2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

最近は、週に1回寿司を食う。寿司だけは旨いと思える。今や、オレが唯一自分で食いに行く物、が寿司だ。やっぱり「日本人はお寿司」なのかも知れないね。ただ、週に1回で十分。米が食えないから。

バンコクにおける、
寿司1
寿司2
寿司3
寿司4
そして今回、寿司その5。

この日はこれが旨かった。
IMG_3054.jpg
「マコガレイです」

マコガレイとは、すなわち、これが大分県日出町で獲れたら城下カレイとなる。口に入れた瞬間に、旨みが口いっぱいに広がる。次の瞬間に、あっ、これ軽く昆布で〆てるね、と気付く。なるほど。旨いなぁ・・・白身なのに旨みがある。コレ、最強!それにこの歯ごたえだよなぁ。そうか、今、日本は夏なのか。

やっぱ、この店、オレは好きやわ。

IMG_2997.jpg
もっとも、マグロは日によって若干、バラつきがあるようなので、マグロマニアにはイマイチかもしれない。でも、オレはそんなにマグロ好きでもないから全然OK。

嬉しいのはね、
IMG_2969.jpg
脂の乗った光物には、ショウガ、ネギ、それに柑橘系を垂らして出してくる事。人によっては、余計なお世話、ってなるんだろうけど、この柑橘系の使い方が、私には非常に良く合う。おそらくスダチだよね?これがカボスだったら爽やかさ倍増!なんだけどなぁ。あっ、いつかカボス持ち込んでみるかな?

それに「おまかせ」の中に1巻くらい“ハズシ系”が入る事が多いのだ。コレが実に楽しい。この店は旨いと同時に上手いと思う。
IMG_2848.jpg
「富山の白エビにカニ味噌を少し乗せてます」

これはもう絶対に旨かろう!想像しただけでヤバいくらいに旨かろう!実際食っても超旨かった。しかし、コレ、伝統的な江戸前握りからいうと邪道だよな?まぁ、でも良いじゃないですか!旨いから!!!それに・・・そうか、今、日本は夏なのか。

んでね、邪道といえばコレですよ、
IMG_3051.jpg
「アワビです」

アワビの魅力って、その磯の風味とこりこり感でしょ?磯の香りはともかく、こりこり感は、はらはらな酢飯と絶対に合わない。しかもコイツは、海苔の風味までする。噛み締めるほどに、“これは、刺身で食うべきではないか?-_-;)”と思うのだけど、「アワビです」と言われて、目の前にトン!と置かれたら、“わ~い!アワビだ~♪”(←口には出さないよ^_^;)となってしまうから不思議だ。アワビというのは、寿司における邪道の王道と言えますまいか?

さらに嬉しいのは、この店、味噌汁が美味いのである。
IMG_2985.jpg
シジミ(上)の事が多いのだけど、ハマグリ(左下)やアラ汁(右下)の事もある。旨さから言うと、個人的にはアラ汁なんだけど、ありがたさから言うとシジミだな。いずれにしても美味い。

バンコクには、他にも寿司屋はいっぱいあるんだけど、オレ的にはこの店が一番満足度が高い。要は、オレに合うんだろうな。あ、だから、好みの問題だよ。

そうだ・・・美味い物が無いと思ってたけど、味噌汁は美味いねぇ・・・。
こちらのエントリーから1年。このタイスキ食べ放題屋にまた行ってみました。1年経った今でも値段は108バーツ(約291円)。

P1010355.jpg
この店、席に座ると先ずは炭火に乗った鍋が出てきます。日本で言うところのジンギスカン鍋みたいだね。

あとは、食材を勝手に取ってきて、この鍋に乗せるだけ。ソースも自分で取って来るんだけど、4種類くらいあります。辛いのは、かなり辛いよ。
P1010365.jpg
この日は店に着いたのが夕方の6時ごろ。まだ人が少ないですね。

店の入り口付近では、やはり炭火で魚を焼いてくれます。
P1010360.jpg
コレね、どうも人気商品みたいで、焼き上がったらすぐに無くなります。

オレ、肉はあんまり食わないからさ、野菜とシーフードをどっちゃり。
P1010358.jpg
・・・よく考えたら、コレなら別にこの店に来なくても、家で土鍋で野菜茹でれば良いんじゃねーか???? 市場で野菜108バーツ分買ってきたら、絶対1食じゃ食えねーぞ。

