2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

昨日はオートーコー市場とクロントーイ市場に行きました。コートーコー市場ではナゾガイを買いたかったのですが、ありませんでした。売り場のお姉さんに聞いてみたところ、もう入荷するのは次のシーズンだと言う。この貝は年末年始を挟んだ3ヶ月間のみ入荷するとのこと(私はタイ語ができないので、間違っている可能性あり)。もしこれが正しければ、ナゾガイに再会できるのは、今年の年末ということになります。

こちらのブログで、ナゾガイの情報がが得られました。検索しても全く情報を見つけられなかったのですが、ダコログ、なかなかヤルな。このブログで興味深かったのは、『2004年のスマトラ島沖地震以来、スラータニー県で獲れるようになったらしい』というもの。生物学的に超面白いですよね。あ~、自分で現地に行って調べたいなぁ・・・
--------------------------------------------------------------
ノコギリガザミについては、以前こちらに書きました。これまでの調査^_^;)で、クロントーイ市場では買えるけど小型の物が多い、オートーコー市場に行くと1Kgオーバーの大型の物がごろごろしてる、ということが分かりました。いずれも活けです。バンコクで美味しいカニを食おうと思ったら、ノコギリガザミしかない、という結論は今のところ変わりません。ただ、オートーコー市場にはタイワンガザミやシマイシガニも活けで売ってたので、そのうち買ってみましょう。

さて、クロントーイ市場で、ノコギリガザミのツメだけ売っているのを発見!オスは丸ごとだと1Kgあたり260バーツ(約709円)なのに対して、ツメだけだと300バーツ(約814円)。ツメというのは、中身がほどんど食えますから、可食部分(と食べやすさ)を考えると、ツメだけの方がお得かもしれません。買ってみましょう。

P1070229.jpg
1Kgでこんだけ。

P1070231.jpg
一番デカいツメ。あり得ないくらいデカいですよねぇ・・・このツメを持ったノコギリガザミって一体何Kgあったんだろう???

P1070243.jpg
蒸してみます。

P1070245.jpg
当たり前だけど、蒸してもやっぱデカいよなぁ・・・。

結果・・・・・・プラス・マイナス両方あり。プラスは何より食べやすいこと。単価的にも丸ごと買うよりお得でしょう。マイナスは、味のイマイチなツメが混ざっていたこと。イマイチなツメは、明らかに死後時間が経っています。死んでからの時間は、ツメを見ただけでは分からないので、これは難しいところ。生状態の匂いで区別できるかどうか・・・?熱をかければ一発で分かるので、古そうなやつはその時点で外すんですかね。古いと言うより、流通の過程で温度が上がったと言うべきなのかもしれません。『カニは料理する時点で活きていなければならない』という法則を再確認した次第。ただ、一部を除くとこの食べやすさは魅力なんで、気が向いたらまた買うかも。

それから、これくらい大きなツメになると、食べるのに台所用品というよりも日曜大工道具が必要になります。キッチンバサミは全く役に立たず。特に良いハサミは刃を傷めるだけです。一番良いのは、頭の大きな金槌を自重だけでごんっとやって、ヒビを入れること。小さな金槌だとどうしても力が入って、ツメがぐしゃ!となっちゃうんです。こうなると殻のカケラが身に混ざってしまって上手くない。

ノコギリガザミ、まだあえてメスは食ってません。でもノコギリガザミといえば、内子ですよね! そろそろ内子の入ったメスを買ってみましょうか。まぁ、何にしてもノコギリガザミは美味いよなぁ・・・。

バンコクの街を歩くと、電線が目に付きます。一旦気付くととっても目に付くんです。一般的にバンコクの電柱はこんな感じ↓
IMG_0354.jpg
ぐちゃぐちゃです。人の背の高さまで、電線が垂れていることなんて全く普通。あ、電柱が丸ではなく、四角(断面はH型)というのも、電柱マニアには気になるところでしょうか。

IMG_0409.jpg
電線が、街路樹の葉っぱに埋もれていることもごく普通。で、上の写真、1本の電線が木の幹を伝って下に伸びています。この電線、どうなっているかというと・・・

