2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

例によっていつもの寿司屋。
IMG_3095.jpg
「ホッキを焙りました。」

ホッキって、焙っても美味いね。やっぱ、魚介類-特に貝類-はちょっと熱を通すと旨み倍増!
この焙り方がさぁ、不覚にも職人さんの手元を見てなかった。焙ってるのに、身は全くどこも固くなってない。どうやって焙ったんだ???ガスバーナー使ったのかね???

あんまりしょっちゅう通ったせいか、この日は珍しく最後にいつもと違う物が出てきた。
IMG_3096.jpg
「今日はとろたくあんです。」

今日は”ってのが良いじゃないですか。“コイツ、しょっちゅう来てるから、たまには最後、違う物出してみるかぁ”って思ったんだろうね。とろたくあんって、オレ、知らんかったわ。でも良い感じ。たくあんの塩気があるから、醤油付けないで良いね。

そっか。あんたがそうやって、最後に違った物出してくるなら、オレは次ぎ行ったら、“最後はカッパをお願い!”って言ってみるよ。
前にも書きましたが、バンコクって、昆布が高いんです。私は今のところ日本からの輸入物しか見つけられていません。中華で昆布って使わんのかね?

でね、出汁取ったり、昆布〆にした後の昆布、もったいないから冷凍しとくんです。それがある程度たまったら・・・
DSC_0577.jpg
醤油:酒=3:1でひたひたにしてやり、ひたすらとろ火で煮込みます。

DSC_0581.jpg
あ、今回は出来心で冷凍庫にあったエビも入れてみました。

コンロの一番弱火で、煮込むというより、水分を飛ばすという感じ。あのね、混ぜなくても焦げ付かない程度の、ごくごく弱火が良いです。
DSC_0595.jpg
結構に詰まってきました。

ほぼ完全に水分が無くなると・・・
DSC_0610.jpg
昆布の佃煮のできあがりっ! これを完全に乾かすと、塩が吹いて塩昆布になります。オレ思うんやけどさ、酢とか入れんで良いと思うよ。

かっ、からいっ!塩辛いっ! 1枚口に入れただけで、前頭葉がしびれるくらい塩辛いぞ-_-;) ご飯の上にちょびっと乗せて、お茶漬けには良いかも。あっ!これはっ!こういう大吟醸にも合うぞ! かなり貧乏くさい感じ^_^;)なんで、それこそ、そんな良い酒と合わせたら、もったいないお化けが出るんじゃないか?と突っ込まれそうですが・・・オレ的にはそうじゃないんだよなぁ。

#ちなみにエビは、あんまり意味無かったよ^_^;)
タイのブランド、「さくら」の味噌。結局私は、コレを使ってますね。
DSC_0520_20110821175208.jpg

この製品ね、裏に味噌汁の作り方書いてるんです。
DSC_0523.jpg
何やら可愛いフォントです。あれ?味噌入れた後、煮立たせて良いの?と思うんだけど、それ以外に突っ込み所は無し。

と思いきや・・・
DSC_0524.jpg
一行目、惜しい!でも、可愛いから許そう^_^;)

それとね、蛇足ながら、「お楽のしみ」。文法的には、ほぼ完璧な日本語なんで、これを監修したのは日本人だと思うんだけど、送り仮名の間違いって、どうしたら生まれるんだろう???
私はモスバーガーがキライだ。私がモスバーガーキライなのは、味以前の問題なのだ。でも日本では、モスバーガーが好きって人、多いですよね?私には信じられない。ハンバーガーと言えば、マクドナルドだろ?と私は思う。しかし、日本ではモスバーガー好きが実に多い。何でだ???

バンコクにもモスバーガーはある。私もね、努力はしてんですよ。炭水化物とか、肉とか食おうと、努力してんですよ。ある日、バンコクのモスバーガーに入ってみた。モスバーガーを食うのは20年ぶりくらいか?マジで。

IMG_2576.jpg
モスバーガー。

IMG_2577.jpg
モスライスバーガー。

分かるだろうか?コレ、どうやって食えっての???紙に包まれてはいるけど、片手で食えないんだけど???これは20年前の博多のモスバーガーと全く変わらない。両手で苦労して、モスバーガーを食った後がコレだ。
IMG_2578.jpg
包み紙の下に、ソースやらマヨやら中の具がべったり。しかも指まで汚れる。もちろん片手で食うなんて思いも寄らない。

ライスバーガーに至っては、両手で食うことすら難しい。ライス部分が崩壊するのだ。こんなモノは、紙に包んで出すんじゃなくて、皿に乗せてナイフとフォークで食うべきじゃないか???

