2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

前回のトマトのレシピ、やはり教えてくれた人のイメージとは全く違っていたようで、おもいっきり笑われてしまいました。ほんの短い文章だったのだけれど、私は一行目をいきなり見落としていた。最初に『大き目の完熟トマトを丸ごとなべでふたして、』と書いてあるではないか。私はふたをしなかったのだ。結果、水分が飛んでしまった。そのためにイメージと全く違ってしまったようです。注意力散漫。よく読まなきゃいけないね。まぁ、アレはあれで結構食えたんだけど。

写真無しで短い文章だけで、料理のレシピを教えてもらうのって、ちょっと面白いかも。というわけで第3弾だ。今回は、よ~く読んで、忠実に作ろう、キュウリのレシピ。

P1120036.jpg
でね、キュウリなんですが、私はバンコクに来て1年、キュウリを買ったことがない。買おうとも思わなかったから、市場でもスーパーでも全く記憶にない。セントラルの食品売り場をザッと回ったんだけど、いわゆる日本のキュウリが見つからない。何でだ?バンコクに日本風キュウリは無いのか??? で、買ったのがのこキュウリ2種類。レシピには、『日本のようなきゅうりじゃなくてもピクルス用のきゅうりでも、イタリアンきゅうりでもなんでも大丈夫です』とあるから、大丈夫だろう。

『ヘタとったきゅうりを真ん中で半分に切って、』
P1120037.jpg

『それをたて四つ切にします。』
P1120038.jpg

『フライパンで油を少し大目に入れて、スライスにんにくをいため、』
P1120041.jpg
要はペペロンチノを作る要領ですな。それなら慣れてる。しかぁ~し!

『きゅうりを投入』
P1120043.jpg
投入した瞬間に、何かが違う、と思ったのは気のせいか?

『少しやわらかそうになったら、おしょうゆ、鷹のつめ(好み)、と塩を一つまみいれ、』
ここでもイヤな予感はしたんです。オリーブオイルを多めに入れてるんで、この状態で醤油をたらしたら、もしかしたらハネないか?しかし、レシピに忠実にいきます。醤油をたらして・・・・
P1120045.jpg
うわぁ~!!!ハネはしなかったけど、フライパンから瞬間的におもいっきり水蒸気がっ!!! 一瞬、ひるんでしまって、床にまでお醤油をたらしてしまった・・・-_-;)

『強火で一気ににしょうゆを煮絡めます。煮絡まったらできあがり』
P1120046.jpg
前回は、ちょっとウケ狙いに写真を撮ったのですが、今回はマジ。マジで全く自信がない。コレって、教えてくれた人のイメージとは全くかけ離れているのではないか???

んで、味は・・・びみょう~。超びみょう~。オリーブオイルで炒めたニンニクと唐辛子ですから、これは実に美味いのです。やっぱりこの風味は捨てがたい。伝統的な日本料理はなぜニンニクを取り入れなかったのだろうか?ここにパスタが入ればペペロンチノですよね。今回はパスタの代わりにキュウリ。正直びみょう~^_^;)

一体、どこを間違ったと言うのだっ!?
シューターズ・ギャラリーさんとこに久しぶりに行きました。あ、今回、写真多いよ。例によってマニアックな話が長いこと続くんで、鉄砲に興味ない人はスルーでね。

んで、久しぶりに行ったら、見慣れない鉄砲が。
P1120048.jpg
P1120049.jpg
ありゃ!キンバー社のガバメントクローンじゃん!

P1120058.jpg
P1120059.jpg
銃身長はガバメントよりちょっと短い4インチ、ステンレスの本体にゴムのグリップ。これは、「プロ・キャリー」というモデルですね。銃身長が4インチなんで、コルト社でいうところのコマンダー・モデルよりちょっと短いですね。完全にコルト・ガバメントのコピーではなく、照準は照門・照星共に大型化、引き金は穴を開けて軽量化、手動安全装置はレバーを延長、グリップ・セーフティはビーバーの尻尾、メインスプリング・ハウジングはストレート(これは先祖帰りかな)、排莢口はコルト・ゴールドカップのようなワイド・カット、激鉄の穴が大型化してるのは軽量化のため?激鉄って軽量化して、どんなメリットがあるんだっけ?。ロックタイムが短くなるんだっけ???