IMG_0410.jpg
木に捲きついて終わってるんです。下の方に電線の端があるでしょ。もしかしてここに220Vの交流が来てるんだろうか!? だとしたら、かなりキケンじゃね?。
前回のトゲシャコから実はすでに2週間が経っています^_^;)。再びオートーコー市場でトゲシャコ。前回は、店のオヤジに適当に1Kg選んでもらったんですが、今回は自分で選びました。
P1070339.jpg
これは茹でた後。大きさはやっぱこれくらい。コレ、気持ち悪いって思います?まぁ確かにちょっと昆虫っぽいところはあるんですが。私なんかはカッコ良いと思っちゃうんですけどね・・・特に腕が。生き物ってハサミとかトゲトゲがあると、途端にカッコ良くなると思いませんか?(思わんか-_-) 典型がクワガタ。クワガタってカッコ良いよね~。子供の頃はもちろんですが、インドネシア時代にも結構クワガタ捕り行きました^_^;)。あ、タイでもクワガタ捕り行きたいなぁ・・・でも夢だね、今回は()。

そういえば、大学に入って最初に生物学の講義を受けたときの事、第1回目の講義で教授はいきなり、『バルタン星人は外骨格でしょうか、それとも内骨格でしょうか?』ときた。『二本の手に二本の足、それに直立。外観は我々と同じ背骨を持った内骨格のように思えます。しかし、もしそうならバルタン星人のハサミは表面がふにゃふにゃで全然威力が無いということになります』。この教授は、私が博士で師事した先生ではないのですが、私の生物、特に進化に対する興味を決定付けてくれたように思います。

まぁ、それはさておき。

値段は前回と同じ1Kgで450バーツ。コイツはやっぱ1Kg買っちゃいますね。というのも、1kgで5~6匹なんです。てことは500gだと2匹なんてこともあるんです。

P1070511.jpg
じゃ~ん!!! 今回は1Kgで5匹でしたが、どれも身入りはバッチリ! しかも5匹中4匹が卵入りでした。オレの目も意外に確かじゃん、やっぱ、自分で選ぶに限るな。

P1070512.jpg
オレンジが卵(かつぶし)。ちょっと茹ですぎだけど幸せ~♪

やっぱり、自分で選ぶべきですね。1Kgで5~6匹、1,200円くらいだから結構高いのですが、コレだけ身が詰まっていてかつ卵入りだと満足です。酢醤油やわさび醤油で食べてもい良いし、そのままでも良い。私は何も付けませんね。ただ、1匹がデカいんで、2つも食うと結構お腹にきます。課題は茹で方(茹で時間)ですかね。今回は10分茹でたんですが、ちょっと茹で過ぎてます。茹で時間が足りないと、殻が剥きづらい気がして。

さて、下写真はシャコの腕。
P1070535-1.jpg
ほら、見てください、このギザギザ!、ちょっと悪魔っぽいですが、カッコ良いですよね~♪。驚いたのが下の左から3本のトゲ。これ、ちゃんと関節があって動くんです!知ってました!?

カマキリと逆ですよね。カマキリは上から鎌を振り下ろす構造。シャコは下から上ですね。この鎌で小魚を捕らえたりすることもあるんですが、特筆すべきは猛スピードでこの鎌を前方に繰り出すこと。そう、シャコぱんち。これで2枚貝やカニの殻を破壊して中身を食べます。ネット上には迂闊に手を出したダイバーが、指の爪を割られた、という記事も見つけました。アサリとかハマグリの殻を割るってんですから、人間の爪くらい簡単に割れるでしょうよ。飼育下では、水槽を叩き割って脱走することもあるんだそうな。この小さい体で想像を絶するパンチ力と思いませんか?

P1070528-1.jpg
そしてその腕を支える、上腕(とは言わんのだろうな-_-)。見てくださいこのエルゴノミクスなデザイン! シビレません? ギーガーもビックリだよ、全く。これって・・・きれいに洗ったらガンプラの改造パーツに使えないか!?大きさ的にも1/144くらいでちょうど良いんじゃね?

