2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

こちら、その後のこちら、に続く第3弾!

DSC_2843.jpg
最近ね、東京では、スルメイカがめちゃ安です。これで298円。小型ですが8ハイ入ってました。小型のスルメイカ。東京方言で言うところの麦イカですね。今、東京では、スルメイカが旬のようです。よほどたくさん獲れているんでしょうね。とにかくめちゃ安。

さばきます。
DSC_2844.jpg
小さくても肝は立派。イカの塩辛を作れば旨いに違いない。でも、塩辛って結構面倒なんだよね・・・と言うわけで、今回は、肝は泣く泣く捨てる。

DSC_2846.jpg
胴。

DSC_2849.jpg
ゲソ。

胴は、中にもち米:普通の米=1:1で詰めて・・・
DSC_2852.jpg
ぐつぐつ。

DSC_2869.jpg
旨い!ちょっと味が濃い目だったか。まぁ良いやね。だんだん、上手になってるぞ、俺!




わざわざ、千葉県まで豚骨ラーメンを食いに行った。
20130608_113631.jpg
うまい! まぁ、良いんじゃないでしょうかね。東京では、美味しい豚骨ラーメンって、ホントに少ないからね。あ、ここは、東京じゃないけど。

20130608_113415.jpg
左 替玉は、こんなお皿に乗ってくる
右 テーブルには、紅しょうが、辛子高菜、ゴマ

美味しかったですよ。博多でこのラーメンが出てきても全く違和感の無いレベル。博多で言うと、名代ラーメンに近い感じのスープかなぁ。麺は、おそらく大部分の博多のラーメン屋の麺より細い極細麺。関東では、こういうラーメンはやっぱり貴重。

替玉を頼むときに、「硬い玉お願い」と言ったら、店の兄ちゃん、「どれくらい硬くしますか?」と全く予想外のミラクルなリアクション^_^;) まぁ、普通そうなのかもな。これが普通に通じるのは博多だけかも知れんね。

ただね、これはやっぱり博多ラーメンなのだ。キクラゲが乗ってくるとか、テーブルに辛子高菜があるというのは博多ラーメン。長浜ラーメンにキクラゲや辛子高菜はあり得ない。私が求めているのは、長浜ラーメンなのだが、やはり東京に長浜ラーメンは無いのか!?
20130416_121534.jpg
ぼくが、寝てる間に・・・

20130416_122644.jpg
お父さんは、海鮮丼を、

20130416_122739.jpg
お母さんは、お刺身定食を食べて、

20130416_123819.jpg
ぼくが、目覚めた時には、どんぶりが空になっていました。

おしまい。
こっちにも書きましたが、ウチは牛タンが好きです。でも、上のページで書いたような牛タンって、仙台とかに行かないと、東京では身近に売ってないんですよね。

前から、ウチの近くの肉屋に気になる牛タンがあるんですが、結構高くて迷ってたんですよね。でも、意を決して買ってみました!
DSC_2692.jpg
冷凍で、がちがちに凍ってますが、丸の牛タン、ニカラグア産。100gで398円だから、お肉としては結構高価だよね? えっ?そうでもない?

コレをダッチオーブンで焼いてみましょう。
DSC_2697.jpg

牛タンを塩卵白で包んで、1時間。
DSC_2703.jpg
出来上がり!

ん! 美味い! いろいろ改良の余地はありそうだけど、また作ってみよう!
20130414_124219.jpg
ほくは産まれて初めてお寿司屋さんのカウンターに座ったよ!

こっちに書いたけどさ、○○屋さんって、何をするところか良く分からないんだけど、もしかして「おすし屋さん」っていうのは、カウンターの向こうのおじさんが、いろいろ芸をしてあやしてくれる所なのかな?

父注)違う。赤ちゃんをあやすのは、寿司屋のおやじの通常業務ではない

20130414_124544.jpg
このカウンターの叩き具合がまた良いんだ!

