2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

P1040020ed.jpg
LS製コンバット・マグナム。(初代)P38と並んで、LSガンプラのルーツといえる、ごく初期の作品です。コンバット・マグナムといえば、M19なのですが、M19という表記はどこにもありません。また、パッケージの絵がな~んかヘンですよね・・・・・・。フロントサイトベースが妙に大きい、グリップが大きく下端は前方に傾いている、トリガーガードがまん丸、背景の男は一体何者??? LSガンプラらしくない感じです。

これも、リアルタイムでは見ていません。私がLSガンプラに興味を持った頃(1980年代初頭)には、すでに絶版になっていたようです。組立済の物をオークションで落としました。

P1040148ed.jpg
組み上げるとこんな感じ。サイズ的にはS&WのKフレームです。ただし、全体の雰囲気は、“いかにもおもちゃ”。妙な表面処理と合わせて(初代)ワルサーP38と共通するものがあります。このサイズのS&Wリボルバーなんで、強いて言えばM19だよね?てな程度の外観です。さらに細部を見ると・・・・・・

P1040151ed.jpg
(写真左)良く見て下さい。シリンダーノッチが無いのです!その代わり、細長い意味不明の突起があります。
(写真右)ハンマースパーにセレーションがありません・・・-_-) これはパーツを付け忘れたためではありません、念のため。

さらに左写真のリアサイト付近を見てください、何かアヤしいですよね・・・^_^;)

P1040164ed.jpg
念のため、フレーム内側を見てみます。やっぱりシリンダーストップが無いんです。かと言って、シリンダー上の意味不明な突起が、どこかに噛むわけでもありません。そう、このコンバット・マグナム、シリンダーを固定する機構が無いんです。

P1040162ed.jpg
 フレームから覗くシリンダー・ハンドが金属製なのは、後のLSガンプラには見られない特徴です。

P1040156ed.jpg
サイドプレートの固定方法は・・・リアサイトに注目。何と!リコイルシールド一体型で、サイドプレートスクリューがリアサイトスクリューを兼ねています!

P1040167ed.jpg
シリンダーロッドを貫通するセンターピンと、それを受けるプランジャーがライブなのは、後のLSガンプラと同じ。これが再現されているのは評価できます。この当時、これが再現されたモデルガンは無かったはずです。

P1040165ed.jpg
カートリッジは、後のLS汎用カートと同じ。

ワルサーP38同様、かなりヘンなモデルです。LSガンプラ創成期ならではといったところでしょうか。しかし、シリンダーのセンターピンと汎用カートは、後のLSガンプラに繋がるものがあります。

P1040002ed.jpg
どーでも良いんだけど・・・パッケージのこの人、一体誰???