フレームにアンダーラグ付けたり、スライドにうるさいセレーション入れたりしてなくって好感が持てます。
P1120060.jpg
P1120061.jpg
スライドをオープンして気付いたんだけど、この鉄砲、バレルプッシングが無い。

P1120062_20101122221105.jpg
で、銃身は先端部分3cmくらいが太くなってる。へぇ~、バレルプッシング無くて良いんですか?ってことは、これ、銃身は絶対前方に抜けないよな? そいえばデトニクスとかも無いんでしたっけ?

P1120062-2.jpg
本家コルト社製と違って、鳩の尻尾でがっちり固定された照星。簡単には飛びそうにないね。あ、ブログの記事にしてないんだけど、射撃中にコルト社製ガバメントの照星が飛んだ事は、私もあるんです。そのうち書きますね。

P1120064.jpg
この鉄砲ね、外見をパッと見、9mm口径かと思ったんですが、.45 ACP口径でした。弾装に何発入るかというと・・・7発。え?ってことはオリジナルのガバメントと一緒じゃん! 21世紀初頭の現在では、7発しか弾が入らない自動式拳銃ってもはやレアですよね・・・。ちなみに今回の弾はブレッド・マスター社製、200グレインのセミ・ワッド・カッター、タイ製のファクトリー・メイドです。

撃ってみたのですが・・・これが!全然当たらない!!!久しぶりだから腕落ちたかな???ハズかしいから、撃った後の標的は載せない。う~ん、こんなに当たらないのはショックだな・・・。でもね、この鉄砲、.45 ACP口径で銃身が短いせいか、撃った瞬間に銃口からハデな火花(マズル・フラッシュ)が昼間でも見えるんです。自分が撃ってる鉄砲のマズル・フラッシュが見えるのってこれが初めて。かなり迫力ありますぜ! 当たらないけど-_-)

こんなに当たらないハズないだろ・・・と思って、比較のためにCZ75D compactを撃ってみます。
P1120079.jpg
P1120080.jpg
P1120081.jpg
これまた久しぶりのCZ75Dコンパクト。この鉄砲さ・・・何か良いよ。最初に見たときはカッコ悪いと思ったんだけど、今やこれがカッコ良く見えます。何しろこんなコンパクトなボディに9mmパラベラムが14発も入るんですぜ!フレームがスライドを包むという独特な構造がスライドを細く見せるんですよね。フレーム先端が銃身先端まで延びてるってのが、何ともカッコ良いんだよね・・・(←ほとんど、子供が鉄砲のオモチャ見る目です)う~ん、良いよなぁ。欲しいなぁ・・・。えーっと、手元にある銃砲店の価格表によると値段は45,900バーツ(約127,289円)か・・・。ちなみにキンバーのプロ・キャリーは63,500バーツ(約176,097円)だ。だったら、買うとしたら絶対CZの方だな・・・フフッ。

んで、久しぶりに撃ってみたら、キンバーよりははるかにまとまるんですが、やっぱ、久しぶりなんで腕落ちてますわ。以前、ブログに載せた射撃後の標的にはるか及ばない。だから、これも今回の標的は載せない。やっぱ、地道に、定期的に練習しないとダメだね。

ただね、私のようなド素人が撃っても、当たりやすい鉄砲とそうでないというのは確実にありますね。それを実感できたのが収穫かな。もちろん、.45 ACP口径と9mmパラベラム口径とでは、反動の大きさが違うのですが、反動の大きさは、当たりやすさにはあまり関係ないと思います。

この日は、シューターズ・ギャラリーさんとこにM4カービンもありました。
P1120089.jpg
キンバーも、CZも、M4も全部指導警官氏の私物なんだそうな。指導警官氏に、「M4カービンの写真撮らせてください!」って言ったら、ニコニコしながら、いろんな場所に置いてくれた。見て下さい!このゴテゴテ、ハデハデなM4!!! この指導警官氏、よっぽどガンマニアなんだよね・・・^_^;) 同士!と思うんだけど、残念ながらあんまり言葉が通じない。この人からいろいろ教えてもらえたらなぁ・・・とは思うんだけど。

でさ、思うんだけど、バンコクでキンバーやら、CZやら、M4カービンやら、運が良ければS&WのMP9だとか、果てやスペイン製で骨董品に近いスターの9mmオートなんかまで撃てるシューターズ・ギャラリーさんって、結構貴重だと思うよ、鉄砲マニア的には。

