2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

プレゼンテーション1
現在のバンコク都心の状況です。位置関係が良く分かんなかったら、伊勢丹と日本大使館の位置を参考に、他の地図と見比べてください。

 青丸:デモ隊のバリケード(検問)設置場所(これ以外の場所にもある可能性あり)
 赤線:デモ隊の占拠地区(右端のバリケードからさらに右側の赤線を除く)

28日の軍側の死者は、やはり軍もしくは警察の誤射によるものだったようです。混乱した現場では、こういったことも起こりえます。また、いつデモ隊と軍の衝突が起こるかわかりませんから、占拠地区およびバリケードには近づかないのが賢明でしょう。

緊張は高まっていますが、この地図内に入らなければそれほど危険はないとも言えます。ただし、パトンタニ(4月26日)、ドムアン(4月28日)(これらはこの地図から15~20Kmほど北)でも衝突が発生していますので、移動の際は常に情報収集が必要です。ツイッターだとリアルタイムの情報が得られて便利。

-------------------------------------------

思ったんですけど・・・これらの地域って、デモが終わっても歩行者天国にしてはどうでしょう?バンコクの商業地区ど真ん中が全部ホコ天。これって、バンコクの新たな観光名所になりますよ。大型ショッピングモールとかホテルでは車両が必須でしょうけど、まぁそれは道路をちょこっと改修してさ。どうだろう?

あろう事か、時計を壊してしまった
P1070721.jpg
この時計の詳細は、こちらを見て欲しい。

この時計は、過去10年愛用しているのだけれど、ある日アパートでフローリングの床に落としてしまった。そして止まってしまった。ぜんまいが完全に止まっている。天真が折れたかもしれない。バンコクで修理できるだろうか? 修理に出したいんだけど・・・それらしい時計屋は、みんなデモ隊の占拠地区内で閉店中-_-;)
タクシーの中の禁止事項。
P4210146.jpg
右から2つ目はドリアン。南国ならではですね。

P4210148.jpg
明らかにワル乗りしてるよなぁ・・・^_^;)
私のバンコクにおける「タクシー乗車の最長時間」は、こちらにUPした1時間半だったのですが、本日はその記録を大幅に更新しました。何と4時間半。職場1から自宅までです。515バーツ(約1,496円)もかかってしまった-_-)

原因は、本日(28日)昼頃、バンコク北部のドンムアン空港付近でデモ隊と軍・警察の衝突があったため。これは日本でも報道されているでしょう。兵士1名死亡。ネット上に流れているニュース映像を見ると、軍・警察が派手に銃を撃っていて、いかにも激しい印象を与えます。例えばこれ↓
タイ・バンコク郊外で反政府デモ隊と治安部隊が衝突 兵士1人死亡、19人負傷
その他も含めて、ネット上の映像を見る限り撃っているのは実弾ではありません。反動がほとんど無いでしょ。それに使っている銃は、軍用にしては妙に古臭い木製銃床付きの物。良く見るとライフルではなくショットガン(散弾銃)のようです。これはゴム弾なんです。一方、デモ隊が発砲するシーンはありません。これでなぜ軍に死者が出たのか不思議に思ったのですが、こちらでは警察による誤射と報道されています。

今のところ軍がデモ隊に向けて、派手に実弾をぶっ放しているわけでは無いことは知っておいて欲しい。軍が実弾を使ったら、1人や2人の死者ですむはずがありません。

本日午後、デモ隊本拠地であるラチャプラソン交差点に通じる6路線の交差点(パヤタイ交差点、サラディーン交差点、ポンプララーム交差点、ナラーティワート通り交差点、アンリドゥナン交差点、アソーク交差点)を封鎖する準備を開始する旨アナウンスがありました。これは首都中心部の交通を完全に遮断することを意味します。中心部の交通を遮断すると言うことは、近いうちに何かある、と考えるのが妥当でしょう。

また、本日21時ごろ、国営放送で軍の会見が放送され、上記閉鎖地区付近およびデモ隊に近づくことの禁止等がアナウンスされたようです(タイ語のため詳細不明)。

依然として『デモ隊に近づかなければ大丈夫』という状況に変わりはありません。ただ、「デモ隊の近く」では、かなり緊張感が高まっています。

---------------------------------------------------

今日の軍の会見なんですが・・・
P1080196.jpg
やっぱり何言ってんのか全く分かんないんで・・・

IMG_0428.jpg
お母さん、でんごろり~ん!子パンダ、体育座り?

