2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2014/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/01

DSC_6601.jpg
とりあえずは、カキを炭火で焼きながら、日本酒を切ってきたばかりの竹の器で暖めます。
 
この寒い中、野外でBBQです。
中略で、ひとしきり食った後には・・・
DSC_6608.jpg
あれ?また、は~っぱっぺ~だ! 最近ははっぱっぺ~が多いなぁ・・・と2歳児が思ったかどうかは分からない。
さて、今年買ったフィリップスのヌードルメーカーが活躍するのも、今年は今日で最後でしょうか。
では、豪華にいきましょう!

DSC_6582.jpg
まずは、ケガニを剥きます。

DSC_6588.jpg
2歳児も麺をちょっきん!して、お手伝いをしてくれます。

DSC_6590.jpg
麺をつかんで、ぐちゃぐちゃにもしてくれます。

DSC_6597.jpg
はい、ケガニどっちゃりの味噌ラーメン! 見た目、イマイチそうだけど、美味かったぞ!

ヌードルメーカー、来年も活躍しそうな予感。
朝日から伸びる一筋の飛行機雲。
DSC_6560.jpg
来年の年賀状用写真にするか・・・?

ウソです。これは夕日でした^_^;)
ダナーの修理についてはこちらに書きました。まだ、修理から返ってきていないので、返ってきたらまた詳しく書きましょう。

さて、もう1足修理したい靴があるのです。以前、こちらに書いた靴です。長崎の夢彩都で買ってちょうど10年目。前回のバンコクにおける修理から4年ちょっと。再び底がすり減ってしまいました。すり減ったというか、正確に言うと、穴が開いた。でも、オイルレザーのアッパーは、特にダメージ無く、全然履ける。であれば、修理するか?と思うところなんだけど、この靴については正直、微妙。というのも、日本でこの靴の底を張り替えると、安くても7~8,000円はするはず。対して、この靴は、新品が実売価格16,000円くらいで今でも買えるのです。って、ことは、底張り替えの倍の料金を出せば新品が丸ごと買えるわけ。

かなり悩んだんですが、結局修理に出しました。近所のイオンスーパーに入っている靴やカバンの修理チェーン店です。
DSC_6553.jpg
10日ほどで戻ってきました。お値段、8,000円ほど。

新品時のソールより若干薄くなりましたが、
DSC_6555.jpg
バンコクにおける修理と違って、ちゃんとしたビブラムソールになって返ってきました。

この靴の底は接着なので、グッドイヤーの靴と違って、中底が足の形に馴染むなんてことはありません。履き心地はもっぱら外底の質感次第です。外底がちゃんとしたビブラムになって、アッパーは特にダメージもないってことは、この先また何年か履けるでしょう。う~ん、モノは考えようで、新品の半額の値段でまた履けるようになったってことは、まぁ良い事なんではないでしょうか?

ただ、やっぱり、もう少し安く底の張り替えができると良いね・・・。
ウチの2歳児がカステラを食べると、こうなる。
DSC_6541.jpg
お前さぁ、黒いとこだけ食べて、何かズルいよ・・・^_^;)
DSC_6530.jpg
あっ!ケーキだっ!!!

DSC_6529.jpg
は~っぱっぺ~ちゅーちー、は~っぱっぺ~ちゅーちー。

2歳児にとって、ケーキがあれば、お誕生会もクリスマスも一緒である。
え~っと、今日は、年末の大掃除の前哨戦的に部屋の掃除をしましょう!来年は、これからまだまだ家の物のが増えるかもしれないから、とりあえず部屋の収納スペースを確保しようと思って、押入れを整理しました。

・・・・・・出てきた大物のがコレだ。
DSC_6489.jpg
上から、LS社製AKM、オートマグ、XM177。
まぁ、LS社の名作といっていいでしょう。XM(M16系)は、最近のホビーフィックス社製の物がありますが、AKとオートマグについては、未だにこのLS社製のプラモデルが、再現度という点では最高峰でしょう。箱は傷んでるけど、中身はいずれも完品。

思えばもう10年以上前にヤフオクで落とした物。作る気まんまんでいたんだけど・・・・・・ずっと作る時間がなかった。考えてみたら、それ以前に落としたこのP38が未だに未完成だもんなぁ・・・。この時点で10か月だったけど、今や作り始めて6年半。未だ完成のめどは立たず^_^;)。

向こう数年は、作る暇は無かろう。あと、10年経ったら・・・作る時間できるのかな? そう思うと何か恐ろしいものがあるな^_^;)。
古い雲仙の絵葉書。
img070.jpg
宛名面の体裁から、大正7年(1918)~昭和7年(1923)に発売されたもののようです。タイトルは、『郵便局通り』。
郵便局通り? 雲仙に郵便局ができたのは、明治後半と思いますが、場所は今に至るまで変わっていいないはずです。え~っと、ビードロ美術館とか観光協会の向かいくらいでしたっけ。要するに、雲仙の目抜き通りに面しています。・・・これが、あの目抜き通りなの??? 全く想像できないというか、ピンとこない。

でもね、この絵葉書の中央部分を拡大すると・・・
img070-2.jpg
あっ!これは、「Takaki Hotel」の一部でしょう!!! 高来ホテルとは、今の「雲仙お山の情報館別館」(旧ビジターセンター)の場所にあったホテルです。って、ことは、やっぱりこの写真は、雲仙の目抜き通りですね。今から、80年~90年前、雲仙の目抜き通りは、こんな風景だったんですよ・・・。信じられないね。

小浜から雲仙に登ってきて、有明ホテルの角を右に曲がると、今でも橋があります。その橋が、一番上の写真の手前に見えてる橋ですね。この写真を撮った人のすぐ左後ろに有明ホテルがあるわけですよ。

ついでに画面真ん中あたりを拡大すると・・・
img070-3.jpg
馬を曳く男の前に2匹のワンが!