ラチャダンさん、いつか鉄製のガバメント撃たせてよ!
過去1年間、バンコクでポテチを買うのは、これが3回目だ。1回目はこちら2回目はこちらを参照。

P1120139.jpg
別にポテチ食いたい分けじゃないんだけどさ、このパッケージは買わない分けにいかんだろ・・・。

P1120139-2.jpg
Seaweed Shrimp Tempuraである。「海苔 エビ天ぷら」だ。まぁ~、何となく味の想像は付くよね。エビの風味に、出汁を効かせた醤油風味をを付ければ、そんな感じになるよね。

ところがである
P1120140.jpg
若干、海苔の風味はある、ただし、日本で売られているポテチの海苔風味に比べると相当弱い。だいたい、エビの風味もしなければ、出汁の風味も、醤油の味も無い。一体どのヘンがエビ天ぷらなんだ??? 全く意味が分からん-_-;)こんな理不尽なことがあってもいいのかっ!!!
前回、ラーメンの写真をUPしたのは、2010/09/26(日)だった。それ以来、約2ヶ月間で食べたラーメンの写真をUPしてみましょう!

写真 (6)
これは、こちらで書いた屋台のラーメン。30バーツ(大盛りは、麺2玉で35バーツ)。この店だけは週に最低1回は行きます。結果として、アパートから一番近いこの屋台が一番美味しいな! ここね、具がすごく多いんですよ。豚肉、野菜(底に沈んでる)がたっぷりに、魚のつみれ、小さいけどワンタンが5~6個乗ってくる。肉は豚のヒレですな。え?唐辛子入れすぎですか?

IMG_0465.jpg
この屋台の調味料入れ、タイの屋台や安いレストランには、必ずこの調味料入れがあります。左上から時計回りに、砂糖、フレーク状のピーナッツ、唐辛子の酢漬け、粉状の乾燥唐辛子、そして真ん中にナンプラー(魚醤)の瓶。ピーナツは、この屋台独特かな。でもそれ以外は、どの屋台にもあります。そういえば、東京時代のランチには、銀座のティーヌンっていうタイ料理屋によく行ったけど、ティーヌンにもあったよね、この調味料入れ。

でね、日本ではご飯物にしても麺類にしても、あんまりいっぱい唐辛子を振りかけるのって、ちょっとためらわれません?やっぱり周りの目が気になるわけですよ。「えーっ!そんなにいっぱい唐辛子いれるの!?」とか言われることあるし-_-;) その点、タイは嬉しい!1つ上の写真はスプーン1杯の唐辛子なんですが、バンコクの屋台では2杯、3杯入れる人もそれほど珍しくはありません。辛い物好きが暮らしやすい街、バンコクです^_^;)。

写真 (5)
これは、クロントーイ市場のラーメン屋にて。30バーツ(大盛りは、麺2玉で35バーツ)。過去2ヶ月で4~5回くらい行ったかな。これも薄味。スープの味は、上に乗っているミンチ肉から出た塩気と旨味だけかも?ってくらい薄味。これくらい薄いとナンプラーをかけたくなりますね。ちょっとナンプラーを入れると、家から一番近い屋台と同じくらい美味い。ただ、残念なのは、レバーを含めた内臓肉が乗って来ること。消化管(英語では“gastrointestinal tract”、博多弁では“モツ”)はともかく、レバーは相当がんばらないと食えないのよ、オレ、子供の頃から。でもトータルとして結構美味いから、クロントーイ市場に行ったらたまに寄るんだけど、レバーは残す。ゴメンね。

IMG_0598.jpg
オートーコー市場のラーメン屋にて。30バーツ。1回行っただけなんで、大盛りは試してない。これは、私が今までタイで食べたラーメンで一番薄味。もしかすると、スープは麺を茹でたお湯そのものではないか?と思えるほど薄い。かつ具に肉類が入ってないので、旨味も薄い。実に物足りない。スパーシー好きのタイ人がこれをそのまま食ってるとは思えないんだけど??? 思うんだけど、これって、テーブルの上の調味料を使って自分で調味するためのラーメンじゃないですかね? つまり・・・これってさ・・・例えて言うなら、ヤマハのSR400(←まだあるのか?)とか、ハーレーのFLHみたいなベース状態って事なんじゃないかなぁ・・・???

