2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

北九州市の響町、つまり埋立地の突端。
P1100147.jpg
!!! こんな巨大くるくるがずらりとならんでるんです!!! 知ってました???

IMG_3150.jpg
この風景はスゴいですよ・・・日本とは思えない。

P1100174_20170423165436a6b.jpg
そこそこ風車のたもとまで行けます。

北九州、スゴいなぁ・・・。

同時にスゴいと思ったのが、こで。
P1100189_20170423165437da2.jpg
何の変哲もないテトラポッドですが・・・

!!!
P1100185.jpg
コイツらがいっぱい付いてるのです。これは、マツバガイでしょうか??? ここで30分採集活動をしたら相当集まるぞ!?

しかも・・・
P1100200.jpg
さらにムラサキイガイにカメノテ。

ここはかなり魅力的な場所ですね・・・。不思議なことに、付近に釣り人はいっぱいいるんだが、これらテトラポッドに付いた生物には興味がない様子。そういうものなの???
この4月から、1歳児が本格的に保育園に通うようになりました。保育園では、連絡帳にお昼ご飯の状況を記録・報告してくれます。
IMG_3228.jpg
へぇ~、そうなんだ、エラいね。

IMG_3224.jpg
へぇ~、お代わりするなんて、エラいじゃん!

IMG_3227.jpg
ご飯もお代わり!?

IMG_3226.jpg
全部お代わりかよっ! ちょっとは遠慮しろよ・・・ 家で何にも食べさせてもらってないみたいじゃん! ^_^;)
前回とは打って変わって、今日は安いエビ。
IMG_3192.jpg
SHIMIZU? 清水?
購入店によるとバングラディシュ産の天然物とのこと。

IMG_3195.jpg
この箱を見て、「あ、日本の会社が作ってるんだ」等と思ったら、あなたはまだアジア初心者です ^_^;) このパッケージだけでは、SHIMIZUという会社が日本の会社なのか?もしくは日本の資本が入っているのか?等は全く分かりません。

IMG_3196.jpg
中身はこんな感じの氷詰めです。氷のブロックの中でガチガチに凍ってます。
これが一般的な冷凍輸入クルマエビ類の流通形態。スーパーでラベルに「解凍」と書かれているのを見たことないですか? あれは、こんな氷詰めでスーパーにやってきて、スーパーで解凍・小分けして販売してるんです。

IMG_3198.jpg
サイズこのくらい、今回は2Kgでピッタリ120尾入ってました。お値段4,500円。1尾37.5円。一番お得なエビの買い方だと思います。が、家庭で扱うには極めて面倒なので、エビマニア以外にはお勧めしません ^_^;)

小分けにして冷凍庫に入れておくと、何かと便利です。

さて、このエビ、何と言うエビでしょうか? 感じ的にはヨシエビ(Metapenaeus ensis)のような気もしますが、日本に生息する種とは限らないので、もしかしたらMetapenaeus endeavouri? ・・・さすがに頭が無いと、私には同定できません。さて、お味や如何に?
こちらの続き。
img001.jpg ←クリックで拡大
実はもう1枚、同じアングルの写真を買っているのです。キャプションは、「263 / NAGASAKI. 」。長崎の200番台といえば江南信國スタジオですが、これは違います。キャプションが黒字白抜文字のテープではなく、白抜文字のみです。売主によるとスティルフリードの作品とのことでしたが、もちろん、それを鵜呑みにしてはいけません。

もう一度、このアングルの写真をまとめます。
 ●目録番号 2901 撮影者未詳、文久2年(1862)の始め頃
 ●目録番号 6161 ベアト(ボードウィンコレクション)、文久4年/元治元年(1864)撮影
 ●目録番号 1290 ベアト、慶応元年(1865)~慶応3年(1867)撮影
 ●目録番号 5380 ベアト、 慶応3年(1867)頃撮影
 ●目録番号 1224 内田九一、明治5年(1872)~6年(1873)頃撮影
 ●目録番号 2868 撮影者未詳、明治7年(1874)~8年(1875)頃撮影
 ●目録番号 5887 撮影者未詳(長崎のAシリーズ)、明治10年代末
 ●「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」 長崎大学の目録番号5887のバージョン違いか?

