2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

先週は特にキツかった。もう限界を超えたね。これほどキツかったのは人生初めてだ。本当に切腹かと思った。

今週は会議をやったんだけど、全然準備の時間が取れなかった。会議1週間前になっても、別の仕事に時間を取られて、全く準備ができなかった。だから会議は最悪だった。オレの責任だ。もう本当にごめんなさいとしか言えない。本当にみんなに申し訳ないし、自分が恥ずかしいし、自分自身を許せない。もうホントに切腹だよ。いや、オレが上司だったら、切腹どころか手打ちにしてるところだ。優しい上司で、オレはかろうじて生かされている。

考えたら、バンコクに来て以来、嬉しい事なんて何にも無い。とにかくキツい。ただ、それだけ。

でもね、今週の会議で1つだけ嬉しいことがあった。会議中の事。

参加者にフィリピンから来たおばちゃんがいた。会議中に、このおばちゃんが私の所に来て耳打ちをする。私は、会議の主催者側だから、おそらくは議事進行について何か言いたいのだろう。そう思うとちょっと緊張して、彼女の言葉に耳を傾ける。

お 「あなた、そのかばん、どこで買ったの?
私 「はぁ?」
このかばんだ。
P1010949.jpg
最近、ずっと通勤に使っている。

一瞬、驚いて彼女の顔をマジマジと見る。マンガやドラマじゃあるまいし、驚いて相手の顔をマジマジと見つめる事なんて、実生活あんまり無いと思いませんか?しかし、この時は本当に驚いて彼女の顔を見つめてしまった。おばちゃんは続ける。「あなたのそのかばん見て、すてき~って思ったのよ!あなた、バンコク在住でしょ?もし、そのかばんがバンコクで買えるなら、ぜひ買いたいと思ったの。店教えてよ!」

会議中である。このおばちゃんは一体何を考えてるのだろうか?

私 「あ・・・このかばんは自作ですよ。売り物じゃありません。こういった革製のかばんを、バンコクで見た事はないですね。」
お 「自作?自作ってどういう事?」
私 「自分で作るんです。かばんを作るのは私の趣味なんですよ。」
お 「作る??? ホントに??? あなたが作るの???」
私 「ええ、そうですよ」
お 「じゃ、買えないのね・・・残念・・・」
以上、会議中のヒソヒソ話。

以下、会議終了後、廊下で。
お 「そのかばん見たらさ、すてきー!って思ったのよ。この革の質感がすごく良いじゃない!そのかばん見たら、いてもたってもいられなくなっちゃって、それでさっきあなたに聞いたのよ。次にあなたに会うのは、10月よね?10月のフォーラムには私も来るから。その時までに、それと同じかばん作ってよ。お願い!」
私 「いや、あのぉ・・・これくらいなら作りますよ」
と言って、かばんの中からペンケースを取り出す。
P1010951.jpg
しかし、
お 「いや、私が欲しいのはかばんなのよ、かばん!お願いね!10月よ!あなたが忘れないように、リマインドのメール送るからね~」
そう良いながら、おばちゃんは去って行った。

・・・・・・。

このおばちゃんとは、今回が初対面だ。私が作ったかばんをそこまで気に入ってくれるというのは実に嬉しい。職人冥利に尽きるという物だ。しかし、悲しいかな。今の私の身分では、かばんを作るのはあくまでも趣味だ。仕事ではない。だから、今の私にかばんを作る時間は無いのだよ。時間があれば、1つとは言わずに、2つでも3つでも作ってあげたいんだけどね・・・。

思ったんだけどさ・・・オレ、今の仕事辞めて、どっかのかばん工房に弟子入りできないかなぁ・・・。エルメスの工房に入れてくれないだろうか? 一所懸命勉強するよ。フランス語できないけど。

しっかし・・・おばちゃんがあつかましいのは、日本もフィリピンも一緒だね^_^;
トラックバックテーマ 第1126回「今、どんな財布をつかってる?」

こんな財布使ってる。
P1010415.jpg

自作。
P1010416.jpg
自分用に作ったんで、仕上げは結構手を抜いてます。

でも、ここに至るまで、
P1010417.jpg
こんくらい試作を繰り返しました。

それでね、これが積年の悩み。こっち側と、
P1010412.jpg

こっち側って、
P1010414.jpg
どっちが表なんだ???

まぁ、どっちにしても、アップにするとまだまだイマイチな縫い目だな-_-;)
今、欲しい物
P1000102.jpg
レーシング・ポニーが欲しい。しかし、こればっかりは、バンコクには売ってないだろうなぁ・・・。
P1110829.jpg

P1110831.jpg

P1110841.jpg
ちょっとテンション高めだったけど、そこそこの縫い目ができたか?

