2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

今日は天気が良いですね、虫干ししましょう。
IMG_3330.jpg
虫の虫干しです。

IMG_3334.jpg
オオクワ系もありますが・・・

IMG_3338.jpg
私的には、やっぱヒラタ系です。これはスマトラオオヒラタ。

IMG_3332.jpg
アルキデスは、長歯系・短歯系あり。

それに・・・
IMG_3333.jpg
マンディブラリスと・・・

何より
IMG_3337.jpg
巨大ホソアカ。

これらは、全てスマトラ島産です。もちろん、ラベルはありますよ。

もう一度、スマトラとかスラウェシにクワガタ取り行きたいなぁ。4歳児はそろそろ興味持つよなぁ・・・・・・。
例によってバーベキューですよ。
IMG_3274.jpg
ホンビノスガイ。これで364円というのはどうなんですかね?

IMG_3275.jpg
炭火で焼きます。

IMG_3276.jpg
直ぐに口が開きます。開いたらすぐ食べましょう!

IMG_3278.jpg
身入りまずまず。

旨い! 旨いといえば、旨い。ただし、アサリやハマグリの旨さには遠く及ばない。でも、良いんじゃないでしょうか。

ただし、このホンビノスガイ、米国からタンカーのバラスト水に混じってやって来た移入種なんですよね・・・。
こちらの続きです。

タケノコの季節がやって来ました。
IMG_3248.jpg
今年も来ました!

IMG_3252.jpg
こんなんが良いんですかね?

IMG_3254.jpg
これくらい?

IMG_3262.jpg
1歳児も活躍します。

IMG_3261.jpg
さばきます。

IMG_3328.jpg
軽く煮付け。

DSC_1294.jpg
タケノコご飯。

うむ。要するに贅沢とは、こういうことなのではないか?
IMG_3235.jpg
佐賀県庁展望室から。この画面のど真ん中辺りが雲仙岳らしいんだけど・・・今日は霞んでいて見えず。

IMG_3236 (編集済み)
大牟田市役所の職員食堂にてちゃんぽん。これが、まぁ、美味い。これで唐灰汁麺だったら、かなり良い線いきますね。

IMG_3242 (編集済み)
大分市でとり天。

IMG_3245.jpg
大分駅と言えば、このキモ可愛いだろ・・・(こちら参照) 全然ブレイクの気配は無いな・・・^_^;)
帰りは、若松区の直売所「海と大地」へ。収穫は・・・
IMG_3217.jpg
サザエ、700円。

大きいヤツは・・・
IMG_3222 (編集済み)
刺身にさばいて、残りは壺焼き。尻尾は先の方だけ湯通し。サザエをさばくのは簡単です。

コウイカは・・・
IMG_3218.jpg
面倒なので、100円払ってさばいてもらいました。値段は忘れた。

IMG_3219.jpg
胴は柵にして、刺身で。残りはフライにしたけど、写真を撮り忘れた。

こういった直売所で100円払ってさばいてもらうのは、自分の勉強のためでもあります。直売所の台所みたいなスペースで、さばいてくれる人はJFのジャケットを着ていたので漁協の人だと思うんだけど、コウイカを1杯さばくのに1分もかからない。う~ん、弟子入りしたい。
私ができないのがコレなのだ ↓
IMG_3220.jpg
コウイカの耳と皮がこんなにキレイに一体で剥けたためしがない。・・・・・・う~ん、まだまだ修行が足りんな・・・。

あ、味は、サザエもコウイカも、当然美味かったよ。
北九州市の響町、つまり埋立地の突端。
P1100147.jpg
!!! こんな巨大くるくるがずらりとならんでるんです!!! 知ってました???

IMG_3150.jpg
この風景はスゴいですよ・・・日本とは思えない。

P1100174_20170423165436a6b.jpg
そこそこ風車のたもとまで行けます。

北九州、スゴいなぁ・・・。

同時にスゴいと思ったのが、こで。
P1100189_20170423165437da2.jpg
何の変哲もないテトラポッドですが・・・

!!!
P1100185.jpg
コイツらがいっぱい付いてるのです。これは、マツバガイでしょうか??? ここで30分採集活動をしたら相当集まるぞ!?