今回の「263 / NAGASAKI. 」の特徴は、何と言っても中島川の河口に広大な砂州が広がっていることでしょう。この時代、中島川河口の堆積物によって、干潮時には出島は既に「島」ではなくなっていたのです。これでは外国船が港に着けません。そのため、中島川変流工事が行われたというわけです。中島川の変流工事については、こちらの「中島川変流工事跡」が、コンパクトにまとまっていて分かり易いですね。

この写真の年代ですが、明治15年築の活水のラッセル館が無いので明治15年以前です。初代税関の建物が既に無いので、長崎大学の目録番号2868と5887の間に撮影された物でしょう。 

この写真、解像度はそれほど高くないのです。また、周辺のボケがひどい。もしかすると、紙のプリントを性能の低いレンズで複写したのか?という気もします。ただし、サイズはフルサイズです。

右の中央やや下を拡大します。
k110 img019eded ←クリックで拡大
ベルビューホテルの裏が写っている写真ってほとんど無いと思います。裏にももう1軒、洋館がありますね・・・。それから奥には建築中の洋館が1軒。建築の専門家が見たら面白いんじゃないでしょうか? また文献と照らし合わせることによって、この写真の撮影年が特定できる可能性がありますね。

また、画面中央下やや左を拡大すると・・・
k110 img019ed1
客待ちの人力車! 
この場所は、現在だと・・・

ココですよ。
観光客が、最も良く訪れる長崎の場所の1つですよね。
前回(この辺参照)、アルゼンチンアカエビは生で食えるのが特徴・・・と書きましたが、近海物や国内養殖のクルマエビ類は生で食えますよ、もちろん。が、国内養殖のクルマエビなんて、値段を考えると庶民が家庭で食う物ではないですよねぇ? また、近海物のクルマエビ類は、買える場所が産地に限られます。

というわけで、クルマエビ類というと、私の頭では海外産の冷凍輸入物です。これらは、基本的に生では食えません。しかし、海外養殖の冷凍輸入クルマエビ類で唯一、例外的に生で食える物があります。それがブランド名『天使の海老』。前から気になってたんですよね~。
IMG_3184.jpg
というわけで買ってみました、『天使の海老』。
今回買ったのは、1Kgで30~40尾、お値段3,800円。1尾あたり95~127円、アルゼンチンアカエビの2倍前後といったところです。

IMG_3185.jpg
多くの冷凍輸入クルマエビ類が、氷ブロックで凍結されているのに対して、『天使の海老』は1尾ずつバラで凍結。これは大きな特徴ですね。ユーザーフレンドリーです。

IMG_3186.jpg
流水でザッと解凍するとこんな感じ。
ありゃ? これって・・・何エビ??? ホワイト系というかブルー系とでも言うんでしょうか? 私、てっきり『天使の海老』ってウシエビ(ブラックタイガー)とかバナメイだろうと思ってたんですが、全然違いますね。調べてみたところ、これは Litopenaeus stylirostris という種のようです。和名は無さそうです。日本のスーパーで見かける様々なクルマエビ類に近い仲間ではあります。

見ての通り、極めて新鮮です。生で食える、というのは鮮度も大事ですが、それと同様に養殖環境が大事です。東南アジアのエビ養殖場を見ると分かるのですが、如何に新鮮でも生で食うのはちょっと・・・と思えるところが多いのです。汽水域で養殖場の水には生活排水も入ってるよね・・・みたいな。その点、『天使の海老』はニューカレドニアの奇麗な水で抗生物質も使わずに養殖してるんだそうな。

IMG_3188.jpg
生で非常に美味いですね。クルマエビとかブラックタイガーに比べると、ちょっとねっとり度が高めでしょうか。ただ、生状態では一切赤くないので、店で刺身では出せないか? いずれにしても、これは美味い。塩焼きとかエビフライにしても相当美味いでしょうね・・・。