生物というのは、それぞれの環境に合わせて、実にうまい具合に体を進化させているんですよね。ホント、生物の多様性って面白いと思うんだけど。
日経が有料のWEB版を開始するそうですね。月4,000円。今、新聞業界は岐路に立たされています。しかし、紙の紙面をそのまま有料でネット配信するという形態は時代の流れに反しているのではないか?米国の多くの新聞は、その収益の大部分を広告から得ているのに対して、日本の新聞は紙媒体の販売からの収益が大きい。米国の新聞としては珍しく、広告収入よりも購読収入に頼っていたクリスチャン・サイエンス・モニター紙は、WEB紙面を有料化するのではなく、WEBからの広告収入に頼る方向でWEB化しました。「囲い込むよりオープンに」が、やはりWEBの基本だと思います。産経新聞はもうかなり前から全紙面が、ネット上なら無料で読めることを考えてほしい。日経のこの試みは失敗するのではないかという気がしています。

------------------------------------------------------------------------------------

また、コイツに出会った。
IMG_0490.jpg
やはりこちらを見つめている。

IMG_0488.jpg
・・・・・・。

IMG_0487.jpg
・・・・・・・・・。

IMG_0492.jpg
私が目の前にいるのにくつろぎまくりである。『そんなにだらりんしてるとミズオオトカゲに食われちまうぞ!』と声をかけたら・・・

IMG_0493.jpg
「えっ!?」
オートーコー市場のエビ売り場。この市場は、クロントーイ市場より商品が明らかに高級です。大型のクルマエビ類はクロントーイ市場ではほとんど見なかったのですが、オートーコー市場には豊富にあります。でね、クルマエビ類はオニテナガエビより全然高価なんです。オニテナガエビはKgあたり300バーツ(約806円)くらいなんですが、クルマエビ類は倍近くする。
P1070310.jpg
写真手前は、クルマエビ類なんだけど、日本では流通していないんじゃないかなぁ・・・良く分からない。Kg450バーツ(約1,209円)。あ~、やっぱ検索表付きの図鑑欲しい。奥はたぶんブラックタイガー(ウシエビ、Penaeus monodon)でしょう。Kg480バーツ(約1,290円)。ね?オニテナガエビなんて目じゃない値段なんです。手前の謎エビも魅かれるけど、とりあえず馴染みのあるブラックタイガーを頂きましょう。

P1070324.jpg
大きさはこれくらい。かなりデカい。500gで7本でした。240バーツ(約645円)。日本に比べればかなり安い。
500gにしました。カニは殻の重さがあるし、細い足なんか食べないじゃないですか。だから1Kgのカニなんて平気で食っちゃうけど、エビは可食部分が多いんで、1Kgも買うと大変な事になります。

とりあえず剥いて、湯引いてみます。
P1070333.jpg
表面は茹でられていますが、中は生状態。んま~い! やっぱこれだよ、エビは!うんうん(←ひとりで納得)。突発的にあっ、エビマヨだっ!って思ったんだけど、冷蔵庫にマヨが無い-_-;)。あれ?そいえば、タイのスーパーでマヨネーズってどこにあるんだろう?あんまり見た記憶が無い。んま、とにかくコレ食ったらオニテナガエビなんか食ってる場合じゃねーな、全く。オニテナガエビが安いわけだよ・・・。

P1070336.jpg
ブラックタイガーのカレー風味卵とじ。カレー粉のせいで卵の色がちょっと濁ってるけどんまい!・・・でもなんか違う-_-;) 美味いエビが手に入ったんで、ついつい何かしたくなってこんなもん作っちゃったけど、これは間違い-_-;) こんなことするんなら、もっとちっちゃくて安いエビで良いんだよ。だいたい、エビがデカくて食べづらい。

やっぱ、一般家庭ではこれしかねーな↓
P1070360.jpg
単なる塩焼き。これが一番間違いがなくて美味いわ。でも、チョイ大きいね。中心まで火を通すと表面はちょっと火が通り過ぎ。もっと弱火でじっくり焼いた方が良かったのかな? どっちにしてもここまで大きくなくて良いや。カニはデカければデカいほど美味いんだけど、エビは大きさと味って関係ないよね?次はちょっと小型のやつにしよう。その方が安いし。