P1080198.jpg
おっ、お母さん!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 死んで・・・ないよね? これ、暗視カメラによる生中継のようです。
先日、日本に一時帰国したのですが、神奈川本社でのこと。
退社時に本社ビルを出ようとしたところ、簡易キッチンで我が社の美女2名(一人は我が社の観音様と言われ崇め奉られると同時に、みんなから感謝されている。もう一人はKBハンドラーとしての手腕が高く評価されると同時に、非常に恐れられている。この2人を敵に回すと、我が社で仕事をするのは困難である)が、お好み焼きを焼いているではないか。「何やってんですか!?」、「いや、たまたま手元にキャベツがあったんで~」。・・・会社にたまたまキャベツがあるというのが、我が社のスゴイところである。・・・今回の帰国の収穫は、実に観音様のエプロン姿が拝めたことに他ならない

---------------------------------------------------

クロントーイ市場にて。
P4240202.jpg
興味はあったんだけど、ずっと買わなかったのがコレ。今回買ってみましょう。

P1080153 50B
でんでろり~ん!
巨大なコウイカのゲソです。このイカ、標準和名をイカデビルと言います(そんなわけない)。Kgあたり150バーツ。これで100バーツ(約292円)でした。イカは冷凍できるのでありがたい食材です。

P1080154.jpg
見よ!このたくましい腕!

P1080158.jpg
1本でイカ焼きになります。焼いて気付いたんだけど、これ、相当縮む。つまり水分が多いんですね。

P1080159.jpg
今回何をしたかったのかというと、コレ。

P1080163.jpg
イカデビル玉!

まぁ、良いんじゃないでしょうかね。イカの水分が多めなので、加える水を少なめに。
2010年4月26日、いずれもチットロム駅の上から。

手前が交差点、奥(サイアム方面)が占拠地区。


交差点から占拠地区内。どうも中央分離帯のブロックを何かに加工しているようです。


占拠地区内。
4月26日、今日もいろいろ動きがあったんですが結論として、依然として『デモ隊に近づかなければ大丈夫』という状況に変わりはありませんので、過剰な心配は無用です。

本日夕方、職場1前の道路がデモ隊により検問封鎖。大渋滞でしたので迂回して家路につきました。公平に考えて、1)デモ隊が都心以外での活動を活発化させていること、2)反タクシン派(旧黄シャツ)も集会を開始し現政権への批判を始めたこと、等から状況は少々悪くなったと言えます。

今日の注目はなんと言っても、20時からのプミポンアドゥンヤデート国王陛下のご訓示でした。私もTVの前で待ち構えていました。
P1080182.jpg
ご高齢にも関わらず、やはり非常に威厳があります。思わず背筋が伸びます。国王陛下がメディアに出られるのは、実に久しぶりではないでしょうか。

ああ、しかし国王陛下、不勉強な私をお許しください。私は未だにタイ語が分からないのです。やっぱり途中でパンダチャンネルに・・・
P1080184.jpg
おっ、お母さん、これって・・・仰向け?それともうつぶせ? アンタ、本当に野生動物?


国王陛下のお言葉の重要な点は、『宣誓を守り、己に与えられた職務に邁進し、国家の発展に寄与せよ。誠実さと正義を旨に職務に邁進し、国民、特に「己の果たすべき義務を果たさない者」に模範を示す事が国家に平穏と秩序をもたらす』という事だったようです(ツイッター、#ThaiRedJより)。

・・・私も明日からまた、“己の果たすべき義務”に精進します。

ひか!生ライチだぞっ!!!