1歳児が欲しがったので、湯引き。
IMG_3189.jpg
1歳児、生だと上手く噛み切れないのですが、ちょっと湯通ししてやると食べられます。結果、2尾食いました。

この商品、どうでしょうね? 超新鮮で、味は間違いなく美味い。アルゼンチンアカエビの比ではありません。しかし、1尾100円かぁ・・・。国内産クルマエビに比べれば格安ですが、たまの贅沢って感じですかねぇ・・・。
さて、ここで先週末からの出張についてまとめておきましょう。
IMG_3128.jpg
6日(木) 北九州市、桜が満開!

IMG_3130.jpg
7日(金) 熊本市、久しぶりに桂花。

IMG_3143.jpg
11日(火) 広島市・岡山市・高松市、あれ?この店、新橋にあったよね?

IMG_3161.jpg
12日(水) 北九州市、昔は井筒屋が一番高い建物だったんだが・・・。

IMG_3173.jpg
13日(木) 松山市、山の上に松山城。この公園は素晴らしい!

IMG_3167.jpg
城山公園は桜が満開。

IMG_3175.jpg
暖かくて、お堀のミシシッピアカミミガメも喜んでおります。

IMG_3178.jpg
松山って、街中で電車が電車を遮るんだな・・・

来週も既に出張がつまってる。この仕事、結構キツいな・・・ -_-;)
私、今年度から仕事場が変わりました。昨年度までの旧職場では3年半、いぁ~我ながらよく頑張ったなぁ・・・というわけで、これを機会に自分にご褒美を買おう!
DSC_1256ed.jpg
今現在、私がメインで使っているスピーカは、上写真の真ん中に見られるハセヒロのMM-141S + フォステックスのFE83En(結局こちらで紹介したパソコン用冷却ファンガードを付けてしまった -_-;)。

ちなみに右隣に縦に並んでいる2つは、過去にこのブログで書きました。上がフォステックスのP800-E + 東京コーン紙製作所のF77G98-6、下がフォステックスのP800-E + P800K。この2台、結局のところ使い道が無くなってしまった ^_^;) でも、たまにスピーカを変えると、「耳の慣れ」がリセットされるので、まぁまぁ便利ですよ。

MM-141S + FE83En  に特に不満があるわけではないのだけど、ちゃんとしたバスレフ箱が欲しい。よし!バスレフ箱を自分のご褒美にしよう! で、いろいろネットで調べていたんですが、迷いますね・・・ 調べれば調べるほど迷いますね・・・。

最近はダブルバスレフが流行りなんでしょうか? 単純なバスレフよりもダブルバスレフの方が選択肢が多いですね。しかし、私はダブルバスレフというのがどうも好きになれません。理論的に意味が分からん -_-;) まぁ、ダブルバスレフの音は聞いたことが無いので、食わず嫌いかもしれませんが。しっかし、市販品で8cmの単純バスレフ箱って、非常に選択肢が少ない。

あ、ハセヒロMM-141Sに特に不満が無いと書きましたが、1点ありました! それは素材。MDFです。MDFとは、木の粉を接着剤で押し固めたような素材です。非常に一般的な素材で、おそらくどこの家庭にもMDF製の家具が1つくらいはあるんじゃないでしょうか。ニトリにもイケアにも、MDF製の家具はいっぱいあります。ハセヒロのバックロード箱は、20mmとか30mmの分厚いMDF製です。

オーディオマニアには嫌われるMDFですが、わたしゃそんなにマニアじゃないですからね、気にしません。むしろ均質で比較的重量のあるMDFはある意味スピーカー箱に理想的なんじゃないかなぁ、とすら思います。でもね、私が気に入らないのはMDFの耐久性。
IMG_2924.jpg
ホラね、ちょっとハゲかけてる。

