2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

さて、これはワタリガニ、下関産。
DSC_2317_20171020193705b7e.jpg
北九州市、小倉の旦過市場にて活けを購入。活けの状態で550gくらい、2,600円なり。かなり高価な食材ではありますが、500gオーバーのワタリガニって、そもそも売ってるところが少ない。福岡市だと、柳橋連合市場に行けばシーズン中は安定的に買えるのかなぁ。ちなみにネットでお取り寄せすると5,000円はいっちゃうでしょうね。というわけで、少々贅沢ではありますが、お買い上げ。

私は蒸します。
DSC_2318.jpg
さすがにデカいね。

ワタリガニの身質は、タラバガニやケガニ、ハナサキガニ、ズワイガニといった北方系のカニとは全く異なります。非常に緻密でなめらか、味は大変上品な旨みが魅力。一番おいしいのがこの部分 ↓
DSC_2323.jpg
遊泳脚(一番下の脚)の付け根の部分の身です。上手に脚を外すと、こんな感じで身が付いてきます。

脚に身が付いてこなかったら、甲羅を外して内側から・・・
DSC_2325.jpg
こんな感じ。いずれにしても大きな身が、ゴロン!と取れます。これが極めて旨いのですよ。ただし、活を調理した物に限りますよ。

それでだ、今日はこのワタリガニを蒸しながら、食べるのを楽しみにしていたんだが・・・上の一番おいしい部分を含めて、半分以上を何と、何と、2歳児に食われてしまったのです!!! しかも、食うペースが速いため、剥くのが追い付かない! お前、そんなにカニ好きなのか・・・・・・そうか! じゃ、これからは私自身のためではなく、お前のためにカニを買うことにしよう! ^_^;) 

<2歳との会話>
2歳児、拾ったドングリを手に取って、
 2 「どんじゅり
 私 「どんじゅり?」
 2 「どんじゅり!
 私 「どんじゅり?」
 2 「どんじゅり!!!
 私 「どんじゅり?」
 2 「ちゅわう、どんじゅりってば!
 私 「ドングリ?」
 2 「うん」
*お前、ヒアリングはできてるけど、発音機能が追い付いてないんだな・・・ ^_^;)
今日は「うどん県」出張。
IMG_0037.jpg
市内のうどん屋にて。これで440円というのはスゴい。さすが、本場。

今日は岡山市内に泊まりです。晩ごはんは・・・
IMG_0038.jpg
コンビニのお弁当。酒飲まないと晩ごはんがつまらんね・・・
IMG_0025.jpg
これはバンドウイルカですかね。

IMG_0026.jpg
これも同じかな?

IMG_0027.jpg
これはコビレゴンドウ。デカいね。

IMG_0020.jpg
今日もマリンワールドでした。
年間パスを買うと、気軽に来られて良いね。
今日、4歳児は無事に5歳になれました。
DSC_2307.jpg
こっちで大きいケーキは食べたからな、今日は小さいので良いや。
1年後、無事に6歳になれますように。

そのころ2歳児は・・・、
IMG_0015.jpg
本日の保育園の連絡ノートより。

お前さ、文句言いながらお代わり2回もするなよ・・・ ^_^;)
とにかく言葉が達者な2歳児です。
2歳児もちゃんと3歳になれますように。
こちらの続きかな? 久しぶりのシカ肉です。

このシカ肉は、大分県臼杵市の「山川屋」という店から楽天経由で取り寄せています。楽天内のウェブサイトは、ここです。これまでのシカ肉の感想は、「ロースは割となんにでも使える、でもモモは固いので煮込み」。これは単純に、ロースも赤身なんですが、モモに比べると脂が多いですからですね。逆に言うと、モモは脂が少ないので固い。これまでモモでローストや竜田揚を作ったことがあるんですが、やはりちょっと固めです。だから、モモは、カレーやシチュー等の煮込み用になってしまいます。しかし、前も書いた通り、煮込んじゃうと、牛肉との差別化が難しい。シカ肉が牛肉より安ければ、無問題だけど、必ずしもそうでもない。今回のモモは、1kgで税込約3,400円。シカのモモ肉を煮込み以外で美味く食えないものだろうか? 

やってみよう。

今回は、あんまり写真を撮ってないんですが・・・
DSC_2155.jpg
がちがちに凍った冷凍のモモをピチットシートで包んで、さらにタオルで包んで常温で解凍。

DSC_2157.jpg
はい、解凍済。ピチットシートのおかげで、ほとんどドリップは出ず。ちなみに、写真の左の方の細くなった部分は、少々水分が抜け過ぎて干からび気味。恐るべし!ピチットシート。