ちなみに一番上の写真、今ではこんな感じです。
道
グーグル・マップより

いつか同じアングルの写真撮りに行こっかな?
ダナー社製のライト、というブーツ。
P1070333_20141214163509c2a.jpg

長崎時代に買った物。今年でちょうど10年目。見た目、ちょっとくたびれてきたけど、まだまだ全然履けます。でも、外底が減ってしまって、かかと部分は、そろそろスポンジが削れそうな感じ。思えば、この靴は、本当にいろんな遺跡に行きました。マチュピチュ・ナスカの地上絵、敦煌、アンコールワット、ボロブドゥール、プランバナン、アユタヤ遺跡・・・。要は、遺跡めぐりをする時は、たいていこのブーツを履いていたってことですね。この靴は迷わず、修理に出しましょう。

できれば、ダナーのメーカー純正修理に出したいなぁ、と思ってネット上で調べてみたら、何と!!!ダナー・ジャパンは倒産しているではありませんか!で、ダナー・ジャパンを買い取ったのがABCマートだと。え?マジですか?何か悪い冗談のような感じですが、今ではダナーの修理窓口はABCマートとのこと。

#米国のダナー本社ってどうなったんだろう?まだあるんだろうか?

で、今日、近くのABCマートに持って行きましたよ。ダナー・リペア・ファクトリーというとこに送られて、そこで修理されるようです。まぁ、メーカーの純正と言って良いんでしょう。外底張替えの基本料金は13,000円(税別)。正直、結構なお値段。でも、スーパーやなんかに入ってる靴修理のチェーン店でも、1万円程度はするので、メーカー純正でこの価格なら、まぁしょうがないというところでしょうか。修理期間は1ヶ月~2ヶ月とのこと。

望みうる最高の修理を期待しましょう。で、帰ってきたらまた履こう。もう10年履くのは・・・無理だろうか?
朝食
今日は、朝からヌードルメーカーに働いてもらいますか。
うどんを作ってみました。うどんは重曹を使わないので、ラーメンより簡単です。で、今日の朝食は、ヌードルメーカーでうどんを作ってみたんだけど・・・、カメラが壊れて写真が消えてしまった-_-;) よって詳細略。
感想としては、十分美味いうどんが作れると思います。非常に意外なことに、粉の小麦粉から10分足らずで作った麺にも関わらず、かなりのコシがあります。これは、十分アリだと思いますね。これまでは、麺類を食べても、味はあくまでもラーメンの味、うどんの味、パスタの味、チャンポンの味だったんだけど、この機械を使って小麦粉と塩と水だけで麺を作ると、これまで気付かなかった、「小麦の味」というのを明確に認識することができますね。何か、スゴいことだと思うよ。

昼食
IMG_20141213_105722.jpg
久留米市内の沖食堂のラーメン(大)。たぶん、これが久留米ラーメンのルーツに近い味なんだろうなぁ、という印象。長浜ラーメンよりはもちろんこってり。でも、最近のこってりを売りにした博多ラーメンよりは、はるかにあっさり。一口食って、メチャうま!!!とは思わない。それほど、特徴がある味じゃないんだけど、でもまた食いたいと思う。十分美味くて、毎日食っても飽きそうにない味、そんな印象かな。こういう店が家の近くにあったら、しょっちゅう通ってるんだと思う。ふ~ん、また気が向いたら、久留米まで食いに行きたい。あ、2歳児もかなりばくばく食いました。

夕食
DSC_6437.jpg
例によって、フィリップスのヌードルメーカーに働いてもらいます。今回はパスタ。

DSC_6440.jpg
今回は、表面がささくれ立つこともなく、表面、ちゅるちゅる!水加減がうまくいったようです。

この機械、出来上がった麺を自動で切ってはくれません。だから、自分で適当な長さに切る必要があるんですが、どれくらいの長さで切れば良いのか?イマイチ良く分かりません。
DSC_6442.jpg
今回も適当に切って丸めてみました。
私の仕事はここまで。後は、家人が食える状態にしてくれます。

今日は・・・
DSC_6446.jpg
ズワイガニとほうれん草のトマトクリームパスタ。
上の方の写真にズワイガニの足が写っているのが分かると思います。豪華に丸のズワイガニを剥いてパスタにしたようです。

これは、美味いというしかないでしょうねぇ・・・。麺はまごうことなき生パスタ麺ですよ。生パスタを家で食う、というのは、これまでほぼありえなかったはずです。それがいとも簡単にできてしまう。この機械、やっぱスゴいと思うなぁ・・・。もちろん、ちゃんとズワイガニを剥いて作ったソースもかなり美味い。ズワイガニの風味と旨みがちゃんと出てます。

もちろんね、この機械があるから、もう「パスタフレスカ英」に行かなくても良いかというと、そんなことはなく、麺・ソース共に英には比べるべくもない。でも、この機械があれば、家で英に近い麺とソースを研究しようではないか!!!という気にさせてくれる。

このヌードルメーカー、大人のおもちゃとしては、かなり優れてると思うね。