でもね、この店にはね、
P1010356.jpg
こんな、お惣菜風の物もいっぱいあるの。

炭水化物もあるの。
P1010359.jpg
この日は、日本で言うところのミートソース風スパゲティとチャーハンだった。

やっぱり思うんだけど、これだけいろいろ選べて108バーツって、スゴイよなぁ・・・。1年以上バンコクに住んで、一番コストパフォーマンスに優れた店がここだな。

もちろん、お惣菜とか炭水化物の味を期待しちゃダメですよ。でも、オレはお惣菜も炭水化物も食わないし、野菜とシーフードを炭火で焼く・茹でる分には、全然悪くない。

肉もいろんな種類がある。ただ、オレはこの店で肉を食ったことが無いから、質は分からないけど。

P1010369.jpg
店を出るころ、夜の8時くらいになったらもう!巨大なホールが満席。108バーツでコレだけ食えたら、そら流行るわなぁ。

で・・・
P1010367.jpg
鍋用の水が入ったやかん。やかんって、どうしたらこれだけぼこぼこになるんだ???
「ブロとも」が増えました~♪ “JUGGLING Telemark Ski, Violin, Life, and...”さんです。右下の『ブロとも一覧』からどうぞ。

--------------------------------------

こちらのエントリーから1年。この焼肉食べ放題屋に初めて行ってみました。1年経った今でも値段は450バーツ(約1,212円)。

食べ放題なんだけど、バイキング形式ではなくて、注文したら皿に乗って食材が出てくるスタイル。
IMG_2129.jpg
こんな感じ。熱源は炭ではなく、いわゆる練炭というタイプのヤツ。今焼いているのはロース。でもこれ、いわゆるロースか??? まぁ徹底的に脂が無いんで、脂嫌いな私には美味しく頂けます。ロースを4~5皿食ったかな?

他の肉も食ってみるか・・・と思って頼んだのがカルビ。
IMG_2131.jpg
これ、カルビか??? かなりギモンだ。上のロース肉の周囲に若干の脂が付いているが、肉質そのものは全く同じではないか???

さらにサーロイン。
IMG_2130.jpg
もはや日本で言うところのサーロインでは全く無い。

突っ込み所は多々あるんだけどね、トータルとしてオレ的に悪くない。今回食べたのは牛肉だけだけど、全体として脂が無いんです。この店のロース、カルビ、サーロインはおそらくほとんど同じ部位だと思います。どの肉も赤い肉自体は同じな気がします。ロースは脂無し、カルビは肉の周囲に脂、サーロインは肉の中に脂、その違いだけ。筋繊維中に細かい脂が入っている(いわゆる“刺し”)ということは一切無い。良いね。ここの肉気に入った。あ、でもこういう肉って、フツーの日本の肉好きには、脂が無くてぱさぱさしたマズイ肉ってことになるんだろうね^_^;) 

ちなみに牛肉と野菜以外にも、鶏肉、豚肉、ベーコン、イカ、オニテナガエビ等があり。ソフトドリンクも飲み放題。これで450バーツだから、人気が出るのも分かる気がするね。ちなみに、隣の席に座っていた大学生風女子3人組は、「お前ら、ホントに地球人か?」ってくらい大量に食ってた^_^;)

客層はほぼ100%タイ人。

だから、こういった勘違いも・・・
IMG_2128.jpg

何か・・・
IMG_2127.jpg
微笑ましくて良いじゃないですか。

2~3ヶ月に1回くらいは、ここに肉食いに行っても良いかな?
コレは今年の1月6日のこと。
そういえば、ダコログのこちらのページに、「パホヨティーン通りにあるパヤタイ病院近く」の海鮮屋台でこのナゾガイが食えると書いていた。思えば1年前、オートーコー市場でナゾガイを見つけてググって最初に見つけたのがこのページだった。これはもう1年前の記事なのだけど、もしかしたら今でもナゾガイが食えるのではないか?ふと思い立って仕事帰りに行ってみました。

