2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

いつだったか、バンコクで売られてる練り物が美味いって書いたじゃないですか。あぁ、コレだ。やっぱり美味いと思いますね。ただね、パッケージの字が全く読めない物も多いんで、気をつけなければなりません。なぜなら、肉を使ったミートボールやなんかと、見た目で区別が付かないんですよ。だから、わたしゃ何度も失敗してしまいました^_^;)

P1020664.jpg
左の2つは、普通に美味い。

一番右は、本物のガザミの爪に練り物を巻きつけてます。それに、カニの風味が確かにするんです。
P1020673.jpg
フラッシュ1発なんで、どぎつい色になってますが、実際の見た目はここまでどぎつくはありません。

そんでね、見つけたんです。
P1030205.jpg
このオバさんが誰かは知りませんが・・・

P1030208.jpg
何と!原材料、98%の魚と2%の食塩のみ。ナイフフィッシュってのは、ナマズの仲間です。いや~、これも美味いよ。味噌汁に入れても良いし、おでん的に煮込んでも良いし、ただ焼いて醤油かけても良いし。何にでも使えますね。

これらと対極にあるのが、こっちで安く売られてるカニカマ。コイツは煮込むと、崩壊するんですよね・・・^_^;)
クロントーイ市場でハチミツを買う。
DSC_0093.jpg
こういった瓶詰めと、

DSC_0094.jpg
こういったビニール袋入りがあります。

ビニール袋には蜂の巣のかけらが入っています。

美味いよ。

私は子供の頃、割とハチミツが身近にあって、当時はミカンの蜜とレンゲの蜜は、味で区別できた。今ではもう両方の味とも忘れてしまったけど、ハチミツって何か良いよね。今の私はそんなに甘いものが好きではないのだけれど、ハチミツは好き。蜜がいっぱい詰まった巣をかじるのって、何か・・・良いよ。もっとも大人になった今では、ちょっとハチに申し訳ないって気もするけどね。
バンコクは、物価が安いです。特に食べ物は、ローカルの物は非常に安い。市場の食材も日本に比べると格安。でもね、耐久消費財は、途上国の例に漏れず、あんまりコレといった物が有りません。そんな中で、私がお買い得!と思ったのがコレ。
DSC_0436.jpg
シューツリーです。質は日本の汎用品と変わらないと思います。ニス塗りが多いのですが、これは、自分で紙やすりを使って、ごしごししてやれば良いでしょう。日本で買うと数千円、ブランド品になると万が付きますよね。でも、バンコクなら、600バーツくらい(約1,576円)。先割れで、ワイズが調節できるし、これは本当にお買い得。

靴と同じブランドのラストに合った、物じゃなきゃヤダって人には無理ですが、私にはこれで十分。わたしゃ、手持ちの靴の数と同じくらい揃えそうな勢いです^_^;)

主だったデパートの靴売り場で買えます。
バンコクには面白Tシャツがあふれています。値段は100バーツ~200バーツくらい。質は様々です。100バーツでもしっかりした物もあるんで、良い物を見つけたら旅行者にもお勧めですね。

ただ、私は、結構手元にTシャツあるし、まぁ、こう言っちゃナンですが、私がTシャツに求めるレベルってのはかなり高いですから、なかなか私の目にかなうTシャツって少ないんですよ。過去には、コレくらいかなぁ。だから、これまであまりTシャツを買おうとは思わなかった。

しかし、不覚だった。コレを店頭で見つけた時、思わず笑ってしまったのだ。
DSC_0140.jpg
私が店頭で笑っていたら、店の兄ちゃんがすかさず話しかけてきた、
 兄 「あんた、日本人?日本人なら、この面白さ、分かるよね?」
 私 「・・・・・・。」
 兄 「日本人なら、みんなポッキーって知ってんでしょ?」
 私 「あぁ・・・知ってるよ」
 兄 「面白いでしょ?ポッキーとスポックかけて、スポッキー!」
・・・オレ的には買うしかないよ。しかしさ、お前、基本的に間違ってる。日本人なら、ポッキーはみんな知ってる。しかしだな、オレが笑ったのは、オレがスポックを知っていたからに他ならない。しかし、スポックを知ってるような博識な日本人なんてほとんどいないぞ!!!

DSC_0140-2.jpg
これ、パラマウントが見たら激怒するぜ・・・^_^;)

まぁ、こういうのを見て、改めて思うんだけどさ、日本におけるスタートレックの人気って、世界的にみて例外的に低いんですよね・・・何でだろ???

