2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

2週間ぶりの帰国なんてのはこれまでも出張でちょこちょこありました。でも、海外に赴任してから帰国すると、わずか2週間でもちょっと違った感慨があるものです。何よりこの2週間で東京はエラく寒くなった。街行く人はほとんどコートを着ている。

というわけで、コートについて書いてみましょう(強引?^_^;)。

私が現在持っているコートは、学部時代に買ったShottのピーコート、大学院時代に買ったゴールデンフリースのN3B、それにインドネシアから帰国した直後に買った革製のトレンチコートの3着。Shottは学生時代を過ごした福岡のサープラスショップで買いました。どういうわけか?、今にしてみればもう覚えていないのだけれど、大学に入ったころからピーコートは欲しいと思っていました。大学2年の時、ちょっとしたピーコートブームが起こり、街にピーコートがあふれたことがあります。当時アイビーファッションに憧れていた私としては、Jプレスのピーコートを買おうと思ってバイトをしていた。

ある日、何気なく入ったサープラスショップで店員が声をかける。「今シーズンは、ピーコートが流行りですよ、どうですか?」。私としては、流行などに全く興味は無かったのだけど、ピーコートは前から欲しかったので一応手に取ってみる。何やらやたら厚くてゴワゴワした超緻密なメルトンで編まれたピーコートでした。店員曰く、「アメリカの海軍に納入しているメーカーが同じスペックで作った物なんです」。当時、軍用品等には全く興味がなかった私としては、「ピーコートはJプレのやつを買おうと思ってんですよね・・・」、すると店員、「Jプレスは私も大好きで、ブレザーとかスーツは持ってますが、ピーコートは絶対shottが良いですよ!」と力説する。さらにたたみかけるように、「10年着たら違いが分かります。全然違いますから。」

当時、私には1着の服を10年着るという発想が無かった。二十歳そこそこの者にとって10年前と言えば10歳です。10歳の時の服なんてあるはずが無い。
「これって、10年ももつんですか?」
「普通に着ても10年くらい平気で着れますよ!」
なんとなくこの言葉にひかれて衝動買いしてしまいました。19,800円。学生にとっては極めて高価な買い物。でもとにかく分厚い生地なので、最初のうちは腕を曲げるのも抵抗があったけど、とても暖かかった。学生時代、スクーターに乗って通学するのには重宝しました。

・・・・・・以来20年。10年どころか20年経っても未だに私の手元にあります。その間、バイクで雨に濡れることはもちろん、相当手荒な扱いをしました。でも未だに現役です。私が新品で買った服のなかで最も古い物の一つになりました。途中でボタンは全部替えたし、さすがに袖はかなり擦り切れてきましたが、何しろ分厚い生地なんで気にならない。東京時代にも何度も着ました。

向こう数年間は南国タイなんで、さすがに持って来ていませんが、日本に帰ったらまた着ましょう。

今にして思えば、1着の服を長く着る、ということの意義を教えてくれた服だったような気がします。たぶんこの服は私が死ぬまで付き合うことになるんだと思います。いや、手入れさえ良ければ私が死んでもまだ着られるかも!?

「ピーコート」というのは、もともと海軍の軍服。それ以外にも、一般名詞になっているコートは、例えばトレンチコートとかダッフルコートとか。全部軍服由良なんですよね。知ってました?

先日バンコクのTrueで買ったタイ正規品のiPhone、日本でもドコモのSIMを刺せば、ちゃんと使えます。
PB290029.jpg
左上に注目。キャリアがちゃんとNTTになってるでしょ。ちゃんと通話もできました。ただしインターネットに繋がらない。なぜかと言うと、日本脱出の際にimode契約を解除したから。imodeを契約してたら、ちゃんとネットにもつながるようです。ただ、パケほーだいは適用されないんで、実用性はあまりないかも。今回は仕事で一時帰国したんで、通話出来れば良いです。まぁ、あくまで非常用ですね。SIMロック無しのiPhoneって一部マニアに大人気ですが、日本で本格的にiPhoneを使うならソフトバンクと契約するしかなさそうです。

