2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2014/031234567891011121314151617181920212223242526272829302014/05

さて、河太郎の待ち時間に呼子の朝市を一回り。
DSC_4921.jpg
といっても、もう11時過ぎなんで、そろそろ店仕舞いの時間です。すでに店の数もお客さんの数も少なめ。

ここで買ったのは・・・
DSC_4956.jpg
#ピントぼけぼけで申し訳ない。
みっちゃんとこのイカの一夜干し、スルメイカ。大、中、小があって、大は3枚で1,000円、中は5枚で1,000円、小は6枚で1,000円という。店のおばちゃん曰く、大きい方が味は良いのだと言う。そうかなぁ・・・カニはデカい方が美味いんだけど、イカの大きさと味の相関関係ってあるかなぁ・・・今まで気付いたことがなかった。でも、プロのおばちゃんが言うなら確かかもしれんね。要今後の研究
福岡の町中で干物を買うのに比べたら全然安いとは思うんだけど、東南アジア生活の癖で、「中、6枚で1,000円にならない?」とダメ元で聞いてみたら、「なりません。ぎりぎりでやりよるけんねぇ・・・」とのお答え。そっか^_^;)

それと・・・
DSC_4955.jpg
同じみっちゃんとこで、アジのミリン干し。見事に見るからに美味そうです。10枚で500円。

みっちゃんの店の隣におばちゃんがいたんで・・・
DSC_4967.jpg
アワビを2枚。予算の都合上、ちいサイズになっております^_^;) 2枚で1,200円。

少し離れた店で・・・
DSC_4953.jpg
再度、イカの一夜干し、スルメイカ。みっちゃんとこと同じような中サイズで5枚1,000円。お値段同じ。

この店では、イカの一夜干しを買ったら・・・
DSC_4957.jpg
アジのミリン干しを2枚おまけしてくれた。アレ!おまけアリなの!? おまけは嬉しい。ネット上の買い物でもおまけは嬉しいけど、朝市のような、売り手と買い手が近い場だと嬉しさ倍増。

ちなみに、この店にはスルメイカの他にヤリイカの一夜干しもあった。値段はヤリイカの方が高い。この店のおばちゃん曰く、“ヤリイカは味も値段も一番上、スルメイカは味も値段も一番下”。きっぱり明言。潔くてよろしい。「時期によってはコウイカ類も揚がるんですよね?」と投げかけたところ、おばちゃん「そうですね・・・コウイカも上がるけど、刺身で食べるならヤリイカの方が美味しかですよ。」 そうかぁ??? これには明確に意義を唱えたい。ヤリイカは確かに旨みが強いけど、旨みなら絶対コウイカとかカミナリイカの方が上だろ???・・・と私は思う。しかし、ここでおばちゃんと論争しても仕方ないので、おばちゃんに敬意を払いつつ「そうなんですか?」と言う。なんせ、相手はプロだからな。プロになりたい私としては、内心“要今後の研究だな”と心に誓う^_^;)。

それから、思ったのは・・・、やはりブランドをつけた方が良いのではないか?ということ。私は、みっちゃんが誰か知らない。でも、「みっちゃん干し」は覚えた。次に呼子に行った時も、“あ!みっちゃんだ!”と思って買うかもしれない。正直、呼子の朝市では、どこで干物を買おうが、それほど質と値段に差はなかろう。でも、一回買った店、知ってる店で買おうかな?とは思う。差別化が難しい中、少なくとも商品にブランドというか名前をつけても良いのではないか?

しっかし、干物買うなら呼子は良いね。あ、イカの一夜干しは冷凍がききます。冷凍したからといって味はそれほど落ちないと思います。干物買うためにたまに呼子に来たいなぁ・・・そう思わせてくれる呼子の朝市です。
河太郎については、過去にこことかここに書いた。これらは、いずれも中洲川端の店だった。
今日は、朝起きて、天気悪そうだしなぁ・・・昼飯、“英”(こことかここ参照)にでも行く?なんて話をしながら思いついた。呼子にイカ食いに行こう!