長寿と繁栄を
あんまり実用的ではないけど、最高にカッコ良い、街中歩き用のブーツ

以前も書きましたが、このブログの検索ワードのNo1が未だに「CBR250R」なんです。たった1回書いただけなんだけどなぁ。しかもオレ、持ってないし。たぶん知りたい情報は、得られなかったことでしょう。何か申し訳ないね^_^;) かと言って、ブログネタのために10万バーツ出す気も無いです^_^;)

仮にバイクを買うことを許されたとしても、やっぱ250ccのシングルエンジンじゃねぇ。250ccでも最新のテクノロジーを満載した2サイクルエンジンだったら、間違いなく買ってるんだけど。アレ?でも、2サイクルってもうレースも無くなってるから、「最新のテクノロジー」も存在しないのかな???

そんでね、検索ワードのNo2が「ウルバリン1000マイルブーツ」なんです。1000マイルブーツは、こちらで買いました。これは持ってるからさ、レビュー書きましょうか。

P1020559.jpg
買って以来、週に1回は履いてますかね。手入れは、脱いだらブラッシング。これまで、2~3回、ミンクオイルを入れたかな。

今んとこの印象は、とにかく「履き心地がソフト」です。アッパーの革質は相当柔らかい。これが、いわゆる“シルクのような履き心地・・・”ってやつだろうか? しかし、これは裏を返すと、耐久性が心配になるのです。まぁ、こればっかりは少なくとも2~3年履いてみないと何とも言えないですね。

このブーツで嬉しいのは、アッパーが厚手の一枚革で、ライニングが無い事。つまり裏地が無いんです。かかと部分にも裏地が無い。ブーツに限らず、お手元の靴を見てみて下さい。こういう靴は少ないんじゃないでしょうか。私は、どうもかかとが小さいんです。だから、かかと部分がすれて裏地が痛み易いんです。

裏地があるとね・・・よくこうなっちゃうんです。
P1020562.jpg
これは、トリッカーズのカントリーブーツ。
ね?かかと部分の裏地が傷むんです。底を張り替える時に、裏地も張り替える事はできるんだけど、ブーツでこれをやってくれる店は実に少ないんですよね。

さて、1000マイルブーツ。結構満足してますよ。何よりソフトなんで履きやすい。これで、耐久性があれば文句無しなんだけど。ただコレ、日本定価が57,000円でしょ?そりゃ、ちょっと高すぎだろ・・・正直言うと、そこまで出す気にはならないなぁ。それだけの価値があるかどうか?は、それこそ少なくとも2~3年履き込んでみないと分からない。まぁ気が向いたら、2~3年後にまたレビューを書きましょうか(その頃までブログやってる可能性は、ほぼ0だけどね^_^;)。

でね、ちょっと勘違いしてる人もいるみたいなんで書いときますね。この靴は、あんまりがしがし歩くためのブーツじゃないんですよ。実際、このブーツで歩いてみると良いです。そんなにクッションが良くないから、本気でがしがし歩くと、結構足が疲れます。私の場合は、このブーツに限らずですが、歩き用ではない靴でがしがし歩くと、足の裏が痛くなるんですよね。

ましてや、この靴でトレッキングなんてしちゃいけませんよ! なんせ、外底は滑り止めも何にも無い一枚革です。こんなブーツで山歩きなんてしようものなら、ガレ場なんかは滑って危ないし、雨でも降ろうものなら、底が一発でダメになります。

では、この靴は一体何用なのか?というと、この靴はいわゆる“ワークブーツ”と言われるジャンルの靴です。ワークですよ、つまり「労働」。元々は、その昔、工事現場や工場労働者が履いていたブーツなんです。このブーツが発売されたのは100年以上前です。当時は、靴用の良い合成素材も無かったんでしょう。だから、こういうスタイルのブーツが労働用に最適だったんです。

しかし、今では靴用の良い合成素材がいろいろあるから、工事現場や工場でこんなブーツを履く必要は無い。もっと良い、実用的かつ安価な、ブーツがいくらでもある。かといって、がしがし歩くのに適しているわけでもない。正直ね、何をするにしても、あまり実用的なブーツとは言えんのですよ。

じゃ、なんでこんなブーツが売られていて、私はそれを買ったのか?というと・・・それはもう“スタイル”としか言えません。シンプルなデザインの革だけでできたブーツ。1000マイルブーツと言うブランド力はもちろんある。歩き用ではないとは言え、街中を歩いたり、通勤に使う分には、全く不自由はないし・・・・・・ただ、それだけ。

あんまり実用的ではないけど、最高にカッコ良い、街中歩き用のブーツ。1000マイルブーツとは、私にとってそんな感じです。
ある日、数ヶ月ぶりにバンモーに行った。バンモーとは、バンコクの電気街。一昔前の秋葉のような所。ここは何しろ複雑に入り組んでいるので、一度行った店に再度行くのが大変。でも、何とか覚えていた。前回、真空管を買った店に何とかたどり着いた。もう1年前なのかぁ・・・。

店には同じおばちゃんがいた。

 私 「6BM8はありますか?」
 お 「NEC製があるわよ。1本500バーツ。」
 私 「これ、いつ頃の製品ですか?」
 お 「う~ん、30年か40年前かしら?」
このおばちゃん、型番を告げただけで、すぐに答えが返ってくる。

P1020537.jpg
パッケージには、NEC SAMSUNGとある。???NECなのか?サムソンなのか?その昔は、NECとサムソンが提携してたのか?まさかね???しかし、管壁にはKoreaの文字。これって、韓国製なんだろうか???

