2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2008/0112345678910111213141516171819202122232425262728292008/03

img004eded.jpg
4番目のLS「ガンプラ」チラシ。背景が黄色なので「黄ちらし」。
オートマグの黒タイプが増えた以外、ピストルのラインナップは、「紫ちらし」と変わりません。でもライフルが2丁増えました。
 ●M16
 ●M177
これら2丁は、P38、オートマグと並ぶ“名作”です。

ちなみにオートマグって、ステンレス製なんで、実物には黒タイプなんて無いんですよね。当時はそんなこと、露知らず。

LS「ガンプラ」のチラシは、この後にAKMが掲載された物があります。どこかにあるはずなのですが・・・とりあえず発掘することができません。見つけ次第、UPします。

img005eded.jpg
裏面の塗装ガイドも変わりました。塗装すると、組み上げた銃がとてもリアルになる。これもプラモデルの醍醐味でした。でもガチャガチャやってるうちに、ほとんどが壊れちゃったんだけどね・・・、なんせプラモデルだから。裏面の塗装ガイドも変わりました。塗装すると、組み上げた銃がとてもリアルになる。これもプラモデルの醍醐味でした。でもガチャガチャやってるうちに、ほとんどが壊れちゃったんだけどね・・・、なんせプラモデルだから。
img002eded.jpg
背景が紫なので「紫チラシ」。3番目の「ガンプラ」のチラシ。ラインナップがぐっと充実します。私が子供の頃(80年代前半)のチラシは、大部分がこの「紫チラシ」でした。

 ●ルガー ブラックホーク
 ●S&W チーフスペシャル
 ●コルト パイソン
 ●コルト ディテクティブ (コブラ)
 ●レミントン ニューネービー (ニューアーミー)
 ●ワルサー P38(2代目)
がラインナップに加わりました。また
 ●オートマグ
が「予価」として掲載。
この時期に発売されたモデルは、いずれも内部メカのレベルが高い物ばかり。中でも2代目P38とオートマグは出色。21世紀の現在でも、メカ的にはLS製P38とオートマグを超えるトイガンはありません。

一方で、松尾金型だった
 ●初代ワルサー P38
 ●S&W コンバットマグナム
が、カタログから落ちました。これら2つは、その他のラインナップに比べて、メカの再現性が明らかに劣ります。P38はリメイクされて“名作”に生まれ変わりましたが、コンバット・マグナムが、生まれ変わることはありませんでした。結果、LSのS&Wリボルバーは、LフレームのM29とJフレームのチーフとなり、Kフレームが姿を消しました。LSが存続していたら、Lフレームのモデルも作られていたかもしれませんね・・・。

img003eded.jpg
「紫ちらし」から両面印刷になります。裏面には塗装ガイドが。子供の頃、コレに従って塗装しましたよ。下地に銀色を塗るのはともかく、黒の上にクリアブルーを塗る意味が分かりませんでした。当時、ガンブルーなんて言葉すら知りませんでしたから。メタリック・パウダーって、今でもあるんでしょうか?懐かしいなぁ・・・。
img001eded.jpg
背景が赤なので、「赤チラシ」。2番目のチラシです。これも、私はリアルタイムでは見ていません。

ラインナップに、
 ●南部14年式
 ●S&W M29
が加わりました。

南部14年式は、“名作”のようですが、残念ながらまだ見た事がありません。子供の頃は、日本の鉄砲、というだけであまり魅力的には見えませんでした。何よりカッコがヘンだし。ついつい後回しにしていたら・・・作りそびれてしまいました。

M29は、8 3/8インチと4インチのみで、一番人気があった6 1/2インチが無いのが意外。LSのM29は、CMC製モデルガンのコピーのようですね。
img006eded.jpg
おそらく一番古いLS「ガンプラ」のチラシ。背景が板なので「板ちらし」。