このサイトは日記ではなく、撮りためた写真を随時アップしているわけですが、たまにはその日にあったことも書きましょう。以下、本日(28日)の私の行動、

0530 起床
0630 家を出てスワンナプーム空港へ
0700 空港着
0820 飛行機に乗って日本へ
1600 成田着
 成田からバスに乗ったのが失敗でした。途中首都高で事故2か所。
2000 ホテル着
2200 東京事務所着、ひと仕事
2430 ホテル着

・・・疲れました。
これから明日の仕事の書類読んで寝ます。

あっ、東京事務所に行く途中、東京本社に寄ったので私が侵入した形跡があるかもしれません。東京本社のみなさん、探してみてください。



P1060245.jpg
クロントーイ市場に並ぶミドリイガイ(Perna viridis)です。これは日本でもおなじみですよね。ムラサキイガイ(ムール貝)、モエギイガイ(パーナ貝)と共に、イタリア料理屋やベルギー料理屋でよく目にします。私がこの貝の美味しさを知ったのは学生の頃。福岡県早良区のパスタ屋『英』(はな)で食べたパーナ貝のオーブン焼き。もう10年以上前になるけど、このパスタ屋、まだあるんだろうか?乾麺ではない、生麺パスタの美味しさを知ったのもこの店でした。

P1060261.jpg
バンコクの市場ではKgあたり40バーツ(約104円)。1Kgでこれぐらい。

一番簡単で美味しいのは、ただ、鍋に入れて火にかけること。白ワインを振りかけたいところなんだけど、とりあえず手元に白ワインがない。でも気にしない、貝から出た水分で蒸し焼きになります。新鮮なヤツならただ火にかけるだけで十分美味い。こいつはとにかく新鮮な(活きた)ヤツを口が開く程度に火にかけるのがコツ。不味くはなりようがない。あ、ひげ(足糸)は取っておきましょう。別に食っても良いけど、食感が悪いから。1Kgといっても貝殻の重さを引くと、身はそれほど多くない。頑張れば1人でも食えます(だからデブる-_-;)。

食った後には鍋の底に出汁がたまります。ベルギー料理屋では、パンをこの汁に浸して食べる。まぁ~貝ってホント美味いわなぁ・・・と感じる瞬間。時間があれば、あらかじめニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒めて、鍋の底に玉ねぎを敷き詰めてから蒸すと美味さ倍増!

ミドリイガイだけでこの出汁でしょ・・・。う~ん、ブイヤベースの野望が・・・^_^;)









こちらでは、1.5Lの水のペットボトルが、コンビニで15バーツ(約39円)前後です(左の赤いカンは、今回は気にしない^_^;)。
P1060205.jpg
これを2日で1本は飲んじゃうんです。で、空のペットボトルは、生ゴミやビン・カンなどど一緒のゴミ箱へ。何か、すごい罪悪感があるんです。リサイクル経路が確立されていないバンコクでは、ペットボトルは捨てられるだけ。

私は過去5年間、日本でペットボトルを買いませんでした。もちろん、外出先でのどが渇いた時などは買うこともありましたが、少なくとも家で飲むことを目的に、1.5とか2Lのペットボトルを買うことは無くなっていました。理由は1つ。空ペットボトルを捨てたくなかったから。日本ではリサイクルされているとはいえ、リサイクルってある意味『必要悪』的なところがあるじゃないですか。リサイクルするにしてもエネルギーはかかるわけで、リサイクル品を出さないことができればそれに越したことはありません。

日本では何を飲んでいたかと言うと、ティーバッグのお茶。これを沸かしてました。海外ではタイに限らず、水道水を飲むのはお勧めできません。というわけで、これまではペットボトルの水を買っていたのですが、さすがに毎週3~4本も捨てるのはすごく抵抗がある。何とかならないんだろうか・・・?と思っていたときに見つけたのがコレ↓
P1060204.jpg
家から一番近いコンビニにありました。6Lのペットボトル。これなら週に1本ですむかな?