まぁ、1本500バーツ(約1,351円)なら良いか。日本で新造の新品買うのと同じくらいでしょ?たぶん。
何でまた、真空管を買ったのか?については、またいつか。

で、私はビンテージ管には全く興味も無いし、詳しくも無いんですが、以下店の写真を上げておきます。バンコク在住のマニアの方は、ご参考にしてください。

P5040010.jpg
裸の玉は中古のようです。中央上の青い箱に入ったMullardのEL34は、ペアで3,000バーツ(約8,077円)とのこと。「あ、でもそれロシア製だよ」とはおばちゃん。Mullardでロシア製ってどう言うこっちゃ???

P5040011.jpg
ナショナルのロゴも見えますね。

P5040012.jpg
おっ!Telefunken!

P5040013.jpg
シルバニアって・・・森の家とかのアレか?

P5040014.jpg
どういうわけか、扱っているのはビンテージ品ばかりで、残念な事にロシア製や中国製の安い新品はほとんど無いのです。

IMG_2503.jpg
全く読めんのやけど・・・この店、真空管アンプの設計か何かで賞取ってんのかな? おばちゃん、真空管アンプの完成品は売ってないけど、キットはあるって言ってました(←たぶん^_^;)。

プリント基板のキットだったら、作ってみるか!?って思うんだけど、マニュアルがタイ語だったらアウトだな。オレは回路図読めんからね・・・。ただ、自分で設計からできる人は、こういう店に回路図渡して、「パーツ集めて!」って言えば、かなり安上がりに作れそうな気がします。
P1020545.jpg
洗濯用洗剤。

これね、パッケージにさ・・・
P1020549.jpg
こんな説明書きがあるんです。

下は洗濯機じゃないですか。上は何と!たらいなんですよ!って事はさ、たらいを使って洗濯してる人が、タイにはまだ多いって事だよね・・・。バンコクで暮らしてると、何かあんまり想像できないんだけどね。この国の洗濯機の普及率はどれくらいなんだろう?
P1020653.jpg
シャツはですね・・・私は、ココでオーダーしています、
http://gmcstyle.com/
ただ、ここは全く高級な店ではありません。なんとなく感覚的に、ですけど、スーツをオーダーするならもっと良い店の方が良い気がします。スーツは、シャツと違って長く着る物ですし。

ちなみに今回オーダーしたシャツ、縫製は非常に丁寧で満足です。ただ、襟やカフスに使っている心材が何なのか?よく分かりません。かなり硬めで、私の好みではあるのですが、もしかすると耐久性が低いかも?という気もしています。1着バラしてみたら、それは分かるのですが、まぁ、そこまでするのはもったいないしね。

また、素材は、今回すべてオクスフォードなんですが、これは正直言って全く満足いかない。でも、バンコクの仕立て屋で満足の行くオクスフォード素材を見たことがありません。これは非常に不思議なんですが、結構高級な仕立て屋でも、オクスフォードを置いてない店も多いのです。なんでだろ???別に私は、ジンバブエコットンだとか、シーアイランドコットンやなんかの高級なオクスフォード地を求めているわけではなく、それこそユニクロのようなオクスフォードで十分なんだけど。

まぁ、これは言わずもがな、ですが、良い店には店頭に仕立て職人がいます。仕立て職人が、採寸してくれるのが、私が考える最低限の“良い店”です。大して、上の店のような比較的安い店では、店頭にいるのは採寸する職員だけで、数値だけが仕立て職人の所に行きます。もっとも、上の店でもジャケットやスーツはもちろん、シャツでも仮縫いをしてくれるので、どのような店を選ぶか?は、その人次第です。

私は、まず上の店で1着だけシャツをオーダーしました。で、上がってきたシャツを着てみて、ちょっと気に入らない所があったので、修正指示を出して2着目をオーダー。2着目は、ほぼ思い通りだったんで、その次に一気に7着オーダーしました。仮縫い試着はせず。まぁ、シャツだから、これくらいでオーダーしましたが、スーツになると、もちろん仮縫いで試着してみて、それでも1着目はテスト的、自分が本当に満足できる物が得られるまでには、こちらもそこそこのエネルギーを使わないといけないでしょう。その意味で、短期の旅行者が、こちらでスーツをオーダーして、満足いくものができるかどうか?は、運もありますが、なかなか難しいかもしれませんね。

日本に比べると格安なんで、スーツもオーダーしたいんですが、どうもね・・・躊躇しちゃうんですよ。もうこれからの日本では、夏用のスーツなんて着る機会は無いのではないか?盛夏に麻のスーツを着るなんてのは、『粋』だと思うけど、やっぱ暑いもんなぁ^_^;) ウチの会社はかなりエコな会社で、クールビズにも非常に積極的です。だから、ここ数年で入社した社員って、もしかしたら夏用スーツなんて持ってないんじゃないか?