P1080176.jpg
P1080180.jpg
これで105バーツ(約305円)、セントラルデパートにて。
・・・メチャうま!ライチの認識が変わりました。これまで、私にとって熱帯フルーツのNo1は、ランブータンだったんですが、今日からランブータンはNo2ですね(注1)。

日本でライチというと、ほとんどが冷凍ですよね?よくあるのが焼肉屋とかファミレスのサラダバーにあるライチ。今回、生まれて初めて生ライチを食べたのですが・・・冷凍とは全く別物です。ライチ独特のあの風味、甘み、酸味、どれも非常に強い!これは美味いよ・・・。フルーツでこんなに美味しいと思ったのは、インドネシアで生まれて初めてランブータンとマンゴスチンを食べたとき以来。いや~、美味いフルーツってあるもんだよなぁ・・・。生ライチを食べると、日本の冷凍ライチは、味がのんべんだらり~んとしてて全くダメダメ。また見つけたら絶対買うな! ただ・・・値段がかなり高いことと、市場では見た事がないから、もしかしたらもしかしたら輸入物かも。

楊貴妃が好んだのは、冷凍じゃなくって絶対生ライチだと思う。


注1・・・ただしドリアンは別格である。ドリアンはいわゆる一般のフルーツと同じ土俵で比べるべきではない。
バンコクのデモ、週末の動きをまとめるとこんな感じです。

22日(木)夜8時ごろ、シーロム地区に迫撃砲が打ち込まれ1名死亡、約80名負傷。これでかなり緊張感が高まりました。

23日(金)は、上記を受けてか、都心の電車(スカイトレイン、BTS)が夕方6時までの営業。電車を止めて、軍がデモ隊の掃討に出るのではないか?というウワサが広まり、更に緊張感が。しかし同日、デモ隊はこれまで拒否し続けていた政府との対話の用意がある旨発表↓
タクシン派、対話の用意 「30日以内の解散」と譲歩
タイ元首相派、政府と交渉姿勢 5月解散など条件に
この時点で、私はもう完全に全面衝突は無くなったと思いました。一気に緊張感が緩みます。

しかし翌日24日(土)、あろうことか政府はこのデモ隊の提案を拒否↓
アピシット首相、タクシン派の妥協案拒否=事態打開さらに不透明に-タイ
タイ首相が議会解散を拒否 「30日以内不可能」
これには驚きました。政府としては、「この条件は飲めないが、対話の継続は必要」というスタンスだったようですが、政府に拒否されたデモ隊側が逆に今後の対話を拒否。現時点では、政府は自ら話し合い解決の道を閉ざしたように思えます。これにより昨日とは逆に再度緊張感が高まります。
デモ隊占拠地の東端はこれまで、BTSのチットロム駅だったのですが、この日もう1つ東のプルンチット駅まで伸びました。チットロム~プルンチット間は、ビジネスビルとアパートが混在します。居住者は相当不便になると思います。
実は私のアパートは、デモ隊の複数のバリケードの割と近くに位置しています。この日、デモ隊の雰囲気が明らかに変わったのを感じました。

この間、23日に日本国外務省は、バンコクにおける渡航情報(危険情報)を引き上げ↓
バンコク都に対する渡航情報(危険情報)の引き上げ(2010年4月23日現在)
この発表の後にデモ隊から対話の用意がある旨発表されたので、何とタイミングの悪い発表か・・・と思ったのですが、翌24日には状況は逆戻り。諸外国に比べると、危険度の引き上げはかなり遅かったのですが、結果として良いタイミングでの発表となった気がします。

それを受けて、日本の大手旅行社がツアーを中止↓
JTB、バンコク行きツアーを自粛
全ての旅行会社が中止したわけではないようですが。現状で、危ない可能性のある場所に近づかなければ大丈夫なのですが、日本は「自己責任」という習慣の薄い国ですから、これも仕方ないのかもしれません。

