2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

以前のエントリーで、なぜわざわざラチャダピセーク地区までトゲジャコを食いに行ったのか?それは、とある消息筋から、このレストランにカブトガニがいる、という情報を得たからに他なりません。
IMG_4059.jpg
いました^_^;) 水槽で泳いでいます。

んで・・・
IMG_4063.jpg
メニューにもこの通り。

皿に乗って来るとインパクトあるだろうなぁ・・・。まだ食べてないんだけどね。
27日、結局デモはありました、しかも過去最大級↓
タイ:タクシン派が1週間ぶりに大規模デモ 数万人が参加
治安部隊が一部撤収=タイ
タイ、衝突回避で軍撤収 タクシン派10万人がデモ
タクシン元首相派、最大級デモ バンコク、爆発でけが人
私もちょこっとだけ見ました。
デモ隊は今のところ、徹底して平和的な行動に終始しています。
----------------------------------------------------------
私がこれまでに確認した範囲内では、常にカブトガニを置いている店が、オートーコー市場に1店、クロントーイ市場に1店。どちらも1匹150バーツです。
P1070599.jpg ←クリックで拡大
オートーコー市場にて。
これ、やっぱり、ミナミカブトガニ(Tachypleus gigas)ですよね?
でね、オス/メスは・・・日本のカブトガニ(Tachypleus tridentatus)しか知らない者にとっては、全部メスに見えます。1匹150バーツなり。
#このブログ、「日記」ではなく、実は週末にまとめて書いてます。で、予約公開機能を使って、1日に1本づつ公開しているわけです。現状ですでに向こう1か月分くらいの記事をサーバーにUPしてます(ってことは、私が今死んでも、1ヶ月くらいは更新され続けるわけね^_^;)。だから、その日に書いたものをその日にUPすることは滅多にないのだけど、このエントリーは例外。今日書いてます。

こちらのページに頂いたコメントで!?と思い付いたことがあります。思えばなぜ今までこんな当たり前のことに気づかなかったんだろう。

ネット上の文章を見ると、カブトガニってどうやら食べるのは卵だけのようです。ってことは、市場に並んでいるのはメスだけなのか!?確かに今までの写真を見直すと、そんな気もします。次回、市場に行ったら確認してみましょう。もし、メスしか市場に並ばないのだとしたら、オスは港で捨てられてるんでしょうか? そもそも、カブトガニってどうやって捕るんだろう?網ではないですよね?だって、こんなトゲトゲなやつが網にかかったら、網からはずすのが大変でしょ?網を破ることもあるだろうし。それに、メスといっても卵が無いとダメなわけですよね?で、思ったんですけど、もしかしたら、産卵のために浜に上がってきたカブトガニを手で拾ってるんじゃないでしょうか?メスだけ。だとしたら、どこかにカブトガニの大規模な産卵地があるはずです。バンコク市内では、それほどメジャーではないとはいえ、毎日相当な数のカブトガニが売られているのですから。

だからね、もしかするとタイにもこんなとこがあるんじゃないですかねぇ・・・↓
P1020289.jpg
2007年米国デラウェア州の海岸で撮影。

今回はやたらとifの多い文章になってしまいましたが・・・誰か探しに行かないか~!!!タイにおけるカブトガニの産卵地。自分で行きたいんだけど、オレそんな時間まったく無いのよ・・・

#あ、タイにおけるカブトガニの生態や分布に関する文献をご存知の方はぜひ教えてくださいませ
期せずして、「動物ネタ」が続きます。
オートコー市場です。
IMG_0403.jpg
ここには常にカブトガニがあるようです。ミナミカブトガニ(Tachypleus gigas)ですね。1匹150バーツ(約408円)。シーフード食材としては、安くは無いけどそれほど高くも無い。いや、食える部位の量を考えると高いのかな?カブトガニを置いているレストランは少ないので、どちらかというと珍味的な扱いなんでしょうか?

まだ、買ってません。いずれにしても剥製はいくらでも作れるし、遺伝子も十分取れますぜ。ウズムシの有無は調べてないけどね。
長崎方面からアクセスを頂いたようなので、急ぎ上げておきます。例のアレです。
kabu1


場所は、クロントーイ市場(Khlong Toei)というバンコク中心部の市場。この市場についてはまたいつか書く機会があると思うのでとりあえずおいておきます。はい、例のアレです。ちなみに値札の300というのは、左下にあるノコギリガザミのツメの値段で、コイツは1匹150バーツ(約404円)でした。屋台のラーメンが20~30バーツで食えるタイで、市場で150バーツは決して安い食材ではありません。

見たところミナミカブトガニTachypleus gigas)ですね。日本のカブトガニを見慣れた目には比較的小さく見えます。いろんな人から聞かれたんです、「もうカブトガニ食べた?」って。でも残念ながらまだ食べてません。理由は、1つには多分それほど美味しい物ではないらしいということ。ネットで検索すると「・・・」とか「まずい」という記事はたくさんあるのですが、「うまい」という記事は見たことがありません。それにですね・・・一人で食べるのって、何かつまんなくね?

想像してみてください。一人でシーフードレストランに入って、カブトガニを注文。しばらくしてカブトガニの丸焼きがやって来る。一口食べて・・・「まずっ-_-)」。なんか盛り上がらないじゃないですか!もしくはですよ、市場でカブトガニ買って、尻尾ぷら~んと持ってアパートに帰って来る。オーブンに入れて丸焼きにして、一人リビングに座ってフォークとナイフでカラをパリパリして、一口。「まずっ-_-)」。さらに盛り上がらないじゃないですかっ!こーゆーモノはですよ、その価値を分かる人たちと一緒に食べたいわけです。

私たち(誰たちだ?^_^;)は一時期であれ仮にも仕事でカブトガニに関わったわけです。そ~んな、そこらのブログでカブトガニ食ったつって、きゃーきゃー騒いでるミーハーな連中とは違います(このパラ、若干意味不明^_^;)。

というわけで、長崎方面の方々、こちらにいらした際は一緒にカブトガニ食いに行きましょ♪

#希少な生物とか天然記念物を食っても良いのか!!!という批判に対してはまた後日。