そろそろ量産体制に入るか?
最近、お手伝いのおばちゃんがリビングのテーブル周りを掃除してくれなくなった。何か・・・・・・、オレに対するイヤがらせか?









































P1110865.jpg
イヤ、そうぢゃない。テーブルにはレザークラフトの材料と道具が満載!床には半裁の革がごろり~ん

P1110867.jpg
ソファの上には、作りかけの財布と麻糸がでろり~ん

ここまで散らかしてしまうと、お手伝いのおばちゃん的には、手がつけられないのです。でも、これは正しいんです。迷ったら手をつけない。これはプロのお手伝いのおばちゃんの鉄則です。これはインドネシア時代も同じでしたね。

床はちゃんと掃いてくれています。床に落ちた革のくずや切れ端は綺麗に無くなっています。その上で、テーブルの上を片付けて欲しければちゃんと指示を出せば良いのです。今のおばちゃんなら、指示すればちゃんとやってくれるでしょう。

おばちゃん、いつもありがとう!感謝してます!
実に、11ヶ月前のこちらの続きである。
P1110797.jpg
思えば私は、バンコクに赴任して1年、これらをリビングに放置してたままだった・・・。そろそろ・・・始めましょうか・・・。

ある日、日曜日。昼間から酔っ払った勢いで、日本から持って来た道具をリビングのテーブルへ。
P1110794.jpg
もう一度やってみよう。

財布を1つ作ったところで、われながら驚愕した。自分でも驚くほど腕が落ちているのである。何が悪いかと言うと、縫い目。ステッチの入れ方。こんな出来では自分で使う気にすらなれない。

納得いかないので、同じ財布をもう2つ、同時進行で作る。
P1110780.jpg
半日で財布を3つ作るなど、酔っ払いのなせる業である-_-;)・・・・・・。1つ目よりははるかに良くなったが、数年前の私の作品には到底およばない。何しろ、この出来では作った物を人にあげる事もできないではないか。週末、もう何度かリハビリしてから、本格的に作り始めることにしよう。

今回作った3つの財布は、あまりに出来が悪くて、完成品の写真をアップすることが出来ない。完成品の写真は次回だ!!!

あ、これ、レザークラフトね。
P1100099_20100813042517.jpg
普段、通勤用に使っているかばんです。

P1100101.jpg
たまに通勤に使うかばんです。

以上は全て自作。作ったのはいずれも長崎時代です。東京時代にも使いました。バンコクにまで持ってきました。いずれも5年以上使ってるので、かなり薄汚れてきましたね・・・。

素材はヌメ皮。ヌメ皮のかばんを自分で作る利点は何より、「汚れが気にならない」ということ。

ヌメ皮のかばんと言えば、その昔「Bree」というブランドの製品が好きでした。でも買った事はありません。何しろ白っぽいヌメ皮のかばんって汚れが気になるじゃないですか。2万円も3万円も出して買ったかばんって、やっぱり“汚せない!”って思っちゃうわけです。その点自作なら、しょせん自分が作ったモノですから、汚れようが、雨に濡れようが気にせず使えます。

P1040677.jpg
上写真のかばんは完成直後の写真が残ってました。2005年の2月。ホラ!昔はこんなにキレイだったんです。

あっ私、縫い目フェチです^_^;) いわゆる『ブランド物』には全く興味が無いのですが、エルメスのヌメ皮のかばんにだけは惹かれます。あの縫い目は、ホントに職人技ですよね。

時間があったら、またかばん作りしたいなぁ・・・。クラフト用の皮革屋はバンコク赴任直後に偶然発見しているのですから。

厠ではないですよ、革屋です
私、趣味の1つがレザークラフトです。主に作るのは鞄や財布。東京時代に通勤に使っていた鞄はほぼ全て手作りだったと思います。東京時代には、ハンズやこういったネットショップから材料を買っていました。できることならバンコクでも続けたいなぁ・・・とは思っていたのですが、肝心の材料である革はバンコクで手に入るのだろうか???

てなことを何となく思っていたのですが、偶然発見しました!タクシーに乗っている時、偶然に窓から見つけたのが下の店。慌ててタクシーを降りて駆け込みます。
写真

日本のクラフトショップとずいぶん雰囲気は違うけど、置いている物はまぎれもなく皮革。ザッと見回したところ、牛ヌメ革、アメ豚といった日本でも定番の皮革や、クロームなめしの牛革等、一通りそろっています。私が一番よく使う牛ヌメ系は、日本で言うところのいわゆる「ヌメ革」で、残念ながらオイルが多く入った「サドルレザー」はなさそうです。鞄や財布を作るにあたっては、汚れ防止の意味からある程度オイルの入った革の方が、私は好きです。よって「サドルレザー」の方が好ましいのですが、オイルの少なめな「ヌメ革」でも、自分でビーワックスやミンクオイルを入れることはできるので、まぁ問題なし。

写真 (1)
雑然と並んでいる、という印象。ヌメ革を、ザッとですが20~30枚見せてもらいました。印象は、同じ値段の物でも品質にばらつきがあること(明らかに流通過程で付いた傷や汚れがあっても値段が変わらない)、総じて品質は日本で買う革に及ばないこと。まぁ、でも細かいことは気にしない。所詮、私の趣味に使うだけですから。

P1060336.jpg
大きさ比較のため、上に靴を置いてみました。
P1060344.jpg
大きさ比較のために真ん中に置いたのはiPhone。

とりあえず半裁(牛半頭分)を2枚買いました。上は2mm厚、1,566バーツ(約4,281円)。下は0.8mm厚、900バーツ(約2,461円)。上はけっこう大きく200dsをかなり超えそうです。下はぎりぎり200dsといったところか。本当は1mmとか1.2mmが欲しかったのですが、残念ながら在庫切れ。値段は日本に比べると格安。日本の数分の1。ただ、品質を考慮するとコトはそれほど単純ではないのですが。

いずれにしてもいつかまた行きましょう。1mmとか1.2mmを買えば、たいていの物は作れそうです。