IMG_2136.jpg
ありました。歩道の屋台に氷を敷き詰めた上に食材を並べているのですが、その中にありました。一部、口を開けてしまってるのがあるんですが、これは古いんじゃなくて、氷詰めにしたからですよ。活きた貝は常温で良いんですよ・・・。氷詰めにしたら、大抵の貝は活きが良くても寒さで死んでしまう。

これを指差して頼んだら・・・
IMG_2146.jpg
こんなのが出てきた。ただ焼くだけで良いのにね。まぁ、調理法を指示しなかったのが悪いんだけど。

他にもいろいろ食べました。
IMG_2141.jpg
これはバナナエビの塩焼き。

IMG_2143.jpg
驚いた事に、全てに内子が入ってるんです!これはかなりポイント高い。

IMG_2142.jpg
エビのすり身上げ。これもエビ~って感じ。ただし、これはこの店に限らずなんだけど、どういうわけかハチミツベースの甘いソースが添えられてくる。この手のフライにハチミツかけて食うってのは、日本人としてはねぇ・・・。だから店によっては、醤油を出してもらいます。

IMG_2139.jpg
イタヤガイ類の焼き。にんにくのみじん切りにネギ?と油を垂らして焼いただけ。美味い!

IMG_2144.jpg
シナマナガツオ(たぶん)のフライ。あっさりで良い感じ。ただし、醤油必須。

今回の最大の収穫がこれ。
IMG_2155.jpg
これ、何だと思います?トンカツじゃないですよ。これね、アイブリ(たぶん)のフライなんです。こちらで紹介した魚です。以前紹介した時は、「脂の多い白身、でも中トロや脂の乗ったブリ・カンパチに比べるとあっさりで中途半端」みたいな書き方をしたと思います。その中途半端さが、フライにして超美味い!アジのフライよりも味がしっかり。程良い脂が良い感じ。旨味が強い。そっか、脂多めな白身魚はフライで旨味倍増なんだね。これは大発見でした。ただし、やっぱり醤油必須。

IMG_2159.jpg
コレが店の看板だと思うんだけど違うかな?タイ語なので、店の名前は分からず。場所は、BTS戦勝記念塔駅から北に歩いてパヤタイ病院をちょっと過ぎた辺り。パホヨティーン通りのパヤタイ病院側(戦勝記念塔駅から北上すると左側)。歩道にいっぱい椅子とテーブルを出しているので分かりやすいと思います。お値段ちょっと高めなんだけど、食材のレベルが高い。お勧め。

1月中旬ならまだナゾガイはバンコクで入手可ということですね。いつ頃まで手に入るだろうか?
昨日アップした「ちょっと Magical Mystery Tour」のお昼ご飯。

本来、チャオプラヤ・エクスプレスの最北端の駅まで行く予定だったのに、N30のノンタブリで降ろされてしまったんで・・・
P1100264.jpg
『お昼ごはん、どこで食べよ?』と、地図を見ながら相談する美女2名。あ、今回私、着いて行くだけです^_^;)

P1100267.jpg
エビの干物、イカの干物、ピーナツに野菜類。魚醤ベースのソースで煮詰めた感じのおつまみ。ビールが欲しくなりますね。

P1100268.jpg
貝柱をにんにくや刻んだ野菜と炒めたの。これは美味かった!コレ、当たり!今度オリーブオイルでやってみよ!

P1100269.jpg
バナナの花のさつま揚げ。悪くないですね。

P1100271.jpg
残念だったのがエビ。メニューには、「Tiger Prawn」とあったので、てっきりクルマエビ類と思ったのです。“ホントにTiger Prawnか?”と聞いたのですが・・・しかしでてきたのは、やっぱりがっかりなオニテナガエビ。オニテナガエビがどれくらいがっかりかは、この辺を見て欲しい。ちなみにオニテナガエビは英語で giant river prawn とかfreshwater prawn で、tiger prawn と言ったら、普通はクルマエビ類です。

P1100273.jpg
へぇ~と思ったのがナマズのサラダ。見た目、なんじゃこりゃ?でしょ。これ、しいて言えばナマズの身のみじん切りのかき揚げ。でも、すんごいふんわり。スプーンですくって食べるんですが、超ふんわり。でね、時間が経つと、油べとべとになっちゃう。これは熱いうちに食わなきゃね。でも、どういう揚げ方したら、こんな風になるんだろう???

