2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

吉野ケ里歴史公園ね、結論としてけっこう良いですわ、4歳児と2歳児を連れてても。
DSC_1720.jpg
これは、環濠を守る木の杭。これがまぁ、総延長どれだけあるの?ってくらい続いてる。建物を建てるのにも木材は必要ですが、この杭の壁を作るためには相当大量の木材が必要です。当時は、木材資源が極めて重要だったんでしょうなぁ・・・。なんて考えるのは大人だけでして、4歳児と2歳児が遺跡に興味を持つのはまだまだ先の話です。

4歳児と2歳児は・・・
DSC_1697.jpg
手を繋いで仲良く、お遊びスペースへ。

DSC_1700.jpg
おっきいボール!!! 「ボールの使用は、1家族1つでお願いします」みたいな看板がありましたが、付近にはどう見ても我が家しかいない。

DSC_1706_201706111701598a8.jpg
吉野ケ里歴史公園、実は子供の遊具が実に充実しているエリアがあるのです。上の写真は、白い丘全体がちょっとしたトランポリンのようにびよ~んとハネる「ふわふわドーム」。

その他、結構な数の大型の遊具があるのですよ。しかも特筆すべきは、これだけ充実した遊具公園なのに、人が少ない!ということ。このスペースが都会にあったら、この遊具スペースだけで、420円(吉野ケ里歴史公園全体の入場料)の入場料取れますよ。

そっか・・・先週の平塚川添遺跡公園と合わせて、福岡から4~50分走るだけで、こんな良い公園があるのか・・・。高速代1,000円以下だし、ヘタに福岡市内の公園行くより良いね。

DSC_1711.jpg
2歳児にとっては、悪夢の遊具。

平塚川添遺跡公園と吉野ケ里歴史公園、また来たいね。ただし、これから夏にかけては暑すぎか???
先週に続いて、何と!2週続けて、弥生人の村へ。
DSC_1673.jpg
今日は、吉野ケ里歴史公園です。前回も書きましたが、福岡市内から吉野ケ里歴史公園と平塚川添遺跡公園は同じくらいの距離ですね。高速で40~50分程度。

1df55f.png
吉野ケ里遺跡と言えば、この物見櫓です。復元当初は、弥生人がホントにこんな立派な物作ってたのか???と議論になりましたが、今では定着しましたね。

DSC_1676.jpg
竪穴式住居の中。平塚川添遺跡と違って、こちらはリアルな弥生人がいます。ちょっとリアル過ぎ? ただしですね、平塚川添遺跡の竪穴内壁が粘土質の土を固めてあったのに対して、吉野ケ里の竪穴はコンクリートで固めてますね。吉野ケ里、ちょっとぷいんとダウン。

DSC_1681.jpg
まぁ、弥生人だって洗濯はしただろうなぁ。

DSC_1690.jpg
これは炊事棟(煮炊屋)。解説看板によると、吉野ケ里遺跡では、竪穴式住居内で煮炊きした跡が見つかっていないのだと。だから集落内の掘立柱建物を、炊事棟と推測しているとのこと。 ???竪穴式住居の真ん中に炉はあるよね? 炉はあるのに、これで煮炊きをしていなかったとは、どういう判断なんだろう? いつかお勉強してみたいですなぁ・・・。

DSC_1682.jpg
わ~い! 今日の晩ごはんは、タイの塩焼きに、アサリの酒蒸し、それにアワビのお刺身だ~!!! オレ、弥生時代でも十分生きていけるぞ。 ん? 弥生人ってどんな酒飲んでたんだろう?