イヤ、正直、味は悪くないんよ。モスバーガーは、いかにもフレッシュ、って感じがする。これはマクドナルドには無い。味だけ考えると、モスとマックは方向性が違うから、どっちが美味いと言うのは難しい。しかしだなぁ、ファストフードでありながら、片手で食えないってのは致命的だろ???マックなら、ダブルクォーターパウンダーはもちろん、ビッグマックでも片手で食えるぞ!

紙に包まれてるくせに、片手で食えないハンバーガー。コレだから私はモスバーガーがキライなのだ。もちろん、片手で食えないハンバーガーを私は否定しない。佐世保バーガーをご存知か?コイツは、片手で食うことを想定しておらず、皿に乗ってきてナイフとフォークで食うことが前提の物も結構ある。もちろん、美味い。

次にモスバーガーを食うのは・・・また20年後くらいなか?
写真 (10)
この日は、最初にヒラメが出てきた。上に紅葉おろしとネギが乗って来る。ほぉ、さわやかっ! さわやかな旨み! やっぱ、この店良いな。

で、中ほどでコイツが出てきた。
写真 (7)
コハダです』。

2枚乗って来る。新子と言っても良いサイズか?オレ的には、ちょっと塩が強いが旨い。酢飯と酢で〆た魚の合わせ技で、私が旨いと思えるのは、コイツだけだ。

しかしだな、コイツがあるなら、なぜ「おまかせ」の最初にコイツを出さないのだ??? オレの好みの問題か?

コハダとは、つまり標準和名で言うところのコノシロ、学名Konosirus punctatuです。属名を見てください。Konosirusですよ、コノシルス。つまりコノシロのラテン名。これもテミンクの命名なんですよ。と言う事は、幕末にシーボルトが長崎からオランダのライデン博物館に送った標本を元に記載、命名したんでしょうね。と言う事はやはり、シーボルトは、この魚が日本でコノシロと呼ばれている事をオランダに伝えたのでしょう。

学名に興味がある方は、ぜひ以前書いたこちらも見て下さい。学名って結構おもしろいよ!

まぁ、学名なんて知らなくてもコハダは旨いけどな。
日本から来た、本社の社員からお土産をもらった。
DSC_0159.jpg

 私 「!?何だコレ???」
 本 「あ、空港で買った物と手元にあった物の詰め合わせです。」
 私 「・・・・・・。」

まぁ、そのラフさ加減がよろしい^_^;)

小倉ようかんねぇ・・・自分じゃ絶対買わないよな。でも、手元にあれば食う。結構美味い。トッポもカントリーマアムも、美味いと言えば美味い。自分で甘い物買う事なんてないしな。酔っ払って、一気に全部食っちまった。

そうだ・・・。オレは手元にあれば、何でも食うんだ・・・・・・。
P1030345.jpg
バンコク伊勢丹では、6月27日まで「がんばる!日本人フェア」を開催中。

IMG_2844.jpg
森のいかめし、170バーツ(約446円)。日本では、確か500円だから、日本よりかろうじて安い。週末はオレ、菜食主義ヤメるからね、買ってみましょうか。

DSC_0147_20110618213258.jpg
やっぱ、いかめしにはスルメイカなのかなぁ・・・と思わせる味。小型の割には肉厚なんですよね。そんなに味は濃くないのに旨い。自分で作った物とは比べ物にならない。自分で作ると、イカとご飯の一体感が全く感じらなくて美味くないんです。でも、この本物は完全にイカとご飯が一体化してる感じ。かと言って、中のご飯にタレの味がしみているわけでは全然ないんですよ。何が違うんだろうね・・・???

その他に買ったのは・・・
DSC_0149.jpg
右の2つは、九州の人にはおなじみ。、マルタイ製品。左の2つは、私も初めて見たんですが、乾麺。大分県宇佐市の有限会社四井製麺工場社製。バンコクでやせうまを買えるとは思わなかったよ。炭水化物はほとんど食わないんだけど・・・なんとなく買っちゃいました。

でね、このやせうま乾麺、うどん乾麺、皿うどんのめん、ちゃんぽんのカップ麺。4点でいくらと思います?実に600バーツ(約1,573円)。特に右のカップ麺、何と125バーツ(約328円)。究極の無駄使いだった気がするなぁ・・・-_-;)
セントラルデパートの店員がこんな法被を着ていた。
IMG_2567.jpg
四季を通して日田の梨』。

まぢですか?そんな物売ってんですか???ちなみに日田とは大分県日田市だ。私は日田市に3年間住んだ事がある。お姉さんに話しかける、“コレ、どこに置いてます?” お姉さん、こっちに来なさい、ってな感じの身振りで案内してくれる。お姉さんに着いて行った先の棚にあったのは・・・何と!!!青森産のリンゴだった-_-;)