ラインナップは、銃身長のバリエーションを除くと、
 ●コルト25
 ●ダブル・デリンジャー
 ●ワルサー M9
 ●ワルサー P38 (初代)
 ●S&W コンバット・マグナム
 ●ルガー P08
 ●モーゼル ミリタリー M96
 ●コルト ピースメーカー
 ●コルト ガバメント (コルト コマンダー)

ワルサーP38(初代)とコンバットマグナムは、松尾金型を使ったメカの再現度の低い物です。また、ガバメントとコマンダーは、マルゴーのコピー(もしかして、マルゴーの金型をそのまま使用?)で、これもメカの再現度はかなり低い。対して、モーゼル・ミリタリーM96は、メカの再現性が非常に高い“名作”です。ガンプラ創成期にすでにM96がラインナップされているのが意外。LSのモーゼル・ミリタリーM96には、“元ネタ”があったのでしょうか???

デリンジャーとコルト25もメカの再現性もなかなかのものです。LS「ガンプラ」最初期の設計と思われますが、これらも“名作”と言って良いでしょう。残念ながら、ワルサーM9は現物を見たことがありません。

ピースメーカーは、外観の雰囲気が、昔のマルシン製金属モデルガンに近い気がします。同様にP08は、中田製モデルガンの雰囲気ですね、特に細めのグリップ。昔のマルシン製金属ピースメーカー、中田製P08、共に共に分解したことが無いので、メカまで似ているのかどうかは分かりません。
LS「ガンプラ」のパッケージや組み立て説明書の端っこには、小さな文字で“KIT. No.”が記されています。ここで、そのKIT. No. に従って「ガンプラ」を整理しておきましょう。おそらくLSが発売した「ガンプラ」は、これが全部のハズです。

*M9の組み立て説明書には、<時期発売新製品案内>として、モーゼル・ベスト・ポケット・ピストル・モデルIIが上げられているのですが、発売はされなかったようです。

----------------------------------------------------------------
<800番台>
 KIT. No. P801 ルガーP08 4インチ
 KIT. No. P802 ルガーP08 8インチ 砲兵タイプ
 KIT. No. P803 ワルサーP38 (初代)
 KIT. No. P804 ワルサーP38 (初代) シークレット・エージェント
 KIT. No. P805 コンバット・マグナム 6インチ
 KIT. No. P806 コンバット・マグナム 3.5インチ

*800番台のP38とコンバット・マグナムは、おそらく松尾社の金型をLSが受け継いで生産した物。後のLSガンプラと一線を画す、メカの再現性の低い物。
*P08は、メカの省略があるものの、P38やコンバット・マグナムとは比較にならないメカの忠実度。これって・・・松尾設計???
*P08は、後にKIT. No.が1000番台に変更(1014と1015)、またパッケージの絵も変更して生産が継続された。
*P38とコンバット・マグナムは、80年代の早い時期に生産中止になった模様。
*P38は後に新規金型で再発売(1013と1016)。
*800番台は、正方形説明書。
*800番台は、パッケージのLSロゴが“黄色s”

----------------------------------------------------------------
<1000番台>
 KIT. No. P1001 コルト・ガバメント
 KIT. No. P1002 コルト・コマンダー
 KIT. No. P1003 コルト・ピースメーカー・シビリアン
 KIT. No. P1004 コルト・ピースメーカー・フロンティア
 KIT. No. P1006 南部14年式 
 KIT. No. P1007 コルト・ピースメーカー・バントライン・スペシャル
 KIT. No. P1008 コルト・ピースメーカー・キャバルリー
 KIT. No. P1011 レミントン・ニュー・アーミー
 KIT. No. P1012 レミントン・ニュー・ネービー
 KIT. No. P1013 ワルサーP38 (2代目)
 KIT. No. P1014 ルガーP08 4インチ
 KIT. No. P1015 ルガーP08 8インチ 砲兵タイプ
 KIT. No. P1016 ワルサーP38 (2代目) ゲシュタポタイプ
 KIT. No. P1017 コルト・ディテクティブ・スペシャル
 KIT. No. P1018 コルト・コブラ
 KIT. No. P1019 S&W チーフスペシャル