DSC_1689.jpg
物見櫓の上から。
竪穴式住居とは、つまり、地面をちょっと掘り下げて、そこに茅葺屋根を被せた住居なわけですよ。本当に弥生時代って、こんな風景だったんだろうか? もしそうだとしたら、弥生時代にタイムスリップしても、「え~っと、ここって江戸時代ですか?」とか思うかもしれない。イヤ、もしかしたら「アレ?家に壁が無いけど、ここは昭和初期の田舎の村でしょうか?」と思っても不思議ではないですね。

DSC_1718.jpg
公園内の水田にて。弥生人のママから、環境教育を受ける4歳と2歳の弥生人。
2,000年前にも、この場所で、こういう光景が見られたのかもしれませんね・・・・・・。
今週の出張。
7日、広島市。
9日、福山市と呉市。

IMG_3703.jpg
第2期東京時代には、毎週東京から新幹線で福島に通ったのですが、今になってこんなに博多駅から新幹線に乗ることになるとは思わなかったなぁ・・・。

IMG_3707 (編集済み)
9日の昼食、尾道ラーメン。

IMG_3710.jpg
7日は、家族へのお土産に生もみじ饅頭を買ったんだが、9日は自分用のお土産。
この「れもんイカ天」、私は結構好きですね。これに使われているレモンパウダーだけ、どっかで入手できないものだろうか?
今日は、平塚川添遺跡公園に行ってみました。九州では吉野ケ里遺跡が有名ですが、九州道鳥栖ジャンクションから大分方面にちょっと走って甘木インターで降りると平塚川添遺跡、鳥栖ジャンクションから長崎方面にちょっと走ると吉野ケ里遺跡。鳥栖ジャンクションからの距離はそれぞれ同じくらいと思います。吉野ケ里歴史公園は、圧倒的に規模が大きいのに対して、平塚川添遺跡公園は、大変コンパクト。ネットでザッと調べてみたら、面積は1/10くらいみたいですね。

でも、4歳児と2歳児を連れて歩くにはちょうどいいサイズの公園でしたよ。

DSC_1613.jpg
弥生人、家に帰る。

DSC_1625.jpg
弥生人、村長の家に行く。

DSC_1647.jpg
2歳の弥生人、村長の家でくつろぐ。

この公園、特筆すべきは、人がいない、ということです ^_^;) 我々が公園にいた間、他の観光客は、わずか1組しか見ませんでした。日曜というのに。そのためか、園内にいた管理関係者が、普段は観光客に開放していない建物の中も特別に見せてくれました。村長の家もその1つ。

良い公園だと思うけどね・・・。まぁ、観光で来るなら吉野ケ里に行っちゃうんでしょうね。でも、遺跡なんぞに興味のない4歳児と2歳児を連れて行くなら、絶対こっちの方が良いと思いますね。コンパクトだし、園内に昆虫はいっぱいいるし、濠に水は流れてるし。家から近いし、また行っても良いな、と思う遺跡公園でした。

ただ1つ気になったのは、コレ↓
DSC_1659.jpg
分かります? 凄まじい数のジャンボタニシの卵なのです。もちろん、親もいました。ジャンボタニシは南米原産。ミシシッピアカミミガメと違って、ジャンボタニシの繁殖による生態系への影響ってあんまり聞いたことが無いけど、これだけの数が生息してるってことは、絶対何らかの影響があるでしょう。おそらく現状で、駆除の努力ってあんまりしてないんだと思いますが、何とかした方が良いと思いますね・・・。
先週のうどん県出張の際の出来事だ。JRの高松駅で、コンビニに寄って買い物をした。するとくじを2回引けるのだという。年に何回か、どこのコンビニもこういうキャンペーンやってますよね。で、どのこコンビニでも「当たり」確率が非常に高いのだ。

この日は、2回くじを引いた結果がこれだ・・・
IMG_3675.jpg
同じ物が当たりか・・・レジのお姉さん、「おめでとうございます!」

当たりは嬉しいが・・・出張かばんにコレを入れて帰れと言うのかぁ・・・う~ん・・・かなり微妙な心境だぞ・・・ -_-;)

#ただし、昨日1個食ったら、美味かったわ ^_^;)
はい、今日は久留米市ですわ。
IMG_3674.jpg
久留米市といえば、ブリヂストン! 駅前に世界最大のタイヤが。コレ、タイヤ1個で800万円だそうな。4つタイヤ交換すると、3,200万円か・・・。