IMG_2913.jpg
ここは、割れてる。実はこんな割れが、側板のいたる所に出てきているのです。

これは私がボルトを締めすぎたせいかもしれません。この箱を買ったのは、2009年。以来8年。うち2年間はバンコクで使いました。日本もバンコクも夏の湿度ってスゴいじゃないですか。MDFって良く水分を吸うので、夏の間に湿気を吸って膨張、冬の乾燥期に収縮、を繰り返すんじゃないかなぁ。そのためにボルトの力が集中する部分が割れてきたと。そんな感じじゃないでしょうか。

ハセヒロのバックロード箱は、イザとなれば全ての積層板を木工用ボンドで接着してしまえば良いんですが、いずれにしてもMDFという素材は、あまり耐久性は高くないようです。とかいろいろ考えながら・・・・・・

ほぼ理想的な箱を見つけました!
DSC_1268.jpg
18mmのロシアンバーチ製FE83-Sol標準バスレフ箱、オーダーメイドです。購入先はヤフオク。売主に希望サイズを伝えて作ってもらいました。特筆すべきは、18mmという分厚いロシアンバーチを全体に使っていることでしょう。そんな既製品は存在しません。8cm一発のフルレンジにはオーバースペックかもしれませんが、何かと安心ですし、期待が持てます。それに価格。これで20,300円でした。ベニヤ板の切れ端に2万円とは、普通の人には意味不明でしょうが、ちょっとスピーカを知っている人にとっては、バーゲンでしょう。

DSC_1269.jpg
バッフル面と側板。

DSC_1272.jpg
バスレフポートは、前面R加工に背面ザグリ。

DSC_1270.jpg
バッフル側面は、オシャレに斜めカット。

DSC_1275.jpg
側板と上下板の接着面は、驚くなかれ、斜めカットにダボ。

DSC_1273.jpg
極め付けはこの加工。どんな工具があったら、この加工ができるのだ???

加工精度は極めて高く、売主は、木工のプロなんじゃないかなぁ・・・。この製品、大量生産したらバカ売れするんじゃないか?

えっ? 箱になってないって? あ、そうですよ、これはキットです。自分で板を接着して箱を作る必要があります。加工精度が高いしダボがあるので、売主の言う通り、確かにプラモデル感覚で作れそうです。しかし・・・・・・この箱が届いたのが2週間前。未だ作る時間無し・・・・・ -_-;)
k099.jpg ← クリックで拡大
キャプションは、「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」。

絵柄は、南山手から大浦居留地を眺めた物。画面右側のほぼ中央に位置する洋館がベルビューホテル、今のANAクラウンプラザホテル。画面右側の中央よりやや上の丘の上の洋館が、活水学院のラッセル館。画面左側奥に出島の全景。地元の人なら、これで大体の撮影場所が分かるでしょう。明治の長崎っぽい感じがして、私は好きな写真です。

このアングルの写真は結構多いのです。長崎大学古写真データベースから、似たような写真を拾って、撮影者と撮影年をまとめまてみましょう。以下、目録番号をクリックすると長崎大学古写真データベースに飛びます。
 ●目録番号 2901 撮影者未詳、文久2年(1862)の始め頃
 ●目録番号 6161 ベアト(ボードウィンコレクション)、文久4年/元治元年(1864)撮影
 ●目録番号 1290 ベアト、慶応元年(1865)~慶応3年(1867)撮影
 ●目録番号 5380 ベアト、 慶応3年(1867)頃撮影
 ●目録番号 1224 内田九一、明治5年(1872)~6年(1873)頃撮影
 ●目録番号 2868 撮影者未詳、明治7年(1874)~8年(1875)頃撮影
 ●目録番号 5887 撮影者未詳(長崎のAシリーズ)、明治10年代末
上に挙げた撮影者と撮影年代は、あくまでも長崎大学古写真データベースの解説に記されているものです。これらが全て正しいと考えるのは少々危険です。