写真 (4)
スクンビット24のレストラン「ラーメン一番」の“ラーメン”。100バーツ。1回行っただけなんで大盛りは試してない(たぶん大盛りなんて無いと思う)。日本料理屋だけあって高いけど、日系ラーメン専門店に比べるとかなり安い。屋号からしてラーメン屋かと思ったんですが、さにあらず。その実、和風中華料理屋でした。思えばこの手の和風中華料理屋って、昭和の日本にはどこの町にも必ずあったと思いません?中華料理屋と称しながら、ラーメン、チャーハン、餃子、中華丼なんかがメインでちゃんぽんはあるわ、カレーまであるわ・・・。私の世代には、愛すべき町の和風中華料理屋です。その昔、はるか昔、我々はこういった町の和風中華料理屋で出される料理を中華料理と思っていた。ラーメンは中華料理だと思ってましたもん。今にして思えば、本格的な中華とは似ても似つかないんだけど。おかしいね^_^;) 東京時代に通った国立市自衛隊前の『宝連』、福岡時代なら東区大学通りの『東園』がそんな店だった。『宝連』も『東園』も、またいつか行きたいなぁ・・・。

P1120030.jpg
アパートにてインスタントラーメン(袋)。たまにこんなジャンクな物が食べたくなりますよね?乗っている肉は、自作ハム。やっぱ、スモークの風味って、オレは好きだな。しかし・・・過去2ヶ月でインスタントラーメン(袋)食ったのが1回だけって、やっぱ異常だよな。えっ?そんなことない?

P1120141.jpg
アパートにてインスタントラーメン(カップ)。たまにこんなジャンクな物が食べたくなりますよね?乗っている肉は、自作ハム。やっぱ、スモークの風味って、オレは好きだな。しかし・・・過去2ヶ月でインスタントラーメン(カップ)食ったのが1回だけって、やっぱ異常だよな。えっ?そんなことない?

思ったんだけどさ・・・小麦の生麺を使ったラーメン屋のラーメンと、油で揚げた麺を使ったインスタントラーメンって全く別物だよね。 どっちが美味しいか?という問題ぢゃないんですよ。双方美味いけど、別のジャンルの食べ物だね。ただ、感じたのは、油で揚げた麺はスープとの相性がすごく良いってこと。店で食べるラーメンも良いけど、インスタントラーメンの油で揚げた麺の香ばしさは、やっぱり捨てがたいよね。久しぶりにインスタントラーメンを食べてそう思いました。

はい、おしまい。
最近、お手伝いのおばちゃんがリビングのテーブル周りを掃除してくれなくなった。何か・・・・・・、オレに対するイヤがらせか?









































P1110865.jpg
イヤ、そうぢゃない。テーブルにはレザークラフトの材料と道具が満載!床には半裁の革がごろり~ん

P1110867.jpg
ソファの上には、作りかけの財布と麻糸がでろり~ん

ここまで散らかしてしまうと、お手伝いのおばちゃん的には、手がつけられないのです。でも、これは正しいんです。迷ったら手をつけない。これはプロのお手伝いのおばちゃんの鉄則です。これはインドネシア時代も同じでしたね。

床はちゃんと掃いてくれています。床に落ちた革のくずや切れ端は綺麗に無くなっています。その上で、テーブルの上を片付けて欲しければちゃんと指示を出せば良いのです。今のおばちゃんなら、指示すればちゃんとやってくれるでしょう。

おばちゃん、いつもありがとう!感謝してます!
P1120102.jpg

P1120110.jpg

P1120124.jpg

P1120128.jpg

P1120134.jpg

そう、今夜はロイクラトン(Roi Krathong)。

そう、だから今夜は満月。
痩せたんで、この服がまた着られるようになった。
P1110763.jpg
これはいつだったか、サープラスショップで買った物。1,000円しなかったはず。デンマーク軍だかフィンランド軍だかのパジャマなんです。軍服って基本的にスゴくスリムなんですよね。

P1110765.jpg
実家から、長崎→東京→バンコクと持ってきたハンガー。電話番号がたったの5桁ですよ・・・。このハンガー、もしかしたらもう半世紀くらい前の製品かもしれません。タケヤ洋服店って今でもあるだろうか?
干しシイタケと煮干も、バンコクでタイ製の物が買えます。いずれもクロントーイ市場にて。
IMG_1895.jpg
干しシイタケ。大きさによっていくつか種類があります。