久留米市に来たからには、久留米ラーメンを食わないわけにはいかないでしょう。
IMG_3672 (編集済み)
駅前の来福軒にて。

この店、昭和29年創業だそうな。久留米ラーメンとは、長浜ラーメン、博多ラーメンのルーツですよ。その創成期から営業してるラーメン屋ということですね。
さぁ、今日はうどん県出張だっ!
IMG_3669.jpg

うどん県に来たからには、うどんを食わんわけにはいくまい。
IMG_3667 (編集済み)
天ぷらうどん。
私、うどん県でうどんを食ったのは、生まれて初めてです。新鮮だったのはスープですかね。完全に透明なんです。コップに注いだら、水と区別できないんじゃないの? でも十分旨かったです。昆布よりも魚系の出汁が強めですかね?海苔の上に乗っているのはショウガ。うん、この出汁には、確かにショウガが合いますね。
佐賀県の後は、明日の仕事のため、前日から宮崎入り。
IMG_3638.jpg
夜9時ごろ、宮崎市到着。

ホテルは・・・
IMG_3639.jpg
狭いが、寝るだけなので必要にして十分。しっかし、1泊4,000円って安いよなぁ・・・アパホテル。

晩ごはんは、宮崎なのでチキン南蛮!
IMG_3645 (編集済み)
ただし、ファミマのお弁当 ^_^;)

その昔、第2期東京時代には、頻繁に福島に出張したんだけど、当時は夜、一人で福島に着いて、一人で飲みに行ってからホテルに入る・・・なんてことを良くやってたんだけどね。最近は飲みに行く気力が無いよ・・・-_-;)。
はい、今日は佐賀県出張ですよ。
でも・・・佐賀県内にいた間、一枚の写真も撮らなかったや。
佐賀県、ごめんね ^_^;)
私の世代の人間なら、その昔撮った写真はフィルムだった。みなさん、フィルム、どうしてます??? イヤ、フィルム自体じゃなくてフィルムのデジタル化です。一昔前はフィルムスキャナという製品があったのだけど、そこそこの性能の物は、かなり高価で買えなかった。で、今となっては、フィルムのデジタル化という需要も一段落したようで、まともに使えるフィルムスキャナは市場から消えてしまった。まぁ、イザとなったらプロの写真屋にデジタル化を頼めばいいか・・・でも結構金かかるよなぁ・・・等と思いながら既に20年近く。ふとネットを眺めていて、面白そうな物を見つけた。

それがこれ。
DSC_1556.jpg
ニコンのスライドコピーアダプタES-1。
これは、いわば先端にスライドを固定する装置が付いた金属の筒。レンズの先にねじ込んで使います。ねじ計は52mm。

52mmか・・・
DSC_1557.jpg
はい、手元にあるフィルター計52mmの三兄弟。左から105mm, F2.8マクロ、105mm, F2.5、55mm, F2.8マクロ。その昔はお約束のレンズでしたよね。っていうか、私的には今でも現役なんですが。55mm, F2.8に付けてみたところ、ピントはちゃんと合いました。ただし、画角が狭すぎでフィルム全面が入らない。そっか、焦点距離が長すぎるのか。

で、更にネット上を調べたところ、DXで使うなら、ニコンの40mm, F2.8マクロがバッチリだという。ほぉ、そうですか。
DSC_1561.jpg
はい、ヨドバシのポイントを全部使って買ってきましたよ、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G。

DSC_1567.jpg
最短撮影距離は16.3cmだと。

IMG_3628.jpg
普段は35mm, F1.8を付けっ放しなんですが・・・
IMG_3629.jpg
ニコンD7000 + 40mm, F2.8マクロ + ES-1

結論から言うと、ばっちりですわ。ただ、私がデジタル化したいのは、主にネガフィルムなんで、スライドマウントを買ってこないと、フィルムの平面性が確保できない。紙製のスライドマウントを買って来よう。そして、過去の資産をじゃんじゃんデジタル化しよう!!!