きくなって新登場!!!

DSC_6745.jpg
やっぱ、このくまさんがポイントかね?

DSC_67511.jpg
1代目は記念にとっとこうかね。

#ばあちゃんに感謝