・・・・・・ただ・・・・・・よく考えたら、週に3~4本の1.5Lペットボトルを捨てるのと、6Lを1本捨てるのと、ティーバッグを沸かすのと。どれがエネルギー収支的に一番お得なんだろう?ティーバッグ沸かすにしたって、電気とかガス使うわけだしねぇ・・・。こういった生活に身近なシチュエーションのエネルギー収支(Co2排出量でもいいんだけど)を分かりやすく説明したサイトとかないもんだろうか?

#しっかし、タイではホントにペットボトルも全くリサイクルされてないんだろうか???






週末に撮影した動画です。

射撃を始めると、フリンチ菌に感染する可能性が高いのだという。この菌は非常に恐ろしい。何しろ、1)感染したという自覚症状がない、2)完治は非常に困難、という2点においてきわめて厄介である。詳細は、こちらのページの、「その他に関するFAQ38」を読んで頂きたい。
http://www103.sakura.ne.jp/~taka25th/newpage579b.htm

自分自身が感染していないか?当然のことながら非常に気になる。しかし、もし自分が感染していることが分かったら、一体どうすれば良いのだ?上記サイトにも治療方法は書かれていない。だが、気にはなる。感染確認はしておくべきであろう。幸いな事に、感染の有無は自分で確認できるようだ。が、今回は念のため、動画を撮影した。これによって、有識者の判断を仰ぐことができると思う。

検査に当たっては、もちろん教官である現役警官の許可を得ている。


S&W M67。弾はBullet Master社製の148gr.、弾頭はワッドカッター。まずは両手で。


次に片手で。条件は同じ。

個人的には感染していないと思えるのだがどうだろうか?
片手では、検査によるストレスのあまり、たまたま1発目にあたった空薬きょうを最後にもう一度、撃つ気まんまんで叩いてしまった。・・・情けない。

前記サイトによると『(不発が起こった瞬間)に、銃が微動だにしなければ、貴方は「フリンチ菌」に冒されていません。』とのことである。しかし、私の場合は撃つ気があろうがなかろうが、常に銃が微動している気がするのでイマイチ自信がない-_-;) 

どうなんでしょ?私は懺悔する必要があるのでしょうか???

#ちょっとヲタク過ぎる話題だったでしょうか?^_^;) 大多数の人はついてこれないと思いますが、気にしな~い♪
先週、iPhoneを買いました。
iphone

これで手元の携帯は瞬間的に3台に。左から、
・日本で使っていたドコモの携帯
・MBKで800バーツで買った10年くらい前?の中古ノキア
・今回買ったiPhone 3GS 32G
iPhoneを買った理由は、「どこでもインターネット」という日本では当たり前の状態を構築したかったから。ブラックベリーという選択肢もあったのですが、元マック使いとしてはiPhoneにひかれました。タイでは、iPhoneはTrue Moveという通信会社から発売されています。タイのiPhoneの良いところは、通信会社によるロック、いわゆるSIMロックがかかっていないこと。だから、日本に帰った時にドコモのSIMカードを刺せば、ドコモの携帯としてiPhoneが使えます(ただし、パケほーだいは適用外)。

True Moveの店から正規品を買いました。本体価格が税込3万バーツちょっと。車の購入は断念しましたので、おそらくこれがタイにおける最も高価な買い物になるんでしょう。毎月の使用料は599バーツ。

今更ながら、iPhoneの便利さにちょっと感動。これって、携帯電話というより電話もできる多機能インターネット端末なんですね。これまではiPod Touchを、「電話のできないiPhone」なんてバカにしていましたが、実際に使ってみると電話機能を使わなくてもiPhoneの存在価値は大アリですね。

とりあえず、すんごく便利と思ったのがマップ機能。知らない街でもこれさえあれば迷うことはありません。それにどういう原理か、バンコクの渋滞情報まで表示される。コンパス機能と連動してるんで、今自分がどっちを向いているのかが、地図上に表示される。超便利。東京で地下鉄乗って、初めての駅から地上に出て、今オレどっち向いてんだろ?って思ったことないですか?東京でも使いたかったなぁ・・・^_^;)