P1100275.jpg
店内こんな感じ。画面奥に白く飛んでるのがチャオプラヤ川。そこそこおしゃれでしょ? 3人で上写真のほかに水、コーラ、ご飯を頼んで、1人当たり300バーツ(約806円)でした。

場所はこちら、
「River Tree House」
日本語の情報がネット上に無さそうなんで、
http://www.baanrabiangnam.com/home.php3?lang=Eng
とか
http://www.everydaydiningdelight.com/directory/detail_en.php?id=187
参照。
住所は、上記サイトによると、
74/2 Soi Nonburi 23 Nonburi Mueng Nonburi
もしくは
Soi 23 (Wat Khae Nok), Next to the Ministry of Commerce, Nonthaburi
タクシーでソイ23に入って、「River Tree House」と運転手に言えば分かると思います。ただし、このレストラン、ホントに川沿いにあるんで、レストラン前まで車が行けません。ソイ23から歩いて5分くらいかな?もしくはモーサイで。

お昼ごはんの後、またチャオプラヤ・エクスプレスに乗ってサートン駅まで戻ります。一つ手間で降りて、マンダリン・オリエンタルのカフェでお茶。
P1100280.jpg
「Sakura 2000」。
緑茶なんだけど、一口飲んで桜の風味。桜の風味ってどんなんだ???って思ってたんだけど、確かに桜の風味です。桜餅の風味。この風味が桜、って思うのはたぶん日本人ならではでしょうね。うまい。緑茶特有の渋みとか苦味はすごく薄いんだけどうまい。これはバーブティーだね。これが290バーツ。

えっ!?ってことは・・・この1杯がお昼ご飯と同じ・・・
IMG_0414.jpg

IMG_0540.jpg

IMG_0809.jpg

IMG_0552.jpg

職場1内の喫茶店におけるキャラメルマキアートです。ちょっと楽しいよね。
以下、先々週の土曜だか日曜の話。初めてセントラルデパートが閉店した日でした。
---------------------------------------
ある日。遅く起きて、朝食兼昼食を食いに家を出る。今日も屋台に行こう。しかし、歩き始めて30秒、フッとたまには変わった物を食いたいと思う。毎日目にする屋台を通り過ぎて、セントラルデパートへ。ここのフードコートは、所詮デパートのフードコートなんで大した物は無いのだけれど、とても選択肢が広くて良い。5分も歩くとセントラルに着く。ところが。休みかよ・・・まぁ、周りデモ隊に囲まれてるしなぁ。仕方が無いので電車で一駅、プルンチトへ。ちなみに逆方向に一駅行くとサイアム、デモ隊の本丸。今や、サイアムからプルンチトまで、デモ隊に占拠されている。
IMG_0841.jpg
ダブルチーズバーガー。プルンチトのホームプロプラス1Fの喫茶店っぽい店にて。200バーツ(約572円)。近年にない高価な一食。
一口食べて、美味いと思う。牛肉食うのって、どれくらいぶりだろう?前回日本に帰って、ひかと一緒に焼肉食って以来か?久しぶりに食う物は美味いと感じる。付け合せの冷凍フライドポテトは、本来美味しいはずがないのだけれど、久しぶりに食べるとこれすら美味しいと思う。

食ってる時は美味しいと思うんだけど、食い終わると・・・何というか・・・まぁそれだけ。こういうのをジャンクフードって言うんだろうな。
これが、私が普段の生活で食べる、“一番安い一食”。
IMG_0827.jpg

IMG_0597.jpg

私の職場1は大学の構内にあります。これは学生食堂の昼食。ご飯におかず2品を乗せて25バーツ(約71円)。学生食堂らしく、ご飯は多め。おかずは、これが!実に美味いのです。おかずは10種類くらいあって、その中から選べるのも良い。