さて、ここで長崎大学古写真データベースに苦言を1つ。上に挙げた写真は、いずれも非常によく似たアングルですが、これらのような似たアングルの写真を全て拾うのが一苦労なのです(だから私が見つけられなかった物がまだあるかも)。原因の1つは日本語のタイトルの付け方に統一性が無いためです。一例を挙げます、
目録番号12242881は、同じ写真なのですが、
 1224は「南山手からの大浦居留地(1)」
 2881は「南山手からの大浦居留地と出島(2)」
と微妙に異なるタイトルが付けられているのです。ついでに言うと、
 1224は内田九一撮影、明治初期
 2881は撮影者未詳、明治中期
とデータベースの登録データも違っているのです。複数の職員が並行で作業をしたためであろうと推測されますが、こういった情報の訂正を含めて、長崎大学古写真データベースは、構築後、ほとんど情報の更新が行われていないように見えるのが極めて残念です。宝の持ち腐れと言っても過言ではないでしょう。・・・・・・とエラそうなこと言いましたが、職員不足なんでしょうなぁ・・・。それに、今時こんな古写真整理に文科省はお金を出さないのかもしれませんね・・・。

さて、「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」と同じ写真は、(私に見落としが無ければ)長崎大学古写真データベースには収録されていないようです。上にリストしたように、このアングルは似たような写真が多いので、これらの写真と「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」を詳しく見比べてみよう! と思っていたのですが・・・ちょっと面白いことに気付きました。

上に貼った「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」と、長崎大学の目録番号5887をよ~く見比べて下さい。残念ながら長崎大学の5887は高精細画像が無く、小さな画像しかないのですが、よ~くよ~く見比べて下さい。

この2枚、海に浮かんだ船の配置以外、明確な差が認められないと思いませんか? 少なくともカメラの立ち位置は、ほぼ完ぺきに同じはずです。また、樹々の枝葉に至るまで、明確な違いが見られません。海に浮かぶ船が無ければ、同じ写真と判断したかもしれません。長崎大学の5887と上に貼った「9 / NAGASAKI HARBOUR. 」は、あまりにもそっくりです。

これら2枚は、私の好きなバージョン違いと考えても良いのではないでしょうか? 長崎大学の5887は、長崎の「Aシリーズ」です。長崎大学の5887の現物を見ないと確定的なことは言えませんが、ここでは暫定的に、バージョン違いの写真が、長崎の「Aシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている、と考えたいと思います。

ここで、備忘録的に過去のバージョン違いをまとめておきます(青字クリックで、該当のエントリーに飛びます)。
本蓮寺
 *バージョン違いの写真が、長崎の「イタリックGシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている
〇小浜温泉(「A178」と「A179」)
 *長崎の「Aシリーズ」中のバージョン違い
大浦海岸
 *バージョン違いの写真が、長崎の「Noシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている
篭立場
 *明治期の絵葉書のバージョン違い
〇南山手から大浦居留地 (今回)
 *バージョン違いの写真が、長崎の「Aシリーズ」と「数字とキャプションが分離シリーズ」にまたがっている

#やっぱ、バージョン違いは、ビートルズも古写真も面白いぞ・・・
IMG_3104.jpg
 1 「こで、にゃに?
 私 「水とりぞうさん」
 1 「こで、にゃに?
 私 「水とりぞうさん」
 *以下、同じことを延々と20回くらい繰り返す

疲れるわ・・・ ^_^;)
<1歳児語録>
IMG_3090_20170331082209911.jpg
あぽー、はんぶんぼ! = リンゴが半分です

--------------------------------

<4歳児との会話>
#コンビニの駐車場にて
私 「お菓子、1つだけ買ってあげるよ、何が良い?」
4 「あのね、何かね、パパが好きな丸いやつ」
私 「丸い? 何だそれ? それだけじゃ分かんないよ」
4 「えっとね、顔があってね、お髭がはえてるの」
私 「・・・・・・(訳わかんねぇや、まぁ、適当なの買って来よう)」

コンビニに入ると・・・・・・あっ!
IMG_3095_20170331082210959.jpg
パパが好きで、丸くて、顔があって、お髭がはえてるっ!!!