購入して即インストールしたアプリが「i文庫」。私、手元に本がないと活字渇望症が出るんです。ジャカルタ時代には苦労したもんです。バンコクでも日本語の本は買えますが、日本定価の2倍くらい?するんです。そんなの買ってられませんから、これは超嬉しい!こんな小さな端末に「青空文庫」に登録されている古典全8,000冊以上が収まってしまいました。

というわけで、ノキアとドコモは電源を切ります。それに伴い、ドコモ番号は不通になりますので、今後私への電話は、タイ携帯にお願いします。
先週後半からやたらと涼しくなったバンコクです。朝方の最低気温は20℃を切っているようです。バンコクにこんな涼しい日があるとは知りませんでした。昨シーズンは15℃近くまで下がった日もあったそうな。

さて先週末、やはりクロントーイ市場であまり見ない貝を見つけましたので上げておきます。
tengunishi?1
遠目に見ると、泥の付いたサトイモか?と思ったくらい泥だらけ。持って帰ってガシガシ洗うと・・・こんな感じ↓

tengunishi?2
コレ、何ですかね?私、あんまり貝には詳しくないのです。日本の市場に出回る貝で近い物を考えると、テングニシ???とも思えるのですが、テングニシはもう少し全体が細長いように思います。Kgあたり50バーツ(約134円)。1Kgというと、この貝が約25個。全て活きていたので、刺身という手もあったのですが、とりあえず手元に千枚通しもハンマーも無い。ということで茹でます。

味は・・・うん、まさにテングニシとかアカニシの味。ただ、わたには若干ながら独特のえぐみがあるので(たぶん唾液腺由来)、嫌いな人はわたを取って食べたほうが良いでしょう。今回はちょっとぜいたくに、わたを取って頭(体?)だけを串に。塩焼きにします。
P1060310.jpg
んまいっ!貝としては決して美味しい方ではないと思います。サザエのような磯の風味は無いし、貝としての旨味も薄いですが、貝好きとしてはこの歯ごたえで十分幸せ♪

んで・・・この貝の種名なんだろ?どなたかご存知の方がおられたらご教示ください。粘土のような細かい泥にまみれていたんで、干潟のような場所に住むのだと思います。
P1060277.jpg
ファランポーン駅

P1060282.jpg
中華街1、ヤワラー通り

P1060290.jpg
中華街2、ヤワラー通り

P1060302.jpg
ルンピニナイトマーケット、準備中
先週末、また射撃をしてきました。どうせやるなら、何かこう、目標があった方が良いよね!前回、生まれて初めて鉄砲を撃って、紙の標的を外すことは、少なくとも無さそうだ、ということが分かりました。特に最後の20発は、全弾8点以内に入りました。というわけで、今日の目標は10発撃って全弾黒点(9点以上)、としましょう。選んだ鉄砲(口径)は、スミス&ウェッソンのM67、.38スペシャル口径です。M67というのは、いわゆるミリタリー&ポリス(M10)に上下左右調節可能なリアサイト(照門)が付いたステンレス製の鉄砲。.38スペシャル口径という弾は、日本の警察官が持っている鉄砲と同じもの。
SW M64

前回、最後に撃って結構まとまったんで、全弾黒点なんで意外とすぐいけるんじゃね?と思ってたんですが・・・・・・さにあらず-_-;) 前回最後に撃ったのはコルト・ガバメント(.45ACP口径)だったのですが、今回は.38スペシャル。口径によって(もしくは鉄砲によって?)明らかに当たりやすさ/当たりにくさがあるんですね。

とりあえず、淡々と撃っていきます。

・・・・・・私にとっては、.38スペシャルよりも.45ACPの方がよく当たるようです。教官の警察官()曰く、「ガバメントは反動は強いが当たりやすい優れた銃だ」。途中で.45ACPに変えようかとも思ったんですが、とりあえず今日は.38スペシャルで通しましょう。

