2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/09

P1040019.jpg

ちゃんとキャバルリー、シビリアン、フロンティアの3種類がモデルアップされていました。ピースメーカーは構造がシンプル。子供ががちゃがちゃ遊んでも、なかなか壊れませんでした。
P1040135.jpg
P1040817.jpg
最近のリアルなモデルガンと比べると、リアルさはとてもかないませんが、構造が単純なため、子供ががちゃがちゃ遊んでもなかなか壊れませんでした。よって、現存率の高いモデルです^_^;) ただ、トリガーが折れる、というトラブルがありました。細いパーツなんで、力いっぱいトリガーを引くのはご法度です。

ちょっと比較してみましょう。
P1040816ed.jpg
P1040850ed.jpg
上:タカナ製、下:LS。タナカ製はCMC金型を使っているはずですので、基本的にCMC製と同じはずです。

P1040816.jpg
P1040876.jpg
(写真上)ハンマーのスパー部。曲線で構成されたピースメーカーは、こんな小さな部分がとても目に付きます。LSは、なんかぼてっとした感じがヘン。昔のマルシン製金属モデルに似ている気がします。
(写真下)フロントサイト。これは非常に違和感があります。実銃にはこんな形をしたモデルもあったのでしょうか???
あ、それからLS製はバレルにもフレームにも一切の刻印がありません。もっともLSは今から40年近く前の設計です。あまりディテールを突っつくのは酷と言うものでしょうか。内部メカはローディングゲートスプリングに蓋をするスクリューが省略されている以外は正確です。って言うか、実銃が省略のしようもないシンプルなメカですよね。

ピースメーカーは、レベルの高いトイガンがたくさんありますから、21世紀の現在では、取り立ててLS製が優れているとはいえませんねぇ・・・・・・。まぁ、言っちゃえばそれだけ。
昔は名作!
スナブ・ノーズのようなモデルがカッコ良い!と思えるようになったのは、オトナになってからでした^_~;)

P1040092.jpg
P1040096.jpg

実はLSチーフ、リアルタイムでは作っていません。これは最近オークションで落としたもの。子供の頃は、スナブノーズってカッコ良いとは思えなかったんですよね。いつか、ホントにいつか^_^;)、作ってみましょう。
迷作???

ダーティー・ハリーの44マグナム、それに12インチの長い銃身。子供にとってこれほどカッコ良い鉄砲があっただろうか?(いや無い)・・・・・・でもコレって・・・もしかして架空の鉄砲???

P1040091ed_20130618200958.jpg
12インチ銃身を持ったM29ですよ! その名も“ハンティング・スペシャル”!!! パッケージの男は、獲った獲物をさばいてんですよ!(たぶん) いや~カッコ良かったなぁ・・・子供の頃、『一番愛用した鉄砲』でした^_^)

P1040098ed.jpg
これまた、20数年ぶりにオークションで未組立を手に入れました。(2代目)P38とバントラインスペシャルが完成したら、製作に取り掛かりますよ!

しかし、オトナになって冷静に考えると・・・・・・この鉄砲、実在するんでしょうか??? バントラインスペシャルみたいに、誰かがファクトリー・オーダーしたとか・・・あるんでしょうか? 月刊「Gun」誌は、20年くらい購読しましたが、ついにこの鉄砲を誌上で見る事はありませんでした。ザッとネット上を検索してみたんですが・・・・やっぱ、コレって架空の鉄砲?
昔は名作!

P1040011ed.jpg
パイソンも4インチモデルは、警察官の使用をイメージしたパッケージでしょうか?背後の書類を見ると、明らかに殺人事件が起きているようです^_^)

P1040112.jpg
スタンドが付属しているのも1,500円シリーズの特徴。

P1040113.jpg
P1040114.jpg
外観はもちろんリアル。素組み状態なんで、いつか再仕上げしてやりたいですね。パイソンこそ、亜鉛塗料を吹いて、ロイヤルブルーに仕上げてやりたいところです。

P1040885.jpg
エジェクターロッドを押すと、ちゃんとカートが押し出されます。

P1040888.jpg
分解してみましょう。

P1040893_20130616190906.jpg
サイド・プレートを外すとこのメカ。要は実銃通りなんです。1970年代に、このメカをプラモデルで再現していたのは、やはりスゴイと思います。しかもちゃんと動く。 最近のコクサイ製パイソンと比較しても全くヒケをとりません子供の頃は、M29と合わせてコルトとS&Wのメカの違いを知るのに役立ったもんです。
さらに珍作!
ガバメントよりも珍です。なぜなら、コマンダーなのにスライド長がガバメントと同じなのですよ-_-)
下の写真は他キットのパッケージ横より。
P1040024_20130616210320.jpg

P1040128.jpg
このアングルから見るとそれほど違和感がありませんよね。45オートの力強いスライドが大迫力!
でもね・・・・・・

P1040131.jpg
真横から見ると実にヘン!妙に角ばって、上下に狭いトリガーガード周辺が非常にヘン!なぜこんな形になったのか?というと、これはその昔発売されていたマルゴー製金属モデルガンをコピーしたからなんですね。コレ、マニアには有名な話。でも不思議だと思いませんか?その当時だって、CMCとかからもガバは出ていたはず。なんでよりによってマルゴーをコピー???

