2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

本日朝、北朝鮮がまたミサイル発射。菅官房長官は、「最も強い言葉で断固非難する」。「最も強い言葉」って、どんな言葉なんだろう?

デブ」とか「髪型ヘン」とかかな?
IMG_4252.jpg
ネットで、活のホンビノスガイを買いました。通常、1kg800円のところ、期間限定で半額の400円。これで5kg。

IMG_4255.jpg
今回買ったのは、これくらいのサイズですが、このサイズは、流通している物としては、最も小型なのです。ホンビノスガイ、結構大型の物が多いので、ちょっと嬉しいと思いません?

ただしですね・・・この貝は、歩留まりが悪い。要は殻が厚いのです。
IMG_4254.jpg
1kgを剥き身にすると、たったこれだけ。そう思うと、ちょっと微妙と思いません?

今回やりたかったのは・・・
IMG_4257.jpg
もう火を止めた後ですが・・・

IMG_4258.jpg
佃煮。3kgを使ってやっとこれだけ。やっぱり微妙と思いません?

ホンビノスガイ、焼きたてを食うなら十分美味いんだけど、やはりアサリやハマグリの旨みに到底及ばない。かつ、この歩留まりの悪さ。ついでに言うと、ホンビノスガイは、火を通し過ぎると固くなります。今回作った佃煮も脚の部分は結構な歯ごたえ。やっぱり、微妙ですね・・・これはkg800円なら絶対に買わないでしょう。

もっと小さなホンビノスガイって、流通してないんだろうか?スーパーで売ってるアサリくらいの小サイズなやつ。アサリと同じくらいのサイズの物が、アサリより安く流通すれば、十分利用価値があると思うんだけど?

ちなみにホンビノスガイは、日本在来の生物ではなく、1980年頃に米国からのタンカーのバラスト水に混じって日本にやって来た、いわゆる外来種です。それが東京湾に定着して、今や結構な水揚げがあります。ホンビノスガイの生態系への影響って、あんまり聞かないんだけど、どうなってるんだろう???
今日は、岡山県出張です。
DSC_2092.jpg
これは、駅で見つけたミント菓子。デザインが、何か面白い。

私、出張に出たら、たいがい家にお土産として、お菓子を買って帰るのですが、これまでのお土産で家人の評価が最も高かったのが岡山のこのお菓子。
IMG_4260.jpg
「むらすゞめ」という物のようです。

IMG_4261.jpg
中、こんな感じ。

IMG_4262.jpg
見かけが面白いよね。ウェブサイトはこちら。中身は餡子なんで、私はまぁ、遠慮しましょう ^_^;)

って、ウェブサイトみたら、これは岡山のお菓子というより、倉敷のお菓子でしたね。
今日は家人が東京で終日会議なのである。ということで、私は本日、仕事を休んで、子供の相手です。1日中家にいるというのも、ナンなんで、また水族館!
IMG_4217.jpg
これ、アカアマダイだよね? 一夜干しだな。

IMG_4212.jpg
イカは、やっぱり透明な刺身を食いたいね。

IMG_4206.jpg
ナマコ。これは・・・食えない種かな?

IMG_4233.jpg
2歳児の好きなコバンザメ。

IMG_4209.jpg
シオマネキ。シオマネキって意外と大きいんだね。知らなかった。有明沿岸の「がん漬け」(=カニ漬け)って、元々はこのシオマネキなんですよね?でも、そのシオマネキも今では、絶滅危惧種。

IMG_4219.jpg
ガーデンイール。インドネシア時代には、ダイビングで良く野生の物を見ました。ウチの子供たちはダイビングとか興味持つだろうか?

IMG_4247.jpg
この水族館、営業中に水槽の掃除するのか?