ちょっとビックリしたのは、
アロハ、TシャツもOK…環境省が超クールビズ
お役所でTシャツにジーンズがOKなのかよ!私のバンコクにおける普段の通勤スタイルは、オクスフォードのボタンダウンにジーンズなんで、私も普段の格好で環境省行けますね!
東南アジア最大の売場面積 約830坪、タイ1号店「ユニクロ セントラル・ワールド店」 9月オープン
ほぉ、そうなのか。それは楽しみだな。日本でユニクロといえば、『安いのに高品質・実用的かつ、そこそこおしゃれ』という評価だろう。

しかしだな・・・タイのユニクロがそうなってくれるか・・・? おそらく、われわれバンコク在住日本人にとってそうはならないだろう。もし、タイのユニクロの製品価格が、日本のそれを下回るようなら、私はユニクロで買い物をする。が、果たしてそうなるだろうか? 例えば「無印良品」はバンコクにもあるが、日本でも売られている製品が、日本価格よりもかなり高い値で売られているのである。果たしてユニクロはどうなるだろうか?

ちなみに、私が東京時代に着ていた仕事用のシャツは、半分以上がユニクロだった。ユニクロ製、オクスフォードのボタンダウンが、日本で2,980円。しかし、今バンコクで着ている仕事用のシャツは、フルオーダー。オクスフォードのボタンダウン、仮縫いまで付いて1着1,000バーツ(約2,671円)。この国では、日本のユニクロ価格より安い値段で、シャツのフルオーダーが出来るんですよ。

もちろん、フルオーダーだから、デザインは自分で自由自在!これが実に楽しい! 特に急がせなくても中2日とかで上がって来るんで、短期の旅行者にもお勧め。

仕事用のシャツなんて、どんなに大事に着ても10年もつわけじゃない。だから、安くて良いじゃん。シャツは、人に見られると同時に、男性にとっては肌着でもあります。だからこそ、体にピッタリが気持ち良い。
P1020563.jpg
先週、オーダーしたシャツ7着が上がってきた。これで、向こう数年はシャツ買わなくて良いね^_^;)

バンコクに住んで、唯一贅沢だなぁ・・・と思えるのは、自分が着る服を自分でデザインできる事、しかもユニクロ価格以下で。

#タイのユニクロも、がんばれよっ!!!
運動するかぁ・・・。私は運動はキライではない。むしろ汗をかくのは好きだ。特に歩くのが好き。『玄関開けたら5分でトレッキングルート』なんてあったら、毎日がしがし歩いていると思う。しかし、悲しいかな、今の私は『玄関開けたら5分でセントラルデパート』だ。

実はアパートにジム室があるのだ。『玄関開けたら10秒でジム室』だ。ジム室には、何やらいろんなマシンが鎮座している。運動しようと思えばいくらでもできるのだ。でもね、私はこれらのトレーニング機器を使ったことが無いのですよ。使い方が分からない。

ウチのジム室は、ただ機器があるだけで、トレーナーは常駐していない。ランニングマシンだけでも3台あるんだが・・・コレって、素人でも使えるの???ランニングマシンって、ただ、床が動くだけでしょ?電源入れて、スピード調節くらいはできるかな???勇気を出して使ってみるかぁ・・・-_-)

ただ、走るためには、靴を買わなければならない。なんて言うと、「また、スタイルから入る・・・。靴なんて何でも良いんだよ!」と突っ込む向きもおありであろうと思うが・・・

P1020517.jpg
いくらなんでも、コレで走るわけにはいかんやろ・・・。

P1020520.jpg
これで・・・走れるか?

P1020522.jpg
これは・・・3歩でコケないか???

P1020523.jpg
裸足の方が・・・マシな気がする。

P1020524.jpg
・・・・・・-_-;)

これで全部ではないが、要は私が持っている靴は、いずれもこれらの系統なのである。走るためには、先ずは靴を買おう! というわけで、買いました!!!
P1020527.jpg
これが、私がイメージする「走るための靴」なんだが、間違ってないだろうか?マーブンクロンセンター(MBK)で399バーツ(約1,034円)。

P1020528-2.jpg
デザインファッションだぜ!