*1005、1009、1010は欠番のようです

----------------------------------------------------------------
<1200番台>
 KIT. No. P1201 S&W M29 8 3/8インチ
 KIT. No. P1202 S&W M29 4インチ
 KIT. No. P1203 S&W M29 12インチ ハンティング・スペシャル
 KIT. No. P1204 S&W M29 6 1/2インチ
 KIT. No. P1205 ルガー・スーパー・ブラックホーク 10インチ
 KIT. No. P1206 ルガー・スーパー・ブラックホーク 7.5インチ
 KIT. No. P1207 コルト・パイソン 4インチ
 KIT. No. P1208 コルト・パイソン 6インチ
 KIT. No. P1209 コルト・パイソン 8インチ カスタム

----------------------------------------------------------------
<1500番台>
 KIT. No. P1501 モーゼル・ミリタリー M96
 KIT. No. P1502 オートマグ

----------------------------------------------------------------
<2500番台>
 KIT. No. P2501 モーゼル・ミリタリー M96(ホルスターストック付き)

----------------------------------------------------------------
<5000番台>
 KIT. No. P5001 コルトM16A1
 KIT. No. P5002 コルトM177
 KIT. No. P5004 AKM
 KIT. No. P5005 コルトM16A1 海兵隊用スペシャルキット
 KIT. No. P5006 コルトM177 空挺隊用スペシャルキット
 KIT. No. P5007 AKMS

*5003は欠番のようです

----------------------------------------------------------------

P1040887ed.jpg
カートリッジ、左から、44マグナム、357マグナム、38スペシャル、LS汎用カート。背景の格子は1cm角。44マグナムカートは、割と最近まで、これがオリジナルサイズだと思っていたのですが、どうやら41マグナムサイズのようです。一番右はワルサーP38(9mmパラ)、コンバットマグナム(357マグナム)、ガバメント(45オート)、ピースメーカー(45ロング・コルト)等に使われたカート。

*2015年8月23日追記
P1040020ed.jpg
LS製コンバット・マグナム。(初代)P38と並んで、LSガンプラのルーツといえる、ごく初期の作品です。コンバット・マグナムといえば、M19なのですが、M19という表記はどこにもありません。また、パッケージの絵がな~んかヘンですよね・・・・・・。フロントサイトベースが妙に大きい、グリップが大きく下端は前方に傾いている、トリガーガードがまん丸、背景の男は一体何者??? LSガンプラらしくない感じです。

これも、リアルタイムでは見ていません。私がLSガンプラに興味を持った頃(1980年代初頭)には、すでに絶版になっていたようです。組立済の物をオークションで落としました。

P1040148ed.jpg
組み上げるとこんな感じ。サイズ的にはS&WのKフレームです。ただし、全体の雰囲気は、“いかにもおもちゃ”。妙な表面処理と合わせて(初代)ワルサーP38と共通するものがあります。このサイズのS&Wリボルバーなんで、強いて言えばM19だよね?てな程度の外観です。さらに細部を見ると・・・・・・

P1040151ed.jpg
(写真左)良く見て下さい。シリンダーノッチが無いのです!その代わり、細長い意味不明の突起があります。
(写真右)ハンマースパーにセレーションがありません・・・-_-) これはパーツを付け忘れたためではありません、念のため。

さらに左写真のリアサイト付近を見てください、何かアヤしいですよね・・・^_^;)

P1040164ed.jpg
念のため、フレーム内側を見てみます。やっぱりシリンダーストップが無いんです。かと言って、シリンダー上の意味不明な突起が、どこかに噛むわけでもありません。そう、このコンバット・マグナム、シリンダーを固定する機構が無いんです。

P1040162ed.jpg
 フレームから覗くシリンダー・ハンドが金属製なのは、後のLSガンプラには見られない特徴です。

P1040156ed.jpg
サイドプレートの固定方法は・・・リアサイトに注目。何と!リコイルシールド一体型で、サイドプレートスクリューがリアサイトスクリューを兼ねています!