IMG_4229.jpg
4歳児は、図鑑と見比べます。図鑑が好き、というのは良いことだと思うんだよね、オレがそうだったから。

IMG_4235.jpg
平日の午前中、大回遊水槽の前。我が家以外は誰もおらず。

IMG_4242.jpg
ちょっと早かったせいもあるけど、レストランもガラ空き状態。

やっぱ、こういうとこは、平日来るのに限るな!
IMG_4251.jpg
はい、水族館を満喫して、仲良くお家に帰りますよ。
先週のことだ、洗濯機が壊れたのだ。洗濯槽の底に羽があるじゃないですか。これが回らなくなった。正確に言うと、モーターは回っている。でも羽が空回りするようになった。

メーカーのサポートに問い合わせたら、修理には来てくれるという。ただし、修理代金は約2万とのこと。微妙だなぁ・・・。この洗濯機は、2011年の9月に買った物。当時いくらだっけ?たぶん、5万円とかそれくらいだったと思う。以来、ちょうど6年。修理代2万円ですか・・・。

自分で直せないだろうか? ネット上をザッと検索したところ、結構あるじゃないですか!自分で部品だけ買って直したという例が。そっか、洗濯機の羽だけ買えるのか。じゃ、自分でやってみるか? ・・・・・・と思って、とりあえず、空回りするようになった羽を外してみたのですが、ここで大きな「?」。この羽、そもそもどうやってモーター軸に固定されているんだろう? 扇風機だと、モータ軸に垂直に、細い金属棒が出てるじゃないですか。この細い金属棒で扇風機の羽は空回りしないように固定されるわけです。でも、洗濯機には、そういったメカが見当たらない。単にボルトで締め込むだけでは、強力なモーターのトルクで簡単に外れてしまうでしょう。

試しに羽を固定しているボルトを力いっぱい締め込んでみたけど、スイッチを入れたら一瞬で空回り。そりゃ、そうだよなぁ・・・。というわけで、洗濯機の羽が、どうやってモーター軸に固定されているのか?が、分からないのだ。う~ん、どうしよう? 原理の分からない物を修理しようとして、直ったためしがない(まぁ、当たり前だよね ^_^;)。部品代はどうも4,000円弱らしい。それで直ればラッキーだが、直らなかったら4,000円が無駄だ。素直にメーカーに修理に出せば、修理代約2万円。う~ん、悩む。

あんまり悩んで、洗濯機が使えない状態が続くのも不便なので、ここは賭けに出よう! 注文から中2日で部品が届きました。
DSC_2070.jpg
新品の羽。

これを手に取った次の瞬間、私の疑問は一瞬で氷解した。
DSC_2072.jpg
何と!真ん中のモーター軸が通る穴の内側に波型の突起が!!! この突起でモータ軸と羽が、空回りしないように固定されるんじゃん! あれ?ってことは、何で、ウチの洗濯機は空回りしてるの???

古い羽を見てみると・・・
DSC_2085.jpg
何と、何と!波型の突起が、完全に摩滅してツルツルになってる!!! 超ビックリです。それで、羽がモーター軸に固定されないのか・・・。

えっ? じゃぁ、と思うのは、モーター軸の方です。モーター軸の方は摩耗してないんだろうか??? と、羽を外した洗濯機を覗き込むのですが、いかんせん暗くて良く見えない。指でモーター軸を触ってみましたが、ギザギザはありますね・・・。でも、見えないのは何か不安なんで、ここはフラッシュ一発。
DSC_2091.jpg
細かい摩耗の程度は良く分かりませんが、縦の溝は、ちゃんとあると言って良いんじゃないでしょうか?

原理が分かってしまえば、後は簡単! 新しい羽をモータ軸に刺して、上からボルトで締め付けて完了! 結果として直りました!!! 部品代3,240円+送料500円=3,740円で、壊れた洗濯機が直りましたよ! これは嬉しい!!!

・・・・・・疑問が残らないではないのです。この洗濯機は、購入して6年。平均すると、1日1回使っただろうか?という感じの使用頻度です。なのに金属の突起がここまで摩耗するのって、正常なのか??? もし、1日平均2回使ってたら、3年でこの状態になった可能性があります。そう考えると、最初の羽の取り付けに何らかの問題があったのではないか?という気がしないでもありません。

それから、羽の方が完全に突起が無くなるほど摩耗しているのに、モーター軸の方はあまり摩耗していないように見えます。これは、モーター軸の金属の方が固い(摩耗に強い)からでしょう。これはまぁ、納得できなくもありません。だって、羽を交換するのは簡単だけど、モーター軸を交換するのは大変でしょうから。ということは、いずれにしても、洗濯機の羽というのは消耗品で、交換を前提にしてるってことですかね???扇風機の羽と違って。

いろいろ、疑問は残るんだけど、直ったから良いや。これでまた数年は使えるよね?