はい、福岡から車で1時間ちょっと。佐賀県唐津市呼子町の河太郎本店。中洲川端の店は、この店の支店です。呼子本店は、何年ぶりかなぁ・・・?20年ぶりくらいか。
DSC_4912.jpg
あれ?オレの記憶と違うなぁ・・・建物が新しくなってるじゃん!って言うか、場所もずれてる気がする。昔の河太郎は、今の漁協の建物辺りにあったんじゃないかなぁ・・・?

11時に着いたにもかかわらず、1時間待ちだという。普通なら、1歳6ヶ月児を抱えて食事に1時間待ちなんてできないんだけど、ここは呼子だからね。待ってる間に朝市を一回りしましょうか。
DSC_4914.jpg
港にイカ釣船。ライトはLEDではなさそうですね。電気に燃料食うんだろうなぁ。

呼子といえば、これですよ!
DSC_4917.jpg
イカくるくる!!!捌いたイカを強制空冷で一夜干にします。

さて、河太郎本店から、ぶらぶら歩いて朝市の端っこまで往復したらだいたい50分。店に戻った途端に呼ばれました。超ナイスなタイミング。頼むのは、イカ活き造り定食。
DSC_4923.jpg
イカ。2人前。今日はスルメイカですな。
イカの活き造りで、スルメイカが出てきたらどう思うだろうか?スルメイカというのは、結構安いイカですよ。要するに食材としての評価が低いイカです。人によっては、「今日はスルメイカかよ・・・残念だなぁ」と思う人もいるかもしれない。確かに、旨みを望むならスルメイカはイマイチでしょう。しかし、生の透明なイカに旨みを期待しますか?イカに旨みを求めるなら、一晩置いて、白くなったイカの方が圧倒的に旨い。だから、握りになるのは一晩経った白いイカなんです。
捌いたばかりの透明なイカに何を期待するか?私は歯ごたえです。であれば、スルメイカこそ最上です。一口食うと、厚いビニールを噛むような歯ごたえ。それでいてぷちぷち切れる。読んでで、美味そうと思えんかも知らんし、確かに人によっては、嫌う食感かも知れんね。でも、透明なイカの醍醐味はこの歯ごたえでしょ!と私は思います。
この歯ごたえは、急速に衰えます。最初の1口は、これぞ生のイカ!超ぷちぷち!ホントに音がしそうなくらいぷちぷち!って感じなんだけど、10分、20分経って、店の人がゲソを回収に来る頃には、もうその歯ごたえは失われています。

透明な生のイカを食うというのは“粋”だと思うね。

刺身を堪能した後は、
DSC_4924.jpg
ゲソやエンペラを天ぷら。
これも美味い。ただ、贅沢を言うなら、天ぷらにするならスルメイカより確かにヤリイカ。比べるとスルメイカは確かに旨みに劣る。熱を通すとそれが顕著になる。さらに贅沢を言うなら、ヤリイカよりアオリイカやコウイカ類。理想的には、スルメイカを透明な生で食って、天ぷらはアオリイカやコウイカ類でってことかな^_^;)

ま、でも久しぶりの透明なスルメイカだからな。満足だな。

DSC_4927.jpg
ぼくは、今日、産まれて初めてイカの天ぷらを食べました。ちっちゃいゲソを1本だけだったけど、ちゃんと食べたよ!
キャンプ行きたいんだけどさ、オレ、実はテント張ったこと無いのよ。そんなに難しいとは思ってないけど、キャンプ場で説明書見ながらテント張ったりしてたたら、隣のサイトの人から、「お前はキャンプをナメているのかっ!」とか怒られたりしないかな?