#お姉さん、何も意味分かっちょらんかったごたる。
ストレスによって、太る人と痩せる人がいるらしい。私は後者だ。

菜食主義者は、週末は、菜食主義をヤメる。やっぱさ・・・草しか食わないってのは、精神的に良くないよ・・・何か足りてないんじゃないか?って気がするのよ。別に他に何か食いたいわけじゃないんだけど、菜食主義って必要な栄養素ちゃんと取れてんのかね・・・?と思って精神的に良くない。

じゃぁ、何を食う?それほど食いたくもない、炭水化物や肉を無理して食うってのもバカな話しだ。・・・オレは何を食えば良いんだろう?とりあえず、やっぱ日本人はお寿司なのかな?

以前、「今んとこ、バンコクで寿司食うなら、この店が一番」なんて書いたんだけど、何度か通ったら、この店は日によってかなりバラつきがあるのに気付いた。

ある日は、全然だめだめだった。マグロが全くなってないのである。マグロは中トロと赤身を食ったのだが、両方とも全くなってなかった。こんなモノを客に出すのか?というレベルだった。身がヤケていたのである。日本ではありえない。私は、それほどマグロが好きなわけじゃないんだけど、寿司というのはマグロがダメだと、全てがダメになってしまう。不思議だね。

逆にある日は、中トロが絶品だった。脂がかなり多いのだが、いわゆる脂っこさを全く感じさせず、脂の旨みと酢飯が渾然一体となって、独特の旨みと食感を生む。う・・・ん、と唸る。私は、それほどマグロが好きなわけじゃないんだけど、こういった旨い中トロを食うと、やっぱり寿司はマグロなんだろうなぁ・・・と思える。不思議だね。

軍艦は、軽いけど常に旨い。
IMG_2820.jpg
ぱりぱりの海苔に包まれた軍艦は、やはり旨い。

マグロや、いくらやうにの軍艦が直球だとしたら、これらは変化球だろうか。
写真 (5)
富山の白エビにカニ味噌を少し乗せてます」。聞いた瞬間に、そりゃ邪道だろ!と思った。富山の白エビで十分旨いではないか?なぜカニ味噌を乗せる? しかしだ、口に入れたら・・・これが旨いのである。白エビのねっとりした強い旨み(甘みと言っても良い)に、カニ味噌が最高の調味料になっている。う~ん、これも唸る旨さ。

写真 (4)
キンメです」。焙っている。結構脂が乗っているようだが、全くいやらしくない。焙る事によって増した旨みと共に、これも酢飯と渾然一体。上に乗った大根おろしには、醤油と柑橘系の酢をたらしてある。う~ん、こういう物を食うと、脂の旨みというのが分かる気がする。2貫も食っちまった。

こういった「白エビ&カニ味噌」や「キンメの焙り」のような変化球は、これ1貫でコース料理のような物だと思う。寿司の正当進化型だよな。旨い&美味いの一言に尽きる。

この店にはもう少し通おう。正直言うと、「おまかせ」の最後のネギトロは、カッパにしてくれるとありがたいのだけれど(なんて思うのは、オレが歳を取った証拠だろうな)。

菜食主義者は、セレブな納豆を食おう。

このブログでは、かつてこちらで13バーツ豆腐を紹介した。しかし、何しろわたしゃ、今や菜食主義者ですからね・・・ちょっとくらい豪華な納豆買ってもバチは当たらんでしょう。
P1030307.jpg
「ふわりん」、実に3パック160バーツ(約419円)である。1パック140円ですよ、140円!こんな高級な納豆食べたことありますか!?

P1030308.jpg
何しろNo. 1 NATTOである。

P1030310.jpg
13バーツ納豆には付いていないタレとカラシが嬉しい。

しかしだなぁ・・・味は・・・正直イマイチなのだ。コレ、おそらく日本からの冷凍輸入物なのだ。航空便だろうか?船便で何週間かかけて持ってきてるんじゃないかなぁ。試しに納豆を冷凍してみるといいですよ。粘りが弱くなって風味が減るんですよ。この納豆はまさにそんな感じ。コレって、日本でいくらで売られてるのかね?

・・・と言う訳で、納豆は13バーツで良いや。

セレブな豆腐は、実は日本では150円で売られているらしい。日本で150円の豆腐が、バンコクで150バーツ。おそらくこの納豆も日本では160円くらいなんじゃないかなぁ・・・。

ちなみにセントラルデパートの食品売り場、
IMG_2834.jpg
納豆の品揃えがやたらと豊富なのである。場所柄、日本人はほとんど見ないんだけど、タイ人ってそんなに納豆食わないよね・・・ちょっと不思議。