ちなみに洗濯機の機種は、パナソニックのNA-FV60B2。羽の部品番号はAXW5E-7FC0。羽は、楽天内の「でん吉」という店で買いました。
IMG_4188.jpg
8月30日、広島駅にて。「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」のつけ麺。ちょっと懐かしいなぁ・・・と思って入ってしまいました。この「ばくだん屋」は、バンコク時代に何度か行ったんですよね。この辺参照。

DSC_2069.jpg
8月31日、これって、広島名物なんですか? まぁ、旨いといえば旨いんだが、こりゃ、結局調味料の旨味だよなぁ・・・。でも、これはこれでアリ。

IMG_4152.jpg
8月17日、博多駅にて。妙な色の新幹線がいるなぁ・・・と思ったんですが、

IMG_4157.jpg
どうもエヴァンゲリオンとのタイアップらしい。

P1100320.jpg
8月6日、「道の駅むなかた」で買ったイカの一夜干し。これはキズ物で、お安く売られていました。それは良いんですが、商品の原産地を見て驚いた。何と!ニュージーランド産。道の駅や直売所でコレをやっちゃいかんのですよ・・・。想像するに、「道の駅むなかた」って、大流行りだから、もう地元のイカだけでは販売が追い付かなくなったんでしょうね。だから、イカを輸入してまで、道の駅で売ると。これは、道の駅や直売所に来る客に対する背信行為だと思いますね・・・。まぁ、ちゃんと「ニュージーランド産」って表示してるんだから、客を騙してるわけでも何でもないんだけど、これをやっちゃうと、客が減ると思いますよ・・・。道の駅や直売所は、地元の物を売る。地元の物が全部売れたらそれで良いじゃん? 身の丈に合った商売をした方が長続きすると思いますけどね・・・余計なお世話だけど。

IMG_4185.jpg
8月29日、マリンワールド海の中道、夜の水族館。平日の夜というのに結構な数の客。イルカのショーは座れませんでした。
最近はネット通販というと、アマゾンが一人勝ちかと思っていましたが、ヨドバシが意外に侮れないのです。
P1100323.jpg
ヨドバシから届いた1通の封筒。

中には・・・
P1100324.jpg
これだけ。2つで400円くらいだったと思います。送料無料。ちなみに、上の部品を1つ注文して、商品代金200円でも送料無料。今や、アマゾンはプライム会員でも送料を取る商品がありますが、ヨドバシは、会員にならなくても基本的に送料無料。これって、スゴくないか? スゴ過ぎて何か申し訳なくなってくる。まぁ、ヨドバシは、アマゾンほど商品の品数が多くないでしょうが、アマゾンで送料払うのヤダな・・・と思ったら、ヨドバシもチェックしてみるのが吉。

で、この部品は何かというと・・・
P1100326.jpg
この白い部品、プラレールの連結器ですが、この写真は折れています。

これを交換するのです。
P1100330.jpg
はい、できた。これが正しい姿。

手元の車両のうち、3つの連結器を交換しました。
P1100335.jpg
良く見ると、プラレールの連結器って、車両によって、微妙に形が違っています。製造年代によって、形状が異なっているようです。

プラレール、こういう補修用部品を販売しているというのが素晴らしい。
こちらの続き。
やっぱね、福岡市動物園って、探偵ナイトスクープで言うところの「パラダイス」一歩手前だと思いますよ。園内にあった電車 ↓
P1100274_2017090613204773b.jpg
記念写真をどうぞってさ・・・、こんな動かない小さな電車、しかもほこりだらけ、クモの巣も張ってる。見るからにみすぼらしい。今時の子供がこんな電車に興味示すわけ無いじゃん!

って、
P1100275_2017090613204945d.jpg
お前ら、興味あるんかよっ!