・・・あ゛~、てんぷら食いたくなったなぁ・・・バンコクに美味いてんぷらが食える店ってあるんですかねぇ・・・
アビー・ロード・スタジオ売却ってニュース、ガセかよ・・・。シティ・グループが買うなんて報道まで出てたのに。まぁ、EMIは相当苦しそうだから、売却を検討してる時に、情報がリークして、ポールとかジェフ・リンとかロジャー・ウォーターズなんかが、オレが買うからとか言ったんじゃないですかね?真相は。

------------------------------------------------------------------------------

こちらで紹介したオーディオセット。エージングが進むにつれてなかなか良い音になってきました。でもね、割とCDを選ぶ気がします。CDによっては、おぉっ!って思うくらい良い音なんだけど、CDによっては、CDの音を丸ごとコンプレッサーにかけて圧縮したように聞こえて・・・-_-)な物もある。ただ、「素直な音」という評価は変わりません。Purple Chickレーベルのビートルズのスタジオセッション物なんかは相当生々しく聞こえて◎。

ただし、聴いているうちにいろいろと不満も出てくるわけ。まぁ何しろ5万円だからねぇ・・・アレをこうしたい、アソコをこう変えたいとか・・・いろいろ出てくるわけですよ。しかし!、バンコクにいる間は、音楽聴くためにこれ以上お金は使わないと誓いましょう。ハマるときりがなくなりますからね~♪ あ、スピーカーを置くためのコンクリートブックくらいは買うと思いますが、それくらいは良しとしましょう。

さて、今回のアンプ。これは真空管を使っています。別にオーディオにレトロ趣味は無いんですが、A級作動でも大出力は不要、それに安い(と言っても2万円以上だけど)という理由から真空管アンプを選びました。聴いていてまず思ったのが出力不足、パワー不足なんです。スピーカー(FE83En)の音圧は88dB。まぁ、普通ですよね。90dBとかのユニットだともう少し大きな音が出ると思うのですが、やっぱりパワー不足です。ここはやっぱり、TU-879Sやなんかに買い買えるかなぁ・・・。

P1070194.jpg
よく、真空管アンプの音は『暖かい』なんて記述を見ることがありますが、それはちょっと違うと思います。そもそも暖かい音ってどんな音だ?でもね、真空管アンプが暖かいのは確かです。

P1070193_20100124010037.jpg
電源を入れると、真空管がオレンジに光ります。音とは全く関係ないのだけれど、この光景はちょっと魅力。

真空管は熱を発します。このアンプに使われている真空管は、6BM8という小さな物ですが、それでもガラス管の表面は100℃を超えるようです。だから、触るとやけどするので注意が必要。真空管アンプは実際に“暖かい”のです。っていうか、バンコクでは暑いんですけど・・・。あっ!ということは、今の時期の寒い日本で使うには良いんじゃないでしょうか? 小さいとはいえ、部屋の中に100℃の熱源があるってのは、暖房費節約に貢献しますよ! 「うちエコ」グッズに、ぜひ真空管アンプを入れましょうよ! それに、真空管の火ってなんか気分的に暖かくなります。あっ、「うちエコ」ってもう古いんだっけ?まだやってんだっけ?

#日本はもうそろそろ暖かくなるころなのかなぁ・・・?

P1070307.jpg
これ、トゲシャコ(Harpiosquilla harpax)だと思うんだけどどうだろう?・・・やっぱ図鑑要るわ。シャコの分類なんてネットじゃ調べられない-_-;) 日本で普通に食べるシャコ(Oratosquilla oratoria)より大型ですが、日本にも生息しています。最近ではネット通販をメインに日本でも国産の物が流通してますね。

P1070319.jpg
こんなにデカいんです。1Kgあたり450バーツ(約1,244円)。

この写真を見ると人によっては、気持ち悪い~とか言うんだろうな。特に昆虫系キライな女子。でもね、これを食わないのは実にもったいない。う~ん、これも見つけたら、また買っちゃうんだろうなぁ・・・^_^;)

