2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2013/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/09

ぼくが湯布院に来たのは、温泉に入るためなんだ!
DSC_3486.jpg
檜風呂に入ってみるね!

DSC_3494.jpg
岩風呂にも入ってみなきゃね!

DSC_3502.jpg
温泉に入ってさっぱり!
別府から県道11号線で山を越えて湯布院の町を見下ろす。
DSC_3482.jpg
狭霧台展望所から、湯布院盆地を一望。

DSC_3482ed.jpg
私は供の頃から見慣れた風景だけど、この付近の草原の風景と上から見下ろす由布院の町並みってやっぱりきれいだよね・・。
このラーメン屋、ある人によると、東京なら行列ができてるに違いない!、と言うのだ。早速行ってみましょう。
DSC_3480.jpg
ネギ味噌ラーメン。

DSC_3481.jpg
チャーシュー味噌ラーメン。

東京で行列ができるか?っていうと、正直微妙だなぁ・・・。麺がね、九州のラーメンにしては、太麺でもっちり気味なんだけど、今の東京では、もっともっと太くて超もちもちの麺が流行りだからねぇ。味噌味は美味いんだけど、どうも結構な量のすりゴマが入っている。個人的には、ゴマの風味が余計。

まぁ、でも家の近くにあったらしょっちゅう行ってるかも。

場所は、九州断道路の別府川側入り口から上って行って左手、屋号は「みそや」。
お盆は過ぎたけど、まだ暑い。
DSC_3439.jpg
完全に真夏の雲。
DSC_3432.jpg
お父さ~ん、この人誰だっけ? ぼくは、この人と遊んでも良いのかな???
DSC_3423.jpg
ねぇねぇ、ホントに大丈夫なの??? ぼくは不安だな・・・

DSC_3426.jpg
無理、無理、絶対無理!!!

DSC_3424.jpg
こんな浮き輪に入るなんて、屈辱だーーー!!!

DSC_3427.jpg
虐待はやめてーーー!!!

お前、週に3回も水泳行ってるじゃん? いつも、もっと深いプールでぶくぶくやってるじゃん??? 喜ぶと思ったんだけどなぁ・・・すまん、ゆるせ!
DSC_3403.jpg
トウガラシ。

DSC_3406.jpg
サトイモ。

DSC_3405.jpg
トウモロコシ。

暑い。

DSC_3455.jpg
それからガバメント。

上段は、マルシン(左)とマルイ(右)。
中段は、マルイのコマンダー(左)と、同じくマルイのガバメントにマルシンのパーツを組み込んだ自家製カスタム(右)。
下段は、中段のマルイにパーツを取られたマルシンの抜け殻。
マガジンポーチの中には、マルイ製のプラ製マガジンが2本入っていた。

これらは高校~大学の頃に作った物だ。久しぶりに実家で発掘した。
今となっては、マッコイやCAWのガバメントがあるんだけど、私にとって惹かれるガバメントというのは、やはり、マルシンとマルイ。

マルイという会社は、今でもあるし、電動ガンでは世界をリードする会社になってしまったけど、残念ながら弾の出ない鉄砲のおもちゃはもう作っていない。

一方のマルシンは今でもモデルガンのキットを作っている。そっか・・・ここにあるマルシンの残骸を復活させたいね・・・。週末、アメ横のマルゴー行って、お母さんの許可をもらって、マルシンガバのキット買って来ようかな?
DSC_3462.jpg
例えば、ピースメーカー。

一番上の金色のやつは素性が良く分からないのだ。
DSC_3468.jpg
外箱はこんな感じ。プリントは一切無く、右下にSMGステッカーがあるのみ。

DSC_3469.jpg
付属品は、カートの他には、3つ折の簡単な説明書とクロスだけ。

面白いことにこんな紙が入っていた。
DSC_3473.jpg
過激な使用をするとどうなるのか?興味のあるところだが、購入以来、ほとんど箱から出していない。

これは、オークションで落とした物なのだ。上の写真の通り、タナカ・ワークス製だというのは分かるのだが、いつ頃発売された物なのか?等良く分からない。ネットを検索してみたけど、良く分からなかった。おそらくは、CMC金型を使って、タナカ・ワークスが製作したものだと思う。CMCにバントラインは無かったので、タナカ・ワークスが無理やりバレルを継ぎ足して12インチにしたのかもしれない。としたら、過激な使用をすると、バレルが折れるのかもね。いずれにしても、このクオリティの金属バントラインは貴重だと思う。

お前、こういうモノに興味持つかなぁ・・・? 何か捨てられそうだよなぁ・・・^_^;)
DSC_3377.jpg
あっ、この手のモノのは、お前が捨てる前にお母さんに捨てられる可能性があるから気をつけよう~っと♪
DSC_3359.jpg
ムーンウォッチ、マークII、マークIV、マークV、ジャーマン、オートマチック、フライトマスター×2、125×2。
今にして思えば、良くここまで集めたよなぁ・・・。これら、どうすんのかね? 今にして思えば、オレは腕2本しかねぇしなぁ・・・。

これらは、最も新しい物でも、もう今から40年位前に製造された物。もちろん私が新品で買った物は1つも無い。これらの中で、私が最初に買ったのが前列真ん中のオレンジ針のフライトマスターだ。これを買ってからもう20年近く経つ。当時は、製造後約20年だったが、今や製造後約40年だ。オレも年とったなぁ・・。

これらは、今の季節は―暑くて汗をかく―あまり使えない。メーカーにオーバーホールに出しても防水性がなくなってるから、水入りが怖いのだ。どうも40年も経つと、見かけは綺麗でもケースが微妙に腐食して、新品時の防水性は復活しないらしい。

だから、結局、今の時期使うのは、もっぱらこの3本。
DSC_3365.jpg
左のムーンウォッチは、上の写真と同じ物で、これは70年代前半の製造なんだけど、これは水入りしても修理に困ることは無いでしょう。これは私が生きている間に修理部品が無くなる事はないと思う。もしかしたら、私が死んでも製造され続けてるかもしれないしね。中はシーマスター300。右はパネライのPAM0022。これらはビンテージではなく、現役なんで、いつでも修理はできるでしょう。

これら、どうすんのかね? いつか売るのかな? 一個売ったら、一ヶ月くらい生活できるかな? そりゃ、無理か? でも、ほとんどはスイス送りの刑に処して、コンディションは世界中で望みうる最高の状態だからね。

お前、こういうモノに興味持つかなぁ・・・? 何か捨てられそうだよなぁ・・・^_^;)
DSC_3338.jpg
ぼくは、寝ながら走ってます!。