これをマイタケペーストに漬け込みます。
DSC_2158.jpg
マイタケペーストとは、
 ・マイタケ 
 ・水 (マイタケの重さと同量)
 ・塩 (水に対して1%)
つまり、マイタケが100gなら、水100cc、塩が1g。
これに漬け込むんです。そうすると、マイタケの持つタンパク分解酵素で肉が消化されて柔らかくなるというわけ。時間はお好みで。ただし、おそらく時間より温度の方だ大事です。ネット上には、いろんなレシピがあるんで、参考にしながら、結局は自分で良い条件を見つけるしかないと思います。今回は常温で半日。半日とはいえ、肉を常温にさらすので、調理用具と自分の手はもちろん、台所の流し周りに台所用消毒アルコールのスプレーを吹いておきました。

半日経ったら、後は焼くだけ。
DSC_2302.jpg
出来た!
結果・・・固めのシカのモモ肉が超柔らかくなりました。大変柔らかいです。ふわっふわ、という形容詞がぴったり。これなら、誰もこの肉が固いとは言わないでしょう。大成功!!!(・・・なのか?)

マイタケを使えば、シカのモモ肉も大変柔らかくなることが分かりました。時間はかかりますが、大した手間はかからないので、この調理法は、基本的にお勧め。

ただしですね・・・柔らかくなったからと言って、美味くなったか?というと、それは人それぞれです。どんなに柔らかくなったって、しょせん赤身ですから、脂の旨みは当然ありません。脂の多い肉が好き、脂の旨みが好きな人には、いくら柔くなったとはいえ、味気ない肉でしょうね。また、私は、もう少し漬け込み時間を短くして、もう少し肉らしい歯ごたえを残した方が良かったかな? とも思うんですが、家人は、これくらいで良いと言っていたので、この辺も人それぞれですね。

なお、マイタケペーストは、当然ですが、キノコの香りがスゴいのです。これに漬け込んだからには、もうキノコ風味にするしかないだろう・・・。と思って、冷蔵庫に残っていたシメジと一緒に焼いたのですが、肉を焼くときにバターを使うと、キノコの香りはほとんど飛んでしまうようです。というわけで、マイタケペーストに漬け込んだからと言って、必ずしもキノコ風味にする必要は無いですね。

いずれにしても、マイタケで肉がこれほど柔らかくなるというのは、結構な驚きです。マジメな話、漬け込み時間を長くすると、老人食とかに応用できるんじゃないか?
こちらの続きなので、ほぼ1年ぶり。みなと100年公園です。
DSC_2162.jpg
地面一面、ドングリ!

DSC_2164.jpg
ここぞとばかりに拾います ^_^;)

DSC_2166_20171009195607b67.jpg
こんなのとか、

DSC_2271.jpg
こんなのとか、いろんな種類があるんだけど、名前が分からない。一度勉強しかけたんだけどね。確か、図鑑買ったっけ?

DSC_2288_20171009195610697.jpg
私はこの公園のこのスペースが好きです。奇麗なシイ・カシの雑木林。

DSC_2184.jpg
海沿いの道には、どうやらカニが出てくる模様。

DSC_2262.jpg
2歳児 「ソーセージ!
ちがうよ ^_^;) それはたぶんアゲハの幼虫だよ。

DSC_2272.jpg
自転車に乗るには、この公園が一番ですかね・・・。ドングリもいっぱいあるし、カニもいるし。なかなか良い公園です。
昨年度の運動会はこちら

P1100381_20171008162909d4a.jpg
今年もテント村ができました。

P1100384ed.jpg
我が家もテントを張ったのですが・・・
この場所、直射日光で暑くてしょうがない。すぐに退散して、別の場所に移動しました。

夜は・・・
DSC_2152.jpg
おじいちゃんと一緒に、はっぱっぺー!

#もはや誰も「はっぱっぺー」なんて言ってないけどね ^_^;)
こちらの続きです。
購入して半年。未だに作っていません。これまで作るのを躊躇していたのは、表面仕上げをどうしようか? 迷っていたため。購入前は、普通にラッカーで仕上げてやろうと思ってたんですが、購入時の売主からの連絡メールに「ワトコオイルで仕上げるのがお勧めです」と書かれていたのだ。オイル仕上げねぇ・・・前から興味はあったのだ。それに別に難しくは無い。

やってみたい!とは思ったものの、気にかかることが1点。それは、はみ出した接着剤。ラッカー仕上げなら、はみ出した接着剤は、削って、サンドペーパー掛けして平にすれば無問題。しかし、オイル仕上げの場合、そうはいかんのです。表面に接着剤がはみ出ると、はみ出た接着剤を削り取ったとしても、接着剤が木の表面に染み込んでいます。ラッカー仕上げなら、ラッカーで塗りつぶしてしまえば良いのですが、オイル仕上げの場合、接着剤が染み込んだ部分には、オイルが入っていかないのです。

つまり、オイル仕上げをしようと思ったら、接着剤をはみ出させてはいけないのです。しかし、木工で接着剤がはみ出さないって、普通じゃない。さて、どうするか??? ここで迷って、すでに半年。

これ以上考えてもしょうがないので、やってみるか?
DSC_2118.jpg
側板の仮組。

DSC_2123.jpg
側板は、こんなダボで固定されます。

DSC_2124_20170923221823611.jpg
だから、ズレる心配が無いのです。

さて、スピーカーの箱を作るにあたって、接着剤は絶対にはみ出ます。逆にはみ出ないと、密閉性が心配です。ではどうするか? 
DSC_2125_2017092322182440a.jpg
単純にマスキング。これでホントに大丈夫か? 少々不安ですが、他に良い方法も思いつ付かないので、やってみましょう!

