2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

エビ・カニはもう食い飽きたので、最近はあんまり食ってません。ただ、市場に行けば一応チェックはします。
しかし、今日は買ってしまった。オートーコー市場にて。なぜなら・・・
P1110748.jpg
コイツを見つけたから。ちょっとした驚きですね。タイにいたのか・・・。もっと驚いたのはその値段。値札には580と書いてある。あ、最近、オートーコー市場の鮮魚店には値札が付きました。市場では珍しいですよね。で、当然1kgあたり580バーツ(約1,577円)だと思うわけ。でも、話を聞いたら、1匹580バーツだと言う。まぢですか?この小さいカニが1匹580バーツ??? う~ん、欲しいんだけど、こんなモノを1Kgも買ったら、値段は日本円にして軽く1万円を超えてしまう。ホントかいな・・・?。本来ならこの時点で気付くべきだったのだ。しかし、珍しいカニを見つけて注意力散漫になっていた。

この小さなカニに580バーツ使うというのは、かなり勇気がいる。しかし、こんな小さなカニ1匹だけ買うってのもなぁ・・・。あ、分かりますか?このカニ?。モクズガにです。中国産の物はシナモクズガニ、いわゆる上海ガニです。このタイのヤツは、何て言う種だろうね・・・?

何て考えながら、蒸し上げます。
P1110755.jpg
ここで気が付いた。縛られた縄の下から何やら緑色のモノが。

P1110757.jpg
ちょっとフラッシュが光っちゃったんだけど・・・「上海特産」、「大闸蟹」、「一級品」、「太湖」、「太湖大闸蟹養殖基地」と読めますな。何のことは無い、上海からの輸入物だったんです・・・。よく考えたら、モクズガニがタイに生息する訳ないじゃん!せめて値段で気付くべきだった。しかし、カニ好きとしては、珍しいカニを見つけたというだけで、冷静さを失ってしまった・・・反省。

P1110759.jpg
旨い!!!強烈に旨い!確かに上海ガニの味ですな!

上海ガニとはカニミソを食うためのもの。カニミソというとケガニが有名でしょう。しかし、上海ガニのミソに比べるとケガニのミソはまだ“マイルド”ですよ。上海ガニのミソはより濃厚で、何より非常に香ばしい。これはモクズガニならではの強烈な旨さですね。辛口の日本酒持って来~い!!!と叫びたくなります

しかし、冷静になるとこのちびっちゃいカニ1匹に1,600円は出せねーだろ・・・あ、結局今回買ったのは1匹だけでした^_^;)
エビ・カニはもう食い飽きたので、最近はあんまり食ってません。ただ、市場に行けば一応チェックはします。
クロントーイ市場にて。
P1110745.jpg
手前シマイシガニ、奥タイワンガザミ。いつもの風景。しかし、今日は買ってしまった。なぜなら・・・

P1110749.jpg
巨大シマイシガニを見つけたから。何と、コイツ1Kgもあるんです。

P1110754.jpg
蒸し上げるとド派手。

P1110760.jpg
爪はタラバガニの脚なみ。

味はやっぱりイシガニ類の味ですな。ガザミやタイワンガザミとはちょっと違った系統の味ですね。活けではないので、かろうじてそれが分かる。ただし、やはり活けではないので、味は落ちる。残念。ちなみにお値段は180バーツ(約489円)。

そういえば、この時の巨大シマイシ君って1Kg超えてたのかな?
P1110668.jpg
最近、バンコク都内で、レシートが出てくるメーターを付けたタクシーをちらほら見るようになりました。もっと増えてくれると、旅行者には嬉しいかもね。
ちなみに、今のバンコクの初乗り料金は35バーツ(約95円)。
クロントーイ市場とはこんなところ。
IMG_1383.jpg
最近は自宅アパートからタクシーで行くのです。何しろ電車乗り継いでもタクシーでも、10バーツ(約27円)位しか変わりませんから。運転手に「クロントーイ市場」と告げると、「買い物に行くのか?」と返され、さらに笑われることがあります。要は彼らから見たら、外国人がクロントーイ市場に買い物に行く、というのがおかしいんではないでしょうか? クロントーイ市場にタクシーで行く、と言うのも外国人ならではで、そこを笑われるのかもしれません。そんな所に、私は毎週のように通っています。

