2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

今回の収穫。

P1110607.jpg
マハーチャイに戻ってきて、船着場のすぐ近くにゾウさんが。これはね、ゾウ使いがゾウのエサを売って、客はゾウさんにエサを食べさせると言うもの。正直、あまり好きではないのです。ゾウさんに限らず、動物を使って金を儲ける商売と言うのは好きではない。しかし、目の前にゾウさんがいたら、まぁ、ねぇ。エサはサトウキビ。20バーツでした。ゾウさんって、ホント可愛い。生ゾウを触ったのは何年ぶりだろう?

P1110552.jpg
貝の干物。バンコクでは見たことが無いんで、買いましょう。500gで85バーツ(約232円)でした。ただしこれ、何かの調味液に漬けてから干しているようです。妙に甘いんです。余計な事せずに、ただ干して欲しかった。

P1110628.jpg
イカの干物。230バーツ(約628円)ってかなり高価だな・・・って思ったんですが、量がスゴいんです。

P1110627.jpg
ウチワエビモドキ、1Kg。300バーツ(約820円)。マハーチャイの街でもこの手のエビは、バンコク同様結構高価ですね。

この日の夜、アパートに戻って、ウチワエビモドキはこうなりました。
P1110629.jpg
間違いなく美味い。

この手の「殻の硬いエビ」って、イセエビを含めて実は、刺身で食ってもそんなに旨いもんじゃないんです。生のイセエビって実は旨味に乏しい。もし、生で食うなら、旨さは、イセエビ<ブラックタイガー等のクルマエビ類<日本で言う甘エビ<アカザエビとかイバラエビ、だと思う。

それほど旨くないイセエビを一番美味く食うのは、味噌汁だと思う。それはオレが日本人だからなのかも知れない。同様にウチワエビモドキも味噌汁で極めて美味い。しかし、こちらの写真と比較して欲しい。旨さからいうなら、ウチワエビモドキは、日本のイセエビと同等かそれ以上と思うんだけど、悲しいのはこの見かけ。

ウチワエビ類は、やっぱりお笑い系だね。
電車は、バーンレーム駅を出て、メークローン駅に向かいます。
P1110564.jpg
この路線は本当に田舎。田舎と言うより海岸に近い湿地を走る。

P1110569.jpg
これは何かの養殖池ですね。エビだろうか?


電車が道路を走っているのか?と錯覚する。




マハーチャイ駅到着。そう、ここは有名な線路上に市場がある駅なんですよ。

電車の旅って良いね。
P1110534.jpg
バーンレーム駅。

P1110537.jpg
ここからは、メークローンとの間を1日4便の電車が往復するのみ。

次のメークローン行きの便までまだ2時間半もある。どうしよう?仕方がない。街をがしがし歩いてみる。

(約2時間略)

約2時間後。
P1110556.jpg
駅に戻ってくる。するとアイスクリーム売りのおばちゃんが。1つもらいましょう。5バーツ(約14円)。

P1110558.jpg
約40分遅れで電車がやって来る。

終点メークローンまでは再び約1時間の旅。料金はやはり10バーツ(約27円)。
P1110545.jpg
対岸はさらに田舎。

P1110551.jpg
干物屋が結構多い。

P1110528.jpg
干物工場発見。

P1110543.jpg
もう1つ発見。

P1110531.jpg
さらに発見。してみると、この辺の干物屋は工場直営店ということか。

P1110533.jpg
駅に近づくに従って、道が怪しくなる。

P1110535.jpg
バーンレーム駅発見。駅と言っても、線路脇に屋台があるのみ。

P1110542.jpg
この先に終点、メークローン駅がある。
マハーチャイ駅は終点だけど、メークローン線の終点ではない。メークローン線は、川で分断されており、川を渡ったところにバーンレーム駅がある。そこからまた線路が続いて本当の終点メークローンに至る。

P1110521.jpg
だからここから川を渡る。

P1110524.jpg
船はこれ。

P1110525.jpg
船内。所要時間数十秒。料金は3バーツ(約8.2円)。料金は船頭さんが客の間を歩いて徴収する。

P1110600.jpg
しかし、野良わんからは料金を取らなかった。
P1110513.jpg
マハーチャイ駅到着。駅と言っても線路に屋根があるだけ。線路の両側はやはり屋台がずらり。

P1110616.jpg
駅前ロータリー。なぜか砂。子供たちが砂遊びをしている。

マハーチャイは港町。駅周辺には市場が広がる。
P1110508.jpg
小アジ。アジの南蛮漬けに良いサイズ。

P1110510.jpg
シャコ。生きている。バンコクの市場で生きたシャコを見るのは稀。

P1110511.jpg
キスの仲間。美味い天ぷら食いたいな。

P1110612.jpg
ウチワエビモドキはやっぱりここでも高価だね。

P1110614.jpg
手前はタイワンガザミ、奥はシャコ。

P1110517.jpg
カブトガニはやはりメスだけだ。

P1110515.jpg
全く何の変哲もない田舎の港町。
バンコク都内、国鉄のウォンウィエンヤイ駅。
P1110483.jpg
大通りに面しているのだけれど、非常に分かりにくい駅。知らずに歩いていたら、ここが駅だとは気付かずに通り過ぎるところ。

P1110486.jpg
なぜならここにはちっちゃな駅舎があるだけ。

P1110488.jpg
もっとも駅だから線路はある。

P1110489.jpg
線路上は自由に歩いて良いらしい。ホラね?やっぱり私には一眼が必要だね。

一つ上の写真の通り、ホームには屋台がずらり。
P1110493.jpg
ラーメンを食べてみる。これは珍しい。焼き豆腐にシイタケが入ってくる。スープにもちゃんとシイタケの味。

P1110498.jpg
切符を買う。10バーツ(約27円)。これで終点のマハーチャイ駅まで行ける。所要約1時間。1時間電車に乗って10バーツだぜ。

P1110495.jpg
電車が来た。

P1110497.jpg
車内はこんな感じ。

(約1時間略)

P1110507.jpg
マハーチャイ駅に着いた。