DSC_2127.jpg
上下左右を接着。接着剤はタイトボンドを使いました。

DSC_2112.jpg
バスレフダクトのザグリは、非常にタイト。ゴムハンマーでとんとんしながら入れました。

DSC_2131.jpg
これだけタイトだと、接着材要らないかも?と思ったんですが、念のため、ダクトの周りにシールも兼ねて接着剤を回します。

DSC_2132.jpg
バッフル面も、念入りにマスキングして圧着。

購入後6か月、実作業時間1時間 ^_^;) これでようやく箱らしくなりましたね。

で、ここでまた悩むのだ。背面はどうしよう? 接着した方が、音質的に有利なのは分かっているのだ。う~ん、でもやっぱねじ留めにしようかなぁ・・・。少なくともいきなり接着しちゃうと、とりあえず吸音材の調整ができないもんね・・・。う~ん、でも音質的には絶対接着した方が良いよね・・・。

はい、また半年くらい悩むかもしれません ^_^;)

DSC_2102.jpg

<2歳児語録>
かにぼ = カニかまぼこ
ウチの2歳児、いつの頃からか? かまぼこを「ぼ」と呼ぶようになりました。というわけで、カニかまぼこは、カニぼ
本日は、仕事を休んで病院です。1か月前に受けた定期健康診断の精密検査。要精密検査項目は、高血圧、中性脂肪、肝機能の3つでした。本日、受診したのは、循環器内科と肝臓内科。診療項目は、採血、胸部レントゲン、心電図、心エコー、肝エコー。

以下、その結果。

<体重> 至適体重は現状-9kg
(診断) 医師 「9kg痩せる必要はないけど、もうちょっと痩せた方が良いですね」

<高血圧> 病院で計って135/110
(診断)
・下が高いので、動脈硬化が原因ではないだろう
・今すぐに投薬をするレベルではない。 しかし、10年後 20年後を考えて、下げる努力をすべき
・まずは減塩、できれば減酒、さらにできれば運動を
・なお、心電図、心エコー 、レントゲンは無問題

<中性脂肪> 8月の健康診断時には、1,400!を超えていたのだが、今回は正常
(診断) 医師 「前回は、ちゃんと絶食してなかったんじゃないの?」
*ちなみに3つのコレステロール値は、8月も今回もいずれも無問題

<肝機能> 再検査の結果γGTPが250
(私的診断)「やっぱ、お酒ですかね?」
(医師の診断)「その可能性もあります。そうではないかもしれません。若干、肝臓に脂肪が付いているので、そのせいかもしれません。ちなみに”酒は百薬の長”などと言いますが、お酒が健康に+なのは、ビールでコップに半分くらいとされています」
(私) 「意味ないですね」
(医師)「でもまぁ、研究によると、そういうことなんですよ・・・よし!とりあえず、向こう1か月間、お酒を1滴も飲まないでください。1か月後にまた採血しましょう。1か月後に下がっていればお酒が原因、下がっていなければそうでないことが分かります。原因解明の第一段階です。」

がーーーん・・・1か月間、お酒飲めないんですか・・・(涙)。

そっか・・・・・
・1か月後に下がる = お酒が原因と考えられる = 少なくとも今のようにお酒を飲んではいけない
・1か月後に下がらない = お酒が原因ではない = もっと怖い他の原因がある = 当然お酒を1滴も飲まない状態継続

あれっ? 1か月後にどうなっても、もう今のようにお酒は飲めないって事じゃん! ^_^;) そっか、ならば生活パターンを変えよう!
糸島半島にて。
DSC_2135.jpg
これは、値札に「マエビ」と書かれていたけど、ウシエビ(Penaeus semisulcatus)でしょう。アカアシ、という方言で呼ばれることが多いと思っていたんだけど、マエビというのは初めて見ました。500円。

DSC_2143.jpg
これは、エビフライ用に剥きます。一番上、殻をむいていませんが、何と!ソフトシェルでした。

IMG_4463.jpg
タイワンガザミ。もう1回り大きいと嬉しいんだけどねぇ。

蒸すと・・・
DSC_2145_20171003162429dac.jpg
こんな感じ。810円。

IMG_4465.jpg
サザエ、壺焼き用。450円。

IMG_4460.jpg
写真が悪くて見にくいけど、味噌汁用超小型ガザミとタイワンガザミの混ざり。180円。

してみると、ウシエビが1尾100円というのは、かなり高価に思えますよね・・・。しかし、近海物のウシエビなんて、港の近くじゃないと買えないから、たまの贅沢ということで。っていうか、エビフライは2歳児用なんだよな ^_^;)