P1030899.jpg
全バラするとこんな感じ。

P1040830.jpg
スライド・グループはこんな感じ。バレル・プッシングが、せっかくそれらしい形をしているのに、バレルは前方に抜けず、スライド下から外します。ファイアリングピン付近から、何やら大きな部品が・・・

P1040832.jpg
これって、いわゆるファイアリング・ブロックという、実銃には無いモデルガンに特有のパーツですよね・・・・。発火しないLSガンプラになぜファイアリング・ブロックが???ちなみに画面左側に出ているツメはエキストラクタ。
思うんですが、このパーツもマルゴー製モデルガンのコピーではないでしょうか??? さらにもしかすると、LS製ガバ/コマンダーって、マルゴーのコピーではなく、マルゴー金型をそのまま使ったって事は無いでしょうか?残念ながらマルゴー製ガバ/コマンダーが手元に無いので、これ以上の推測はできません。

P1040829.jpg
スライドストップからは、突起がフレーム内に伸びているものの、これではマガジン・フォロアーが届きません-_-) ナゾの仕様。

P1040835.jpg
スライドストップとサムセーフティにテンションをかけるプランジャーとスプリングは、プレス鉄板でできた別パーツに収まります。昔のMGC製モデルガンと同じ構造ですね。

P1040837.jpg
マガジンキャッチスプリングが板バネなのも、昔懐かしいモデルガンの仕様。

P1040844.jpg
実は、LS製ガバ/コマンダーの一番のナゾが、実はコレです。左が通常時。バレルがバレルプッシングの面よりかなり奥に入っている。つまり、バレルが相当短いのです! んで、スライドをショートリコイルさせると、バレルプッシングとツライチになります(右写真)。コレ、どういう事???マルゴー製もこうなってたの???ご存知の方、ぜひ教えてください!
あ、忘れてましたが、これはコマンダーです。なのにガバメントと同じスライド長、スライドの刻印のみコマンダー。・・・これはナゾというより・・・単なる手抜きだろっ!

・・・日本のトイガンの歴史を語る上では、割と重要なモデルなのかも知れません。
珍作!
見るからにヘンな形ですが・・・、これがマルゴー製金属モデルガンのコピーであることは、マニアには有名な話。そう、マッコウクジラのいわば“子供”。

P1040010.jpg

P1040101.jpg

ガバメントは未組立ですが、コマンダーは組立済の物があるので、詳細はそちらをご覧下さい。なんせ、LSガンプラのガバとコマンダーは、ハンマースパーの形状と刻印が異なるだけなのです。驚く事に!スライドの長さも同じなんですよ!^_^;)
P1030785ed.jpg
LSガンプラが名作シリーズといわれるのは、まさにこの(2代目)P38のためではないか?と言えるほど完成度の高いモデルです。21世紀の現在でも、これほどメカの再現度の高いP38のトイガンは存在しません。
最近、20数年ぶりに(2代目)P38を購入。現在製作中です。

P1030789ed.jpg
キットの内容。思えば子供の頃、最初に作ったLSガンプラがこの(2代目)P38でした。

img007ed.jpg
組立説明書の展開図。ファイアリングピン周りが正確に再現されているのが分かります。最初に作った時は、オートマチックファイアリングピンの動きはもちろん、ダブルアクションとかシングルアクションの意味も知りませんでした。まぁ、完成しなくて当然です^_^;) それに子供の頃は完成を急ぐあまり、接着剤が完全に乾く前に組み上げ、オマケにがちゃがちゃやって遊ぶもんだから、すぐに壊れちゃいましたねぇ・・・。

P1030814ed.jpg
P1030861ed.jpg
スライドを下から見ると2つの穴が開いているのが分かります。ここにオートマチックファイアリングピンブロックとファイアリングピンリテイナが入ります(写真中段右)。それとロックドショートリコイルが再現されているのが、この製品のキモ。
あれから20数年。今度こそ完成させるべく、現在製作中です!子供の頃と違って、接着剤が完全に乾くのを待たずに、半日で一気に作り上げる・・・なんて事はせずに、ゆっくりやってます。しかし、オトナになるとあまり時間がなくて・・・・・・作り始めてはや10ヶ月^_^;)・・・・・・いつになったら完成するのやら・・・-_-) ホントに数年後になるかもしれませんが、完成したらまた続編をUPします。

P1040847eded.jpg
上:マルシン製エクセレント・ヘビー・ウェイト
中:LS製初代
下:LS製2代目(製作中)

詳しいレビューを書かずに言うのもナンですが、LSガンプラの中では、オートマグ、M16、AKMと並ぶ名作です。この製品は発売からおそらく30年近く経っていると思うのですが、いまだにこれを超えるP38のトイガンが無いというのも意外です。ガバメントを全くの新規金型で作ったクラフト・アップル・ワークス(CAW)さんなんかが、決定版P38を作ってくれないものでしょうか?