私ね、子供の頃から動物園大好きだったんですよ。いつ頃から動物が好きになったのか?は良く覚えてないんだけど、子供の頃から動物が大好きだった。だから、動物学で博士号まで取った。私の動物への興味に、動物園は大きく寄与してるんだと思うんです。だから、私、動物園は大好きなんです。

でも、もう時代が変わったんじゃないか? 私が子供の頃、「絶滅危惧種」なんて言葉は無かった。

福岡市動物園、一番気になるのは、展示方法かな。もうモロに昭和の時代の古い動物園です。特に4歳児や2歳児にとっては、圧倒的に動物が見にくいという致命的な欠点があります。結果、4歳児と2歳児の食い付きは、マリンワールド水族館の方が圧倒的に良い。子供にいろんな動物を見せて、いろいろ教えてやりたいんだけど、肝心の動物がこれほど見にくいのでは、難しい。

それから、動物の種類。これが、どうも脈絡が無いように思えるんです。でも、これってね・・・昔からいる動物が死んで、その補充ができてないからだと思うんです。私が子供の頃に比べると、動物の入手は格段に難しくなってます。前回、2年前に来た時にはシロサイがいたんだけど、今回はいなくなってた(この辺参照)。今回はゴリラもいなくなってた。その後、補充されてないんです。ついでに言うと、病気療養中で展示していない動物もいました。ゾウもそうでした。今の時代、動物を買うのは大変です。何しろ市立の施設。「ゴリラに1億円、シロサイに2,000万円、アジアゾウに2,000万円です」なんて、予算書を市議会に出したら、否決されちゃうんじゃないかなぁ・・・今の時代。だから、動物の種類が先細りに減っちゃって、どんどんつまらない動物園になっていく。今回、空いた檻が結構ありました。

古い施設を市の予算で何とか維持してる、って感じですね。横浜市とか東京都のようなメガお金持ちの自治体は良いんでしょうが、本格的な総合動物園を維持するには、もはや福岡市クラスの自治体では厳しいということではないでしょうか。であれば、何か特色を打ち出して、何かに特化した動物園にすれば良いんですが、それができていない。福岡市動物園、このままでは、どんどん先細りになる気がするなぁ・・・ちょっと寂しいけどね。

P1100292.jpg
だからさぁ、こういう場当たり的なことはヤメなさいって・・・死んだシロサイも浮かばれないよ・・・(涙)

さて、とはいえ、今回お勉強になったことが2つ。
P1100293.jpg
50頭も産まれてんの?! 全然知らなかったよ・・・。あのね、意外かもしれないけど、ライオンとかトラは、人工繁殖が簡単なんです。ツシマヤマネコも同じネコ科だから、意外と人工繁殖に問題が少ないのかな? で、産まれた子ネコはどこに行ってんですかね??? 全部、鮎もどし公園の馴化ステーションに行ってんの???

それから、一番お勉強になったのが、コレ ↓
P1100284.jpg
 ↑
クリックで拡大
拡大してみてください。昭和28年時の動物の値段。あれ??? 物価を考えると、今より全然高いんじゃん!!! ・・・いろいろ考えることがありそうですね。

以下、余談。動物園内の食堂にて。
IMG_4195.jpg
「ヤマネコラーメン」。ということは、生めんではないわけだな? こういう褒め方ってアリなのかね・・・?

で、これが「ヤマネコラーメン」。
P1100305.jpg
一口食べて大ショック! これって、インスタントの袋めんでしょ??? ・・・でも、そんな物を食堂で出すか??? イヤ、でもこの味はどう考えてもインスタント・・・。かなりショック。

(後日談) 「ヤマネコラーメン」っていう、インスタントの袋めんが発売されてるんですね。何か、一部では話題になったみたいです。全然知りませんでした。で、有名になった袋めんを園内の食堂で出してたってことみたいです。それならそうと、ちゃんと説明してほしいよなぁ・・・。
IMG_4193.jpg
良いね~、こういう店。世の中のエコの風潮に真っ向から反抗するこの姿勢、良いですね~。
わたしゃ、通勤電車にも東南アジアのような強冷房の車両が欲しいですよ、うん。

IMG_4191.jpg
強冷房の店の味噌豚骨。

しかし・・・勇気あるな、この店 ^_^:)

今の世の中、「冷房強めなんて、そんなエコじゃない店には入りたくない!」とは、まだまだなっていませんね。もしくは、「エコ」の反動かもしれませんね。世の中には、昨今の店舗の冷房の温度では暑い、と感じている人が多いという証拠ですかね。

さて、今後の省エネキャンペーンはどういう方向に行くんでしょうか?
4歳児、説明書を見ながら、コレが作れるようになりました! ↓
P1100336.jpg
スゴイじゃん!

4歳児、更に拡張させます。
P1100338.jpg
お前、秩序は無いけど、創造性はあるかもね・・・。