というわけで、予行演習。
20140419_153935.jpg
うん、大体分かった。慣れたら1人でも張れるだろう。ペグの打ち方がポイントなんだろうね。このテント、室内は結構デカい。スノーピークのアメニティドーム。ファミリーキャンプで人気らしいけど、親子3人なら超余裕。
前室はどう使うのかね?物置き?雨が降ったときに物が濡れないのはありがたいけど、ウチは雨が降ったときにキャンプはしないと思うからね・・・。

さて、次の問題は、どこのキャンプ場に行くか?だね・・・。
最低限、テントだけあればキャンプはできるだろう。と思っていたのだ。
間違ってないと思うのだが、テントの外に何もないというのは少々寂しい。というか、イスやテーブルが無いと不便だろう。そう思って買ったのだ。
20140415_180650.jpg
ハイランダーというブランドのテーブル&イスセット。広げてみたけど、5,000円だけあって、作りはかなりチャチ&雑。でも、まぁ年に何度も使うわけじゃなし、当面壊れなければ良しとしよう。

それでさぁ、キャンプに行ってバーベキューしないって、やっぱり寂しくない?バーベキューするためにキャンプに行くようなもんだしなぁ・・・。そう思って買ったのだ。
20140414_221149.jpg
焚き火台。テントにあわせてスノーピークにしようかと思ったけど、1万円超なので却下。これは、ユニフレームの製品。ネットで評判見たけど、結構良さそう。

それでさぁ、よく考えると、この焚き火台だけで炭火を扱うのってちょっと不安なんですよ。なんせ、1歳6ヶ月児がいるからねぇ・・・。走り回ってぶつかったり、炭火に手をのばしたり・・・というのが容易に想像できます。そう思って買ったのだ。
20140414_221133.jpg
囲炉裏テーブル。焚き火台に合わせてユニフレーム製。専用バッグが付いてきた。

20140414_221314.jpg
囲炉裏テーブルの専用バッグに、一応焚き火台も入るから便利。ただし、焚き火台の角でそのうちバッグに穴が開きそうな気がする。まぁ、そうなったらヌメ革でバッグを自作しよう。

行く前からこんなにグッズが揃ってしまった。
20140414_221456.jpg
もう後には引けないなぁ・・・。
てつおじさんのチーズケーキを知っているだろうか? 私が学生の頃、大ブレイクして、天神の店はいつも大行列だった。福岡に来て久しぶりに見た。
20140413_141018.jpg
何年ぶりだ? え~っと・・・25年ぶりくらいか?
味は、それほど甘くなく、むしろさわやかな感じ。それでいて、チーズの風味はしっかり。食感は、ふわふわ。ふわふわなんだけど、スカスカになってないのがポイント。出来立ての温かいのを食べるとふわふわなんだけど、冷めるとしっとりになる。これはこれで良いんだけど、できれば出来立てのふわふわの方が美味しいと思う。この味と食感は、ちょっと他に無いね。

う~ん、懐かしいなぁ・・・と思って、ちょっとググってみたら、
http://tenjin.keizai.biz/headline/3670/
何と!!! てつおじさんのチーズケーキは、昨年、18年ぶりに復活したのだという。そうなんだ・・・この記事によると、私が体験した大ブレイクは、店の開店直後だったんだね。その後、ブームが去って閉店。

しかし、この味は、一定の顧客を確保するに十分だと思うけどね・・・。ちなみに家人は、「1日3食、これでも良い!!!」と言っていた。やはり、美味いんだと思う。がんばってほしいな、てつおじさん!

#てつおじさんは、18年間、何してたんだろう???
アゲマキについては、過去にこちらに書いた。

夜、家に着いたら家人が言う、「今日、アゲマキ買ってきたよ!」
アゲマキ!? 「どこ産?」、「唐津だって」
へぇ~、珍しいね。反射的に、唐津にアゲマキが生息してるのか?と思う。さらに、モノを見た私の第一声、「これ、アゲマキじゃないだろう?」 
そう思ったのだ。何しろデカい。“アゲマキ"と称して流通している近縁種だと思ったのだ。家人が焼く間に調べてみたのだが、どうも近縁種が見つからない。ホントにアゲマキなのか? 調べているうちに、アゲマキは殻長が10cmにもなることを知った。そうなのか・・・アゲマキってこんなにデカくなるのか・・・。どうも、この貝は本当に国産のアゲマキらしい。実は私は、国産のアゲマキを見るのは初めてなのだ。