クロントーイ市場では、この1年で数回、首からカメラを提げた西洋人を見た以外は、外国人らしき人を見たことが無い。バンコク在住の外国人もほとんど来ないようです。バンコクで一番大きな市場なのにね。

そんな場所で自分の名前を呼ばれるとかなりビックリする。ある日のこと、私は魚を見ていた。私の隣にも同じように魚を見ている男がいる。この男とは腕を接するくらいの距離だ。こんなに近づいたのに私は全く気が付かなかった。何しろ、こんな所に知り合いがいるとは全く思っていないのだ。その男が、ふいと振り返り、「○○!」と私の名を叫んだ。私は異様にビックリした。この市場で自分の名を知っている人がいるはずが無い、そう思い込んでいたから。

一瞬、頭が混乱して、相手の方を振り返る。この間、時間にして0.5秒くらい。

しかし、何のことは無い、職場1から別会社に出向しているOだった。
  O 「お前、ここに買い物に来るのか?」
  私 「あぁ、しょっちゅう来てるよ。お前こそ、こんなとこ来てんのか?」
  O 「魚が安くて新鮮だからな。え~っと、これはシーバス(スズキ)だよな?美味いよな?この魚は何だ?」
  私 「そりゃ、スナッパー(ハタ)の仲間だ。日本じゃ高級魚だぞ」
なんて話をして、別れました。
Oって変わり者だな・・・こんなとこ来てんのか。

私の職場2は、多国籍資本の巨大企業です。職場1はその下請けのような会社なのですが、やはり多国籍資本で、社員もどちらかと言うとタイ人は少ない。要は、平均的なタイ人よりも“ハイソ”な人が多いのです。職場1の部下を見ていても、とてもこんな市場で買い物をしているとは思えない。事実、彼女らはクロントーイ市場に行ったことが無いと言う。

何でだ?食材の調達には、市場ほど良い所は無いだろうに。魚介類はスーパーやデパ地下より安くかつ新鮮。早朝の市場に慣れたら、スーパーやデパ地下で魚介類は絶対に買えない。野菜は格安、ただし先日のトマトのように質は様々だけどね。肉は・・・まだ市場で買ったことが無いのだけれど、スーパーやデパ地下より新鮮であることは間違いない。もっとも、肉は新鮮さよりも衛生管理とかの方が重要になりそうだけどね。

市場ではなく、スーパーで買い物をする。さらには日系のスーパーで買い物をする。さらに高級デパートの食品売り場で買い物をする。それがカッコ良いのは、オレにも何となく分かるよ。それにオリーブオイルとか、醤油とか、日本製のインスタントラーメンが欲しければ、確かに市場には無いしね。しかし、高い金を払って鮮度の悪い生の食材を、スーパーやデパ地下で買う必要がどこにある?

ちなみに街で声をかけられて、同じくらい驚いたのが、デンマーク出張時のコペンハーゲン中央駅にて。女性の声で「○○さん!」と私の苗字を呼ばれた時のこと。この時は、同じ会議に来ていたバンコク在住の同業者だった。彼女は名前も顔も中国人なんだけど、彼女の両親がコペンハーゲン在住30年で、彼女自身は中国語をあまり話せない、なんて事を知ったのはこの時のこと。
窓越しなんで、ちょっと映り込みがあるんだけど、この風景ってバンコクらしいよね?
P1110691.jpg
チャオプラヤ川。ヒルトンの30階より。

高層ビルが並ぶ一方で、ちょっと路地を入るとスラムのような町並みがあります。バンコクというのは、非常に貧富の格差の大きな街なのですよ。
雨が降ると、アパート入り口の足拭きマットの上に、厚手のタオルが追加される。靴が濡れてるからね。
すると、どこからともなくコイツらが集まってくる。
P1110667-2.jpg
コイツらは、どういうわけか、このタオルが大好きらしいのだ。

足、拭けないんですけど・・・。

P1110667.jpg
しっかし、幸せそうな顔してんな・・・。このタオル、そんなに気持ち良いのか?
先週は、日本からの来客が多かった。

東京本社の上司からは、会うなりいきなり「○○さん、痩せましたね?」。この上司は私がバンコク赴任後に異動してきたので、初めて会ったのは今年7月の日本出張時だった。会うのは今回が2回目だ。私は7月以来、1度しか会ってない人にも、痩せたと思えるくらい痩せたのだろうか?

