2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2014/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/11

赤身の牛肉。もも肉です。こちらで使った肉と同じ物。これを薄切りにして・・・なんか、肉々しいですね。
DSC_6093.jpg

鍋に入れます。
DSC_6095.jpg
煮汁は、水に醤油、酒、砂糖。

あ、生姜も入れて・・・
DSC_6096.jpg
とりあえずぐつぐつ。ぐつぐつしたら火を弱めて、たまに灰汁を取りながら、とろ火で延々と煮込みます。

煮汁が無くなるまで延々と煮込んだら、出来上がり!
DSC_6102.jpg
あんまり美味しそうに見えないけど、牛肉の佃煮の出来上がり!

相当煮込んでるので、この通り、箸で持てないくらい、簡単にほろほろになります。
DSC_6104.jpg
美味い!めちゃくちゃ美味い!大成功!これほど、思い通りにできるというのも珍しい。生姜を多めに入れたのも良かった。ちょびちょびかじりながら酒を飲むのも良し、ご飯の上に振りかけて食べるのも良し。酒の肴にも飯の采にもなるというのがすばらしい。また作ろ!

っていうか、ホントは、これをカツオかマグロでやりたいんだよね・・・日本でカツオ丸ごととか買ったらいくら位するんだろう?
さて、レザークラフトを再開するに当たって用具を少し買ってきました。福岡は、博多に東急ハンズができたし、「ハンズたかおか」という老舗のレザークラフトショップもあるし、便利だよね。
20141028201039.jpg
左から、針・グルーバーの歯・トコノールです。
グルーバーというのは、革に溝を掘る刃物。これがあると、縫い目がきれいに見えるので、私にとっては必需品。3年ほったらかしにしたグルーバーは切れが悪くなっていることでしょう。クルーバーの切れ味が悪いというのは、実に気分が悪い。よって新調。
トコノールは、あれ?デザインが変わりましたね。

ところで、バンコク→東京→福岡と渡り歩いてきて、3年ほったらかしにしたトコノールがこちら。
2014-10-28 01140
何かかなりアヤしい雰囲気です・・・

上蓋をとったら・・・
20141028201208.jpg
うわぁ!これ以上開けてはいけない!!!
カビらしきものが見えるとともに、さらさらの液体になってました^_^;)
さて、そろそろレザークラフトを再開しますよ。レザークラフトって、私にとっては趣味の一つではあるんだけど、常にやっているというものではなくて、数年単位で中断と再開を繰り返します。前回やってたのは、バンコク時代の後半だから、今回は約3年ぶりの再開となります。
え~っと道具類は・・・
DSC_6063.jpg
大丈夫だね。

メインで使ってた菱目は、
DSC_6073.jpg
ちゃんと刃先にオイルが残ってます。オイルっていっても、これ、ミンクオイルなんだよね。私は菱目を使った後は、ミンクオイルにぷすっと刺してから仕舞います。

金具類。
DSC_6062.jpg
どんだけたくさんのストック抱えてたんだよ・・・^_^;)

DSC_6061.jpg
糸もまぁまぁあるね。針がちょっと少ないから買って来ようか。

で、今回は、職場で使うかばんを作りたいのですよ。
でっきる~かな? でっきる~かな?
さて、こちらで我が家にやって来たヒラタクワガタ、
DSC_6082.jpg
とりあえず、リンゴとバナナをやったら、バナナに喰い付いた(いや、正確には「吸い付いた」だ)。

お前、腹減ってんのか?
この気温だからなぁ・・・お前、ベランダに放り出したら、絶対死ぬよな。うちのベランダじゃ冬眠できないんだぜ?お前、分かってんのか? しょうがねぇなぁ・・・
DSC_6085.jpg
しょうがねぇから、買ってやるよ・・・季節外れのクワガタ飼育フルセット!マット、ゼリー、登り木、ケース。

セットするとこんな感じ。
DSC_6087.jpg
ちょっと、っていうか相当狭いけど許せ。
真ん中の白いのはエサのクワガタ用ゼリー。オレが子供の頃はこんなエサなかったね。

入れてやったら・・・
DSC_6090.jpg
ササっと、登り木の下に入って、マットに潜っていきました。

で、ここで気が付いた。クワガタの冬眠って、トリガーは気温だよね?まさか日長の変化じゃないよな?って、ことは、部屋の中で飼ってたら、お前は冬眠しないのか???・・・・・・いずれにしてもだ、ちょっと狭いけど、我慢してくれ。エサは常に交換してやる。で、春になったら山に返してやるよ。春になったら、お前のために、広葉樹林の山まで行こう、約束するよ。できることなら、それまで生きろ。

しばらく室温飼育で観察しようかね。
さて、今日は貝汁を作りましょう!
なぜか? 近くのスーパーでアサリが安かったから。実に1Kgで500円。このスーパー、たまにアサリが非常に安く買える。Kg500円ってのは、スゴいなぁ・・・と思うんだけど、いかんせん小さい。中には小指の爪ほどの物も混じっていた。こんな小さいの獲らなきゃ良いのにねぇ。で、この小さいアサリを食うには貝汁しかあるまい。1kg全部使って豪華貝汁を作りましょう!