不思議と恐怖感は全くありません。目の前で高圧を発生する火薬が燃焼して、轟音を立てるのですが、怖さとは無縁。子供の頃、ブローバック式のモデルガンを撃つ時は、“スライド飛んできたりしないでしょうね?-_-)”という思いが常にあり、結構緊張して引き金を引いたものですが。実銃ではそういった事故はありえないでしょうから逆に安心感があります。

途中、標的交換の最、教官氏が5枚の標的を並べる。こんな感じ↓。標的の間隔がまちまちなのはご愛敬^_^;)
P1060230.jpg
距離は20m。教官氏、左から順に撃てと言う。はぁ、分かりました・・・。

更に淡々と撃っていきます。

1順目、2順目、3順目・・・と5発の銃弾を撃っていきます。それでですよ!5枚のうち1枚は9発目まで全弾が黒点内に集まっているのです!!!あと一発で目標達成♪と思ったら、プレッシャー-_-;) この一発は外せないぞ・・・・・・と思いながら時間をかけた挙句にこの一発↓。
P1060231.jpg
距離20m、鉄砲はスミス&ウェッソンのM67、両手撃ち。

!Σ( ̄ロ ̄lll)!!!なんてこった!!!!外してしもた!!!11時の位置の1発が10発目。大ショックである・・・。メチャ落ち込み・・・・・・もう立ち直れん・・・。・・・結局これがこの日のベストスコア(泣)。

ストレス解消に実弾射撃!なんて人もいますが・・・私にとっては、逆にストレスをため込む場になりそうな予感が・・・。

今回はとりあえずこんだけ撃ちました↓
P1060236.jpg
多すぎ?^_^;)

この射撃場は、民間射撃場ではなく警察の射撃場です。外国人には現役警官が教官として付いてくれます。週末に行くと、プライベートで練習している警察官がいたりします。屋外射撃場なんで、音は響きまくりですが、周囲一帯が警察関連施設なので問題なし。

バンコクの街には屋台がいっぱいです。フルーツ、ラーメン、揚げ物、焼き物、ご飯物・・・ありとあらゆる物が屋台で食えます。形態的に大別すると、テーブルとイスを完備して料理を皿で出す屋台と、この写真の様なリアカーのみのテイクアウト専門屋台があります。これらが混在して、ズラリ並んだ屋台街を形成しているところが多い。ちょっと意外だったのは、朝の通勤時間帯から営業してて結構繁盛してること。朝ご飯を屋台で食べる人、お昼ごはんを屋台で買う人。

写真は今週3回も通ってしまった家の近くのテイクアウト屋台、串焼き屋。
屋台1
この屋台、どうやら繁盛しているらしく、画面ほぼ真ん中に見える緑のバナナの葉っぱの上に焼きあがった串を置くのですが、ここに串が並んでいないことが多い。写真では完全に空ですね。

屋台2
その代わり、焼き網の上にびっしり串が並びます。要は焼きあがるそばから売れていくんです。この屋台の串の種類はブタとトリとソーセージ。トリはどういうわけかいわゆる鳥肉(かしわ)ではなく、ハツ(心臓)と砂肝(砂嚢)。いわゆるかしわよりも安いのかもしれません。ブタとトリの値段は1本5バーツ(約13円)。
買うと串をビニール袋に入れてくれます。肉を焼く時点ですでに味が付けられているんですが、一般的にはその袋に唐辛子ソースを入れます。私がタイ語のできない外国人だからか、「ソース入れるか?」と手ぶりで聞いてくる屋台もあります。このソース、日本的な感覚で言うと『激辛』になるんでしょうね。唐辛子ソース無しでも結構美味いですよ。

仕事帰りにここで串を5~6本買って、アパートに帰って冷蔵庫からビールを出す。・・・・・・こんなんじゃダメだよなぁ、と思いつつも今週は3回もこんな夕食。ちょっと反省。

ちなみに熱源は炭です。日本で炭火焼なんて言いうと、ちょっとぜいたくなイメージすらありますが、途上国では今でも炭が一番安上がりな熱源なんですね。