ただし・・・美味いんだけどね・・・毎日行ってると、「おかずのメニューは変わっても、味は変わらない」という気がしてくるのが不思議。つまり飽きる。これは日本の大学の生協も一緒でしたね・・・^_^;)
過去何度か書いた気がするレストラン「ソーンブーン」です。日本のガイドブックには必ず出てます。小泉元総理が来た事でも有名。バンコク市内に何軒かの支店があります。
IMG_0337.jpg
ここは本店。場所柄、スラウォン支店は行列になることもあるみたいですが、本店で待ったことはありません。ただ、どの店もお客さんがいっぱいなのは確かです。各メニューにS,M,Lのサイズがあるのも嬉しいですね。

この日食べたのは・・・
IMG_0334.jpg
空芯菜の炒め物、Sサイズ。これはもうどこのレストランでもお約束。これが嫌いという日本人は少ないはず。私も大好きです。

IMG_0335.jpg
ソンブーン名物カニカレー炒め、Sサイズ。観光客は、これを目当てにソンブーンに来るんだと思います。カニカレーというのは、今やシーフード系タイ料理屋に行くと、どこでもメニューにあるのですが、ソンブーンが考案したメニューなんだそうです。カレーといっても、インドや日本のカレーとは違います。しいて言うなら、「カニの身の卵とじカレー風味」。これも、間違いなく美味いですね。ただ、レストランによっていろんな味がありますから、ソンブーンの物が一番美味いかというと、どうだろう? 時間があれば、ぜひ他の店のカニカレーも試してみると良いと思います。それから、カニカレーを頼む時は、必ず「殻無し」を。殻付きの食べにくさには閉口です。殻付きの方が美味しいなんて人もいるのですが、楽しく食べられる方を優先しますね、私なら。それにカニ自体の美味しさを楽しみたいなら、ただの蒸しが一番だし。

IMG_0336.jpg
スズキの塩焼き。これはS, M, Lといった区別が無く1サイズ。タイの塩焼きは、お腹の中にいろんな香草を詰めて焼きます。臭みをとるためでしょうか。でもあんまり必要ないんじゃないかなぁ・・・? 新鮮なスズキをただ焼いただけですから、間違いなく美味い。

この日は、これにイカの丸焼き、デザート2品、ビール3本を頼んだのですが、約1,600バーツ(約4,536円)でした。3人だったので、1人500バーツ(約1,361円)ちょっと。ソンブーンは、もちろん美味しいというのもあるんだけど、お値段がリーズナブル、というのも大きな魅力ですね。

お店のウェブサイトはこちら↓
http://www.somboonseafood.com/
ウォンリーレストランのメニュー。
このレストランは、地元向けの中華風タイシーフードレストランといった感じ。観光客はあまり来ません。でも美味い。全体的にソンブーンよりも私は好き。ただ、値段はソンブーンよりちょっと高めかも。日本人なら、このレストランではまず、メニューを楽しみましょう。

PC190103.jpg
何やら、怖い魚が出てきそうで注文する勇気が無い。

PC190098.jpg
これから、トムヤムクンのことは「すっぱいからいスープ」と呼ぼう!

PC190099.jpg
アヤうく騙されるとこだったぜ!

PC190102.jpg
発火だぜ発火!ファンキーだなぁ・・・

PC190100.jpg
・・・もはや何も合っていない

メニューはヘンだけど、味は美味しい。シーフード好きには、絶対お勧めのレストランです。
・・・・・・ところで、海外に出ると、こういったヘンな日本語を探すのが1つの楽しみですよね?(そうでもない?) 最近は、こういったヘンな日本語が激減する傾向にあり残念な限りです。上のウォンリー・ランスアンのメニューはかなり高レベル。こういった日本語はいつまでも残って欲しいものです。ちなみに、これまでに私が見たヘンな日本語のダントツNo1はこれ↓
DSC00048.jpg
2008年9月18日、敦煌市内のホテルにて
すばらしい! ここまで乱れると、もはや“何となく気持ちは分かる”というレベル。「タソズルール」って何だ???この手の日本語で、全く意味が分からない単語が含まれるのは21世紀の現代において、かなりレアなケースと言えましょう。この日本語で、「心からぁ待ちしてる」と言われるとビミョーだなぁ・・・^_^;)