2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2013/051234567891011121314151617181920212223242526272829302013/07

20130627_112759.jpg
やっぱり、ぼくは麦茶で良いや・・・
ある日のこと、食卓にカニが2杯並んだ。
DSC_2882.jpg
ケガニとハナサキガニ。

超豪華!!!と思いきや、両方とも、近くのスーパーで398円だと言う。398円???

確かに両方とも軽い。ケガニの方は、値札に「若ガニ」と書かれている。若ガニとは、脱皮後の身の詰まっていないカニのこと。またハナサキガニは、コレってプラモデルじゃないか?と思うくらい驚異的に軽い。ただし、驚く無かれ、ケガニは活けだった(ハナサキはボイル)。

しっかし・・・、このスーパー、日本の大手スーパーチェーンなんだけど、活けのケガニを末端価格398円で流通させるってスゴいなぁ・・・。

いくら身入りが悪いとはいえ、398円は驚異的だ。
DSC_2885.jpg
これは、ハナサキガニの方。確かに身入りイマイチだけど、まぁ、398円なら文句ないよ。きっちり身が詰まった物なら10倍の値段はするもんね。

身入りの悪いカニというのは、とにかく食うのが面倒なんだが・・・
DSC_2888.jpg
ごちそうさま!
こちら、その後のこちら、に続く第3弾!

DSC_2843.jpg
最近ね、東京では、スルメイカがめちゃ安です。これで298円。小型ですが8ハイ入ってました。小型のスルメイカ。東京方言で言うところの麦イカですね。今、東京では、スルメイカが旬のようです。よほどたくさん獲れているんでしょうね。とにかくめちゃ安。

さばきます。
DSC_2844.jpg
小さくても肝は立派。イカの塩辛を作れば旨いに違いない。でも、塩辛って結構面倒なんだよね・・・と言うわけで、今回は、肝は泣く泣く捨てる。

DSC_2846.jpg
胴。

DSC_2849.jpg
ゲソ。

胴は、中にもち米:普通の米=1:1で詰めて・・・
DSC_2852.jpg
ぐつぐつ。

DSC_2869.jpg
旨い!ちょっと味が濃い目だったか。まぁ良いやね。だんだん、上手になってるぞ、俺!




IMG_3389.jpg
おとうさん

IMG_2852.jpg
おかあさん

20130611_201622ed1.jpg
ぼく・・・・・・
わざわざ、千葉県まで豚骨ラーメンを食いに行った。
20130608_113631.jpg
うまい! まぁ、良いんじゃないでしょうかね。東京では、美味しい豚骨ラーメンって、ホントに少ないからね。あ、ここは、東京じゃないけど。

20130608_113415.jpg
左 替玉は、こんなお皿に乗ってくる
右 テーブルには、紅しょうが、辛子高菜、ゴマ

美味しかったですよ。博多でこのラーメンが出てきても全く違和感の無いレベル。博多で言うと、名代ラーメンに近い感じのスープかなぁ。麺は、おそらく大部分の博多のラーメン屋の麺より細い極細麺。関東では、こういうラーメンはやっぱり貴重。

替玉を頼むときに、「硬い玉お願い」と言ったら、店の兄ちゃん、「どれくらい硬くしますか?」と全く予想外のミラクルなリアクション^_^;) まぁ、普通そうなのかもな。これが普通に通じるのは博多だけかも知れんね。

ただね、これはやっぱり博多ラーメンなのだ。キクラゲが乗ってくるとか、テーブルに辛子高菜があるというのは博多ラーメン。長浜ラーメンにキクラゲや辛子高菜はあり得ない。私が求めているのは、長浜ラーメンなのだが、やはり東京に長浜ラーメンは無いのか!?
一人で飲めるようになった。
20130601_164151.jpg
オレさ、一人で飲めるようになったぜ!

イヤさ、何が言いたいかと言うとだ、オレってさ、10月産まれじゃん、だから、夏ってものを知らないわけよ。知らないんだけど、聞くところによると、日本の夏ってのは暑いって言うじゃねーか? だとしたらだ、暑い夏に、麦茶なんか飲んでても締まらねーからさ、やっぱ、夏はビール飲ませてくれよな! ビール、ビール! 今年の夏は、ビールで頼むよ!!!

と、言っていたかどうか?は、定かではない。
名作!