ただ茹でて食うに限ります。
しかし、今回のは・・・アレ!?身が無い!!! いや、無いわけじゃないんだけど、身がとっても痩せてて、かつ身が殻にくっついてて上手く取れない。残念ながら全くだめだめ。期待しただけにこれはがっかり。なぜだめだめだったんだろう?時期が悪いのか?。日本では、シャコの時期って春~夏ですよね?長崎県大村湾ではそうだった。バンコクでのトゲシャコの旬っていつなんだろう?タイは熱帯だけど雨季と乾季があるし、産卵期とかもあるだろうから、タイでも当然シーズンによって身入りの良い/悪いがあるはず。旬を調べなければいけません。鮮度が悪いのか?。シャコって鮮度の落ちが極めて早いんですよね。死ぬと急速に身が痩せちゃう。オートーコー市場って朝9時ごろに開くようです。シャコ漁って夜じゃないだろうから、水揚げは早朝なんだろうか?この日、オートーコー市場に行ったのは午後2時くらい。ってことは、早朝の水揚げだったとしてもかなりの時間が経っています。次は朝一で行ってみるか・・・。

救いは、かつぶしの入っている物があったこと。かつぶしとは、シャコの卵のことね。コレ食ったら幸せになれること請け合い。あれ!?ってことは今が産卵期か???いずれリベンジしてみましょう。

・・・あ゛~、寿司食いたくなったなぁ・・・バンコクにシャコを出す寿司屋ってあるんだろうか?

シャコってね、美味いだけじゃなくて生き物としてとっても面白いんです。超ウルトラ強力なパンチ力(ネコぱんちの比ではない)とか、我々に見えない物が見えるとか・・・この辺はまたいつか。
さぼてん
新宿さぼてん。
バンコクにもあります。休みの日にぶらぶらしていて何となく入ってしまいました。場所は伊勢丹の中。味は、味噌汁がちょっと日本の店と違ったけど、それ以外は日本とほぼ同じ。だから美味い。でも、値段も日本で食べるのと変わらなかった。だからこっちでは超高級。

場所柄、日本人もいたけど、大部分はタイ人。ゴマを擂るとか、キャベツはお代わり自由とか、そういったスタイルを含めて、タイ人にウケてるんだとしたら面白いですよね。

う~ん、美味しいんだけど高いから、もう来ることは無いかな?
P1070304.jpg
「105ユニット」の訓練風景です。私がシューターズ・ギャラリーさんとこで射撃をしている時に、隣のレンジで訓練してました。これは、目の前に鉄砲を突き付けられた時の回避方法の訓練。105ユニットとは、警察内の組織かと思ったんですが、参加者に聞いたところ、最近できた組織で正式な警官ではなく“アシスタント・ポリス”とのこと。少年ライダー隊(←知らねーだろな-_-;)みたいなもんですかね?

P1070295.jpg
こんな少年も練習してました。この頃から練習してたら上手くなるよなぁ。羨ましい限り。ちなみに銃はベレッタのM92FSという米軍正式採用の大型拳銃、日本の自衛隊が使っている拳銃よりもちょいと大きめ、口径は9mmパラベラム。彼の頭のすぐ上に黒い点があるの分かります?これは排出された薬きょう、つまりこの写真は撃った直後なんです。でも反動ってこの程度。ただし、彼なんかは体(特に上半身)が軽いから反動が後ろにも来る。それで後ろから大人が支えています。10ヤードの距離で、紙のターゲット内にはそこそこ入ってましたよ。ちなみに、私のようなデブになると、反動はもっぱら、肘から先を跳ね上げられるような上方向で、反動の強い.45ACP口径でも後ろ方向(肩方向)の反動は僅かです。

ネット上では、バンコクの射撃場は火薬を減らした弱装弾を使ってるから、反動が弱い・・・なんて記述も見られますが、少なくともこの射撃場ではそれは無い。この射撃場で使われる弾は、いずれもいわゆるファクトリー・ロードで、メーカーはThai Arms社とBullet Master社というタイの会社のものが多いですね。.22LR口径では、フィリピン・メイドのArmscor社製の物も見ました。