P1040167ed.jpg
シリンダーロッドを貫通するセンターピンと、それを受けるプランジャーがライブなのは、後のLSガンプラと同じ。これが再現されているのは評価できます。この当時、これが再現されたモデルガンは無かったはずです。

P1040165ed.jpg
カートリッジは、後のLS汎用カートと同じ。

ワルサーP38同様、かなりヘンなモデルです。LSガンプラ創成期ならではといったところでしょうか。しかし、シリンダーのセンターピンと汎用カートは、後のLSガンプラに繋がるものがあります。

P1040002ed.jpg
どーでも良いんだけど・・・パッケージのこの人、一体誰???
P1040133ed.jpg

P1040117ed.jpg
モーゼル・ミリタリーも、昔からモデルアップされる事の多かった鉄砲です。最近では、フル/セミオートのセレクターが付いたM712が、マルシン製の金属/プラスチックの両方で入手可。

P1040115ed.jpg
外観はなかなかすばらしいじゃないですか!

P1030898ed.jpg
完全分解するとこんな感じ。ボルトの真ん中を通るファイアリングピンを始め、ほぼパーフェクトのメカ。すばらしい!マガジン・フォロワーとロッキング・ブロックの位置が何となく逆な気がしますが、お許しを^_^;)。

間違いなく、名作です。この金型を使って、今発売しても十分通用するトイガンです。驚くのは、このLSモーゼル・ミリタリーが、LSガンプラのかなり初期に発売されていた事。当時の価格の2倍とか3倍になっても良いから、もう一度発売してくれないかなぁ・・・(当時の金型なんて、例えあってももう使えないんでしょうねぇ)。
さて、LSの(初代)P38、その内部メカを見てみましょう。一番気になるのは、(2代目)P38で再現されたブリーチブロックの中とロッキングシステムです。
P1040754ed.jpg
組み立て方が非常に雑で見苦しいのですが・・・^_^;) ちゃんとセンターファイアのファイアリングピンとカートリッジインジケータが再現されているのが分かります。(2代目)P38に通じるところがありますね。ただ残念なことにこの部分は分解できません。左右のスライドを張り合わせる時にインジゲータを挟み込み、その後ファイリングピンをブリーチの底部パーツとスライド本体で挟み込んで接着する構造です。

imageed.jpg
さらに、セーフティレバーは、レバー部分のみをスライドに接着するだけ。リアサイトもスライドカバーと一体の物。エキストラクタがライブなのは(2代目)同様ですが、その形は異様にデカい。
オートマチックファイアリングピンリフターとファイアリングピンリテイナは省略されています。セーフティ機構やハンマーのデコッキング機能ももちろん省略。やはりこの辺が再現された(2代目)は偉大です。

P1040757ed.jpg
さて、お次はロッキングメカニズム。バレル下部にはちゃんとロッキングブロックがあるり、支点を中心に回転運動する構造(左写真)なのですが・・・ブロックが一番上に上がっても、ブロックはスライドとかみ合う溝とツライチになるだけ。つまりスライドとロックしません。

P1040758ed.jpg
左写真が、ブロックが一番上昇した状態。スライドにはブロックとかみ合うべき溝がちゃんと再現されているのに、どうしてこんな構造にしたんでしょう?もしかしたら設計者は、機能を理解せず、単に形のみをマネたのでは?と思ってしまいます。ブロックをちょいと削ってやって、何らかの方法で上昇側にテンションをかけることができれば、ロッキングを再現できそうです。