小さいアサリ1kgは、いつもの味噌汁鍋を埋め尽くします。酒をふりかけ、一旦少な目の水で沸かして口を開けます。口が開いたら、小さいものは順次取り出してせっせと身を剥きます。大き目のものはそのままぐつぐつ。小さ目の身だけを鍋に戻したらさらにちょっとぐつぐつ。火を止めたら味噌をといて・・・
DSC_6083.jpg
はい、できた! 見た目は全然豪華じゃないけど、これは旨いに決まっている。
火を通しすぎると、アサリの身が硬くなって味が抜ける・・・なんて言いますが、貝汁の場合、アサリは出汁ですからね。良いんです、私は結構ぐつぐつします。

濃厚。旨い。旨い貝汁というのは、汁自体が酒の肴になると思いますね。
これは、誰がどう見てもヒラタクワガタ(Dorcus titanus)だ。
DSC_6081.jpg
今日、朝起きて、ベランダに出たら、コイツがいた。

大きさは・・・
DSC_6080.jpg
これくらい。

ベランダにヒラタクワガタがいることの驚きよ。まぁ、うちは田舎といえば田舎だけど、それでも野生のヒラタクワガタが住める環境って、そんなに近くにはないぞ? お前はどこから来たのだ?しかもこの季節だ。お前はもう冬眠する時期だろう。眠らなくて良いのか?

気になるのは、ベランダでお腹を上にして仰向けになっていたことだ。クワガタやカブトムシというのは、死ぬ時はたいてい仰向けになる。

私は知っている。お前の寿命は2~3年だ。お前はこの夏を終え、もう死を待っているのか?それともこれから冬眠してまた来春に備えたいのか?お前の体はほとんどキズもなく非常にきれいだ。ということは、お前は、この春に産まれたのではないか? だとしたら冬眠せねばなるまい。なぜ、こんなコンクリートのベランダの上にいるのだ?

それとも、見かけはきれいだけれど、もしかするとお前はもう2~3年生きているのか? だとしたらもう寿命だ。

私は迷っているのだ。お前を保護すべきか?それともベランダに放置すべきか?
前回の続き。
DSC_6057.jpg
これは
一緒に煮込んだばら肉だ。

さすがに3日間も煮込むと、脂が抜けて脂の層は薄っぺらくすかすか。ありゃ!これならオレにも食えるな!
もちろん赤身の部分もほろほろではあるものの、すかすかでちょっと硬い。味はしみてるけど。ジューシーさとは対極にある感じ^_^;) 一般的にはもちろんこれを美味しいとは言わんだろうな。でも、オレ的にはかなりいける。赤身の部分がヒレ肉より美味い。

なるほどねぇ・・・同じに煮込んでもヒレ肉とばら肉では、赤身の部分も味が違うんだね。どっちが美味いかと言われたら、ばら肉の方が美味い。

結論!
豚肉の煮込みは、ばら肉の方が美味い。だから、豚肉の煮込みを食いた時は・・・豚ばら肉の角煮の脂の部分を丁寧に取り除いて、赤身の部分だけを食う。これが一番美味いってことだな。

・・・あれ?それって、今まで通りじゃん!
豚肉。かなり大ぶりに切ります。
DSC_6031.jpg
白い部分が多い4切れは豚ばら肉。それ以外はヒレ肉。

表面を焼きます。
DSC_6032.jpg
予め醤油にちょっと漬けたので、醤油がコゲてますが、中はまだ生。

これをとろ火で煮込んで・・・
DSC_6036.jpg
豚の角煮の完成! ただし、写真はヒレ肉の角煮。
背後は一緒に煮込んだ卵。

DSC_6050.jpg
ご覧の通り、肉は煮込まれてほろほろに。

豚の角煮は普通、ばら肉を使いますよね。だから脂が多い。私は、角煮の脂を除いた肉の部分だけを食べたいんです。と思って、ヒレ肉でやってみたのですが・・・なんか、角煮とは別物だな(当たり前か)。まずくはないし、むしろ美味いんだけど、何か物足りない。あ、脂が足りないのか?^_^;) ま、でもヒレ肉の角煮は、これはこれでアリだ。2歳児も、この大きな肉の塊を2つ半も食べたしね。

しかしだ・・・脂の無い肉を煮込むなら、豚肉じゃなくて牛肉の方が美味い気がしてきた。次は牛肉でやってみよう!
20141019_075400.jpg
収穫の秋。

20141019_075546.jpg
ぼくもお手伝いしたよ!
リンガーハットのちゃんぽん。
IMG_20140923_115757.jpg
リンガーハットのちゃんぽんって、正直、家で作れるよね?スーパーで適当なちゃんぽん麺と粉末のスープ買ってきて、野菜と具材を炒めて・・・ってしたら、家で作れると思いません?それくらいインスタントな味。でも、たまに来ます^_^;) 家の近くに店があるしね。それにね、リンガーハットのスゴイところは、値段だと思います。ちゃんぽん、490円。麺の量を1.5倍とか2倍に増量しても同じ値段。家で作るとなると、この値段ではできないよねぇ・・・? そう考えると、リンガーハット、スゴい!味はともかく、この値段はスゴいよね・・・。
特に昼食のアテがないんだけど、子供が騒いで面倒だなぁ・・・って時はまた来よう。

一方、井出ちゃんぽん。今日は、「野菜大盛り」にしてみました。830円(野菜大盛りでない普通のちゃんぽんは680円)。
20141013110533.jpg
ほとんど「二郎」状態。ちょっと失敗気味^_^;) いくらなんでも多いだろ・・・。麺の量は普通なんですが、野菜のあまりの多さに、麺になかなかたどり着かない。まぁ、野菜といってもほとんどがモヤシとキャベツにタマネギがちょびっと、って感じだから、これで野菜をいっぱい食べた!って気になれるかどうかは微妙だけど、食物繊維はいっぱい摂れるんじゃないでしょうか。味も美味い。長崎市内で食うちゃんぽんには遠く及ばないけど、これは具材に魚介類を使うか否かの差なのかも。井出ちゃんぽんは、具材に魚介類をまったく使わないので、そういうものなのかも。長崎のちゃんぽんとは目指してる方向が違うのかもな。
ちゃんぽん食いたいけど、長崎まで行くのは面倒だなぁ・・・って時はまた来よう。