しかも・・・
P1100200.jpg
さらにムラサキイガイにカメノテ。

ここはかなり魅力的な場所ですね・・・。不思議なことに、付近に釣り人はいっぱいいるんだが、これらテトラポッドに付いた生物には興味がない様子。そういうものなの???
この4月から、1歳児が本格的に保育園に通うようになりました。保育園では、連絡帳にお昼ご飯の状況を記録・報告してくれます。
IMG_3228.jpg
へぇ~、そうなんだ、エラいね。

IMG_3224.jpg
へぇ~、お代わりするなんて、エラいじゃん!

IMG_3227.jpg
ご飯もお代わり!?

IMG_3226.jpg
全部お代わりかよっ! ちょっとは遠慮しろよ・・・ 家で何にも食べさせてもらってないみたいじゃん! ^_^;)
前回とは打って変わって、今日は安いエビ。
IMG_3192.jpg
SHIMIZU? 清水?
購入店によるとバングラディシュ産の天然物とのこと。

IMG_3195.jpg
この箱を見て、「あ、日本の会社が作ってるんだ」等と思ったら、あなたはまだアジア初心者です ^_^;) このパッケージだけでは、SHIMIZUという会社が日本の会社なのか?もしくは日本の資本が入っているのか?等は全く分かりません。

IMG_3196.jpg
中身はこんな感じの氷詰めです。氷のブロックの中でガチガチに凍ってます。
これが一般的な冷凍輸入クルマエビ類の流通形態。スーパーでラベルに「解凍」と書かれているのを見たことないですか? あれは、こんな氷詰めでスーパーにやってきて、スーパーで解凍・小分けして販売してるんです。

IMG_3198.jpg
サイズこのくらい、今回は2Kgでピッタリ120尾入ってました。お値段4,500円。1尾37.5円。一番お得なエビの買い方だと思います。が、家庭で扱うには極めて面倒なので、エビマニア以外にはお勧めしません ^_^;)

小分けにして冷凍庫に入れておくと、何かと便利です。

さて、このエビ、何と言うエビでしょうか? 感じ的にはヨシエビ(Metapenaeus ensis)のような気もしますが、日本に生息する種とは限らないので、もしかしたらMetapenaeus endeavouri? ・・・さすがに頭が無いと、私には同定できません。さて、お味や如何に?
こちらの続き。
img001.jpg ←クリックで拡大
実はもう1枚、同じアングルの写真を買っているのです。キャプションは、「263 / NAGASAKI. 」。長崎の200番台といえば江南信國スタジオですが、これは違います。キャプションが黒字白抜文字のテープではなく、白抜文字のみです。売主によるとスティルフリードの作品とのことでしたが、もちろん、それを鵜呑みにしてはいけません。

もう一度、このアングルの写真をまとめます。
 ●目録番号 2901 撮影者未詳、文久2年(1862)の始め頃
 ●目録番号 6161 ベアト(ボードウィンコレクション)、文久4年/元治元年(1864)撮影
 ●目録番号 1290 ベアト、慶応元年(1865)~慶応3年(1867)撮影
 ●目録番号 5380 ベアト、 慶応3年(1867)頃撮影
 ●目録番号 1224 内田九一、明治5年(1872)~6年(1873)頃撮影
 ●目録番号 2868 撮影者未詳、明治7年(1874)~8年(1875)頃撮影
 ●目録番号 5887 撮影者未詳(長崎のAシリーズ)、明治10年代末
 ●「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」 長崎大学の目録番号5887のバージョン違いか?