職場2の所長は、日本人に会う度に、私が痩せたことを強調する。「コイツはオレの夢なんだ。これくらい痩せたいんだよ・・・」とみんなに紹介する。確かに彼は走ったり、ジムに行ったりしてる。・・・職場で私に「痩せた」と言うのは、職場2のこの所長だけだ。でも他のスタッフもそう思ってるんだろうか?だとしたらイヤだな。

この1週間か10日は、特に精神的にキツかった。この10日間は、食えないに加えて飲めなくなった。飲めないってのはヤバいよなぁ・・。イヤ、正確に言うと、「食いたくない」、「飲みたくない」だ。無理すれば食えるし、飲める。でも、私は無理をしていない。だから、この間に明らかに痩せたのが分かる。この10日間でズボンのウェストにさらに余裕が出てきた。もう『ぽっちゃり』を卒業して医学的に『標準の人』も全く夢じゃねーな。

でも、もう急いで痩せる必要は全く無いんだ。だから今週は無理してでも飲もう。
クロントーイ市場にて。
P1110672.jpg
キャベツ、トマト、タマネギ。この日はキャベツ1個にトマト1盛で15バーツ(約41円)だった。

しっかし、トマトの質が低い。大きさ、形、色、味が全くまちまち。素人が作ったトマトのよう。日本ではこんなトマトは流通しない。タロいも09さんとこの家庭菜園の方が良いトマトが採れてるんじゃないか?

まぁ、でも、良いんじゃねーかな、オレ的には。トマトには変わりないよ。
バンコクの市場で一番良く見るノコギリガザミがコレ↓
P1110669.jpg

たまに見かけるのがコレ↓
P1110670.jpg

一見して明らかに違うんです。色が。色というのは動物分類の絶対的な形質にはなり辛いのですが、上の2つは明らかに違う。そしてどうもこれらの中間型が見られません。もしかして別種なんじゃないか???

最近では、ノコギリガザミは、トゲノコギリガザミ(Scylla paramamosain)、アカテノコギリガザミ(Scylla olivacea)、アミメノコギリガザミ(Scylla serrata)の3種に分類されることがあります。これらの3種の形質の違いを私はよく知らないのですが、和名からすると、上写真がアカテノコギリガザミかな?

アミメノコギリガザミは、脚に網目模様がでるんですが、下写真に明らかな網目はありません。ってことは、これがトゲノコギリガザミかな???

以上は全く推測です。カニは棲んでいる場所で色が変わることがあるのですが、どうもこれらは別種のような気がしてきました。なんとなくですが。ついでに言うと、1Kgを超えるような大型の物は全て上写真ですね。

今日の夜はソンブーン・レストランの本店に行ってきましたが、店の前のかごに入ったノコギリガザミは、おそらく全て上写真でした。それにしてもソンブーンの店頭に並んでいるノコギリガザミの何と大きい事か。市場ではあまり見かけないようなサイズです。
ジーンズ以外にはけるズボンが無いのも困るんで、とりあえず1本買いました。
P1110675.jpg
ドッカース(Dockers)のチノーズ。セントラル・デパートで1,900バーツ(約5,191円)。日本の半額くらい?タイではかなり高価です。

P1110673.jpg
ドッカースって、リーバイスと同じ資本のブランドだと思ってたけど違う?