う~ん、江戸に行く途中のケンペルやシーボルトは、食事で出された魚介類を興味深く観察していたらしいが、正にそんな気分ですよ・・・。

あ、焼けた、
20140409_202508.jpg
唐津産アゲマキガイの焼き。

アメ横の輸入物に比べると圧倒的に肉厚。アゲマキ特有の旨みと肉厚な身の歯ごたえ。もちろん美味い。鍋にごっそり入れて酒蒸しにしたいところだが、1個130円なんだという。残念ながらごっそり買える値段じゃない。しかし、国産のアゲマキが食える福岡ってのは贅沢だよなぁ・・・と思ったんだけど、コレ、食って良いのかぁ???今や、国産のアゲマキなんて、それくらい貴重だと思うんだけどね・・・。

気になって調べてみた。
http://www.biodic.go.jp/rdb/rdb_f.html
やっぱさぁ、アゲマキガイって、環境省のランクで絶滅危惧Ⅰ類じゃん・・・。絶滅危惧Ⅰ類というのは、環境省の定義で「絶滅の危機に瀕している種」ですよ。オレ、絶滅危惧I類の生物を食ったのって初めてかもなぁ・・・。

さらに言うと、諫早湾は、干拓事業のためにもうアゲマキは絶滅した可能性がある。おそらく、日本におけるアゲマキの最後の生息地が佐賀県の日本海側なのではないか?それを食っちまったか・・・

食った後で言うのもナンだけど^_^;) こういう生物の捕獲については、何らかの法規制をかけたほうが良いんじゃないかね・・・・。

いずれにしても、唐津のアゲマキ生息地は、そのうち見に行かなければいけませんね。
タマネギ、ニンジン、ブロッコリーをミキサーで粉砕します。
20140407_173838ed.jpg
タマネギ大3、ニンジン1.5、ブロッコリー適当、水200ccを入れたら、ウチのミキサーは容量マックスだな。

これでクリームシチューを作ります。
20140407_182718.jpg
オレンジ色がニンジン、緑っぽいつぶつぶがブロッコリー、タマネギは・・・煮込んだらどっか行った。

何でシチューにジャガイモを入れないのか?って? そう思う人は試してみると良いです。ミキサーで粉砕したジャガイモをシチューやカレーに使うと・・・それはそれは、世にも恐ろしいことになるのですよ^_^;)。

20140407_190945.jpg
大人が食べる場合は、お好みに応じて、クロコショウやバジルを散らして。

野菜を小さくすると熱が通り過ぎるんで、栄養的にどうなのか?がイマイチよく分からない。少なくともビタミンなんかは完全に破壊されているよね? でも、知らず知らずのうちに、野菜を結構食うことになるんで、幼児にはまぁ良いんじゃないでしょうか? 
福岡に来て初めてCoCo壱番屋に行きました。
ベビーチェアがあるのはもちろんですが、テーブルに座ると・・・
20140406_113553.jpg
注文をとる前に、塗り絵と色鉛筆を持って来てくれる。それにお冷にはストローが。

さらに・・・
20140406_114607.jpg
お子さまメニューがかなり充実。これは、お子さまCセット。

ココイチはかなり幼児に優しいことを発見! こういう店は嬉しいね。
先週末に続いて、2週続けて市場会館。今日は、福魚食堂。
20140405_114334.jpg
天ぷら定食

20140405_114314.jpg
海鮮丼

20140405_114320.jpg
かきフライ定食

20140405_114117.jpg
キンメの煮付け定食

個人的な評価としては、先週の店よりこっちの方が満足度が高いと思う。
ただし、天ぷら定食を食うなら「だるま」の方が安くて美味いな^_^;)
これ、何だろう?
DSC_4852.jpg

あっ!良く分からないけど。ケーキがあるということは、ぼくのためのお祝いかなぁ・・・
20140404_200014.jpg
すばらしい!火がある!しかもケーキは美味しい!!!

ぼくは幸せだ~!!!

違うよ、今日はおまえのばあちゃんの、1日遅れのお誕生会だ。お前は主役じゃないんだぞ!!!

#思いっきり顔出しだけど、この絵から、個人特定はできまい