25日(日)には、首相がテレビで会見し、デモ隊の排除を改めて表明、しかし具体案には触れず↓
タイ首相がテレビ演説、反政府派排除の具体案には触れず
占拠現場「奪回」を表明=即時強制排除には慎重姿勢-タイ首相
タイ首相、強制排除に消極姿勢 元首相派との対立拡大懸念(47ニュース)
タイ:タクシン元首相派を強制排除へ 首相がテレビで明言(毎日)
日本語だと各社かなりニュアンスの違う報道なのですが、特に毎日と47(共同)のニュアンスの違い!同じ会見からのニュースとは思えません^_^;) まぁ、マスコミなんてこんなもんだから、そのつもりで読まなきゃね。少なくとも即時のデモ隊排除はない、と私は感じました。

いろいろな動きはあったのですが、『デモ隊に近付かなければ大丈夫』という表面的な現状は変わっていません。

---------------------------------

25日、テレビで首相の会見(実は録画だったようです)やってたんですが・・・
P1080164.jpg
何言ってんのか全くわかんないんで・・・

ついついパンダチャンネルに変えてしまいます-_-;)
P1080168.jpg
この飼育係うらやましいよなぁ・・・

はい、こことか、ここで書いたトゲシャコです。最初は物珍しさで食ってたんですけど、冷静になってみるとそんなに美味くはないんです。何しろデカいんで、最初はおぉ~っと思うんだけど、少なくとも長崎の港で買うシャコに比べるとかなり味は劣る。もっとも長崎では活きたシャコが買えたのですが、バンコクでトゲシャコを活けで買うのはたぶん無理でしょう。それを前提で言うなら、トゲシャコは水っぽくって旨みに欠ける。それが結論。この大きさでシャコのように旨かったら、どんなに美味しいか・・・と思うのだけれど。

P1070711.jpg
水っぽい-身に水分が多い-と思うのは、例えば生状態で剥いた時に、身がぷるぷるでいかにも締りがないと感じること。だいたい、生状態のシャコの殻を剥くのは至難のワザです。でも、トゲシャコは比較的簡単に剥けてしまう。さらにですね、剥いた身を茹でたら・・・何と!消滅してしまったではありませんかっ!!!無い!?鍋の中からトゲシャコが消えた!!!と思って、鍋のお湯を捨てたら・・・↓
P1070717.jpg
・・・・・・どういう訳か、茹でただけで身がばらばらになってしまうのです。ホントに信じられないんだけど、茹でただけでこの状態。これは、シャコではありえないことです。・・・・・・水分が多いなら、水を飛ばすべく焼きではどうか?塩をして、オーブンに放り込みます↓
P1080005.jpg
トゲシャコの塩焼き。・・・焼いたにも関わらず依然として身に水分が多い。まぁ、味は悪くは無いんで、トゲシャコの食べ方としてはアリかもしれません。ただ、こうやって皿に乗せるのは、あまり意味が無い。何しろ、こいつはエビと違ってキッチンバサミが無いと殻が剥けないのですから。

タイのレストランでは、こいつはもっぱら、ぶつ切りのにんにく炒めで出て来ます。水分を飛ばすために、炒める、というのは良いのかも知れませんね。レストランの真似をしてやってみたのですが・・・
P1080048.jpg
レストランの味には到底及ばず-_-;) しかもにんにくのみじん切りを焦がしてしまった。

ふ~ん・・・、トゲシャコの美味い食い方を勉強するために、しばらくレストランに通いましょうか

シャコというのは、死ぬと急速に身が劣化します。筋肉中のライソゾームが活発なのかもしれませんね。長崎時代には、シャコこそ活けの状態で茹でなければ!と痛感したものです。それでいて、なぜかシャコはカニと違って、鮮度が落ちても全く匂いが変わりません。

長崎では、港で生きたシャコが1Kgあたり500円で買えました。油断するとシャコぱんちくらって、爪を割りそうな元気なヤツです。贅沢だよなぁ・・・。