お寿司屋さん、また来たいな!
こちらの続きと思って欲しい。

小型のスルメイカが安かったので、イカメシを作ってみた。
DSC_2603.jpg
成功!美味い! やっぱ、イカメシにはもち米だね。
我が家では、米は福島産を買うことにしている。別にそんなにこだわるわけじゃないんだけど、まぁ、どうせならねぇ、そんな感じのノリ。元々、福島って米美味いしさ。北大路魯山人も米は福島が一番って言ってるしさ。

ある日のこと、いつものようにネットスーパーで福島県産の米を注文したら、これが来た。
20130325_232046.jpg
福島県産が品切れだったらしい。「福島県産じゃなきゃ、イヤです!」と言うこともできたのだが、そこまではこだわらない。

福島県産が売り切れとはどういうことだろうか? どうせ売れないだろうからと思って、元々仕入れの量が少ないのだろうか?それとも福島の米の売り上げが回復してきているのだろうか?後者だと良いが。
やっぱね、私、カニ好きなんですよ。
DSC_2525.jpg
今日、家の近くのスーパーで買ったのはこれ。

実に1尾680円である。だから、小さいんです。しかし、いかに小さいとはいえ、かつ冷凍とはいえ、ケガニが1尾680円というのはスゴくないか? まぁ・・・身入りは良くなかろう。それでもケガニが、都心のスーパーで1尾680円というのはスゴくないか?

安くてもケガニだ。
DSC_2529.jpg
持てる技術を全て駆使して、身をむく。これくらいキレイに食べられたら、ケガニも本望であろう、と思われることを目指しております。

で、これは私のスタイルなんですが、
DSC_2527.jpg
むいた身は、ミソと共に殻に入れます。

そして、ちょびちょび食べながら、酒を飲む。味は、ミソも含めて正にケガニの味。当たり前だけど、強烈に旨いミソも含めて、ケガニの味に変わりない。ただし、身入りは、予想以上に悪かった。5割とは言わないが、ネット上でこれを身入り8割と言って売ったら、クレームが来るだろう。

過去にも書いたけど、カニは身入りの良い物ほど、むくのが楽です。ただ、身入りが良くても悪くても、味そのものは、正直良く分からない。今回の物は、かなり身入りが悪いけど、680円なら全然文句はないよ。

都心のスーパーで、安い丸のカニを見つけたら、「あ、これは身入りが悪いんだね」ということです。でも、それを分かって買う分には、十分お買い得と思いますよ。日本の流通業界はスゴいね。

で、今回、初めて分かったんだが・・・家人はどうやらカニをむくのが苦手らしい。まぁ、良いでしょう。私ほど、カニをむく技術に長けたカニマニアもそうそういないと思うんで、家でカニをむくのは、私の仕事としましょう。

むいたケガニは、家人も「お~いし~~~!」と言って食べてくれた。そうだ、ケガニは美味しいのだ。次は、「浜茹での硬ガニ買ってみるか?」と言っても、家人の理解が得られるかもしれない。
さて、こちらで作ったベーコン、
DSC_2469.jpg
案の定、強烈に塩辛かった。さすがの私もタダ焼いただけでは食えないくらいの塩辛さ。どうしようかね・・・と思っていたら、『ポトフに使うが良かろう』というメールが。

私「ポトフって何だっけ?」
妻「西洋風おでん

!そうなのか???

かくして妻が西洋風おでんを作る。
DSC_2478.jpg
美味い!西洋風おでんという言い方は気になるが、美味い!超塩辛いベーコンが良い調味料になってるよ。しかもこれ、ダッチオーブンで煮込んだもの。ダッチオーブン使うと、野菜がすごく美味しくなる。ダッチオーブン、面倒だけど、家でも結構使えるね。
ダッチオーブンでベーコンを作ってみました。
今回は、漬け込み2週間、塩抜き1日、乾燥1週間、スモークはチップではなくウッドを使って3時間ほど。
DSC_2462.jpg
見かけはまぁまぁでしょうか。

DSC_2467.jpg
断面こんな感じ。結構乾燥させたつもりだったんですが、中身は超ジューシー。

今回は塩抜きがいい加減だったんで、ちょっと塩辛いかも。その場合は、焼いてつまみにするか、スープとかパスタに“調味料”的に使いましょうか。