P1110846.jpg
これは100gあたり45バーツ(約124円)。大分県産干しシイタケを食べて育った私に言わせれば、これは干しシイタケ「のような物」としか言えないのだけれど、まぁシイタケには変わりない。

IMG_1880.jpg
こちらもいろいろな大きさがあります。左上はちりめんじゃこサイズ。右下はいりこサイズ。

P1110861.jpg
ちりめんじゃこサイズを買ったんだけど、日本のものに比べるとちょっと塩がきついですね。

IMG_1879.jpg
店こんな感じ。あ、ここはクロントーイ市場の佐野武次郎商事だね。
こちらで作ったベーコンとハム、どうやって食うかというと・・・。

P1120006.jpg
まずはベーコンをフライパンへ。油を引く必要はありません。低温でじっくり火を通します。

P1120008.jpg
すると、ベーコン自身から出た脂で、炒めるというより揚げる感じになります。

たった数切れの小さなベーコンからかなりの脂が出ます。これを台所の流しに捨てるのはためらわれるほど。

P1120009.jpg
ベーコンがいいかげん干からびてきたら、ヒレ肉で作ったハムを投入します。

P1120011.jpg
これまた低温でじっくり火を通します。スモークをたっぷり吸ったベーコンから出たブタの脂で、スモークをたっぷり吸った塩漬けヒレ肉を揚げる感じです。

P1120021.jpg
完成!奥は脂が熱で溶け出して干からびたベーコン。手前がその脂で揚げられたヒレ肉。

まぁ、見た目あんまり美味そうじゃねーよな。でもね、オレ的にはこれが美味いのよ。塩漬けの燻製肉をただ焼いただけ。小細工な添加物はもちろん、調味料すら一切無し。今回は塩抜きが上手く行ったわ。オレが思う、数少ない美味い肉の食い方。

あ゛~!!!ウィスキーのボトルが、半分無くなっちまったぞ!!!

今日、仕事帰り。セントラルデパートの食品売り場で、鹿児島産サツマイモ使用という焼き芋(かなり小さい)が、1本150バーツ(約416円)で売られていました。そういえばちょっと前だけど、日本産のスイカ1個に2,800バーツ(約7,768円)とか、岡山県産モモ1個に700バーツ(約1,942円)の値札が付いていることもあった。バンコクとは、こんなモノが売れる街なんですよ。

------------------

最近でもちょこちょこ市場には行くのですが、買うのはもっぱら野菜と果物。一時期あれほど買った魚介類はあんまり買いません。もうちょっと食い飽きた感じ。なのに市場に行くのは、たまに珍しい物が見つかるから。あ、野菜と果物が安いってのもあるけど。

この日は、こんな物が。
写真 (2)
これね、一瞬ハイガイかと思ったんです。ハイガイのことは以前こちらに書きました。

P1110908.jpg
でもね、これ、デカいの。

P1110909.jpg
こんなにデカいの。

P1110910.jpg
しかも横から見たらこんなヘンな形。

セオリーに従ってバラすとこんな感じか?
P1110913.jpg
さばきつつ、ちょっと口に入れてみる。色がイマイチなんだが・・・美味いな!貝らしい旨味もある!これ、イイ!。十分刺身で食えますな。ごく僅かに生臭さを感じるんだけど、これは私の手際の悪さから来るものだと思う。しかし・・・さばくのが何とも面倒。まぁ、私が慣れてないだけなんだけど、この貝を15個も剥いたらさすがにイヤになりますよ^_^;) まぁ、この手の刺身は店で食う物って事でしょうね。上手がさばけばもっと美味しいはずだし。

ちなみにお値段は、1Kgで50バーツ(約139円)。上から2番目の写真は1.5Kg。色がちょっと残念なんだけど、お値段お手頃なんで、日本料理屋では、アカガイの代用になるんではないでしょうか?

しかし、この貝何だ?巨大ハイガイかと思ったんだけど、放射肋の数が23本くらいあるんです。放射肋というのは、貝殻の表面の放射状の筋のこと。ってことはハイガイじゃないよね???アカガイとかサルボウの近縁であることは間違いないのですが、やはり和名も学名も分からない。誰か知ってる人がいたら教えて!