サイズは30インチ。店員さんは、ドッカースは表示より若干大きめに作られているんだと言う。しかし、30インチのパンツがはけるというのは、気分的に嬉しいね。このパンツ、フロントプリーツが無いんです。ノープリーツのパンツを買うのって、何年ぶりだろう?手持ちのパンツにノープリーツは無いと思うんで、やっぱり10年とか15年以上ぶりなんだろうな。デブにとってはフロントにプリーツを採って、お尻周りに余裕を持たせる必要があるのですよ。ただし、純粋にデザイン的にはやっぱり2プリーツの方が好きだな。

それでね、このパンツを買うのに、セントラルデパートの紳士服売りフロアを一通り見て回ったんです。それで気が付いたんですが、バンコクで売られている紳士服って基本を押さえてないんです。紳士服売り場の、服の多様性(diversity)は極めて高い。しかし、何か落ち着かない。それは、紳士服の基本的なスタイルの服が無いんです。

紳士服の基本とは何か?別に難しい事を言うつもりはないんですが、基本とは、流行に左右されない普遍的なデザインの服、ということです。スーツなら、3つボタン段返りの中1つ掛けでナチュラルショルダー、パンツは2プリーツのウェストチョイ太め。もしくは2つボタンで、ウエストを絞って、肩には厚めのパッドを入れてサイドベントにチェンジポケット、パンツはやっぱり2プリーツ。ジャケットなら、私は絶対I型だな! こういった基本の服がどこにも無い。こういった、基本のスタイルを押さえた上で、いろんなデザインの服を着るのは良いと思う。しかし、基本を知らないで良いのか?タイ人?

さらに顕著なのが靴。セントラルの靴売り場をひとしきり眺めたのですが、やはり基本が無い。靴の基本とは、私にとっては、プレーントゥ、ウィングチップ、ストレートチップ、Uチップ、それにモンクストラップ。見事なまでにこれら基本のまともな靴が無いのです。ベースは、これら基本であっても妙にデフォルメされて、つま先が四角だったり、変なステッチが入っていたり。基本のスタイルを押さえた上で、いろんなデザインの靴を履くのは良いと思う。しかし、基本を知らないで良いのか?タイ人?

これら基本の服や靴―流行に左右されない普遍的なデザインの服や靴―は、日本でもいわゆる“売れ筋”ではないかもしれない。しかし、日本なら見つけるのは全く難しくない。こういった基本の服は、カッコよく言うとトラディッショナル、トラッド系とも言います。多少の流行り廃りはあっても、欧米や日本では決してなくなることが無いのがトラッド系の服です。私はトラッド系大好きです。

私が歳をとったなぁ~^_^;)と思うのは、自分が着る服の多様性(diversity)が、近年格段に低下したこと。私が仕事でネクタイを締める必要があるときの服は、最近以下で固定されています。
 ・上着・・・紺ブレ。シングルならI型。、ダブルなら6つボタン。
 ・ネクタイ・・・レジメンタル・ストライプ。
 ・シャツ・・・オックスフォード生地のボタンダウン。
 ・パンツ・・・灰色、茶色、白黒のシェパードもしくはグレンチェック。
 ・靴・・・ストレートチップ、ウィングチップ、もしくはプレーントゥのサイドゴア。
ベタベタだけど良いの。私にはこれが一番心地良いんです。ビジネスシーンでは、スーツが一般的なんで、このスタイルは、場合によっては「ちょっとカジュアル」と思われる場合もあるかもしれないけど、普通は仕事的にも全く問題ないです。私は― 一応社会人ですから^_^;)―スーツももちろん持ってますが、実はあんまり着ません。スーツって、やっぱり“フォーマル”なんで、着るのに気合がいるんだよね。

ちなみに上の紺ブレスタイルってね、100年前にタイムスリップしても、場所によってはあんまり違和感のない格好だと思うんだけど、どうだろう? 対して“今のスーツ”というスタイルは、かなり新しい概念で、100年前に今のスーツ着てタイムスリップしたら絶対ヘンです。

でね、セントラルデパートには、まともなレジメンタルのタイも無ければ、シェパードとかグレンチェックのパンツも無い。灰色や茶色のパンツもデザインがイマイチ。紺ブレなんて絶対無い。あろうことか、オクスフォード生地のシャツも極めて少ない。オレはタイではまともな服は買えねーな。