2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

例によって、組立済みのLS製プラモデルガンをオークションで落としました。
DSC_0235.jpg
今回は、このライフルが2,000円。 まぁ、2,000円が高いか安いかは、その人次第ですが ^_^;) 箱と組立説明書付。私にとってはバーゲンですね。

送られて来た梱包を開けると・・・
DSC_0236.jpg
3つの部品が、ころん! どうも輸送中にはずれたようです。

DSC_0238.jpg
2つはココですね。

フォールディングストックの根元です。
DSC_0239.jpg
ここは、ササッと直します。

もう1つの小さな部品は・・・
DSC_0242.jpg
リアサイトの端っこですね。これは接着剤がいるので、後程。

『ジャンク』ということで、落としたのですが、問題は、中身ですよね・・・。
DSC_0243.jpg
ボルトが不完全閉鎖状態なのが、少々気になります。

さらに・・・
DSC_0247.jpg
レシーバーのピンに接着材の跡。イヤな予感です。

とりあえずバラしてみるか・・・、と思って、
DSC_0248.jpg
アレっ!? リコイルスプリングガイドのラッチが接着されてるじゃん!!!

・・・プラハンマーでえいっ!
DSC_0249.jpg
外れた。

おお~っ!
DSC_0250.jpg
って、リコイルスプリング、無いじゃん!!! ^_^;)

DSC_0251.jpg
ピストンに何やら瞬接らしき跡。

要するに、コイツを作った人は、AKライフルの外側だけが欲しかったようですね。う~ん、想像するに、昭和時代の子供がうるさいから、ばらけやすい部分を昭和時代のお父さんが接着したとかかなぁ・・・ ^_^;)

しかし・・・
DSC_0252.jpg
ボルト周りは完ぺき!

ハンマーは・・・
DSC_0254.jpg
コッキング状態で固定されていましたが、これはフルオートシアに引っかかっていました。リリースしてやりましょう。何年か、何十年振りか?わかりませんが、メインスプリングがのびのびしている様子が目に浮かびます ^_^;)

DSC_0257.jpg
ちゃんと閉鎖しますね。問題無し。

DSC_0246.jpg
やっぱ、これが2,000円というのは、バーゲンでしょう。レストアベースとしては、良い素材です。部品の欠品は、ランヤードリングとクリーニングロッドだけかな? リコイルスプリングをどこから調達するか?が課題ですね。ホームセンターに似たようなバネあるかな? 

LS社製の拳銃やライフルのプラモデル、もう未組立の物は買えませんね。拳銃でもヤフオクで1万円を超えることもしばしば。 未組立の物は、10年前に揃えたので、これからは、組立済の物を安く落としてレストアするのを目標にしよう!

念のため書いておくと、これはプラモデルです。主要部品はスチロール樹脂とABS樹脂でできています。金属部品は・・・ネジとバネくらいかな。3歳児に渡すと、数時間でレストアするのもイヤになるくらい破壊されることは目に見えています。精密ではありますが、改造して実弾を・・・なんてシロモノではないので、誤解なきよう。
LS社製AKMとAKMS。
DSC_6908.jpg
上、AKMS
下、AKM

DSC_6907.jpg
AKMは1959年にソヴィエト連邦に正式採用されたアサルトライフル。AKMSは、その銃床を折り畳み式にしたもの。

DSC_6905.jpg
AKMSは銃床を折り畳むと非常に短くなるんですね・・・。

これらは、LS社製のプラモデルです。苦節30年、ようやく2丁揃いました。

これらがLS社から発売されたのは1980年代半ば。当時の価格は4,800円。当時、中学生だった私に買えるはずもなく、欲しいなぁ・・・と思ってチラシを眺めていました。以来、30年。私は4,800円くらいなら払えるオトナになりましたが、肝心のLS社は、はるか昔に倒産しています。

LS社は鉄砲のプラモデルで一時代を築きました。しかし、会社の末期に発売されたAKMやAKMSはあまり売れなかったようです。時代は、弾を発射するエアガン全盛期。弾の出ないプラモデルは不人気でした。って言うか、このライフル、プラモデルだから当たり前なんだけど、めちゃくちゃもろいのです。特にAKMSのストックなんて、指一本で強く押したら折れます。 うちの2歳児に渡したら半日で復元不能なくらいに壊されること必至^_^;) つまり小中学生やなんかが、振り回して遊ぶのには、到底耐えられないのです。

しかし一方で、メカの再現度は極めて精密で、今に至るまで、これほどAKライフルのメカが正確に再現されたトイガンは、高価なモデルガンを含めて未だにありません。内部メカを含めた再現度という観点では、世界一正確なおもちゃのAKライフルなのです。間違いなく、日本のプラモデル史における『名作』と言って良いでしょう。

模型屋が作った超精密な実物大ライフルです。

今、考えてみれば不思議な製品ですよ。1980年代当時、このプラモデルを買ったのは、まぁ、ほとんどが子供でしょう(お金持ちのね)。しかし、子供が作るにはあまりにも複雑、かつ組み上げても、子供が振り回して遊ぶにはあまりにももろい。つまり、子供にはどう考えても不向きなんです。かと言って、当時、このプラモデルを大人が買ったともあんまり思えない。だから、あんまり売れなかったんだろうね。

30年早かったんじゃないかなぁ・・・。今、このプラモデルを発売したら、欲しいと思うオトナはそこそこいると思いますよ。何しろほぼ完ぺきなメカの再現度ですからね。しかも良い歳したオトナは、振り回して遊んだりしないから、強度は問題じゃない。今なら、銃のメカに興味のあるオトナに売れるんじゃないかなぁ・・・。

やっぱ、ディアゴスティーニあたりが、「週刊 AKライフルを作る」とかでやってくんないかな?

さて、写真の2丁は組み立て済みの物をヤフオクで安く落としました。いずれも完動品ですが調整は必要です。将来的にどうしても部品交換が必要になったら、こちらの未組立の物から部品を移植するつもりです。まぁ、私もオトナになったんで、“バキューン”とか言いながら、これらを振り回して壊すことはないと思うけどね^_^;)