今回の「263 / NAGASAKI. 」の特徴は、何と言っても中島川の河口に広大な砂州が広がっていることでしょう。この時代、中島川河口の堆積物によって、干潮時には出島は既に「島」ではなくなっていたのです。これでは外国船が港に着けません。そのため、中島川変流工事が行われたというわけです。中島川の変流工事については、こちらの「中島川変流工事跡」が、コンパクトにまとまっていて分かり易いですね。

この写真の年代ですが、明治15年築の活水のラッセル館が無いので明治15年以前です。初代税関の建物が既に無いので、長崎大学の目録番号2868と5887の間に撮影された物でしょう。 

この写真、解像度はそれほど高くないのです。また、周辺のボケがひどい。もしかすると、紙のプリントを性能の低いレンズで複写したのか?という気もします。ただし、サイズはフルサイズです。

右の中央やや下を拡大します。
k110 img019eded ←クリックで拡大
ベルビューホテルの裏が写っている写真ってほとんど無いと思います。裏にももう1軒、洋館がありますね・・・。それから奥には建築中の洋館が1軒。建築の専門家が見たら面白いんじゃないでしょうか? また文献と照らし合わせることによって、この写真の撮影年が特定できる可能性がありますね。

また、画面中央下やや左を拡大すると・・・
k110 img019ed1
客待ちの人力車! 
この場所は、現在だと・・・

ココですよ。
観光客が、最も良く訪れる長崎の場所の1つですよね。
前回(この辺参照)、アルゼンチンアカエビは生で食えるのが特徴・・・と書きましたが、近海物や国内養殖のクルマエビ類は生で食えますよ、もちろん。が、国内養殖のクルマエビなんて、値段を考えると庶民が家庭で食う物ではないですよねぇ? また、近海物のクルマエビ類は、買える場所が産地に限られます。

というわけで、クルマエビ類というと、私の頭では海外産の冷凍輸入物です。これらは、基本的に生では食えません。しかし、海外養殖の冷凍輸入クルマエビ類で唯一、例外的に生で食える物があります。それがブランド名『天使の海老』。前から気になってたんですよね~。
IMG_3184.jpg
というわけで買ってみました、『天使の海老』。
今回買ったのは、1Kgで30~40尾、お値段3,800円。1尾あたり95~127円、アルゼンチンアカエビの2倍前後といったところです。

IMG_3185.jpg
多くの冷凍輸入クルマエビ類が、氷ブロックで凍結されているのに対して、『天使の海老』は1尾ずつバラで凍結。これは大きな特徴ですね。ユーザーフレンドリーです。

IMG_3186.jpg
流水でザッと解凍するとこんな感じ。
ありゃ? これって・・・何エビ??? ホワイト系というかブルー系とでも言うんでしょうか? 私、てっきり『天使の海老』ってウシエビ(ブラックタイガー)とかバナメイだろうと思ってたんですが、全然違いますね。調べてみたところ、これは Litopenaeus stylirostris という種のようです。和名は無さそうです。日本のスーパーで見かける様々なクルマエビ類に近い仲間ではあります。

見ての通り、極めて新鮮です。生で食える、というのは鮮度も大事ですが、それと同様に養殖環境が大事です。東南アジアのエビ養殖場を見ると分かるのですが、如何に新鮮でも生で食うのはちょっと・・・と思えるところが多いのです。汽水域で養殖場の水には生活排水も入ってるよね・・・みたいな。その点、『天使の海老』はニューカレドニアの奇麗な水で抗生物質も使わずに養殖してるんだそうな。

IMG_3188.jpg
生で非常に美味いですね。クルマエビとかブラックタイガーに比べると、ちょっとねっとり度が高めでしょうか。ただ、生状態では一切赤くないので、店で刺身では出せないか? いずれにしても、これは美味い。塩焼きとかエビフライにしても相当美味いでしょうね・・・。

1歳児が欲しがったので、湯引き。
IMG_3189.jpg
1歳児、生だと上手く噛み切れないのですが、ちょっと湯通ししてやると食べられます。結果、2尾食いました。

この商品、どうでしょうね? 超新鮮で、味は間違いなく美味い。アルゼンチンアカエビの比ではありません。しかし、1尾100円かぁ・・・。国内産クルマエビに比べれば格安ですが、たまの贅沢って感じですかねぇ・・・。