P1040770ed.jpg
P1040767ed.jpg
お次は、ハンマーとトリガーの連動系。基本は実銃をベースにしているようです。ただし、トリガーバーとシアが連結されちゃってます。スライド―トリガーバーの連動によるディスコネクト機能が省略されているので、この方式でもまぁ、問題はありません。
シアスプリングがスライドストップにかかっていないのが分かると思います。このスライドストップ、内側にマガジンフロアを受けるピンがありません。っと言うか、フレームにピンが出るべき穴が開いてないのです。さらにですね・・・

image1ed.jpg
スライドにはスライドストップがかみ合うべき溝があるのに、溝の位置が前方過ぎるため、フルリコイルさせても、溝がスライドストップまで届かないのです。ここでももしかしたら設計者は、機能を理解せず、単に形のみをマネたのでは?と思ってしまいます。

メカの再現度は、当時のCMCやコクサイのモデルガンより劣るといえます。これらのモデルガンを参考に、細部を省略してプラモデルで再現した物、といった感じでしょうか。

(初代)P38は、コンバットマグナムと並んで、後のLSガンプラ全盛期の基礎を作った製品です。そういった意味ではマニアには貴重ではあるのですが、トイガンとしての評価は低い物です。この点が、21世紀の現在でも“名作”と呼べる(2代目)P38と大きく異なるところ。

今回紹介した個体は、オークションで組立済の物を購入しました。(初代)P38は、LSガンプラ全盛期にはすでに製造中止になっていたモデルなので、現存数は非常に少ないようです。オークションをチェックしていても滅多に出てきません。かなりのレア物と言えます。ただ、プラモデルの常で、組立済だったので非常に安価に買えました。もし、オークションで未組立の物を見つけたとしても・・・この内容なら・・・いらないかな^_^;)?
P1040018ed1ed.jpg
LSのP38は、その内部メカの正確さから、今でも人気のようで、オークションでは高値を付ける事が多いようです。でも一般的なLSのP38はいわゆる「2代目」で、実はその前に初代ともいえる全く別のP38がありました。これがそのパッケージ。

P1040748ed.jpg
P1040778ed.jpg
キットを組み上げた物。パッと見た目にはそれほど違和感はありません。強いて言うならトリガーのカーブが若干弱い事と、トリガーガードの形状に少々違和感がある程度。しかし、現物を手にすると言うか・・・2代目とは全く違って、いかにもオモチャ然とした感じなのです。どうも、私が知っているP38―つまり2代目LSガンプラP38やマルシン製P38等―に比べると、細部の寸法というかバランスが、微妙に異なるようです。それに何よりヘンなのが、その表面仕上げ。

P1040779ed.jpg
刻印が何と凸!。これが“いかにもオモチャ”、な雰囲気を漂わせています。それに表面がこれまた表現し難い奇妙なうねうねの凹凸で覆われています。サンドブラストを表現したつもりでしょうか?

P1040755ed.jpg
スライドを引くとちゃんとショートリコイルするし、ロッキングブロックらしきパーツも見えるのですが実は・・・(次のページ参照)。

P1040119ed.jpg
初代P38の組み立て説明書です。初期LSガンプラの説明書は正方形なんですよ。
この製品の発売時期が推定できる記述があります。実銃のP38に関する解説中、『生産が開始されてから30年を経た現在でも』と書かれているのです。ワルサーP38の生産開始を1938年とすると、30年を経ると1968年。もしかすると、この初代P38は60年代にはすでに製品として市場に出ていたのかもしれません。
P1040015ed.jpg
(2代目)ワルサーP38と並ぶ“名作”。何と言ってもロータリーボルトが再現されたオートマグのトイガンは、未だにこれだけ。

P1040107ed.jpg
P10401081ed.jpg
ここに挙げた写真は、最近オークションで落とした物ですが、オートマグは子供の頃に作った個体が比較的無傷で生き残っているので、近日中にUPできるかもしれません。