私が小学校6年生の時の話だと思うのだ。小学校の近くに文房具屋兼おもちゃ屋といった感じの小さな店があった。当時、たいていの小学校の門の近くにはこういった店があったと思う。

この店で私が買った2つ目のLS社製プラモデルが、コルト・ディテクティブ・スペシャルだった。子供の頃、拳銃は、銃身が長いほどカッコ良かった。だから、今思い返すと、なぜこんなスナブノーズを買ったのか分からない。しかし、私が買った2つ目のLS社製プラモデルが、コルト・ディテクティブ・スペシャルだった事はしっかり覚えている。

なぜかと言うと、そのメカがしっかり理解できたからだ。1つ目がワルサーのP38だったのだが、コイツのメカは、小学生の私には、全く理解不能だった。特にブリーチ内の細長い棒(ファイアリングピンとインジゲータ)や円柱状の部品(ファイアリングピンリテイナとオートマチックファイアリングピンブロック)がスプリングで保持されてるのが意味不明で、これらを接着したりしてしまった^_^;)

対して、コルト・ディテクティブ・スペシャルは、小学生の私にもそれぞれの部品の機能が理解できた。今にして思えば、それは回転式拳銃(リボルバー)と自動式拳銃(ピストル)の違いだったのだが、これら2つのプラモデルが、私の拳銃に対する興味を決定付けた。私が拳銃に興味を持つきっかけになったのが、LS社製プラモデルのワルサーP38とコルト・ディテクティブ・スペシャルだった。

拳銃に興味を持つ小学生とは、何とアブないことか!などと思うなかれ。当時はそういう“時代”だったのだ。私の世代の男の子なら、みんなそういう時期があった(ただ、ほとんどの子供は、大人になるに連れて興味を失うんだけどね^_^;)。
DSC_2799.jpg
LS社製のコルト・コブラ。実銃のコブラとディテクティブは、材質が鉄かアルミ合金かの違いなので、プラモデルにすると全く同じ。

ヤフオクで組立て済みの物を落としたのだ。小学6年生以来、何年ぶりだろう? LS社製のコブラ/ディテクティブを手にした。

DSC_2789.jpg
間違いなく名作。その理由は、1)現在に至るまで、モデルガン化されていないモデルである、2)何より、今から30年以上前に、コルトのアクションをプラモデルで正確に再現していた。それで十分だろう。LS社製ガンプラモデルの名作といえば、2代目ワルサーP38やオートマグ、M16やAK等が今や伝説となっているが、実は、このコルト・コブラ/ディテクティブは、LS社独自の設計であり、名作と言う他無い。今から、30年以上前に、ほぼ実銃通りのコルトアクションがプラモデルで再現されていたのだ。実に地味な製品だが名作

DSC_2837.jpg
設計者は、実物を見ずに設計したらしいのだが、外観も悪くない。

DSC_2834.jpg
この弾、弾頭も薬きょうもスチロール樹脂、つまりプラモデル用のプラスチック製ですよ。

カートは、LS38スペシャルカート。結局LS社製プラモデルガンの38スペシャル口径は、このコブラ/ディテクティブとM36チーフスペシャルだけだった。

DSC_2775.jpg
何しろプラモデルなので、重さは、実に100gしかない。なのに、この外観とメカのリアルさ。

このプラモデルが、発売されたのは1970年代後半。当時の価格は1,200円だった。その後、LS社は、1992年に倒産したようだ。

時は流れて、今や21世紀。3Dスキャナや3Dプリンタも個人で買える時代。どこかのメーカーが、再度1/1スケールで拳銃のプラモデルを製品化してくれないものだろうか?

昨日、今日とやたら天気が良いんですが、梅雨の中だるみでしょうか?

水元公園。今の季節、堀切菖蒲園と水元公園しょうぶ園の2ヶ所を合わせて、葛飾菖蒲まつりが行われています。

P1060104.jpg
肝心の菖蒲は、まだ3分咲きといった程度でしたが・・・

P1060101.jpg
アオサギがいたり・・・

P1060115_20130602155217.jpg
カワウがいたり・・・

P1060112.jpg
焼そば食べたり・・・

広い公園の中を結構、歩き回りました。

P1060123.jpg
川沿いの湿地の中にこんな遊歩道っぽい道が整備されていたのには驚き。左右の草むらの中、相当な数の小鳥がいるようです。

バーベキュー場あり、キャンプ場あり、水遊びできる小川ありの川沿いの広大な緑の公園。良いね。
P1060125.jpg
森の中をお散歩。

P1060136.jpg
メタセコイアの森。

見上げると・・・
P1060135.jpg

さらに見上げると・・・
P1060127.jpg

23区内にこんな自然があったんだね。