拳銃ってね、誰でも撃てるんですよ。日本人には反動がすごく強いと思われてることが多いと思うんだけど、たぶん多くの人の想像より全然弱いと思う。少なくとも大人なら、か弱い女性であっても誰でも撃てる程度、と言って良いと思います。あんまり撃つと反動で手首を傷めたりする?なんて思ってる人もいるかもしれませんが、それも全くない。撃った後に腕や手首が疲れるって言う人はいますが、それは無駄に力が入りすぎてるからです。もちろん、1秒間に2発も3発も撃って、かつ標的の真ん中に当てるような撃ち方なら、反動を抑えるためにある程度の力が要ります。でも1秒に1発とかのペースで比較的ゆっくり撃つ分には、腕力はほとんど要らない。反動はもちろんありますが、逆らわなければ良いんです。

ただし、音にはビックリするかも。.22LR口径の小さな弾でも、発射音の大きさは、運動会で使うよ~いドン!の音の比ではありません。.45ACP口径なんかになると、も~それはそれは。イヤーマフ(ヘッドフォン型の遮音器、耳栓)をせずに100発も撃つと、「大音響のライブに行った後状態」になります。だから、米国の射撃場ではイヤーマフの着用を義務付けてるところもある。この射撃場では、料金にイヤーマフの使用料も入ってるので大丈夫。

以上、射撃を始めて3ヶ月の素人の感想。

あ、以上は各国の警察や軍が使ってるフツーの拳銃の話ですよ。.454カスールだとか、.500S&Wマグナムなんかだと状況は違ってくるのかもね。.500S&Wマグナムとは、今のところ量産されているものでは世界最強と言われている拳銃弾で、エネルギー的には.44マグナムの3倍くらいあったはずです。そういうの撃ってみたいなぁ・・・^_^;) あっ!シューターズギャラリーさんとこで、買いませんか?スミス&ウェッソンのM500とか!バンコクで世界最強の拳銃が撃てる!、とか言うと、意外と宣伝になるかもしれませんよ!



#このブログ、「日記」ではなく、実は週末にまとめて書いてます。で、予約公開機能を使って、1日に1本づつ公開しているわけです。現状ですでに向こう1か月分くらいの記事をサーバーにUPしてます(ってことは、私が今死んでも、1ヶ月くらいは更新され続けるわけね^_^;)。だから、その日に書いたものをその日にUPすることは滅多にないのだけど、このエントリーは例外。今日書いてます。

こちらのページに頂いたコメントで!?と思い付いたことがあります。思えばなぜ今までこんな当たり前のことに気づかなかったんだろう。

ネット上の文章を見ると、カブトガニってどうやら食べるのは卵だけのようです。ってことは、市場に並んでいるのはメスだけなのか!?確かに今までの写真を見直すと、そんな気もします。次回、市場に行ったら確認してみましょう。もし、メスしか市場に並ばないのだとしたら、オスは港で捨てられてるんでしょうか? そもそも、カブトガニってどうやって捕るんだろう?網ではないですよね?だって、こんなトゲトゲなやつが網にかかったら、網からはずすのが大変でしょ?網を破ることもあるだろうし。それに、メスといっても卵が無いとダメなわけですよね?で、思ったんですけど、もしかしたら、産卵のために浜に上がってきたカブトガニを手で拾ってるんじゃないでしょうか?メスだけ。だとしたら、どこかにカブトガニの大規模な産卵地があるはずです。バンコク市内では、それほどメジャーではないとはいえ、毎日相当な数のカブトガニが売られているのですから。

だからね、もしかするとタイにもこんなとこがあるんじゃないですかねぇ・・・↓
P1020289.jpg
2007年米国デラウェア州の海岸で撮影。

今回はやたらとifの多い文章になってしまいましたが・・・誰か探しに行かないか~!!!タイにおけるカブトガニの産卵地。自分で行きたいんだけど、オレそんな時間まったく無いのよ・・・

#あ、タイにおけるカブトガニの生態や分布に関する文献をご存知の方はぜひ教えてくださいませ